台湾桃園国際空港から台北市内へのMRT(捷運)線が2月2日から試運行、3月開業へ:中国空港関連ニュース

 台湾島桃園県の台湾桃園国際空港と台北市内を結ぶMRT(捷運:新交通システム)が3月2日に正式開業することになったと新華網が伝えている。
 台湾交通主観部によると、この台湾桃園国際空港と台北市内を結ぶMRTは、台北市から新北市を経て台湾桃園国際空港を経由し桃園県へ至る新交通システムで、全長35キロの路線。
 開業後は、6時から23時まで快速タイプと各駅停車タイプの2パターンで運行され、台北駅(車站)から台湾桃園国際空港まで最速35分で結ぶ予定になっており、台北駅ではチェックインカウンターも設置される。
 このチェックインカウンターでは荷物の預け入れも可能だが、出発3時間前までに手続きの必要があるのと、当面はチャイナエアライン(CL)、マンダリン航空(AE)、エバー航空(BR)、立栄航空(B7)の4社限定の対応になるとしている。

 なお発表によると旅客を乗せてのテスト運行が2月2日から開始され2月15日までは団体予約客、2月16日から3月1日までは1日4万人限定で個人客によるテスト運行が行われ、何れも無料で実施されるとのこと。
 また3月2日の正式開業以降の運賃は最大160NT$が予定されているが、最初の一ヶ月間は半額で乗車可能できるとしている。

→【台湾桃園空港周辺のホテルを探す】
→【台北市のホテルを探す】

台湾桃園国際空港トップ
台湾桃園国際空港からMRT
台湾桃園国際空港からリムジンバス
台湾桃園国際空港からタクシー
台湾桃園国際空港から新幹線(高速鉄道)

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

米デルタ航空が東京-台湾(桃園)線から撤退:中国空港関連ニュース

 アメリカの航空会社であるデルタ航空(DL)が5月を以って台湾市場から撤退することになったと民航資源網が伝えている。
 デルタ航空によると台北(桃園国際空港)-東京(成田国際空港)線は近年のLCCの相次ぐ算入により収益性が悪化したため、台湾市場からの撤退を決定したとのこと。
 これにより5月24日の台北-東京線が最終運航となり、台湾の支社も閉鎖されることになり、既に予約済みの利用客に対しては、他社便への振替の案内を来週にも通知するとしている。

→【台湾桃園空港周辺のホテルを探す】
→【台北市のホテルを探す】

台湾桃園国際空港トップ
台湾桃園国際空港からリムジンバス
台湾桃園国際空港からタクシー
台湾桃園国際空港から新幹線(高速鉄道)

トランスアジア航空(復興航空)が運行休止、解散へ:中国空港関連ニュース

 台湾の航空会社トランスアジア航空(中国名:復興航空)(GE)が11月22日からの運行休止を発表し会社も解散することになったと民航資源網が伝えている。
 トランスアジア航空によると11月21日に突然声明を発表し22日から全ての航空便の休止をし、会社も解散することが決定したとのこと。
 既に予約済み、購入済みの旅客に対しては45日以内に全額返金に応じるとしており、クレジットカードで支払った場合は専用WEBページから手続きをしてカード会社を通じて返金となる。
 また、現金購入された利用客はメールにて、登場者情報を連絡し、銀行振込で返金するとしている。
 今回の運航休止が予告なく行われた影響で、22日だけで12路線5113人の利用客が影響を受けたとしている。

→【台湾桃園空港周辺のホテルを探す】
→【台北市のホテルを探す】

台湾桃園国際空港トップ
台湾桃園国際空港からリムジンバス
台湾桃園国際空港からタクシー
台湾桃園国際空港から新幹線(高速鉄道)

台北(桃園)―新潟線にファーイースタン航空が11月から就航:中国空港関連ニュース

 台湾台北市の玄関口である台湾桃園国際空港から日本の新潟空港への直行便が11月からファーイースタン航空(遠東航空)(FE)によって就航することになったと民航資源網が伝えている。
 ファーイースタン航空によると、台北(桃園)―新潟便は、11月4日から毎週月・金の週2便、それぞれ異なるダイヤで運航されるとのこと。
 具体的には月曜便は、FE622便が台北発13:00新潟着17:10、FE621便が新潟発18:10台北着21:15のダイヤで運航される。
 また金曜便はFE622便が台北発0845新潟着13:00、FE621便が新潟発14:00台北着17:25のダイヤで運航されるとしている。

ファーイースタン航空

ファーイースタン航空機

→【台湾桃園空港周辺のホテルを探す】
→【台北市のホテルを探す】

→【新潟空港周辺のホテルを探す】
→【新潟市のホテルを探す】

台湾桃園国際空港トップ
台湾桃園国際空港からリムジンバス
台湾桃園国際空港からタクシー
台湾桃園国際空港から新幹線(高速鉄道)

