上海虹橋国際空港T1の味千ラーメンのセットメニュー

改造工事が続いていた上海虹橋国際空港T1ターミナルの、残り半分の建物がそろそろ出来上がりそうだと聞き、久々に訪れてきた。
現在までに開業しているのはT1のうち左側のA楼と呼ばれる部分で、ここに国内線も国際線も同居している状況である。

今後滑走路側のB楼が供用開始となるのだが、既に工事用の目隠し壁も取り払われれ、内部が見える状態になっていた。
2階の出発ロビーにあたる部分も概ね完成しており、あとは内部の調整のみといったところか?
この状況であれば、遅くとも来月中にはオープンになりそうである。

供用間近の上海虹橋国際空港T1

正式に発表にはなっていないが、オープン後はA楼は国際線、B楼が国内線用になるのではないかとみている。
B楼の方がタクシーや地下鉄への乗り換えが便利な配置となっており、国際線より旅路を急ぐ国内線を優先すると思われる。
(国内線のほかの航空会社はT2に配置されている)

さて、しばらく訪れていなかったため、内部に飲食店がいくつか増えていた。

上海虹橋国際空港T1の味千ラーメン

その一つが味千ラーメンで、日本の熊本を拠点とするラーメンチェーンで、現地にいる日本人にはあまり人気は無いが、上海を含め中国各地に多数の店舗展開している。

今回こちらでセットメニューを注文した。

餃子と、指定のラーメン、指定のドリンクのセットで57元。

今回は豚骨チャーシュー面とレモンジュースをチョイスした。

レジで支払い後、呼び出し機を渡され、呼び出し機が鳴ったら自分で取りに行く方式である。

フードコートの呼び出し機

またお茶もセルフサービスであり、自分で注ぎに行かなくてはならない。

セルフのお茶タンク

ただ、ここの空間は複数の飲食店共有のフードコート形式のため、ある程度の持ち込みは自由で、コンビニで買ったペットボトルのお茶などを飲んでても問題なさそうである。

さて出てきたのが、下記の写真の通りである。

味千ラーメンのセットメニュー

まあ日本の並み居るラーメン店の味に比べればはるかに及ばず、若干塩気もコクも薄いのではあるが、期待値を下げて食べれば普通のラーメンであり、インスタントラーメンに比べればマシかといったレベルである。

さらに餃子もそれなりであり、上海市内に行けばもっと美味しい店はあるのだが、空港という特殊な立地事情で考えれば、これでヨシとするしかないレベルである。
ただ、外が暑かったため、このレモンジュースはとても美味しく感じた。
少々濃いめではあったが、中国の清涼飲料水独特のくどい甘さはなく、比較的さわやかな飲み心地であった。
全体として、やや量はボリューム感に欠けるかなという面はあるこのセットだが、57元で空腹を満たすにはまぁまぁなのではないか。
こんなラーメンセットであった。

