西安咸陽国際空港から三原・興平への直通バス運行開始:空港関連ニュース

 陝西省西安市の西安咸陽国際空港から三原県と興平市への直通バスが運行されることになったと西部網が伝えている。
 西安咸陽国際空港によると、三原県へのバスは三原汽車站を発着点とし、8月16日から1日4往復が運行される。
 また興平市へのバスは虢鎮の四零八廠バス停を発着点として興平汽車站経由で8月18日より1日8往復が運行される。

 各路線の発車時刻は次の通り
<西安咸陽国際空港-三原>
西安咸陽国際空港発10:30、12:00、14:00、16:00
三原汽車站 08:00、12:00、14:00、16:00
<西安咸陽国際空港-興平>
西安咸陽国際空港発09:30、10:30、12:30、13:00、14:30、16:00、17:00、19:00
四零八廠発(空港行き)06:50、08:30、11:00、12:30、14:00、15:00、16:00、17:30
興平汽車站 07:10、09:00、11:30、13:00、14:30、15:30、16:30、18:00

→【西安咸陽国際空港周辺のホテルを探す】
→【西安市のホテルを探す】
→【咸陽市のホテルを探す】
→【三原市のホテルを探す】
→【興平市のホテルを探す】

西安咸陽国際空港トップ
西安咸陽国際空港からリムジンバス
西安咸陽国際空港からタクシー
西安咸陽国際空港から周辺都市への長距離バス

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

西安咸陽国際空港のT1がリニューアルオープン、LCC2社が移動:中国空港関連ニュース

陝西省西安市の西安咸陽国際空港の第一ターミナル(T1)がリニューアルされ運用を開始したと中国民用航空網が伝えている。
 西安咸陽国際空港によると、改造中だったT1はこの度工事が完了し、6月5日よりLCC(ローコストキャリア)向けターミナルとして供用を再開した。
 具体的には春秋航空(9C)、九元航空(AQ)の国内線がT1へ移動し、業務を開始したとしている。
 また同時にこれまでT2で業務を行っていた厦門航空(MF)、江西航空(RY)の国内線業務はT3に移動することになり、これによって3つのターミナルによる新たな運用体制が始まったとしている。
 第一ターミナル(T1)は2.12万平方米、チェックインカウンター8か所、ボーデイングブリッジ3基、ターンテーブル3台、年間旅客扱いキャパ300万人の規模となっている。
 なお、市内へ向かうリムジンバスなどはT1の前からは発車しないため、当面は隣接するT2(徒歩5分)や、T3(徒歩15分ほど)に移動する必要があるとしている。

→【西安咸陽国際空港周辺のホテルを探す】
→【西安市のホテルを探す】
→【咸陽市のホテルを探す】

西安咸陽国際空港トップ
西安咸陽国際空港からリムジンバス
西安咸陽国際空港からタクシー
西安咸陽国際空港から周辺都市への長距離バス

西安咸陽国際空港―沖縄線へ中国東方航空が就航:中国空港関連ニュース

 陝西省西安市の西安咸陽国際空港から日本の沖縄県那覇国際空港への直行便を中国東方航空(MU)が就航することになったと民航資源網が伝えている。
 中国東方航空西北分公司によると、西安―那覇線は4月3日から毎週月・金の週2便A320型機を使用して運航されるとのこと。
 具体的にはMU533便が西安発07:25那覇着12:30、戻りのMU534便が那覇発13:30西安着17:00で運航されるとしている。

→【西安咸陽国際空港周辺のホテルを探す】
→【西安ホテルを探す】

→【那覇国際空港周辺のホテルを探す】
→【那覇市のホテルを探す】

西安咸陽国際空港トップ
西安咸陽国際空港からリムジンバス
西安咸陽国際空港からタクシー
西安咸陽国際空港から周辺都市への長距離バス

西安威陽国際空港から韓城シティエアターミナルへの直通バス開通:中国空港関連ニュース

 陝西省西安市の西安威陽国際空港から韓城市の韓城シティエアターミナル(城市候機楼)への直通バスが運行開始したと華商報が伝えている。
 韓城シティエアターミナルは韓城賓館(市政府東側)の1階に位置し、西安威陽国際空港発が1日2便、韓城発が1日4便の変則体制でバスが運行され、全区間の所要移管はおよそ3時間30分となっている。

