上海虹橋国際空港(虹橋枢紐西交通中心)から莘庄駅前へシャトルバス「虹橋快線」開通:中国空港関連ニュース

 上海市の上海虹橋国際空港に隣接する虹橋枢紐から閔行区の莘庄駅南広場へ定時シャトルバス「虹橋快線」が開通すると東方網が伝えている。
 この虹橋快線は莘庄駅南広場を発着点とし、上海虹橋国際空港に隣接する高速鉄道上海虹橋駅そばの西側西交通中心とを結び、運賃は8元/人が設定されている。
 具体的な運行時間帯は下記の通り
虹橋枢紐西交通中心発
 平日朝晩ピーク時   25分間隔
 平日オフピーク時   45分間隔
 休日 07:25~09:00 15:45~18:45 30分間隔
 休日 上記以外の時間 45分間隔
莘庄駅南広場発
 平日朝晩ピーク時   25分間隔
 平日オフピーク時   45分間隔
 休日 06:55~08:55 14:55~17:55 30分間隔
 休日 上記以外の時間 45分間隔

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

上海浦東国際空港のリムジンバス機場9線が発着点変更、莘庄駅駅前に:中国空港関連ニュース

 上海市の上海浦東国際空港から閔行区方面を結ぶリムジンバス機場9線の市内側の発着点が2018年8月9日から莘庄駅南広場に変更になると、東方網が伝えている。
 上海浦東国際空港によると機場9線は従来軌道交通1号線の莘庄駅からやや離れた場所を発着点としていたが、莘庄駅の南広場に発着点を変更となるとのこと。
 具体的な運行時間帯はこれまでと同じで、上海浦東国際空港発が07:00~23:00、莘庄駅の南広場発が06:00から21:30、運賃は22元/人で運行されるとしている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

上海虹橋国際空港T1の味千ラーメンのセットメニュー

改造工事が続いていた上海虹橋国際空港T1ターミナルの、残り半分の建物がそろそろ出来上がりそうだと聞き、久々に訪れてきた。
現在までに開業しているのはT1のうち左側のA楼と呼ばれる部分で、ここに国内線も国際線も同居している状況である。

今後滑走路側のB楼が供用開始となるのだが、既に工事用の目隠し壁も取り払われれ、内部が見える状態になっていた。
2階の出発ロビーにあたる部分も概ね完成しており、あとは内部の調整のみといったところか?
この状況であれば、遅くとも来月中にはオープンになりそうである。

供用間近の上海虹橋国際空港T1

正式に発表にはなっていないが、オープン後はA楼は国際線、B楼が国内線用になるのではないかとみている。
B楼の方がタクシーや地下鉄への乗り換えが便利な配置となっており、国際線より旅路を急ぐ国内線を優先すると思われる。
(国内線のほかの航空会社はT2に配置されている)

さて、しばらく訪れていなかったため、内部に飲食店がいくつか増えていた。

上海虹橋国際空港T1の味千ラーメン

その一つが味千ラーメンで、日本の熊本を拠点とするラーメンチェーンで、現地にいる日本人にはあまり人気は無いが、上海を含め中国各地に多数の店舗展開している。

今回こちらでセットメニューを注文した。

餃子と、指定のラーメン、指定のドリンクのセットで57元。

今回は豚骨チャーシュー面とレモンジュースをチョイスした。

レジで支払い後、呼び出し機を渡され、呼び出し機が鳴ったら自分で取りに行く方式である。

フードコートの呼び出し機

またお茶もセルフサービスであり、自分で注ぎに行かなくてはならない。

セルフのお茶タンク

ただ、ここの空間は複数の飲食店共有のフードコート形式のため、ある程度の持ち込みは自由で、コンビニで買ったペットボトルのお茶などを飲んでても問題なさそうである。

さて出てきたのが、下記の写真の通りである。

味千ラーメンのセットメニュー

まあ日本の並み居るラーメン店の味に比べればはるかに及ばず、若干塩気もコクも薄いのではあるが、期待値を下げて食べれば普通のラーメンであり、インスタントラーメンに比べればマシかといったレベルである。

さらに餃子もそれなりであり、上海市内に行けばもっと美味しい店はあるのだが、空港という特殊な立地事情で考えれば、これでヨシとするしかないレベルである。
ただ、外が暑かったため、このレモンジュースはとても美味しく感じた。
少々濃いめではあったが、中国の清涼飲料水独特のくどい甘さはなく、比較的さわやかな飲み心地であった。
全体として、やや量はボリューム感に欠けるかなという面はあるこのセットだが、57元で空腹を満たすにはまぁまぁなのではないか。
こんなラーメンセットであった。

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)

上海虹橋国際空港のT1-B楼改造の消防検収完了:中国空港関連ニュース

 上海市の上海虹橋国際空港T1(第1旅客ターミナル)B楼の改造工事における消防検収が完了し、間もなく供用開始の準備が整うと上海市公式サイトが伝えている。
 上海市によると、T1-B楼における火災警報システムや、消火システム、排煙システムなどについて検収を行い無事合格となったとのこと。
 関係者によると、このB楼は既に運営を開始しているA楼から独立した電気毛糸となっており、単独での運営が可能になっているとのこと。
 従来の計画では8月中の竣工予定となっており、工事・検収が無事に進んでいることから間もなく竣工・供用開始となるとみられている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)

上海浦東国際空港のサテライトターミナルは2019年供用開始へ:中国空港関連ニュース

上海市の上海浦東国際空港のサテライトターミナル(衛星庁)が2019年に供用開始する見込みとなったと中国民用航空網が伝えている。
 上海浦東国際空港によると、サテライトターミナルは建築総面積62万平方米で、現有のT1・T2の両旅客ターミナルとは自動運行システムで結ばれる。
 また100基近くのボーディングブリッジが設置され、上海浦東国際空港内の駐機場不足の解消が期待されている。
 このサテライトターミナルのオープンにより、年間8000万人の旅客キャパが確保され、大都市上海の発展をさらに強力に支えることが期待されている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

舟山から上海浦東国際空港への直通バス開通:中国空港関連ニュース

浙江省舟山市から上海市の上海浦東国際空港への直通バスが運行開始したと澎湃新聞が伝えている。
 上海浦東国際空港によると、舟山市の発着点は舟山普陀長途客運中心(バスターミナル)で、新城客運站、定海(塩倉)客運中心を経て、1日3往復が設定され全行程4時間40分で結ぶ。
 運賃は180元/人が設定されていて、各バスターミナルほか微信の「舟山汽車運輸有限公司」などでも購入できるとしている。
 運行時間は次の通り
舟山普陀長途客運中心発
05:45、09:00、12:10

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】
→【舟山のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

上海浦東国際空港から市内へのリムジンバスはT1から乗るほうが便利

上海の空の玄関口である上海浦東国際空港は、上海市内から30㎞以上の距離を隔てているので、幾つかの交通機関が市内と空港を結んでいる。

そのうちの一つがリムジンバス。

上海浦東国際空港のリムジンバス

機場1線が両空港を結ぶ

片道20~30元/人と地下鉄よりは高いが、距離を考えると日本の交通機関よりはかなり安い。

一応デラックスバスであり、シートピッチは狭いので乗り心地は快適とまで言えないが独占的に座れるので、移動中の苦はそれほどない。

上海浦東国際空港の機場5線のバスの中

機場5線のバスの中

こんなリムジンバスであるが、空港から市内へ向かう際は乗車場所に気を付ける必要がある。

このリムジンバスは、どの路線もT1(第一ターミナル)から出発し、T2(第二ターミナル)を経由してから市内へ向かうという順序で運行される。

つまり、先にT1で客を乗せたあとの空席に対してT2からの乗客を乗せる方式になっているのである。

ゆえに、T2から乗る場合は希望通りの席にならないというか、2人組で乗っても別れて座らざるを得ず、ましてや窓際の席を得られることはほとんどない。

それでも座れる席があればマシなのであるが、場合によっては席が足りず、積み残されてしまう場合もある。

混んでいる時期などは何便も見送ることもあり、こうなると悲劇である。

さらにトランクルームの利用も同様で、T1の客が好き勝手に積んでいるので、T2の客にはスペースが残されていない場合もある。

機場5線のバスとトランクルーム

機場5線のバスとトランクルーム

すると、座席に持ち込めと言われるが、座席スペースはそんなにゆったりしていないので、小さなスーツケースレベルでも置き場所に窮する。
下手をすると膝に抱える必要もあり、途端に居住性が悪くなり、市内までの一時間程度が辛い時間になってしまう。

やはり、市内へのリムジンバスの時間をゆったり過ごすためには、T1から乗車することをお勧めしたい。
T1側に回ることにより、積み残される可能性はまずないし、2人組なら並び先、窓側希望なら窓側席に座れる確率も高く、トランクルームも余裕がある状態で積める。
故に上海浦東国際空港への航空便が例えT2に到着したとしても、ターミナル間のシャトルバスへの乗車或いは連絡通路を渡ってT1の乗り場に回ったほうが結果的に快適に市内まで移動できることになる。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

中国国際航空が南通市から上海浦東国際空港への無料連絡バスサービス:中国空港関連ニュース

 中国国際航空(CA)が南通市から上海浦東国際空港T2への直通バスを無料提供することになったと伝えている。

 中国国際航空によると、同社の国際便のチケット、身分証明書、パスポートを持って乗車日の3日前までに予約すると、南通汽車站、南通汽車客運東站、啓東汽車站から上海浦東国際空港への連絡バスに無料で乗車できるとのこと。
 なお、バス下車後に国際線の搭乗までは90分を確保してほしいと航空会社では呼び掛けている。
連絡バスの運行時刻は次の通り。
 南通汽車客運東站発
06:20、07:40、08:40、09:40、11:10、12:20、13:40、15:10、16:40、18:10
上海浦東国際空港発
09:05、10:35、12:05、13:05、14:10、15:25、16:40、17:45、19:20、20:50。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

 →【南通のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

1 2 3 23