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

上海浦東国際空港から市内へのリムジンバスはT1から乗るほうが便利

上海の空の玄関口である上海浦東国際空港は、上海市内から30㎞以上の距離を隔てているので、幾つかの交通機関が市内と空港を結んでいる。

そのうちの一つがリムジンバス。

上海浦東国際空港のリムジンバス

機場1線が両空港を結ぶ

片道20~30元/人と地下鉄よりは高いが、距離を考えると日本の交通機関よりはかなり安い。

一応デラックスバスであり、シートピッチは狭いので乗り心地は快適とまで言えないが独占的に座れるので、移動中の苦はそれほどない。

上海浦東国際空港の機場5線のバスの中

機場5線のバスの中

こんなリムジンバスであるが、空港から市内へ向かう際は乗車場所に気を付ける必要がある。

このリムジンバスは、どの路線もT1(第一ターミナル)から出発し、T2(第二ターミナル)を経由してから市内へ向かうという順序で運行される。

つまり、先にT1で客を乗せたあとの空席に対してT2からの乗客を乗せる方式になっているのである。

ゆえに、T2から乗る場合は希望通りの席にならないというか、2人組で乗っても別れて座らざるを得ず、ましてや窓際の席を得られることはほとんどない。

それでも座れる席があればマシなのであるが、場合によっては席が足りず、積み残されてしまう場合もある。

混んでいる時期などは何便も見送ることもあり、こうなると悲劇である。

さらにトランクルームの利用も同様で、T1の客が好き勝手に積んでいるので、T2の客にはスペースが残されていない場合もある。

機場5線のバスとトランクルーム

機場5線のバスとトランクルーム

すると、座席に持ち込めと言われるが、座席スペースはそんなにゆったりしていないので、小さなスーツケースレベルでも置き場所に窮する。
下手をすると膝に抱える必要もあり、途端に居住性が悪くなり、市内までの一時間程度が辛い時間になってしまう。

やはり、市内へのリムジンバスの時間をゆったり過ごすためには、T1から乗車することをお勧めしたい。
T1側に回ることにより、積み残される可能性はまずないし、2人組なら並び先、窓側希望なら窓側席に座れる確率も高く、トランクルームも余裕がある状態で積める。
故に上海浦東国際空港への航空便が例えT2に到着したとしても、ターミナル間のシャトルバスへの乗車或いは連絡通路を渡ってT1の乗り場に回ったほうが結果的に快適に市内まで移動できることになる。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

春秋航空が上海浦東国際空港発の早朝便利用者に無料送迎バス:中国空港関連ニュース

 中国のLCC春秋航空(9C)が、上海浦東国際空港からの早朝便搭乗者に対して、上海市内からの無料送迎サービスを期間限定で提供を始めたと新浪網が伝えている、
 春秋航空によれば、2018年3月25日~10月27日の間、上海浦東国際空港発の同社早朝便利用者に対して、上海市人民広場から無料バスで送迎するとのこと。
 この無料バスの発車場所は人民広場そばの武勝路の上海博物館東側の駐車場(公共バス145路の終点)で毎朝5時に出発するとのこと。
 事前予約が必要で、当日の航空便利用者本人に限定となっており、見送り者の同行は出来ず、また予約のない者の乗車もお断りする可能性があるとしている。
 対象となる航空便は次の通り

・上海―茨城    9C8987
・上海―大阪    9C8589
・上海―札幌    9C8791
・上海―高松    9C8889
・上海―佐賀    9C8577
・上海―台北    9C8951
・上海―チェンマイ 9C8511
・上海―済州    9C8569
・上海―済州    9C8861
 
→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

青島流亭国際空港のリムジンバス701線の発着点変更:中国空港関連ニュース

 山東省青島市の青島流亭国際空港と青島市内を結ぶリムジンバス701線の発着点が8月1日から変更になったと半島網が伝えている。
 青島流亭国際空港によると、リムジンバス70線は従来海航万邦中心を発着点としていたが、8月1日以降は府新大厦(青島市市南区閩江路5号)に移動することになったとのこと。
 具体的な運行時刻は05:10~21:25でおおよそ30分に1本に運行され、運賃等は変更がないとしている。

701路
発着点:府新大厦
空港発07:30~21:00 市内発05:10~21:25、
運行間隔:30分
運賃:20元/人
経由:(空港発)汽車東站、東城国際、朴蜂蓮花、洪水山坡小区、広電大厦、海洋地質所、浮山所、(市内発)民航大厦、麗晶大酒店

→【青島流亭国際空港周辺のホテルを探す】
→【青島市内のホテルを探す】

青島流亭国際空港TOPページ
青島流亭国際空港からタクシー
青島流亭国際空港からリムジンバス
青島流亭国際空港から周辺都市

台北駅のインタウンチェックインカウンター、桃園国際空港へは身軽にMRTで

今年2017年3月に、待望の桃園捷運(MRT)が開通し、台北駅と台湾桃園国際空港がようやく鉄道で結ばれることになった。

桃園MRT(桃園国際空港エアポートシャトル)

