深圳宝安国際空港から中山市への水上連絡バス開通:中国空港関連ニュース

 広東省深圳市の深圳宝安国際空港と中山市結ぶ水上バス(フェリー)が運航を始めたと広州日報が伝えている。
 深圳宝安国際空港によると、空港と中山市とを結ぶ水上バス(フェリー)は中山港シティエアターミナル(中山フェリー埠頭内)を発着点とし、1日8往復、所要時間は45分、運賃は普通席で大人片道120元が設定されるほか、ファーストクラスや貴賓クラスも用意され、往復割引もある。
 また中山港シティエアターミナルでは深圳宝安国際空港を発着する一部の航空会社のチェックインサービスや、委託荷物の預け入れなどが行え、手ぶらで空港に向かうことも可能としている。
 なお深圳宝安国際空港と水上バス(フェリー)乗り場は若干離れているため、無料連絡バスが運行されるとしている。
 この水上バスの開通により、陸路で非常に時間がかかっていた深圳宝安国際空港から中山市への移動が大幅に短縮されるとしている。
 水上バスの運賃と運航時刻は次の通り
 
<片道料金>
大人 普通120元 ファーストクラス150元 貴賓クラス 180元
子供 普通 60元 ファーストクラス 75元 貴賓クラス 90元
老人 普通 90元 ファーストクラス120元 貴賓クラス 150元
<往復料金>
大人 普通220元 ファーストクラス280元 貴賓クラス 340元
子供 普通120元 ファーストクラス150元 貴賓クラス 180元
老人 普通160元 ファーストクラス220元 貴賓クラス 280元
<出航時刻>
深圳宝安国際空港
09:30、12:10、15:40、18:30
中山港
07:45、10:50、13:30、17:00

→【深圳宝安国際空港周辺のホテルを探す】
→【深圳市のホテルを探す】
→【中山市のホテルを探す】

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

深圳宝安国際空港から東莞大嶺山へ連絡バス運行開始:中国空港関連ニュース

 広東省深圳市の深圳宝安国際空港から松山湖へ向かうバスが東莞市大嶺山へも5月28日から停車することになったと南方日報が報じている。
 深圳宝安国際空港によると、東莞市内には既に6か所のシティエアターミナル(城市候機楼)が存在するが、このうち松山湖へ向かバスが今回大嶺山にも停車することになったとのこと。
 大嶺山の発着点は大嶺山帝京国際酒店で、深圳宝安国際空港から1日9往復の連絡バスが運行され、片道の所要時間は約40分となっている。

→【深圳宝安国際空港周辺のホテルを探す】
→【深圳市内のホテルを探す】
→【東莞市内のホテルを探す】

深圳宝安国際空港で外国人入境者に対し指紋採取を開始:中国空港関連ニュース

 広東省深圳市の深圳宝安国際空港において、入国する外国人に対して2月10日から指紋押捺が始まったと網易新聞が伝えている。
 中国公安部の発表によると出入境の管理強化のため、14歳以上70歳以下の外国人に対して、中国入国時に指紋を取得することになったとのこと。
 これを受けてまず深圳宝安国際空港において、テスト実施がおこなわれることになったもので、2月10日以降深圳国際空港から入国する外国人に対して指紋採取が実施される。
 但し、外交パスポートなどの所持者に対しては免除される。
 中国公安部では、この深圳宝安国際空港でのテストを経て他の国内の国際空港へも指紋採取を展開する予定だとしている。
 当局では指紋採取は国際的に多くの国で採用されている方法で、出入境者の管理において生物識別認証の強化は重要な措置だと説明している。

→【深圳宝安国際空港周辺のホテルを探す】
→【深圳のホテルを探す】

深圳宝安国際空港の東莞松山湖シティエアターミナルオープン:中国空港関連ニュース

 広東省深圳市の深圳宝安国際空港の遠隔地施設である松山湖シティエアターミナル(城市候機楼)が東莞市内にオープンしたと東莞時間網が伝えている。
 松山湖シティエアターミナルは東莞市松山湖高新区礼賓路4号松科苑4号楼1階に設置され、エアチケットの販売、チェックイン手続きなどが行えるほか、深圳宝安国際空港への連絡バスも運行され、団体向けにチャーターバスの確保も可能とのこと。
 定時連絡バスは松山湖発が朝6時から夜19時まで、空港発が8時30分から21時30分まで、いずれも18便が運行され、所要時間は約60分、運賃は大人30元/人、子供15元/人となっている。
なおこのバスは、南山科技園発となっており深圳宝安国際空港を経由して松山湖まで運行される。

