掲陽潮汕国際空港から高速鉄道駅への無料連絡バス増便:中国空港関連ニュース

 広東省掲陽市の掲陽潮汕国際空港から高速鉄道の潮仙駅への無料バスが10月1日から増備運されたと南方網が伝えている。
 掲陽潮汕国際空港によると、高鉄潮仙駅へ連絡バスの運行は14人乗りのマイクロバス4台を使って運用され、毎日午前9時から夜21時までの間、20分毎に1日36便のバスを運行するとのこと。
 運賃は現在無料に設定されている。
乗り場は掲陽潮汕国際空港側が到着階の6号門の外、高鉄潮仙駅側は北広場の粤運汽車客站内となっている。

→【汕頭市内のホテルを探す】
→【梅州市内のホテルを探す】

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

春秋航空が掲陽潮汕国際空港―関西国際空港線に11月24日から就航:中国空港関連ニュース

 中国のLCC(ローコストキャリア)である春秋航空(9C)が11月24日から広東省掲陽市の掲陽潮汕国際空港から大阪の関西国際空港への直行便を就航させると民航資源網が伝えている。
 春秋航空によると、掲陽―大阪線はA320型機を使用し毎週木曜日の週1便が運航されるとのこと。
 具体的には9C8698便が大阪発08:00掲陽着11:00、9C8697便が掲陽発12:10大阪着16:15のダイヤで運航されるとしている。

→【汕頭市内のホテルを探す】
→【梅州市内のホテルを探す】
→【関西国際空港周辺のホテルを探す】
→【大阪市内のホテルを探す】

掲陽潮汕空港から江南汽車站へのバス時刻調整:中国空港関連ニュース

 広東省の掲陽潮仙空港から梅州市江南汽車站(バスターミナル)への直通バスのダイヤが変更になったと梅州網が伝えている。
 掲陽潮汕空港によると、4月16日から下記の通りのダイヤで梅州市江南汽車站へのバスを運行するとしている。
掲陽潮汕空港発
10∶10、13∶00、15∶30、18∶00、21∶30
梅州市江南汽車站発
06∶30、09∶30、12∶30、15∶30、18∶00  

→【汕頭市内のホテルを探す】
→【梅州市内のホテルを探す】

掲陽潮汕国際空港から日本へ初のチャーター便運航:中国空港関連ニュース

 2015年の春節期間中に福建省の掲陽潮汕国際空港から日本の名古屋に旅客チャーター便が運行されることになったと新快報が報じている。
 掲陽潮汕空港によれば、今年2015年の春節期間中合計96便の国際線の臨時便の運航を予定しているとしており、バンコク、プノンペン、シンガポール、ハノイ、ソウル、大中、高雄などへの航空便が運行される予定だとしている。
 この中で、日本の名古屋にも初めてチャーター便が運行されることになり、掲陽潮汕空港としては初めての日本への航空便で、期間中計4回運行を予定しているとのことで運行時間は4時間が予定されている。

→【汕頭市内のホテルを探す】

掲陽潮汕空港が国際空港に昇格:中国空港関連ニュース

 広東省の掲陽潮汕空港が国際空港に昇格し「掲陽潮汕国際機場(空港)」となり、広東省で3番目の対外国際空港となると深圳特区報が伝えている。
 掲陽潮汕国際空港によれば、中国民用航空局の批准を経て正式に国際空港となり、英文名称も「Jieyang Chaoshan International Airport」となったとのこと。
 掲陽潮汕国際空港では2015年2月から深圳航空による掲陽潮汕国際空港―バンコク線、南方航空による掲陽潮汕国際空港―台北線の運航開始が予定されており、国際定期路線が離発着する名実ともに国際空港の仲間入りする予定になっている。

→【汕頭市内のホテルを探す】

掲陽潮汕空港の汕頭シティエアターミナルがオープン:中国空港関連ニュース

 広東省の掲陽潮汕空港の汕頭シティエアターミナル(城市候機楼)が9月30日にオープンすると和訊網が伝えている。
 掲陽潮汕空港によれば汕頭シティエアターミナルは汕頭市の泰山南路の東側の汕頭鉄道駅、汽車客運站(バスターミナル)に隣接する場所に設置され、敷地面積1400平方米の大きさとなっている。
 利用客はこのシティエアターミナルで、リアルタイムで掲陽潮汕空港のフライト情報を確認できるほか、チケットの購入やチェックイン手続き、荷物委託が可能とのこと。
 またこのシティエアターミナルからの潮汕空港へのバスが運行されていることから、航空機搭乗に関するほとんどの手続きをここで終えてから空港に向かうことができるとしている。

→【汕頭市内のホテルを探す】