青島航空が長春流嘉国際空港から茨城空港への連続チャーター便を就航:中国空港関連ニュース

 青島航空(QW)が吉林省長春市の長春龍嘉国際空港から日本の茨城空港への連続チャーター便の運航を11月12日から開始したと真旅集団網が伝えている。
 青島航空によると、長春―茨城便はA320型機を使用し11月12日から毎週火・木・土の週3便運航されるとのこと。
 具体的にはQW6119便が長春発14:00茨城着18:20、茨城発19:20長春着22:35で運航される。
 (時間はいずれも現地時間)

→【長春龍嘉国際空港周辺のホテルを探す】
→【長春市内のホテルを探す】
→【茨城空港周辺のホテルを探す】
→【水戸市のホテルを探す】
→【東京都内のホテルを探す】

茨城空港

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京大興広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市河北山西内蒙古遼寧吉林黒龍江江蘇浙江安徽福建江西山東河南湖北湖南広東広西海南四川貴州雲南チベット陝西甘粛青海寧夏新疆香港・マカオ台湾
日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

春秋航空日本が成田―上海浦東線に就航、春秋航空と合わせ1日2便体制:中国空港関連ニュース

 日本のLCC(格安航空会社)である春秋航空日本(IJ)(愛称:スプリングジャパン)が、日本の成田国際空港(東京)から中国上海市の上海浦東国際空港への直行便を12月12日から就航させると春秋航空日本公式サイトが伝えている。
 春秋航空日本によると成田―上海浦東線はいずれもB767-800型機を使用し、12月12日から毎日1往復の週7便を運航するとのこと。
 具体的な運航時刻はIJ001便が成田発22:25上海浦東着翌01:10、戻りのIJ002便は上海浦東発02:10成田着06:00となっている。
 (時刻はいずれも現地時間)
 この就航により、親会社の春秋航空(9C)と合わせ、成田―上海間で毎日2便の週14往復体制となる。

→【成田国際空港周辺のホテルを探す】
→【東京都内のホテルを探す】

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

北京首都国際空港から大連経由で仙台国際空港への直行便を中国国際航空が就航:中国空港関連ニュース

 北京市の北京首都国際空港から遼寧省大連市の大連周水子国際空港経由して、日本の仙台国際空港への便を11月2日から中国国際航空(CA)が就航させたと陝西快訊が伝えている。

 中国国際航空によると、この北京首都―大連-仙台線はB737-800型機を使用し、11月2日から毎週火・土の週2便を運航するとのこと。
 具体的な運航時刻はCA155便が北京首都発07:20大連着08:55大連発09:55仙台着13:30、戻りのCA156便は仙台発14:30大連着16:55大連発17:55北京首都着19:30となっている。

→【北京首都国際空港周辺のホテルを探す】
→【北京のホテルを探す】
→【大連周水子国際空港周辺のホテルを探す】
→【大連のホテルを探す】

北京首都国際空港トップ
北京首都国際空港からエアポートエクスプレス
北京首都国際空港からリムジンバス
北京首都国際空港からタクシー
北京首都国際空港から周辺都市へのバス

仙台国際空港トップ

浙江長龍航空が西安咸陽国際空港から名古屋への直行便を就航:中国空港関連ニュース

 陝西省西安市の西安咸陽国際空港から日本の中部国際空港(名古屋)とへの直行便を浙江長龍航空(GJ)が11月7日から就航させると騰訊大秦網が伝えている。
 浙江長龍航空によると西安―名古屋線はA320型機を使用し、11月7日から毎日1往復の週7便を運航するとのこと。
 具体的な運航時刻はGJ8035便が西安発05:55名古屋着10:40、戻りのGJ8036便は名古屋発22:00西安着26:05となっている。
 (時刻はいずれも現地時間)

