杭州蕭山国際空港が国内線の搭乗締切時間を20分前に変更:中国空港関連ニュース

浙江省杭州市の杭州蕭山国際空港において、国内線の搭乗締切時間が10月1日零時より早められることになったと杭州蕭山国際空港の微信公式アカウントが伝えている。
 杭州蕭山国際空港によると、国内線への搭乗締切時間を出発時間の従来の15分前から20分前に切り替えられるとのこと。
 これにより、航空便の定時運航の確率がより高まることが期待されている。

→【杭州のホテルを探す】
→【杭州蕭山国際空港周辺のホテルを探す】

杭州蕭山国際空港TOP
杭州蕭山国際空港からリムジンバス
杭州蕭山国際空港からタクシー
杭州蕭山国際空港から周辺都市へのバス

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

上海浦東国際空港のサテライトターミナルが供用開始:中国空港関連ニュース

 上海浦東国際空港のサテライトターミナルS1とS2が9月16日に供用を開始したと民航資源網が伝えている。
 上海浦東国際空港を管理する上海空港集団よると、従来の旅客ターミナルT1とT2の南側に誘導路を挟んでS1・S2のサテライトターミナルが設置されたとのこと。

 この2つのサテライトターミナルは中央で連絡し、上空から見ると「工」の形をしていて、新たに90基の搭乗橋(ボーディングブリッジ)が増設され、これにより同空港のフライトにおける搭乗橋利用率が従来の50%程度から90%以上に改善するとしている。

 また、このサテライトターミナルでは、トランジット(乗り継ぎ)機能が強化され、35基の搭乗橋において、国内国際、国際国際、国内国内のいずれのトランジットにも対応できる三層切り替え機能が備えられることになったとしている。

 T1・S1側はブルー系の内装でまとめられ、中国東方航空(MU)、上海航空(FM)、スカイチームの航空便が発着し、年間3680万人の利用キャパが確保される。
 またT2・S2側はオレンジ系の内装でまとめられ中国国際航空(CA)、中国南方航空(CZ)、スターアライアンスワンワールドアライアンスの航空便が発着し、年間4320万人の利用キャパが確保されるとしている。
 S1及びS2から出発する航空便の搭乗券については、GあるいはHの搭乗口記号が記され、T1・T2からの出発便とは区別されるとのこと。
 なおT1とS1、T2とS2のターミナルは、それぞれ4両編成の最高時速80キロのターミナルシャトルで結ばれ、2分30秒で結ばれ、5分間隔で運行される。

 サテライトターミナル内の商業施設も充実しており、2.8万平方米のスペースに、ショップが100店舗、レストランが55店舗、金融機関スポットが4店舗設置され、空港内の無料WIFIや無料電源も整っているとしている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

太原武宿国際空港から太原南駅への直通バス開通:中国空港関連ニュース

 山西省太原市の太原武宿国際空港から太原南駅へのリムジンバスが開通したと太原市政府公式サイトが伝えている。
 太原武宿国際空港によると、太原南駅へのバスは午前9時から20時までの間、15分間隔で運行され、所要時間は約15分、運賃は5元が世呈されているとのこと。
 なお、太原南駅の乗り場は、東出口を出て、中央コンコースを案内に従って進み、エスカレータを上がった北入り口のところにある。

→【太原武宿国際空港周辺のホテルを探す】

四川省甘孜格薩爾空港は9月開港へ:中国空港関連ニュース

四川省甘孜チベット族自治州内に建設中だった四川省甘孜格薩爾空港が9月に開港する見込みになったとチャイナドットコムが伝えている。
 甘孜格薩爾空港は四川省甘孜県馬鎮と、徳格県の境の六十六道にあり甘孜県から52キロ、徳格県から約152キロの海抜4068米の位置に建設され、2017年6月に着工された。
 高原用民間支線用空港として位置づけられており、4000米X45米の滑走路1本、3000平方米の旅客ターミナルを持ち、6年後の2025年には年間旅客扱い22万人、貨物取扱660トンを見込んでいる。

