承徳普寧空港のリムジンバスがダイヤ変更:中国空港関連ニュース

 河北省承徳市の承徳普寧空港の連絡バスについて、運行ダイヤも調整が行われたと河北新聞網が伝えている。
 承徳普寧空港によると、同空港から上海、西安、深圳へ新たな航空便が就航したため、地上交通を併せて増強することになり、ダイヤに合わせた運行体制が新たに設定されたとのこと。
 具体的には下記の通り、市内側(五雲橋公交站)の発車時刻で運行される。
毎週月・水・金・日
07:00、10:25、19:45
毎週火・木・土
07:00、10:25、16:45、18:50、19:45

なお空港側の発車時間は、航空便の到着後20分後に発車するとしている。

→【承徳市内のホテルを探す】

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

重慶江北国際空港から長寿区への直通バス開通:中国空港関連ニュース

 直轄市重慶市の重慶江北国際空港の長寿への連絡バスが11月7日に開通したと華龍網が伝えている。

重慶江北国際空港によると、重慶市長寿区の直通バスは長寿汽車客運総站を発着点とし、双橋経由で全行程1時間半で結び、朝7時半~19時30分の間7.5往復運行される。
運賃は35元/人が設定されている。 
 
重慶江北国際空港発
08:40、10:30、11:30、13:30、15:30、17:30、19:30
長寿発
07:30、08:30、10:30、11:30、13:30、15:30、17:30、19:30

→【重慶のホテルを探す】
→【重慶江北国際空港のホテルを探す】

南京禄口国際空港から市内へのリムジンバスで運行時間調整:中国空港関連ニュース

 江蘇省南京市の南京禄口国際空港と南京市内を結ぶリムジンバスについて運行時間の調整が行われたと騰訊網が伝えている。
 南京禄口国際空港によると、市内へのバスの運行時間帯が下記の通り変更になるとのこと。
 変更後の具体的な運行時間は下記の通り
1号線
南京鉄道駅東広場 →龍蟠中路451号南京機場賓館→空港
運行時間 始発04:30、05:00~21:00 20分間隔

2号線
河西万達広場 →南京南駅客運站→空港
運行時間 始発04:30、05:00~21:00 30分間隔

→【南京のホテルを探す】
→【南京禄口国際空港周辺のホテルを探す】

南京禄口国際空港TOP
南京禄口国際空港から地下鉄
南京禄口国際空港からリムジンバス
南京禄口国際空港からタクシー
南京禄口国際空港から周辺都市

襄陽劉集空港の新ターミナル供用開始:中国空港関連ニュース

 湖北省襄陽市の襄陽劉集空港の新旅客ターミナルが10月29日から供用を開始したと民航資源網が伝えている。
 襄陽劉集空港によると、新旅客ターミナルは建築面積2万平方米で、上下二層構造となっており、5期のボーディングブリッジを備える。
 今回の新ターミナル供用開始に伴い、全ての旅客業務は全て新ターミナルに移行し年間220万人の旅客利用が可能になるとしている。

→【襄陽市内のホテルを探す】

吉林省松原査干湖空港が開港:中国空港関連ニュース

 吉林省松原市の松原査干湖空港が10月29日に正式に開港したと民航資源網が伝えている。
 松原査干湖空港(YSQ)は松原市前郭県查干湖鎮查干湖村に位置し、市の中心部から30キロ、查干湖から27キロの位置に建設された空港。
 2500mX45mの滑走路1本と、5機分の駐機エプロン、4000平方米の旅客ターミナルなどを備えたコード4C規格の支線級の空港となっている。
 開港後は北京、上海、青島、三亜、呼倫貝爾、信用、朝楊、大連などのへの運行が予定されている。

→【松原市内のホテルを探す】

遵義芽台空港が10月31日正式開港:中国空港関連ニュース

 貴州省遵義市の遵義芽台空港が11月01日正式開港することになったと網易新聞が伝えている。
 遵義芽台空港は遵義市における2つ目の空港で仁懐市の中心部から16キロに位置し、2600mの滑走路1本と4機分の駐機エプロン、15000平米のターミナルを備える支線級の4Cクラスの空港として建設された。
 開港当初は山東省済南へ直通便が運航される。

→【遵義市内のホテルを探す】

上海浦東国際空港から紹興市への直通バスが正式開業:中国空港関連ニュース

 上海市の上海浦東国際空港から浙江省紹興市への直通バスが半年の施行期間を経て正式に開通したと新藍網が伝えている。
 上海浦東国際空港によると、紹興市へのバスは1日3往復で、紹興市側の発着点は柯橋客運中心(バスターミナル)、途中で紹興客運中心を経由する。
運賃は一人120元、所要時間は約3時間となっている。
 紹興客運中心では20日前から、柯橋客運中心では7日前からチケットを販売するほか、専用アプリや、紹汽集団サイト、大手旅行サイトCtripなどでも購入が可能だとしている。
 具体的な発車時刻は次の通り
 上海浦東国際空港発
 11:45、15:40、20:40
 柯橋客運中心発
 06:30、11:30、14:45
 紹興客運中心発
 06:55、10:50、15:20

→【紹興のホテルを探す】
→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

上海浦東国際空港のリムジンバス機場4線と5線でQRコード払い可に、但し外国人は未対応:中国空港関連ニュース

 上海市の上海浦東国際空港と市内を結ぶリムジンバスのうち、機場4線5線について10月初めより、アプリを利用したQRコードによる運賃支払いが開始されることになったとDONENEWSが伝えている。
 飛凡グループによると 飛凡のアプリをスマートフォンにダウンロードし、銀行カードを登録すると、上海空港巴士の画面から上海浦東国際空港のリムジンバスの支払いが可能になるとのこと。
 但し現時点では銀行カードの登録に身分証明書番号が必要で、パスポートによる登録には対応されていないため、外国人は当面利用できない模様。
 現在、飛凡のアプリでは全国150都市と公共交通カードの登録協議を進めており、現在までに数都市で実際の運用が開始されているという。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

1 2 3 4 130