→【西安咸陽国際空港周辺のホテルを探す】
→【西安ホテルを探す】
→【中部国際空港周辺のホテルを探す】
→【名古屋市のホテルを探す】

西安咸陽国際空港トップ
西安咸陽国際空港からリムジンバス
西安咸陽国際空港からタクシー
西安咸陽国際空港から周辺都市への長距離バス

蘇南碩放国際空港(無錫)から名古屋と札幌への直行便を深圳航空が就航:中国空港関連ニュース

 江蘇省無錫市の蘇南碩放国際空港(無錫)から日本の中部国際空港(名古屋)と新千歳国際空港(札幌)への直行便を深圳航空(ZH)が11月1日から就航させたと無錫eTVが伝えている。
 深圳航空によると名古屋線と札幌線いずれもB737-800型機を使用し、11月1日から毎日1往復の週7便を運航するとのこと。
 具体的な運航時刻は名古屋線のZH8059便が無錫発12:40名古屋着16:30、戻りのZH8060便は名古屋発17:30無錫着19:40となっている。
 札幌線のZH8061便が無錫発10:20札幌着14:55、戻りのZH8062便は札幌発16:30無錫着19:15となっている。
 (時刻はいずれも現地時間)

→【蘇南碩放国際空港(無錫空港)のホテルを探す】
→【無錫市内のホテルを探す】
→【蘇州市内のホテルを探す】

→【中部国際空港周辺のホテルを探す】
→【名古屋市のホテルを探す】
→【新千歳空港周辺のホテルを探す】
→【札幌市のホテルを探す】

蘇南碩放国際空港(無錫空港)トップ
蘇南碩放国際空港(無錫空港)からリムジンバス
蘇南碩放国際空港(無錫空港)からタクシー

蘭州中川国際空港から連雲港経由で大阪関西国際空港への便を海南航空が就航:中国空港関連ニュース

 甘粛省蘭州市の蘭州中川国際空港から江蘇省連雲港市の連雲港白塔埠空港を経て大阪府の関西国際空港への便を海南航空(HU)が就航させると騰訊網が伝えている。
 海南航空によると蘭州―連雲港―大阪線はB737-800型機を使用し、11月25日から毎週月・水の週2往復を運航するとのこと。
 具体的な運航時刻はHU7905便が蘭州発08:45連雲着10:25連雲港発11:45大阪着15:15、戻りのHU7906便は月曜便が大阪発16:55連雲港着18:15連雲港発20:00蘭州着22:45、水曜便が大阪発17:55連雲港着19:30連雲港発21:00蘭州着23:45となっている。
 (時刻はいずれも現地時間)

→【蘭州市のホテルを探す】
→【連雲港のホテルを探す】
→【関西国際空港周辺のホテルを探す】
→【大阪市内のホテルを探す】

連雲港白塔埠空港から静岡への直行便を中国東方航空が就航:中国空港関連ニュース

 江蘇省連雲港市の連雲港白塔埠空港から静岡県の富士山静岡空港への直行便を中国東方航空(MU)が就航させると騰訊網が伝えている。
 中国東方航空によると連雲港―静岡線はA320型機を使用し、11月10日から毎週火・木・金・日の週4往復を運航するとのこと。
 具体的な運航時刻はMU5063便が連雲港発09:40静岡着13:40、戻りのMU5064便が静岡発14:40連雲港着17:15となっている。
 (時刻はいずれも現地時間)

→【連雲港のホテルを探す】

→【富士山静岡空港周辺のホテルを探す】
→【静岡市のホテルを探す】

武漢天河国際空港から大阪関西国際空港への直行便を吉祥航空が就航:中国空港関連ニュース

 湖北省武漢市の武漢天河国際空港から大阪府の関西国際空港への直行便を吉祥航空(HO)が就航させたと武漢広播電視台が伝えている。
 吉祥航空によると武漢―大阪線はA320型機を使用し、10月27日から毎日1往復の週7往復を運航させたとのこと。
 具体的な運航時刻は、HO1641便が武漢発18:35大阪着22:55 HO1642便が大阪発16:55武漢着20:10となっている。
 (時刻はいずれも現地時間)

→【武漢天河国際空港周辺のホテルを探す】
→【武漢のホテルを探す】

→【関西国際空港周辺のホテルを探す】
→【大阪市内のホテルを探す】

1 2 3 26