この桃園捷運は主たる目的は当然のことながら空港と市内を結ぶエアポートシャトルトレインであり、基本として空港利用客を最優先にした運営が行われている。
その目玉の一つとして挙げられるのが、台北駅におけるインタウン・チェックインカウンターの設置である。
桃園MRTの台北駅は、台鉄の台北駅のすぐ西側に直結しているが、台鉄や台北MRTとは運営主体が違うため独立した駅となっており、その地下1階(ホームは地下3階)にインタウン・チェックインカウンターが設けられている。

桃園MRTの台北駅周辺図

桃園MRTの台北駅周辺図

空港のチェックインカウンターとほぼ同じ構造のカウンターが並び、搭乗券の発券や委託荷物の受付がここで可能になっている。

台北駅のインタウン・チェックインカウンター

ここで預けられた荷物はMRTによって空港へと運ばれ、そのまま飛行機に詰め込まれることになるため、乗客は手荷物のみを持って真下のホームに下り、MRTに乗ってラクラク空港へ移動し、そのまま安全検査場を経て搭乗が可能である。

もちろん荷物の輸送費は無料である。(乗客の乗車運賃は必要)

桃園MRTの台北駅の構造

桃園MRTの台北駅の構造

さらにこのインタウン・チェックインカウンターでは、同一レベルに外部からの車止めが設置されているため、台北市内のホテルから直接ここに乗り付け空港へ移動すれば、重いスーツケースを引きずって長い距離を歩く必要がない。

台北駅のインタウン・チェックインカウンターの車止め

タクシーで直接空港に乗り付けても空港内を長く歩かされることを考えれば、引きずる距離が短いだけ楽と言える。
MRTの渋滞知らずの確実性を加味して考えると非常に楽ちんなルートなのである。
受付時間は06:00~21:30であり、早朝の一部の便などを除けばほぼ終日対応と言ってよく、非常に便利なシステムとなっている。

但し残念ながら現時点ではこのサービスはチャイナエアライン(CL)、マンダリン航空(AE)、エバー航空(BR)、立栄航空(B7)の4社限定の対応となっており、日系航空会社やLCCなどの利用者は従来通り空港でチェックインや荷物預け入れを行う必要がある。

台北駅のセルフチェックインマシン

この便利なインタウン・チェックインカウンターだが、まだ利用告知が足りないのか、カウンターは利用者がまだまばらな状態であり、空港のようにチェックインのための行列に並ぶ心配はまずなく、時間の節約には十分役立つものと思われる。
利用航空会社に限定はあるが、覚えておいて損のないこの施設である。

→【台湾桃園空港周辺のホテルを探す】
→【台北市のホテルを探す】

台湾桃園国際空港トップ
台湾桃園国際空港からMRT
台湾桃園国際空港からリムジンバス
台湾桃園国際空港からタクシー
台湾桃園国際空港から新幹線(高速鉄道)

[ ready_google_map ID = ’40’ ]

上海虹橋国際空港からの地下鉄10号線で終電延長、週末は2・10号線で更に延長:中国空港関連ニュース

 上海市の上海虹橋国際空港に乗り入れる上海地下鉄10号線で運行時間帯の拡大が行われ4月28日より終電時間が繰り下げられたと上海地下鉄公式サイトが伝えている。
 上海地下鉄によると、地下鉄10号線について終電時間を現在より25分遅く設定することになり、虹橋火車站駅発が従来の22時05分発から22時30分に繰り下げられた。

