済南遥墻国際空港のリムジンバス3号線が増発で30分間隔に:中国空港関連ニュース

 山東省済南市の済南遥墻国際空港のリムジンバス3号線が8月13日から増発され、従来の60分間隔から30分間隔になると斉魯壱点が伝えている。
 済南遥墻国際空港によると同空港から済南西駅へ向かうバスについて空港発は09:00~21:00、済南西駅発は07:00~19:00の間、いずれも30分間隔で運行され、運賃は20元/人が設定されている。
 乗り場は、空港側が済南遥墻国際空港旅客ターミナル1階の5、6号門前、済南西駅が西客站公交枢紐(公共バスターミナル)となっている。

→【済南遥墻国際空港周辺のホテルを探す】

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

上海の浦東・虹橋の二大空港を結ぶ連絡鉄道が着工、2024年完成目標:中国空港関連ニュース

 上海市の二大空港である上海浦東国際空港(PVG)と上海虹橋国際空港(SHA)を結ぶ、軌道連絡線が6月28日に着工されたと閔行報社が報じている。
 発表によるとこの機場(空港)連絡線は、全長68. 6キロで、このうち高架部が7.9キロ、地上部が4.1キロ、近く区間が56.6キロとされ、全体の8割が近く区間となり、最高設計速度160キロで建設され、二大空港間は約40分で結ばれるとしている。
 停車駅は全部で9駅が設置され、建設中の上海東駅を起点とし、浦東空港サテライトターミナル駅、浦東機場駅、度假区駅(ディズニー地区)、張江駅、三林南駅、華涇駅、七宝駅を経て虹橋駅に至るルートで設置される。
 また、三林南駅からは上海南駅に至る支線も建設される予定で、このルートを通じて上海浦東国際空港と全国の鉄道網は連絡することになるとしている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)

合肥新橋国際空港の肥西シティエアターミナル供用開始:中国空港関連ニュース

 安徽省合肥市の合肥新橋国際空港の肥西シティエアターミナル(城市候機楼)が供用開始され、1日往復の連絡バスが運行されることになったと合肥在線が伝えている。
 合肥新橋国際空港によると、肥西シティエアターミナルは肥西県の麦肯希酒店に置かれ、連絡バスの運賃は30元/人が設定されている。
 出発時間は次の通り
合肥新橋国際空港発
13:00
肥西シティエアターミナル発
09:00、15:00

→【合肥のホテルを探す】

合肥新橋国際空港トップ
合肥新橋国際空港からリムジンバス
合肥新橋国際空港からタクシー

鄭州新鄭国際空港から濮陽へのバス増便:中国空港関連ニュース

河南省鄭州市の鄭州新鄭国際空港から濮陽へのバスが6月23日より増便されたと大河報が伝えている。
鄭州新鄭国際空港によると、栄域城市広場から鄭州新鄭国際空港へのバスは05:00~18:00の間、1時間に1本の割合で運行される。
また、栄域城市広場へは三合賓館から連絡リレーバスが運行され、04:30~17:30の間にやはり1時間ごとに発車する。
また空港発については08:50~22:00の間にやはり1時間ごとの運行となっている。
具体的な運行時刻は下記の通り

鄭州新鄭国際空港発
08:50、09:50、10:50、11:50、12:50、13:50、14:50、15:50、16:50、17:50、18:50、19:50、20:50、22:00
三合賓館発
04:30、05:30、06:30、07:30、08:30、09:30、10:30、11:30、12:30、13:30、14:30、15:30、16:30、17:30
栄域城市広場発
05:00、06:00、07:00、08:00、09:00、10:00、11:00、12:00、13:00、14:00、15:00、16:00、17:00、18:00

→【鄭州新鄭国際空港のホテルを探す】
→【鄭州市内のホテルを探す】

北京大興国際空港開港時は複数のアクセス手段が9月に同時開通へ:中国空港関連ニュース

 今年2019年9月末に開港が予定される北京市の北京大興国際空港へのアクセス手段について、地下鉄線(軌道交通線)、高速鉄道、高速道路の3系統が同時開通することになると北京青年報が報じている。
 北京地下鉄によると、地下鉄新機場線の第一期分の開通予定は豊台区の草橋駅から北京大興国際空港駅までの41.4キロで、起終点併せて3駅が設置され、最高時速160キロで運行され、空港まで約20分で結ぶ。
 草橋駅では軌道交通10号線に接続するほか、将来的には2020年に開通する19号線と接続する予定になっているとのこと。
 
 また都市間高速鉄道である京雄城際鉄道の北京区間も空港の開港と同時に開通する予定で、京九線の李営駅から雄安新区雄安駅までのうち、北京大興国際空港までの36キロが開通する。
 京雄城際鉄道は北京西駅に乗り入れる予定で、北京西駅から北京大興国際空港まではおよそ25分で結ばれる。
 なお北京大興国際空港から先の56キロの区間は2020年に開通予定とのこと。

 このほか、3本の高速道路が北京大興国際空港と同時に開通し、京台高速、新機場高速、京開高速が、空港北側を東西に連絡する新機場北線高速を通じて空港に連絡するとし、自動車交通にアクセスルートが複数確保されるとしている。

→【北京のホテルを探す】

蘭州中川国際空港から雁灘地区への連絡バス開通:中国空港関連ニュース

 甘粛省蘭州市の蘭州中川国際空港から市内雁灘地区への直通バスが開通したと中国甘粛網が伝えている。
 雁灘地区の発着点は海鴻假日酒店で、途中鴻運潤園(南門の西側)を経由する。
 運行時間帯は空港発が09:00~20:00、鴻灘発07:00~18:00で毎時丁度発車の1時間ごとの運行が行われるとしている。

→【蘭州市のホテルを探す】

深圳宝安国際空港から蛇口国際客船ターミナルへの無料連絡バス運行:中国空港関連ニュース

 広東省深圳市の深圳宝安国際空港と蛇口フェリー国際客船ターミナルを結ぶ無料連絡バスが運行開始したと蛇口消息報が報じている。
 深圳宝安国際空港によると、蛇口国際客船ターミナルへの無料連絡バスは1日20便が運行され、無料で乗車が可能とのこと。
 また同時に蛇口国際客船ターミナルからは深圳北駅の連絡バスも1日10便が運行開始となったとしている。

→【深圳宝安国際空港周辺のホテルを探す】
→【深圳のホテルを探す】

蘭州中川国際空港から楡中県へのバスが運行休止:中国空港関連ニュース

甘粛省蘭州市の蘭州中川国際空港から楡中県へのバスが5/17から運行休止となったと毎日甘粛がつたえている。
 バスの運行会社によると、5/17から蘭州中川国際空港から楡中県へのバス全7往復の運行を取りやめているとのこと。
現在新たな運行方式を検討しており、これらが決定次第改めて発表するとしている。

→【蘭州市のホテルを探す】

1 2 3 66