上海浦東国際空港のサテライトターミナルが供用開始:中国空港関連ニュース

 上海浦東国際空港のサテライトターミナルS1とS2が9月16日に供用を開始したと民航資源網が伝えている。
 上海浦東国際空港を管理する上海空港集団よると、従来の旅客ターミナルT1とT2の南側に誘導路を挟んでS1・S2のサテライトターミナルが設置されたとのこと。

 この2つのサテライトターミナルは中央で連絡し、上空から見ると「工」の形をしていて、新たに90基の搭乗橋(ボーディングブリッジ)が増設され、これにより同空港のフライトにおける搭乗橋利用率が従来の50%程度から90%以上に改善するとしている。

 また、このサテライトターミナルでは、トランジット(乗り継ぎ)機能が強化され、35基の搭乗橋において、国内国際、国際国際、国内国内のいずれのトランジットにも対応できる三層切り替え機能が備えられることになったとしている。

 T1・S1側はブルー系の内装でまとめられ、中国東方航空(MU)、上海航空(FM)、スカイチームの航空便が発着し、年間3680万人の利用キャパが確保される。
 またT2・S2側はオレンジ系の内装でまとめられ中国国際航空(CA)、中国南方航空(CZ)、スターアライアンスワンワールドアライアンスの航空便が発着し、年間4320万人の利用キャパが確保されるとしている。
 S1及びS2から出発する航空便の搭乗券については、GあるいはHの搭乗口記号が記され、T1・T2からの出発便とは区別されるとのこと。
 なおT1とS1、T2とS2のターミナルは、それぞれ4両編成の最高時速80キロのターミナルシャトルで結ばれ、2分30秒で結ばれ、5分間隔で運行される。

 サテライトターミナル内の商業施設も充実しており、2.8万平方米のスペースに、ショップが100店舗、レストランが55店舗、金融機関スポットが4店舗設置され、空港内の無料WIFIや無料電源も整っているとしている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京大興広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市河北山西内蒙古遼寧吉林黒龍江江蘇浙江安徽福建江西山東河南湖北湖南広東広西海南四川貴州雲南チベット陝西甘粛青海寧夏新疆香港・マカオ台湾
日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

綿陽南郊空港の新ターミナル年内着工へ:中国空港関連ニュース

四川省綿陽市の綿陽南郊空港において、新旅客ターミナル建設が計画されており、年内にも着工されることになったと民航資源網が伝えている。
綿陽市によると、綿陽南郊空港の利用者急増に伴い新旅客ターミナルの建設が計画しているとのこと。
具体的には現在の旅客ターミナルのそばに延べ面積5000平方米のターミナルを建設し、主に国際線を中心に運用する計画だとしていて、早ければ今年中にも着工し来年2020年にも竣工を目指すとしている。

→【綿陽市のホテルを探す】

上海浦東国際空港のサテライトターミナルは9月供用開始へ:中国空港関連ニュース

 上海市の上海浦東国際空港の第三期工事が9月に完成予定で、サテライトターミナルと既存ターミナルを結ぶシャトルトレインも同時開通すると光明網が伝えている。
 上海機場集団によると、サテライトターミナルは既存のT1、T2ターミナルの南側約700米の場所に位置し、S1、S2と命名され、T1とS1、T2とS2がそれぞれ一体として運用されることになっているとのこと。
 またこのT1・T2とS1・S2の間で旅客を運ぶために旅客輸送システムが整備され、東西それぞれに複線の軌道を設置し、国内・国際の車両を併結した4両編成で、1時間あたり最大9000人の輸送体制の24時間運行が実施されるとしている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

桂林両江国際空港T2が供用開始、連絡バスの運賃値上げも:中国空港関連ニュース

 広西チワン族自治区のの第2旅客ターミナル(T2)が9月28日より供用開始したと中国民航網が伝えている。
桂林両江国際空港によるとT2は地上3階地下1階の総床面積10.5万平方米、駐機エプロン32機分、ボーディングブリッジ23基を備え、年間旅客キャパ1200万人を確保し、従来の2.4倍となったとのこと。

 またT2の供用開始に合わせ、T1は暫定的に運用を休止し、当面の全ての業務はT2で行われるとしている。

 このほかT2、桂林鉄道駅への連絡バスが1日10便から13便まで増便され、朝9時から夜21時まで1時間おきに運行されることになった。
 ただし桂林北駅へのバスは変更なく1日10便が維持される。

 また、桂林両江国際空港から柳州汽車站(バスターミナル)については運行本数が見直され、朝9時半から22時までの間1日12便が運行されることになり、運賃も従来の50元/人から60元/人に変更になったとしている。