 この運転時間拡大と同時に週末(金・土・祝前日)については、2号線(徐涇東~広蘭路間)・10号線(虹橋火車站~新江湾城間)ともに70~80分の運行時間の拡大を行うことになったとのこと。
 このうち2号線については、平日より終電時間が70分繰り下げられ、虹橋火車站駅発の最終列車は従来の22:48発より23:58発に繰り下げられた。
 また10号線については平日より終電時間が80分繰り下げられ、虹橋火車站駅発の最終列車は平日の22:30発が週末(金・土・祝前日)については、23:50発に繰り下げられる。
 なおこの運行時間拡大に伴い2号線で平日に運行されている虹橋火車站駅発の市内方面行きの2本の特別列車は金・土・祝前日は運行されないとのこと。
 また上海浦東国際空港への2号線東延伸線(広蘭路~浦東国際機場間)では、週末の延長運行は適用されないとしている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)

上海浦東国際空港を発着する国外航空会社のチェックイン締め切り時間と無料受託荷物の範囲

 上海浦東国際空港より、同空港を出発する主要国外エアラインのチェクイン手続き締め切り時間と無料受託荷物の範囲が参考情報として発表されている。
 中国の国内航空会社は含まれておらず、全ての乗り入れ航空会社がカバーされているわけではないが、おおよその目安として利用されたし。
 詳しくは利用する各航空会社に確認のこと。

上海浦東国際空港の荷物運び風景

上海浦東国際空港の荷物運び風景

AA アメリカン航空
〇チェックイン締め切り 60分前
〇無料委託荷物
・エコノミー 1人2個 23㎏/個以下
・ビジネス  1人2個 32㎏/個以下
・ファースト 1人2個 32㎏/個以下

AC エアカナダ
〇チェックイン締め切り 60分前
〇無料委託荷物
・エコノミー 1人2個 23㎏/個以下
・ビジネス  1人2個 23㎏/個以下
・ファースト 1人2個 32㎏/個以下

CX キャセイパシフィック航空
KA キャセイドラゴン航空
〇チェックイン締め切り 40分前
〇無料委託荷物
・エコノミー 重量基準 30㎏以下
・Sエコノミー重量基準 35㎏以下
・ビジネス  重量基準 40㎏以下
・ファースト 重量基準 50㎏以下

DL デルタ航空
〇チェックイン締め切り 60分前
〇無料委託荷物
・エコノミー 1人2個 23㎏/個以下
・ビジネス  1人2個 32㎏/個以下
・ファースト 1人2個 32㎏/個以下

D7 エアアジア
〇チェックイン締め切り 60分前
〇無料委託荷物
・エコノミー (全て有料)
・ビジネス  (全て有料)
・ファースト (全て有料)

EK エミレーツ航空
〇チェックイン締め切り 60分前
〇無料委託荷物
・エコノミー 1人2個 23㎏/個以下 合計30㎏以下
・ファースト 1人2個 32㎏/個以下 合計40㎏以下

ET エチオピア航空
〇チェックイン締め切り 60分前
〇無料委託荷物
・エコノミー 46㎏/50kg以下(券種による)
・ファースト 1人2個 23㎏/個以下

GA ガルーダインドネシア航空
〇チェックイン締め切り 60分前
〇無料委託荷物
・エコノミー 重量基準 30㎏以下
・ファースト 重量基準 40㎏以下

JL 日本航空
〇チェックイン締め切り 45分前
〇無料委託荷物
・エコノミー 1人2個 23㎏/個以下
・ビジネス  1人3個 32㎏/個以下

LV メガモルジブ航空
〇チェックイン締め切り 60分前
〇無料委託荷物
・エコノミー 重量基準 20㎏以下
・ビジネス  重量基準 25㎏以下
・ファースト 重量基準 30㎏以下

MM ピーチ航空
〇チェックイン締め切り 50分前
〇無料委託荷物
・エコノミー 券種による

NH 全日空
〇チェックイン締め切り 45分前
〇無料委託荷物
・エコノミー 1人2個 23㎏/個以下
・ビジネス  1人2個 32㎏/個以下

NX マカオ航空
〇チェックイン締め切り 50分前
〇無料委託荷物
・エコノミー 重量基準 20㎏以下
・ビジネス  重量基準 30㎏以下

QR カタール航空
〇チェックイン締め切り 60分前
〇無料委託荷物
・エコノミー 重量基準 30㎏以下
・ビジネス  重量基準 40㎏以下

SU アエロフロートロシア航空
〇チェックイン締め切り 60分前
〇無料委託荷物
・エコノミー 1人2個 23㎏/個以下
・Sエコノミー1人2個 23㎏/個以下
・ビジネス  1人2個 32㎏/個以下