→【深圳宝安国際空港周辺のホテルを探す】
→【深圳市内のホテルを探す】
→【東莞市内のホテルを探す】

深圳宝安国際空港から佛山順徳シティエアターミナルへの直通バス開通:中国空港関連ニュース

 広東省深圳市の深圳宝安国際空港から佛山市順徳地区への直通バスが開通したと南方日報が伝えている。
 深圳宝安国際空港によると順徳シティエアターミナルは順徳汽車客運総站(バスターミナル)に設置され、1日3往復のバスが運行され全区間の所要時間は90分が設定されている。
 運賃は片道75元だが、往復で買うと100元に優遇されるとのこと。
 また順徳シティエアターミナル(城市候機楼)では、フライト情報が提供されるほか、航空チケットの販売などが行われるとしている。
 バスの運行時刻は次の通り。
深圳宝安国際空港発 12:00、14:00、16:30
順徳発 05:00、10:30、13:00

→【深圳宝安国際空港周辺のホテルを探す】
→【深圳市内のホテルを探す】
→【佛山市内のホテルを探す】

春秋航空が掲陽潮汕国際空港―関西国際空港線に11月24日から就航:中国空港関連ニュース

 中国のLCC(ローコストキャリア)である春秋航空(9C)が11月24日から広東省掲陽市の掲陽潮汕国際空港から大阪の関西国際空港への直行便を就航させると民航資源網が伝えている。
 春秋航空によると、掲陽―大阪線はA320型機を使用し毎週木曜日の週1便が運航されるとのこと。
 具体的には9C8698便が大阪発08:00掲陽着11:00、9C8697便が掲陽発12:10大阪着16:15のダイヤで運航されるとしている。

→【汕頭市内のホテルを探す】
→【梅州市内のホテルを探す】
→【関西国際空港周辺のホテルを探す】
→【大阪市内のホテルを探す】

広州白雲国際空港に女性専用の安全検査通路設置:中国空港関連ニュース

 広東省広州市の広州白雲国際空港に女性専用の安全検査(セキュリティチェック)通路が設置されたと民航資源網が伝えている。
 広州白雲国際空港によると、この女性専用安全検査通路は、国内線・国際線ともに設置され、検査スタッフ全員が女性で構成されており、他の通路とは壁で仕切られているとのこと。
これにより女性旅行客のプライヴェートを守りながらカバンの中などの荷物検査が実施できるようになったとのこと。
 関係者によるとこの女性専用通路を利用できるのは女性客及び同行の子供だけとのことで、女性客が人目に気にしてカバンを開ける動作などが減るため、従来より通過速度が20%ほど向上する効果が期待出来るとのこと。
 広州白雲国際空港では、この女性専用通路のほかにもファーストクラス専用通路や、高齢者や妊婦など社会的弱者の優先通路、手荷物なし搭乗者専用通路、遅れて来た方専用通路などを設置し、人に優しい空港サービスに努めているとしている

 設置された各専用通路の場所
・女性専用通路
A区国内線5号、国際線7号、B区14号
・ファーストクラス専用通路
A区国内線16号、国際線14号 15号、B区23号、24号
・遅れて来た方専用通路
A区国内線2号、国際線13号、B区1号、15号
・社会的弱者の専用通路
A区国内線1号 国際線16号、B区20号

→【広州白雲国際空港周辺のホテルを探す】
→【広州市内のホテルを探す】

広州白雲国際空港トップ
広州白雲国際空港からのリムジンバス
広州白雲国際空港からのタクシー
広州白雲国際空港から地下鉄
広州白雲国際空港から周辺都市への長距離バス

佛山沙堤空港から瀾石と南海体育館への無料バス開通:中国空港関連ニュース

 広東省佛山市の佛山沙堤空港から瀾石と南海体育館への無料連絡バスが開通したと珠江時報が伝えている。
 佛山沙堤空港によると、これまでタクシー以外の地上アクセスが途絶えていたため、乗客の利便性を考え4年ぶりに空港独自の運営で連絡バスを復活させたとのこと。
 開通したのは瀾石と南海体育館への2路線で、それぞれ発着する航空便に合わせて運行される。
 現在、佛山沙堤空港からは北京、上海、黄山、湛江、海拉爾、鄂爾多斯の6路線の航空路線が就航しており、1日平均2便が発着している。

 佛山沙堤空港の無料バスのルートは次の通り
1禅城線:佛山沙堤空港―佛山汽車站(バスターミナル)―祖廟地下鉄駅―瀾石金属交易中心
2桂城線:佛山沙堤空港―南海汽車站(バスターミナル)―南海城市広場―南海体育館

→【佛山市内のホテルを探す】

1 2 3 9