上海虹橋国際空港・上海浦東国際空港でのWIFI接続


 上海市の2大空港である上海虹橋国際空港と上海浦東国際空港では、それぞれ搭乗エリアにWIFIエリアが設置されており、無料電源とともに誰でもスンマートフォンやノートパソコンを持ち込んでネット接続が可能になっている。

上海虹橋国際空港T1の国際線エリア

上海虹橋国際空港T1の国際線エリア

上海虹橋国際空港のT2電源スタンド

上海虹橋国際空港のT2電源スタンド

 今回久々に上海虹橋国際空港T1の国際線出発エリアを利用したので、WIFI接続をテストしてきた。
 誰でも利用できると書いたが、インターネット接続には個人認証が必要で、匿名で接続できるわけではない。

 この認証には2つの方法があり、中国大陸で契約された携帯電話による認証パスポートによる認証がある。
 中国契約による認証の場合は、まずスマホかノートパソコンでホットスポット、Aiport-FreeWifi-HQ(浦東はPD)に接続し、ブラウザを立ち上げると登録画面が現れる。

 こちらに自らの携帯電話番号を入力すると、SMS(ショートメール)で確認コードが送られてくるので、それを入力するとインターネットが接続に可能になる。
 また中国契約の携帯電話番号を持たない場合は、パスポート認証が可能な機器が設置されている。

上海虹橋国際空港T1のWIFIパスワード発行端末

上海虹橋国際空港T1のWIFIパスワード発行端末

 上海虹橋国際空港の国際線エリアの場合は、中国語は無論のこと日本語、英語、韓国語の操作が可能になっている。

上海虹橋国際空港T1のWIFIパスワード発行端末

言語選択画面

上海虹橋国際空港T1のWIFIパスワード発行端末

認証を行う身分証明書を選択する。

上海虹橋国際空港T1のWIFIパスワード発行端末

スキャン指示画面

 パスポートの写真ページをスキャナで読み取らせると、ユーザー名とパスワード4桁を記したシートが印刷される。

シート発行部

シート発行部

WIFIパスワードシート

WIFIパスワードシート

 これを使って、先ほどの画面でログインを行うとインターネットに接続が可能になる。
 なお、電源スタンドの電圧は220Vだが日本型のプラグでも差し込み可能であり、近年のパソコン・スマホなどでは問題なく接続が可能で、日本からの旅行者でも使用できる仕様となっている。

左側の下か右側の上の部分に日本型プラグが差し込める。

左側の下か右側の上の部分に日本型プラグが差し込める。

 またUSB電源供給も可能になっていて、スマホの充電ならこれで十分なものとなっており、もちろんすべて無料できる。
 今回は上海虹橋国際空港の例だが、上海浦東国際空港でもほぼ同様の接続環境となっているので、国際線利用客は出発までの時間、ビジネスの連絡やネット接続を楽しむことができる環境が整っている。

 ただ、接続に関しては公共空間WIFIで暗号化などが行われていないので、やりとりする情報は必要最小限にして、銀行取引などは避けたほうが良いのは公共WIFI利用上の注意としてやはり心に留め置くべきであろうと思われる。

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)


 

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください