アモイの新空港は2015年着工、2020年開港へ:中国空港関連ニュース


福建省厦門(アモイ)市における新空港「厦門翔安国際空港」が来年2015年にも7着工されることになったと網易網が伝えている。
 新厦門翔安国際空港の建設が予定されているのは、福建省厦門市翔安区の大嶝島と小嶝島の間を埋め立てて造られる10キロ平米余りの造成地で、厦門はもとより漳州、泉州、龍岩、金門地区など周辺地区への移動に便利な場所とされている。
 現在の計画では厦門翔安国際空港は総敷地面積17.5平方キロメートル、3600m~4000mの滑走路4本、仏エアバス社のA380など大型機が駐機できるエプロンを含めた177機分の旅客搭乗口、28機分の貨物機駐機エプロン、旅客ターミナル総床面積55万平方メートル、想定旅客キャパは初期開港時は年間3000万人、将来的には6000万人を想定してるとのこと。
 報道によれば今年2014年から2015年にかけて福建省側が、周辺交通、エネルギー、推理、行政組織、情報インフラ、環境保全等の6つの項目についてそれぞれ調整が行われ来年2015年中に着工2020年の完成を目指すとしている。
 予測によると厦門市周辺の航空需給は年間3300万人に達すると見られているが、既存の厦門高崎国際空港の設計想定キャパは2600万人でありほぼ飽和状態に近づいているため、新空港の建設が急務となっていたとのこと。
 なお新厦門翔安国際空港の完成後に厦門高崎国際空港は廃止せず、役割を分担して運用が行なわれる計画になっているとしている。

→【厦門(アモイ)のホテルを探す】
→【厦門(アモイ)高崎国際空港周辺のホテルを探す】

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村