S7 シベリア航空
〇チェックイン締め切り 45分前
〇無料委託荷物
・エコノミー (全て有料)
・ビジネス  (全て有料)
・ファースト (全て有料)

UA ユナイテッド航空
〇チェックイン締め切り 60分前
〇無料委託荷物
・エコノミー 1人1個 23㎏/個以下
・ビジネス  1人2個 32㎏/個以下
・ファースト 1人3個 32㎏/個以下

ZE イースター航空
〇チェックイン締め切り 50分前
〇無料委託荷物
・エコノミー 重量基準 15㎏以下

(こちらは参考情報であり、記載ミス等によるかかる損害には当サイトは一切の責任を負いません)

深夜の上海浦東国際空港の出発便に乗るための出発時間リミット

 近年、中国人の訪日観光の高まりを受けて、上海浦東国際空港を深夜に発着する航空便も増加しており、空港から市内へ向かう足はそれなりに確保されている。
しかし逆に市内から空港へ向かう手段は意外と早く終了してしまうので、注意が必要である。

 つまり深夜の航空便に乗ろうとしても、市内から上海浦東までの足が意外と早くなくなってしまうので、空港にたどり着けないケースも出てきてしまう。

 そういった場合は仕方なくタクシーを利用するしかないが、深夜便を利用する方は概ねチケット代を節約する目的の方が多いと察せられ、タクシー代を払うのは意にそぐわないだろう。

DSC01472

 そこで実際に深夜便に搭乗するための市内出発のリミットは何時なのかを改めて確認してみた。

 まずは地下鉄2号線である。
公式サイトによると最終列車が浦東国際空港駅に着く時刻は22:34であり、この列車が乗り継ぎ駅となる広蘭路駅を出発するのは22:00となっている。
 ではこの列車に間に合うように上海市内からの乗るべき時刻を推測すると次のようになる。(正確な時刻表がないので乗り継ぎを15分確保した状態で推測)
 すると、龍陽路駅21時36分世紀大道駅21時29分人民広場駅21時20分静安寺駅21時15分中山公園駅21時10分虹橋火車站20時51分となる。

 つまりどんなに遅くとも2号線沿線からは21時頃には空港へ向かう列車に乗らないと空港にたどり着けなくなるということになる。
 2号線沿線以外なら出発時間はさらに早まるだろう。

 次にリムジンバスだが、静安寺からの機場2線虹口龍之夢からの機場4線上海駅からの機場5線上海南駅から機場7線の最終便発車時刻はいずれも21時30分となっている。

 地下鉄利用よりはやや余裕があるが、どの路線も所要1時間前後かかるため23時より前に上海浦東国際空港に着く見込みとなっている。
 つまりおよそ24時以降に出発する国際線に搭乗するには、この最終便バスがちょうどよさそうな時間帯となっている。

 なお、上海虹橋国際空港・上海虹橋駅を出発する機場1線の最終便は23時とさらに遅く出発することが出来るが、上海浦東国際空港着が24時頃になってしまう。
 1時45分のANAの東京行きなどの便であれば何とか間に合いそうだが、0時台の航空便の出発には間に合わないので、出発時間に合わせて早めのバスに乗る必要がある。

 ちなみにリニアモーターカーの龍陽路駅発の最終便は21時40分であり、10分弱で空港についてしまうので遅くなる心配はないと言えるが、逆に早く着きすぎてしまい時間を持て余す結果となり、安心は出来るが時間の過ごし方を考えなければならないだろう。

 移動の際の時間の使い方は人それぞれだと思うが、無事空港にたどり着けるための参考にしていただければ幸いである。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

1 2 3 23