西安咸陽国際空港から市内へ夜間便バス運行開始:中国空港関連ニュース

 陝西省西安市の西安咸陽国際空港における深夜到着の航空便の旅客を市内へ運ぶ、夜間便バス2路線が10月15日から運行開始されたと西安晩報が報じている。
 報道によると、西安咸陽国際空港の夜間便(守航夜宵線)1号線は西安咸陽国際空港から曲江国際会展中心への路線で、深夜23:00~翌02:00までは10分間隔で運行され、02:00以降は航空便の到着状況に合わせて運行される。
 途中、城市運動公園、龍首村、鐘楼飯店、西安賓館、小寨を経由する。

 また夜間便(守航夜宵線)2号線は高新路科技路口までの路線で、深夜23:00~翌02:00までは30分間隔で運行され、02:00以降は航空便の到着状況に合わせて運行される。
 途中で西梢門(民航大厦)を経由するとしている。

西安咸陽国際空港トップ
西安咸陽国際空港からリムジンバス
西安咸陽国際空港からタクシー
西安咸陽国際空港から周辺都市への長距離バス

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京大興広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

北京大興国際空港のリムジンバスが開通:中国空港関連ニュース

 北京市の北京大興国際空港が9月25日に開通したことを受けて、北京市内と空港を結ぶリムジンバスが翌9月26日から運行を開始したと新京報が伝えている。
 北京大興国際空港によると、新空港へのリムジンバスのルートは、北京駅、北京西駅、北京南駅、通州、房山への路線と夜間路線の計6路線。
 運行時間は、夜間路線を除いて市内発が05:00から20:30、空港発が07:30~23:00で、夜間路線は23:00以降最終便まで運行される。
 運賃は全路線とも40元/人で統一され、運行間隔は30分に設定されている。

 なお、この北京市内へのバス路線のほか、近隣都市へのバスも開通または予定されており、
天津へは2往復で片道75元、廊坊へ6往復片道35元、唐山へ6往復片道120元、保定へ2往復片道70元で設定されている。
 なお、これらのバス路線は、今後北京大興国際空港の航空便数や利用状況を見て随時変更されていくとしている。

→【北京のホテルを探す】
→【北京大興国際空港周辺のホテルを探す】

北京大興国際空港トップ
北京大興国際空港から都市間高速鉄道
北京大興国際空港から軌道交通線
北京大興国際空港から市内へのリムジンバス
北京大興国際空港からタクシー
北京大興国際空港から周辺都市への長距離バス

福州長楽国際空港から万象城へ直通バス開通:中国空港関連ニュース

 福建省福州市の福州長楽国際空港から福州市内の万象城への直通バス宝龍万象機場大巴専線が9月24日に開通したと楽居網が伝えている。
 福州長楽国際空港によると万象城への直通バスは22.5往復運行され、万象城側の発着点は万象城1階北門の西側、福州長楽国際空港側の乗り場は旅客ターミナルの高架下だとしている。
 運賃は50元/人で、運行時間は空港発08:05~23:30、万象城側が05:41~19:45、所要時間は約55分としている。
 運行時刻は下記の通り。
福州長楽国際空港発
08:05、08:40、09:20、09:55、10:45、11:20、11:55、12:30、13:10、13:50、14:30、15:15、16:00、16:40、17:15、17:50、18:25、19:05、19:50、20:40、21:30、22:30、23:30
万象城発
05:41、06:10、07:00、07:40、08:30、09:15、09:50、10:25、11:00、11:35、12:25、13:05、13:45、14:25、15:05、15:45、16:25、17:05、17:45、18:45、19:45
※バスは満員になり次第、定刻前でも発車

→【福州のホテルを探す】
→【福州長楽空港周辺のホテルを探す】

太原武宿国際空港から太原南駅への直通バス開通:中国空港関連ニュース

 山西省太原市の太原武宿国際空港から太原南駅へのリムジンバスが開通したと太原市政府公式サイトが伝えている。
 太原武宿国際空港によると、太原南駅へのバスは午前9時から20時までの間、15分間隔で運行され、所要時間は約15分、運賃は5元が世呈されているとのこと。
 なお、太原南駅の乗り場は、東出口を出て、中央コンコースを案内に従って進み、エスカレータを上がった北入り口のところにある。

→【太原武宿国際空港周辺のホテルを探す】

済南遥墻国際空港のリムジンバス3号線が増発で30分間隔に:中国空港関連ニュース

 山東省済南市の済南遥墻国際空港のリムジンバス3号線が8月13日から増発され、従来の60分間隔から30分間隔になると斉魯壱点が伝えている。
 済南遥墻国際空港によると同空港から済南西駅へ向かうバスについて空港発は09:00~21:00、済南西駅発は07:00~19:00の間、いずれも30分間隔で運行され、運賃は20元/人が設定されている。
 乗り場は、空港側が済南遥墻国際空港旅客ターミナル1階の5、6号門前、済南西駅が西客站公交枢紐(公共バスターミナル)となっている。

→【済南遥墻国際空港周辺のホテルを探す】

蘭州中川国際空港から雁灘地区への連絡バス開通:中国空港関連ニュース

 甘粛省蘭州市の蘭州中川国際空港から市内雁灘地区への直通バスが開通したと中国甘粛網が伝えている。
 雁灘地区の発着点は海鴻假日酒店で、途中鴻運潤園(南門の西側)を経由する。
 運行時間帯は空港発が09:00~20:00、鴻灘発07:00~18:00で毎時丁度発車の1時間ごとの運行が行われるとしている。

→【蘭州市のホテルを探す】

蘭州中川国際空港からリムジンバス機場巴士2号線が増便:中国空港関連ニュース

 甘粛省蘭州市の蘭州中川国際空港から蘭州市内を結ぶリムジンバス機場巴士2号線(新勝利賓館発着)が、4月8日より増便され、運行頻度が密になると蘭州新聞網が伝えている。
 甘粛省民航機場集団によると機場巴士2号線は4月8日より増便され、30分間隔の運行となるとのこと。
空港発(T1とT2の間から発車)が10:00~21:00の間に1日23便、市内発(新勝利賓館城市候機庁:城関区慶陽路285号)が06:00~18:00の間に1日25便運行されるとしている。

→【蘭州市のホテルを探す】

 

温州龍湾国際空港から温州西站への連絡バス開通:中国空港関連ニュース

 浙江省温州市の温州龍湾国際空港から温州西公共バスターミナルへの連絡バスが運行を開始したと温州新聞網が伝えている。
 温州龍湾国際空港によると、温州西公共バスターミナルへの連絡バスは全行程約32キロを大よそ60分ほどで結ぶ。
 また途中有松大広場、八字橋、灰橋新村、会展中心、聚英家縁、状元公交枢紐(站前広場)を経由する。
 運行時間は空港発が08:55~20:00、市内発が06:30~19:00で30分間隔で運行され、運賃は15元/人で設定されている。

→【温州市内のホテルを探す】


 

1 2 3 22