 →【桂林両江国際空港近くのホテルを探す】
→【桂林市のホテルを探す】

上海虹橋国際空港T1の味千ラーメンのセットメニュー

改造工事が続いていた上海虹橋国際空港T1ターミナルの、残り半分の建物がそろそろ出来上がりそうだと聞き、久々に訪れてきた。
現在までに開業しているのはT1のうち左側のA楼と呼ばれる部分で、ここに国内線も国際線も同居している状況である。

今後滑走路側のB楼が供用開始となるのだが、既に工事用の目隠し壁も取り払われれ、内部が見える状態になっていた。
2階の出発ロビーにあたる部分も概ね完成しており、あとは内部の調整のみといったところか?
この状況であれば、遅くとも来月中にはオープンになりそうである。

供用間近の上海虹橋国際空港T1

正式に発表にはなっていないが、オープン後はA楼は国際線、B楼が国内線用になるのではないかとみている。
B楼の方がタクシーや地下鉄への乗り換えが便利な配置となっており、国際線より旅路を急ぐ国内線を優先すると思われる。
(国内線のほかの航空会社はT2に配置されている)

さて、しばらく訪れていなかったため、内部に飲食店がいくつか増えていた。

上海虹橋国際空港T1の味千ラーメン

その一つが味千ラーメンで、日本の熊本を拠点とするラーメンチェーンで、現地にいる日本人にはあまり人気は無いが、上海を含め中国各地に多数の店舗展開している。

今回こちらでセットメニューを注文した。

餃子と、指定のラーメン、指定のドリンクのセットで57元。

今回は豚骨チャーシュー面とレモンジュースをチョイスした。

レジで支払い後、呼び出し機を渡され、呼び出し機が鳴ったら自分で取りに行く方式である。

フードコートの呼び出し機

またお茶もセルフサービスであり、自分で注ぎに行かなくてはならない。

セルフのお茶タンク

ただ、ここの空間は複数の飲食店共有のフードコート形式のため、ある程度の持ち込みは自由で、コンビニで買ったペットボトルのお茶などを飲んでても問題なさそうである。

さて出てきたのが、下記の写真の通りである。

味千ラーメンのセットメニュー

まあ日本の並み居るラーメン店の味に比べればはるかに及ばず、若干塩気もコクも薄いのではあるが、期待値を下げて食べれば普通のラーメンであり、インスタントラーメンに比べればマシかといったレベルである。

さらに餃子もそれなりであり、上海市内に行けばもっと美味しい店はあるのだが、空港という特殊な立地事情で考えれば、これでヨシとするしかないレベルである。
ただ、外が暑かったため、このレモンジュースはとても美味しく感じた。
少々濃いめではあったが、中国の清涼飲料水独特のくどい甘さはなく、比較的さわやかな飲み心地であった。
全体として、やや量はボリューム感に欠けるかなという面はあるこのセットだが、57元で空腹を満たすにはまぁまぁなのではないか。
こんなラーメンセットであった。

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)

上海虹橋国際空港のT1-B楼改造の消防検収完了:中国空港関連ニュース

 上海市の上海虹橋国際空港T1(第1旅客ターミナル)B楼の改造工事における消防検収が完了し、間もなく供用開始の準備が整うと上海市公式サイトが伝えている。
 上海市によると、T1-B楼における火災警報システムや、消火システム、排煙システムなどについて検収を行い無事合格となったとのこと。
 関係者によると、このB楼は既に運営を開始しているA楼から独立した電気毛糸となっており、単独での運営が可能になっているとのこと。
 従来の計画では8月中の竣工予定となっており、工事・検収が無事に進んでいることから間もなく竣工・供用開始となるとみられている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)

上海浦東国際空港のサテライトターミナルは2019年供用開始へ:中国空港関連ニュース

上海市の上海浦東国際空港のサテライトターミナル(衛星庁)が2019年に供用開始する見込みとなったと中国民用航空網が伝えている。
 上海浦東国際空港によると、サテライトターミナルは建築総面積62万平方米で、現有のT1・T2の両旅客ターミナルとは自動運行システムで結ばれる。
 また100基近くのボーディングブリッジが設置され、上海浦東国際空港内の駐機場不足の解消が期待されている。
 このサテライトターミナルのオープンにより、年間8000万人の旅客キャパが確保され、大都市上海の発展をさらに強力に支えることが期待されている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

塩城南洋国際空港の第2ターミナル供用開始:中国空港関連ニュース

江蘇省塩城市の塩城南洋国際空港の第2旅客ターミナル(T2)が正式にオープンし、6月1日より供用開始したと揚子晩報が伝えている。
 塩城南洋国際空港によると完成したT2は総床面積3.02万平方米、8万平方米の20機分の駐機エプロンや滞留客のための仮眠施設なども備えているとのこと。
 今回の供用開始により、塩城南洋国際空港の年間旅客キャパは300万人に増加するとしている。

→【塩城南洋国際空港周辺のホテルを探す】
→【塩城市のホテルを探す】

1 2 3 10