 西安威陽国際空港発
 11:00、14:30
 韓城シティエアターミナル発
 07:40、08:30、13:30、15:00

西安咸陽国際空港から周辺都市へのバスは実名制に、身分証提示必須:中国空港関連ニュース

 陝西省西安市の西安咸陽国際空港から周辺都市への都市間バスについて、3月1日から実名制が実施されると澎拜新聞網が伝えている。
 西安咸陽国際空港によると、西安市から周辺都市への都市間バスについて3月1日から実名制が施行されることになり、空港を発着する都市間バスについても適用されることになったとこと。
 これに伴い都市間バスを利用される際は、乗車券を購入時に身分証明書(外国人はパスポート)の提示が必要になるとしている。
 またバスの乗車時や、途中停留所の経由時に身分証明書の提示が必要とされ、利用客は常に身分証明書の携帯が必要だとしている。

→【西安咸陽国際空港周辺のホテルを探す】
→【西安ホテルを探す】

西安咸陽国際空港トップ
西安咸陽国際空港からリムジンバス
西安咸陽国際空港からタクシー
西安咸陽国際空港から周辺都市への長距離バス

西安威陽国際空港のリムジンバスで一部ルート調整:中国空港関連ニュース

 陝西省西安市の西安咸陽国際空港から市内へ向かうリムジンバスにおいて12月28日よりルート調整及び運行時間帯の調整が行われたと西部網が伝えている。
 西安咸陽国際空港によると西梢門(空港商務酒店)へのバスについて、城西汽車客運站経由に改められるとのこと。
 またこれと合わせ高新区線については従来城西汽車客運站を経由していたが、経由しないルートに改められるとしている。
 なお西梢門線は西梢門発が05:00~翌02:00、空港発が06:00~最終便の時間帯に運行される。
 また城西汽車客運站線は城西汽車客運站発が07:00~18:40、空港発が07:00~最終便の時間帯に40分間隔で運行される。

 このほかの下記の路線についても運行時間帯の調整が行われ、新たに下記の時間帯で運行されるとしている。
・西安火車站(鉄道駅)線
 西安火車站発05:30~翌01:00、空港発06:30~翌02:00
・城東汽車客運站(バスターミナル)線
 城東汽車客運站発07:30~19:30、空港発07:30~19:30
・威陽市区線
 威陽市発06:30~18:30、空港発08:30~22:00

→【西安咸陽国際空港周辺のホテルを探す】
→【西安ホテルを探す】

西安咸陽国際空港トップ
西安咸陽国際空港からリムジンバス
西安咸陽国際空港からタクシー
西安咸陽国際空港から周辺都市への長距離バス

西安咸陽国際空港のリムジンバス4路線が運行時間調整:中国空港関連ニュース

 陝西省西安市の西安咸陽国際空港のリムジンバスが9月28日から運行時間を変更すると三秦都市報が伝えている。
西安咸陽国際空港によると、西安市内へのリムジンバスのうち西梢門線は市内発の最終バスの時刻を24:00に変更する。
併せて航空便の状況により24:00~翌05:00も運行を行うとのこと。
 また高新区線は市内発の最終便の時刻を21:00に変更するとのこと。
 さらに西安賓館線は市内発の最終便時刻を22:30から22:00へ変更、また西安咸陽国際空港発の始発便を08:30から08:00へ引き上げるとしている。
 火車北客站(西安北鉄道駅)線は最終便の発車時刻を空港発・市内発とも21:30から21:00へ変更するとしている
 このほか高新区線、建国飯店線、維景酒店線、中興和泰酒店線、咸陽高鉄線、咸陽市区線の6路線は機場商務酒店を経由せず空港直行へ変更となるとしている。

→【西安咸陽国際空港周辺のホテルを探す】
→【西安ホテルを探す】

西安咸陽国際空港トップ
西安咸陽国際空港からリムジンバス
西安咸陽国際空港からタクシー
西安咸陽国際空港から周辺都市への長距離バス

深圳航空が西安―南通―静岡線を申請、2017年1月から就航計画:中国空港関連ニュース

 深圳航空(zh)が西安咸陽国際空港(陝西省西安市)から南通興東空港を経て日本の富士山静岡空港に至る航空路線を中国民用航空局に申請したと民航資源網が伝えている。
 深圳航空によると西安―南通―静岡線はA320型機或いはB737-800型機を使用し2017年1月より週2便の運航を計画しているとのこと。
 この運航申請は9月18日まで関係機関の意見を集約し、運航の許可の判断が行われるとしている。

→【西安咸陽国際空港周辺のホテルを探す】
→【西安ホテルを探す】

→【南通のホテルを探す】
→【富士山静岡空港周辺のホテルを探す】
→【静岡市のホテルを探す】

西安咸陽国際空港トップ
西安咸陽国際空港からリムジンバス
西安咸陽国際空港からタクシー
西安咸陽国際空港から周辺都市への長距離バス

1 2 3 5