済南遥墻国際空港のリムジンバス3号線が増発で30分間隔に:中国空港関連ニュース

 山東省済南市の済南遥墻国際空港のリムジンバス3号線が8月13日から増発され、従来の60分間隔から30分間隔になると斉魯壱点が伝えている。
 済南遥墻国際空港によると同空港から済南西駅へ向かうバスについて空港発は09:00~21:00、済南西駅発は07:00~19:00の間、いずれも30分間隔で運行され、運賃は20元/人が設定されている。
 乗り場は、空港側が済南遥墻国際空港旅客ターミナル1階の5、6号門前、済南西駅が西客站公交枢紐(公共バスターミナル)となっている。

→【済南遥墻国際空港周辺のホテルを探す】

蘭州中川国際空港のリムジンバスがダイヤ改正で増便:中国空港関連ニュース

 甘粛省蘭州市の蘭州中川国際空港から蘭州南駅に向かうリムジンバス3号線がダイヤ改正を行い、増便となったと中国甘粛網が伝えている。
 蘭州中川国際空港によると、同空港と蘭州西駅を結ぶリムジンバス3号線について、従来は1時間おきの運行だったものを、早朝を除いて40分おきの運行となり、増便となったとのこと。
 具体的には蘭州西站発が05:20~21:20の時間帯で、早朝の05:20、06:20、07:20発以外は、08:00~21:20の間、40分毎となる。
 なお、これまでこの路線が経由していた坤逸精品酒店が取り消され、代わりに安寧区消防培訓中心(安寧区建寧東路の楓林小築旅館の反対側))のバス停が設置された。
 また蘭州中川国際空港発については、09:20~00:40の間、40分毎の運行となるとしている。
 空港発のバスの経由地は西固区(西沙大橋)、安寧区(深安大橋、銀灘大橋―金牛街、黄河家縁―柳家営什字―蘭州西駅の順に停車するとしている。

→【蘭州市のホテルを探す】

上海浦東国際空港の誘導路交差のアンダーパスが完成:中国空港関連ニュース

 上海市の上海浦東国際空港内の航空機誘導路とサテライトの連絡シャトルや空港内車両車道が交差する部分のアンダーパスが完成したと新民晩報が報じている。
 上海虹橋国際空港によると、このアンダーパストンネルは現在のT1・T2のターミナルとその南側に建設中のサテライトターミナル(S1・S2)間に設けられたもので、地上の航空機誘導路と平面交差することなく横断が出来るというもの。
 具体的には貨物運搬車線及びターミナルシャトル軌道用トンネル、さらにその両側に業務用車道が2車線ずつ設けられ、この組み合わせでT1-S1とT2-S2の2組のトンネルが設置された。
 この完成により、航空機及び業務用車両の通行の安全が確保されるのは無論の事、航空機及び業務車両の移動がスムーズになり、航空機の遅延などが減少することが期待されている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

上海の浦東・虹橋の二大空港を結ぶ連絡鉄道が着工、2024年完成目標:中国空港関連ニュース

 上海市の二大空港である上海浦東国際空港(PVG)と上海虹橋国際空港(SHA)を結ぶ、軌道連絡線が6月28日に着工されたと閔行報社が報じている。
 発表によるとこの機場(空港)連絡線は、全長68. 6キロで、このうち高架部が7.9キロ、地上部が4.1キロ、近く区間が56.6キロとされ、全体の8割が近く区間となり、最高設計速度160キロで建設され、二大空港間は約40分で結ばれるとしている。
 停車駅は全部で9駅が設置され、建設中の上海東駅を起点とし、浦東空港サテライトターミナル駅、浦東機場駅、度假区駅(ディズニー地区)、張江駅、三林南駅、華涇駅、七宝駅を経て虹橋駅に至るルートで設置される。
 また、三林南駅からは上海南駅に至る支線も建設される予定で、このルートを通じて上海浦東国際空港と全国の鉄道網は連絡することになるとしている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)

1 2 3 146