西安咸陽国際空港から富士山静岡空港へ四川航空が就航:中国空港関連ニュース

 陝西省の西安咸陽国際空港から日本の富士山静岡空港への直行便を四川航空(3U)が7/1から就航させたと西安晩報が報じている。
 四川航空によると、西安―静岡線はA320型機を使用し、毎週月・水・金・日の週4便運航されるとのこと。
 具体的には、3U8649便が月・水・日曜は西安発13:30静岡着18:30、金曜は西安発13:30静岡着18:00、戻りの3U8649便が月・水・日曜は静岡発19:30西安着22:55、金曜は静岡発19:00西安着22:55で運航されるとしている。

→【西安咸陽国際空港周辺のホテルを探す】
→【西安ホテルを探す】

→【富士山静岡空港周辺のホテルを探す】
→【静岡市のホテルを探す】

西安咸陽国際空港トップ
西安咸陽国際空港からリムジンバス
西安咸陽国際空港からタクシー
西安咸陽国際空港から周辺都市への長距離バス

富士山静岡空港トップ

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京大興広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

深圳航空が蘇南碩放国際空港(無錫空港)から名古屋・札幌への直行便を申請:中国空港関連ニュース

 中国の航空会社の深圳航空(zh)が江蘇省無錫市の蘇南碩放国際空港(無錫空港)と日本の中部国際空港(名古屋)及び新千歳空港(札幌)を結ぶ路線について、2019年9月からの就航を申請したと捜狐網が報じている。
 深圳航空によると無錫―名古屋線、無錫―札幌線とも週7便の毎日運航を予定しているとのこと。
 なお詳細ダイヤ、運行曜日などはまだ正式に発表されていない。

→【蘇南碩放国際空港(無錫空港)のホテルを探す】
→【無錫市内のホテルを探す】
→【蘇州市内のホテルを探す】

→【中部国際空港周辺のホテルを探す】
→【名古屋市のホテルを探す】
→【新千歳空港周辺のホテルを探す】
→【札幌市のホテルを探す】

蘇南碩放国際空港(無錫空港)トップ
蘇南碩放国際空港(無錫空港)からリムジンバス
蘇南碩放国際空港(無錫空港)からタクシー

吉祥航空が南京禄口国際空港から青森空港への直行便を申請:中国空港関連ニュース

中国の航空会社の吉祥航空(HO)が江蘇省南京市の南京禄口国際空港と日本の青森空港を結ぶ路線について、2019年8月からの就航を申請したと捜狐網が報じている。
 吉祥航空によると南京―青森線は週7便の毎日運航を予定しており、もし認可されれば南京禄口国際空港からは6路線目の日本直行便となるとしている。
 なお詳細ダイヤ、運行曜日などはまだ正式に発表されていない。

→【南京のホテルを探す】
→【南京禄口国際空港周辺のホテルを探す】

→【青森空港周辺のホテルを探す】

南京禄口国際空港TOP
南京禄口国際空港から地下鉄
南京禄口国際空港からリムジンバス
南京禄口国際空港からタクシー
南京禄口国際空港から周辺都市

青森空港

海南航空が西安咸陽国際空港から関西国際空港への路線に7月から就航:中国空港関連ニュース

 海南航空(HU)が陝西省西安市の西安咸陽国際空港と日本の関西国際空港(大阪)を結ぶ路線に7月から就航すると同花順財経が報じている。
 海南航空によると、西安―関西線は今年7月1日から就航予定で、B737-800型機を使用し、毎週月・金・日の週3便運航されるとのこと。
 具体的な運行時刻はHU409便は月曜が西安発14:35関西着19:00、金・日曜が西安発14:35関西着18:55、戻りのHU410便は月曜が関西発20:00西安着23:45、金・日曜が関西発19:55西安着23:45のダイヤで運航されるとしている。

