上海浦東国際空港のサテライトターミナルが供用開始:中国空港関連ニュース


 上海浦東国際空港のサテライトターミナルS1とS2が9月16日に供用を開始したと民航資源網が伝えている。
 上海浦東国際空港を管理する上海空港集団よると、従来の旅客ターミナルT1とT2の南側に誘導路を挟んでS1・S2のサテライトターミナルが設置されたとのこと。

 この2つのサテライトターミナルは中央で連絡し、上空から見ると「工」の形をしていて、新たに90基の搭乗橋(ボーディングブリッジ)が増設され、これにより同空港のフライトにおける搭乗橋利用率が従来の50%程度から90%以上に改善するとしている。

 また、このサテライトターミナルでは、トランジット(乗り継ぎ)機能が強化され、35基の搭乗橋において、国内国際、国際国際、国内国内のいずれのトランジットにも対応できる三層切り替え機能が備えられることになったとしている。

 T1・S1側はブルー系の内装でまとめられ、中国東方航空(MU)、上海航空(FM)、スカイチームの航空便が発着し、年間3680万人の利用キャパが確保される。
 またT2・S2側はオレンジ系の内装でまとめられ中国国際航空(CA)、中国南方航空(CZ)、スターアライアンスワンワールドアライアンスの航空便が発着し、年間4320万人の利用キャパが確保されるとしている。
 S1及びS2から出発する航空便の搭乗券については、GあるいはHの搭乗口記号が記され、T1・T2からの出発便とは区別されるとのこと。
 なおT1とS1、T2とS2のターミナルは、それぞれ4両編成の最高時速80キロのターミナルシャトルで結ばれ、2分30秒で結ばれ、5分間隔で運行される。

 サテライトターミナル内の商業施設も充実しており、2.8万平方米のスペースに、ショップが100店舗、レストランが55店舗、金融機関スポットが4店舗設置され、空港内の無料WIFIや無料電源も整っているとしている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京大興広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください