襄陽劉集空港の新ターミナル供用開始:中国空港関連ニュース

 湖北省襄陽市の襄陽劉集空港の新旅客ターミナルが10月29日から供用を開始したと民航資源網が伝えている。
 襄陽劉集空港によると、新旅客ターミナルは建築面積2万平方米で、上下二層構造となっており、5期のボーディングブリッジを備える。
 今回の新ターミナル供用開始に伴い、全ての旅客業務は全て新ターミナルに移行し年間220万人の旅客利用が可能になるとしている。

→【襄陽市内のホテルを探す】

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

重慶江北国際空港の第3ターミナルが供用開始、T1は閉鎖し改造へ:中国空港関連ニュース

 直轄市重慶市の重慶江北国際空港のT3(第三旅客ターミナル)が8月29日から供用を開始したと民航資源網が伝えている。
 重慶江北国際空港によると、T3ターミナルは29日朝6時から運用を開始し、同時に中らのT1ターミナルは閉鎖され改造工事に入ることになったとのこと。
 新しいT3ターミナルは中央ホールと足のように延びる4本の搭乗通路で構成され、X型の形状を持つ建物となっており、南北が1060m、東西が750mの規模を誇り高さも48mある巨大な構造物となっている。
 総敷地面積53.7万平方米で、現有ターミナルの2.5倍の規模になる。
 今回のT3の供用開始により、中国東方航空(MU)もT3に移動し、業務を行うことになったとしている。
 なお、T1、T2、T3の各ターミナルは無料のシャトルバスで結ばれるとしている。

→【重慶のホテルを探す】
→【重慶江北国際空港のホテルを探す】

海口美蘭国際空港の総合交通ターミナル供用開始:中国空港関連ニュース

 海南省海口市の海口美蘭国際空港の総合交通ターミナル(GTC)が8月1日から供用開始となったと新浪網が伝えている。
 海口美蘭国際空港によると、この交通ターミナルは高鉄(高速鉄道)、公共路線バス、城際快線(都市間バス)、タクシー乗り場が一体となった総合ステーションで、利用客はここを拠点として様々な方面へ様々な交通手段を使って移動が可能になる。
 関係者によると、現在空港の利用客は1日平均6万人程度おり、今回の交通ターミナル供用開始で美蘭市内を含めた周辺各地への移動が非常に便利になるとしている。

→【海口美蘭国際空港周辺のホテルを探す】
→【海口のホテルを探す】

重慶江北国際空港の第3ターミナルは7月末供用開始:中国空港関連ニュース

 直轄市重慶市の重慶江北国際空港の第3旅客ターミナル(T3)が7月末から供用開始となると中国新聞網が伝えている。
 重慶江北国際空港によると、建設が続けられてきたT3は、内部のテナント施設の内装もほぼ完了し、7月末に開業できる見込みとなったとのこと。
 重慶江北国際空港のT3は総床面積53.7万平方米、地上4階地下2階の6層で、チェックインカウンター228箇所、安全検査通路37箇所が設けられる。
 また3800mの第三滑走路に面し、93機分の駐機エプロンが設けられる。
、重慶江北国際空港は2016年時点で年間利用客3588.9万人に達し、貨物取扱36.1万トンに達している。

→【重慶のホテルを探す】
→【重慶江北国際空港のホテルを探す】

 

徐州観音国際空港の第3ターミナル竣工、7月供用開始へ:中国空港関連ニュース

 江蘇省徐州市の徐州観音国際空港の新旅客ターミナルとなる第3ターミナル(T3)が竣工し、7月に供用開始となると民航資源網が伝えている。
 徐州観音国際空港によると新設の第3ターミナルは、建築面積3.4万平方米で、既存のターミナル2.4万平方米を凌ぐ規模となるとのこと。
 また8基のボーディングブリッジが新設され、併せて3400mX23mの平行誘導路が新設される。
 これにより徐州観音国際空港は処理能力が大幅にアップし、2025年までに年間発着回数5.2万回、旅客扱い450万人、貨物取扱5万トンを目指すとしている。

→【徐州市内のホテルを探す】

銀川河東国際空港の第3ターミナル供用開始:中国空港関連ニュース

 寧夏回族自治区銀川市の銀川河東国際空港の第3ターミナル(T3)の供用が開始されたと民航資源網が伝えている。
 銀川河東国際空港によるとT3ターミナルは約8万平方米、駐機エプロン1.43万平方米が新設され、滑走路も3600mに延長されるとのこと。
 今回の拡張によって、年間発着回数8.9万回、年間旅客容量1000万人、貨物取扱10万トンが可能になったとしている。

→【銀川のホテルを探す】


 

柳州白蓮空港の新ターミナルが12月21日オープンへ:中国空港関連ニュース

 広西チワン族自治区の柳州白蓮空港の新旅客ターミナルが12月21日にオープンする見込みとなったと民航資源網が伝えている。
 柳州白蓮空港によると、建設が進められていた新旅客ターミナルと駐機エプロンについて民航局中南地区管理局などの検収が完了し、供用開始の準備がほぼ整ったとのこと。
 新旅客ターミナルは建築面積22840平方米で従来の7376平方米に比べほぼ三倍増の規模となり、チェックインカウンターも3箇所から12箇所に増設される。
 また安全検査も従来の3レーンから6レーン、搭乗ブリッジも4基から10基、駐機エプロンも4面から12面へそれぞれ増加され、俺らにより年間旅客キャパも60万人から180満人に増加するとのこと。
 関係者によると新旅客ターミナルの供用開始は12月21日が見込まれているとしている。

→【柳州市内のホテルを探す】

敦煌莫高空港の第3ターミナルが供用開始:中国空港関連ニュース

 甘粛省敦煌市の敦煌莫高空港のT3(第3旅客ターミナル)が竣工し、8月30日から運用を開始したと和訊網が伝えている。
 敦煌莫高空港によると今回完成したT3は建築床面積12398平米、高さ22.8米の2階建てで、神社の社殿のような外観が特長の建物。
今年2016年1月1日に建設を開始し、8月10日に完成、17日の検収を経て昨日30日の運用開始となった。
 敦煌莫高空港では今回のT3の完成により、年間旅客96万人、貨物取扱1700トンを目指すとしている。

→【敦煌市内のホテルを探す】

1 2 3 8