台湾桃園国際空港が2月8日から滑走路2本体制に:中国空港関連ニュース


 台湾の桃園国際空港が1月8日から南滑走路の供用を再開し、春節時期は滑走路2本体制で運行することになったと台湾中央社が伝えている。
 桃園国際空港によれば、2014年2月19日から改修を進めていた南滑走路の工事が終わり、8日から供用開始できることになったとのこと。
 これにより約1年程続いてた滑走路1本体制からようやく脱出し慢性的な混雑状況から解消されることになったが、残念ながら3月からは北滑走路が改修に入るため、今回は春節前後のトラフィック増大に対する一時的な容量増大となる。
 桃園国際空港では2011年から4年をかけて空港設備の刷新を行なっており、滑走路の改修、誘導照明設備の刷新、排水設備の改修など104億元を投資して行っており、A380などの大型機が離発着可能なコード4F規格への昇級を目指している。

→【台湾桃園空港周辺のホテルを探す】
→【台北市のホテルを探す】

台湾桃園国際空港トップ
台湾桃園国際空港からリムジンバス
台湾桃園国際空港からタクシー
台湾桃園国際空港から新幹線(高速鉄道)

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です