→【西安咸陽国際空港周辺のホテルを探す】
→【西安ホテルを探す】
→【成田国際空港周辺のホテルを探す】
→【東京都内のホテルを探す】

西安咸陽国際空港トップ
西安咸陽国際空港からリムジンバス
西安咸陽国際空港からタクシー
西安咸陽国際空港から周辺都市への長距離バス
 

春秋航空日本の寧波―成田線が7月からデイリー運航へ:中国空港関連ニュース

 浙江省寧波市の寧波櫟社国際空港と日本の成田国際空港を結ぶ春秋航空日本(IJ)の路線が、7月から毎日運航のデイリー化されることになったと人民網が報じている。
 春秋航空日本によると、寧波―成田線は今年4月25日に就航し、週4便の運航体制となっていたが、は訪日観光客の増加に応え7月以降は毎日運航の週7便化されるとのこと。
 具体的な運行時刻はIJ101便が成田発08:20寧波着10:55、IJ102便が寧波発11:55成田着15:55で運航され、使用される機材はB737-800型機、乗客定員は189名となっている。
 今回のデイリー化は成田国際空港が実施した早朝便奨励制度を利用して行われるもので、朝6時から7時59分までに到着する国際線便については着陸料を割り引くというもので、今回この制度を利用した第一号の国際線となる。
 具体的には成田空港に新規に就航する路線の場合は向こう3年間は着陸料が無料になるほか、航空会社として新規に乗り入れ就航する場合は向こう3年間は着陸料が半額になるとしている。

→【寧波櫟社国際空港周辺のホテルを探す】
→【寧波市のホテルを探す】
→【成田国際空港周辺のホテルを探す】
→【東京都内のホテルを探す】

寧波櫟社国際空港トップ
寧波櫟社国際空港から地下鉄
寧波櫟社国際空港からリムジンバス
寧波櫟社国際空港からタクシー

深圳宝安国際空港から名古屋への直行便を春秋航空が就航:中国空港関連ニュース

 中国のLCC(格安航空会社)である春秋航空(9C)が広東省深圳市の深圳宝安国際空港から日本の愛知県の中部国際空港(名古屋)への直行便を就航させたと東方財富網が伝えている。
 春秋航空によると、深圳から名古屋への直行便はA320型機を使用し、毎日1往復運航されるとのこと。
 運航時刻は9C6117便が深圳発05:55名古屋着10:10、9C6118便が名古屋発22:40深圳着が翌02:00着で運航されるとしている。

→【深圳宝安国際空港周辺のホテルを探す】
→【深圳のホテルを探す】
→【中部国際空港周辺のホテルを探す】
→【名古屋市のホテルを探す】

合肥新橋国際空港から関西国際空港へ春秋航空が就航:中国空港関連ニュース

 安徽省合肥市の合肥新橋国際空港から、日本の関西国際空港(大阪)への直行便を中国のLCC(格安航空会社)の春秋航空(9C)が4月17日から運行開始したと新浪網が伝えている。
 春秋航空によると合肥と大阪を結ぶ航空便は月・水・金・日の週4便運行され、合肥発の9C8505便は、月曜が合肥発15:20大阪着18:00、水・金・日が合肥発15:20大阪着17:55となる。
 また大阪発の9C8506便が大阪発10:20合肥着13:30で運行されるとしている。

→【合肥のホテルを探す】
→【関西国際空港周辺のホテルを探す】
→【大阪市内のホテルを探す】

合肥新橋国際空港トップ
合肥新橋国際空港からリムジンバス
合肥新橋国際空港からタクシー

広州白雲国際空港から中部国際空港への直行便を上海航空が就航:中国空港関連ニュース

 広東省広州市の広州白雲国際空港から日本の愛知県の中部国際空港(名古屋)への直行便を上海航空(FM)就航させたと国際在線が伝えている。
 上海航空によると、広州から名古屋への直行便は、4/9~6/6は金曜を除く週5便、6/6以降は毎日1往復運航されるとのこと。
 具体的な運航時刻はFM807便が広州発08:45名古屋着12:50、FM808便が名古屋発13:50広州着が17:10着で運航されるとしている。

→【中部国際空港周辺のホテルを探す】
→【名古屋市のホテルを探す】

→【広州白雲国際空港周辺のホテルを探す】
→【広州市内のホテルを探す】

広州白雲国際空港トップ
広州白雲国際空港からのリムジンバス
広州白雲国際空港からのタクシー
広州白雲国際空港から地下鉄
広州白雲国際空港から周辺都市への長距離バス

1 2 3 16