福州長楽国際空港から万象城へ直通バス開通:中国空港関連ニュース

 福建省福州市の福州長楽国際空港から福州市内の万象城への直通バス宝龍万象機場大巴専線が9月24日に開通したと楽居網が伝えている。
 福州長楽国際空港によると万象城への直通バスは22.5往復運行され、万象城側の発着点は万象城1階北門の西側、福州長楽国際空港側の乗り場は旅客ターミナルの高架下だとしている。
 運賃は50元/人で、運行時間は空港発08:05~23:30、万象城側が05:41~19:45、所要時間は約55分としている。
 運行時刻は下記の通り。
福州長楽国際空港発
08:05、08:40、09:20、09:55、10:45、11:20、11:55、12:30、13:10、13:50、14:30、15:15、16:00、16:40、17:15、17:50、18:25、19:05、19:50、20:40、21:30、22:30、23:30
万象城発
05:41、06:10、07:00、07:40、08:30、09:15、09:50、10:25、11:00、11:35、12:25、13:05、13:45、14:25、15:05、15:45、16:25、17:05、17:45、18:45、19:45
※バスは満員になり次第、定刻前でも発車

→【福州のホテルを探す】
→【福州長楽空港周辺のホテルを探す】

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京大興広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

泉州晋江国際空港のバスターミナルが供用開始:中国空港関連ニュース

福建省泉州市の泉州晋江国際空港のバスターミナルが正式に供用開始となったと泉州晩報が報じている。
 泉州晋江国際空港によると、今回のバスターミナルの供用開始直後から、莆田、アモイ、大田への直通バスが開通するほか、南安、恵安、永春、徳化、石獅、泉州高速鉄道駅などへのバスも年何に続々開通する予定になっているとしている。

泉州晋江国際空港バスターミナルからの発車時刻は次の通り
・泉州晋江国際空港発莆田行き
 07:40~18:30(70分間隔)
・泉州晋江国際空港発厦門梧村汽車站(バスターミナル)行き
 07:45、11:45、12:45、16:45
・泉州晋江国際空港発大田汽車站(バスターミナル)行き
 08:20、

→【泉州のホテルを探す】

福州長楽国際空港から華威シティエアターミナルへのバス運行開始:中国空港関連ニュース

 福建省福州市の福州長楽国際空港から華威シティエアターミナル(城市候機楼)への連絡バスが8月1日から運行開始となったと光明網が伝えている。
 福州長楽国際空港によると華威シティエアターミナルは福州鉄道駅北広場の華威客運站内に設置され、こちらではチェックインなどの搭乗手続きが出来るほか、空港のフライト情報などが提供されるとのこと。
 また福州長楽国際空港との間に連絡バスが運行され、空港利用客のための足として利用が可能になるとしている。

 連絡バスの運行概要は次の通り。
 福州長楽国際空港発08:00~21:00、華威発06:00~19:30、全区間の所要時間は45分、運行間隔は1時間、運賃は25元/人が設定されている。

→【福州のホテルを探す】
→【福州長楽空港周辺のホテルを探す】

春秋航空が3月28日から福州長楽国際空港-大阪線に就航:中国空港関連ニュース

 中国のLCC(ローコストキャリア)である春秋航空(9C)が福建省の福州長楽国際空港と日本の関西国際空港(大阪)への直行便を3月28日から就航させることになったと民航資源網が伝えている。
 春秋航空によると、この関西国際空港への直行便はA320型機を使用し毎週月・水・土の週3便運航される予定とのこと。
 具体的には9C8631便が福州発12:00大阪着16:15、9C8632便が大阪発08:50福州着11:05で運行されるとのこと。(時間はいずれも現地時間)
 福州―大阪間はこれまで厦門航空が既に就航していたが、新たに格安航空である春秋航空が就航することによって、ますます訪日観光客の増加が見込まれる。

(一部修正しました)

→【福州のホテルを探す】
→【福州長楽空港周辺のホテルを探す】
→【関西国際空港周辺のホテルを探す】
→【大阪市のホテルを探す】

福建三明沙県空港が3月7日に開港、上海線が就航:中国空港関連ニュース

 福建省の三明市のゼネラルアビェーション空港である三明沙県空港が3月7日に正式に開港し、吉祥航空(HO)による上海線が就航することになったと新華網が伝えている。
 三明沙県空港は福建省三明市沙県に建設されたゼネラルアビェーション空港で、三明市区から23キロ離れ、滑走路2600mの滑走路1本と143000平方米のターミナル、5600平方米の5機分の駐機エプロンを備えるコード4C規格の支線級の空港。
 3月7日の開港当初は吉祥航空のA320型機で、上海浦東国際空港線を毎週月・水・金・日の週4便が運行される。
 具体的にはHO1109便が上海浦東発08:55三明着10:35、HO1110便が三明発11:35上海浦東着13:00で運航される。
 三明沙県空港によると2020年までに年間旅客数43万人を目標としている。

→【三明市内のホテルを探す】

福州長楽国際空港から永泰県への連絡バス開通:中国空港関連ニュース

 福建省の福州長楽国際空港から永泰県への連絡バスが2月10日から運行を開始したと民航資源網が伝えている。
 福州長楽国際空港によると、永泰県へのバスは永泰県旅遊客運站(バスターミナル)を発着点として1日4便が運行され、全線の所要時間は90分、運賃は45元/人が設定されている。

 具体的な運行時刻は次の通り
福州長楽国際空港発
 11:00、14:00、17:00、20:00
永泰県旅遊客運站発
 06:00、09:00、13:30、16:30

→【福州のホテルを探す】
→【福州長楽空港周辺のホテルを探す】

福州長楽国際空港から青口への連絡バス開通:中国空港関連ニュース

 福建省の福州長楽国際空港から青口へのバスが1月19日から運行を開始したと福州晩報が報じている
 福州長楽国際空港によると青口側の発着点は青口榕泰酒店で、毎日06:00~17:00の間に1時間に1本運行されるとのこと。
 所要時間は約30分で運賃は25元/人が設定されているとしている。

→【福州のホテルを探す】
→【福州長楽空港周辺のホテルを探す】

泉州晋江国際空港から石獅シティエータミナルへのバス時刻変更:中国空港関連ニュース

 福建省の泉州晋江国際空港から石獅シティエアターミナル(城市候機楼)へのバスの運行時刻が変更になったと海峡都市報が伝えている。
 泉州晋江国際空港によると、石獅シティエアターミナル(愛楽皇冠假日酒店1F:東港路と濠江路の角)に設置されており、搭乗客はチケットを持っていれば空港へのバスが無料で乗車が出来るとのことで、今回のこのバスの運行時間が変更になったとしている。
 具体的な新たな運行時刻は次の通り
泉州晋江国際空港発
06:10、07:50、10:00、12:00、14:00、17:30、21:00
石獅シティエアターミナル発
05:30、07:00、09:00、11:00、13:00、14:30、18:30

→【泉州のホテルを探す】

1 2 3 5