北京大興国際空港は9月30日正式開港へ:中国空港関連ニュース

 北京市で建設が進められている新空港「北京大興国際空港」の開港日が2019年9月30日に正式に決まったと浙江新聞が伝えている、
 北京大興国際空港は北京市南部の大興地区に建設が進んでおり、旅客ターミナルは概ね整備が完了し、6月30日に竣工予定になっているとのこと。
 旅客ターミナルは地上5階地下2階の七層構造で、上空から見ると鳳凰の形をしており、全部で82か所のボーディングブリッジが設けられるが、いずれもターミナル中心部から徒歩8分以内で到着が可能な構造になっているという。
 関係者によると、2025年時点での年間旅客数見込みを7200万人、貨物取扱200万トン、発着回数62万回を見込んでいるとしている。

→【北京のホテルを探す】

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

上海第三空港は江蘇省海門市に基本確定か:中国空港関連ニュース

 上海市の三番目の空港となる新空港の建設位置が基本確定したと上海証券報が伝えている。
 報道によると、上海第三空港は江蘇省海門市の四甲鎮及び周囲の集落附近に基本けっていされたと海門祖工商業連合会参加企業の新春座談会で伝えられたとのこと。
 上海第三空港の予定地とされる場所は、上海市から直線距離で60キロメートルの位置にあり、計画敷地面積20万平方キロメートルで年間旅客キャパ5000万人を想定して設計されるとのこと。
 これを受けて、現地集落周辺では、戸籍や土地、建物など不動産関係の契約関係が凍結され、空港建設の準備が進むと見られている。
 また上海からのアクセスとして、既に建設計画が決まっている沿江高速鉄路のほか複数のアクセスルートが計画されているとしている。
 江蘇省政府では2019年の政府事業報告の中で、この新空港建設をを明確に決定したいとしている。

→【上海のホテルを探す】
→【南通のホテルを探す】
→【海門のホテルを探す】

連雲港花果山国際空港が着工、2020年完成目指す:中国空港関連ニュース

 江蘇省連雲港市の連雲港花果山国際空港が2月12日に着工されたと連雲港経済技術開発区管理委員会の公式サイトが伝えている。
 開発区管理委員会によると、連雲港花果山国際空港は連雲港市灌雲県小伊郷洪河村に建設され、連雲港の中心部から直線距離で21.5キロの位置に設置される。
 計画によると、2800米x45米の滑走路1本と建築面積4万平方米の旅客ターミナル1棟、16機分の駐機エプロンが設置されるコード4D規格の空港となる予定で、工期は2年を予定しており、2020年の供用開始を目指している。
 開港時の旅客キャパは年間250万人、貨物取り扱いは2.4万トンを想定している。
 雲港市には1985年開港の連雲港白塔埠国際空港が存在しているが、設計規模が年間100万人程度で既に飽和状態にある上、空港の南北に軍用地が広がっていて拡張空間がないため、新空港の建設が決定した。
 連雲港花果山国際空港が開港する際には、連雲港白塔埠国際空港は軍用空港に機能特化され、民間利用は停止される予定になっている。

→【連雲港のホテルを探す】

四川省巴中恩陽空港が開港:中国空港関連ニュース

 四川省巴中市の巴中恩陽空港が2月3日から正式開港したと民航資源網が伝えている。
 巴中恩陽空港は巴中市恩陽区興隆鎮に位置し、敷地面積約200万平方メートル、2600米x45米の滑走路1本、床面積13000平方米の旅客ターミナルを備える支線級のコード4C規格の空港。
 7機分の駐機エプロンと2機分のボーディングブリッジを備える。
 開港当初は、成都、北京、上海、深圳への航路開設が予定されており、来年2020年時点で年間利用客数90万人を目指すとしている。

→【巴中のホテルを探す】

北京新空港で1号機が飛来、9月末開港へ準備続々:中国空港関連ニュース

 北京市南部に建設中の「北京大興国際空港」の滑走路に第一号機となる航空機が飛来し、飛行試験が開始されたと中国民航網が伝えている。
 関係者によると、今回試験が行われる滑走路は西一、西二滑走路(各3800mX60m 17-35)と、東一滑走路(各3400mX60m 19-01)、北一滑走路(各3800mX60m 11-29)の4本の滑走路と、6組の着陸計器システム、7組の灯光系統などとなっている。
 これらの飛行試験は1/22から3/15までの約2か月にわたってテストが続けられる。
 検査責任者によると、このように高レベル設備を備えた4本の滑走路を同時に検証することは世界でも希だという。
 北京大興国際空港は今後6月30日に竣工し、9月末に開港する見込みとなっている。

→【北京のホテルを探す】

広西チワン族自治区の梧州西江空港が開港:中国空港関連ニュース

 広西チワン族自治区梧州市の梧州西江空港が1月23日に開港したと中央人民広播電台が伝えている。
 梧州西江空港は広西チワン族自治区梧州市干藤県塘歩鎮の赤水工業園の西側の、梧州市中心部から22.5キロの位置に建設された空港で、2600米x45米の滑走路1本と、8000平米の旅客ターミナル1棟、5機分駐機エプロンなどを備えたコード4C規格の空港となっている。
 今後北京、上海、長沙のほか全国主要都市への路線開通が予定されている。

→【梧州市のホテルを探す】

湖南省岳陽三荷空港が正式開港:中国空港関連ニュース

 湖南省岳陽市の岳陽三荷空港が12月26日に開港したと岳陽市人民政府公式サイトが伝えている。
岳陽三荷空港は岳陽市経済区三荷里に位置し、市内からの距離は18キロ帆のところに建設された。
 2600米x45米の滑走路1本と6000平方米の旅客ターミナルを持つコード4D規格の空港。
 6機分の駐機エプロンを備え、年間旅客キャパは60万人を想定している。
 開港当初は杭州-岳陽-昆明線が就航するほか、西安-岳陽‐海口など2月までに5ルート10路線の運航開始が予定されている。

→【岳陽市のホテルを探す】

北京新空港名は「北京大興国際空港」に決定:中国空港関連ニュース

来年、2019年に開港を予定している北京市南部の新空港の名称が「北京大興国際空港」に決定したと人民交通網が伝えている。
 中国民用航空局によると、この「北京大興国際空港」は来年2019年6月30日までに竣工予定で、9月30日から運用を開始する予定とのこと。
 関係者によると土木工程は93%の真直度、道路面工程は62%の進捗度で、飛行区域は来年5月まで完成する予定だとしている。

→【北京のホテルを探す】

1 2 3 11