Vエアが9月末で運航休止、トランスアジア航空に編入:中国空港関連ニュース

 台湾のLCCであるVエアが9月末を以って運航を休止し10月から親会社のトランスアジア航空(GE)に編入されることになったと民航資源網が伝えている。
 トランスアジア航空によると、同社の100%子会社としてVエアを設立し、LCC事業に進出したが、結局2年を待たず撤退することになったとのこと。
 Vエアの休止後は、台北(桃園)とタイのチェンマイや日本の福岡を結ぶ便はトランスアジア航空が引き継ぐことになるとしている。

→【台湾桃園空港周辺のホテルを探す】
→【台北市のホテルを探す】

台湾桃園国際空港トップ
台湾桃園国際空港からリムジンバス
台湾桃園国際空港からタクシー
台湾桃園国際空港から新幹線(高速鉄道)

Vエアが9月から台北-羽田・茨城線を休止:中国空港関連ニュース

 台湾のLCCであるVエア(ZV)が9月中旬を以って台北(桃園)-羽田線及び台北(桃園)-茨城線を休止すると民航資源網が伝えている。
 Vエアによると、今年3月に就航した台北(桃園)-羽田空港(東京国際空港)線と台北(桃園)―茨城空港線について、羽田線は9月17日、茨城線は9月18日の便を以って運航を休止するとのこと。
 関係者によるとこの休止措置によって影響を受ける乗客は約7500人で、既に予約済みの利用客に対しては無料でグループ会社のトランスアジア航空(GE)の台北-成田空港便に振り替えるほか、振替を望まない利用客に対しては全額払い戻しに応じるとしている。

→【台湾桃園空港周辺のホテルを探す】
→【台北市のホテルを探す】
→【成田国際空港周辺のホテルを探す】
→【東京都内のホテルを探す】

台湾桃園国際空港トップ
台湾桃園国際空港からリムジンバス
台湾桃園国際空港からタクシー
台湾桃園国際空港から新幹線(高速鉄道)

台湾―日本線は供給過剰?台湾の航空会社が相次いで輸送力調整:中国空港関連ニュース

 近年台湾や中国大陸からの日本への新航空路線就航が相次いているが、競争激化のあまりに過剰供給気味となり、円高などで訪日観光にブレーキがかかってきたこともって、台湾の航空各社ではこの夏に減便などを行って座席供給量を調整する状況が生まれていると民航資源網が伝えている。
 このうちトランスアジア航空(中国語名:復興航空)では、今年6月から10月までのダイヤでは台湾から北海道へ向かう便を毎日2便から1便へ減便を行った。
 また東京への便についてもワイドボディのA330型機からナローボディのA321あるいはA320に切り替え、運行も毎日2便から1便に減便を行っている。

 またチャイナエアライン(Cl)でも、7月28日から桃園(台北)-札幌便を毎日2便から1便に、10月1日から桃園(台北)-大阪便を1日5便から4便に、10月13日から桃園(台北)-東京便を1日4便から3便に、それぞれ減便する。

 またLCC(格安航空)のVエアも9月20日から桃園(台北)-名古屋便を毎週7便から4便に減便、桃園(台北)-羽田の週3便と、桃園(台北)-茨城の週4便についても、9月20日までに減便或いは休止を検討しているとしている。

チャイナエアライン機

チャイナエアライン機

→【台湾桃園空港周辺のホテルを探す】
→【台北市のホテルを探す】

台湾桃園国際空港トップ
台湾桃園国際空港からリムジンバス
台湾桃園国際空港からタクシー
台湾桃園国際空港から新幹線(高速鉄道)

台湾桃園国際空港と高鉄桃園駅(新幹線)を結ぶバス

台湾桃園国際空港は、台北市内から離れた桃園県に設置されているため台北までバスなどで移動する必要がある。
そのアクセス手段の一つとして台湾の新幹線(高鉄)の利用も可能なのだが、最寄り駅の高鉄桃園駅は台湾桃園国際空港から少々距離が離れており、計画されてるMRTも開業時期が伸びているため、現在は連絡バスが運行されている。

台湾桃園国際空港と高鉄桃園駅を結ぶバス

台湾桃園国際空港と高鉄桃園駅を結ぶバス

なおこの区間の連絡バスは705路という路線になるが、これ以外にも5087路、5089路というバスが桃園県の市街地へ台湾桃園国際空港を経由して運行されている。
ただこれら2つは沿線客のための路線なので、途中の停留所が多く、空港と駅の間を移動するだけなら使い勝手が良いとは言えないのでやはり高頻度に運行されている705路の利用をお勧めする。

705路ならば、5~10分の頻度で運行されている。

さて、この連絡バスの車両は、暫定的な連絡手段となっているためか、通常の公共バスのような車両が使われており、トランクは特に設置されていない。

連絡バスの内部

連絡バスの内部

その代わり内部の座席数が削られ、車いすやスーツケースを載せられるスペースが確保されており、空港利用客のための荷物置き場となっている。
このため利用客の多いときはスペースが埋まり、前後の通り抜けが出来なくなるほどにスーツケースが並ぶ。

スーツケースで埋まる車内

スーツケースで埋まる車内

ただし、このシャトルバスは便数が多いので、乗客だけが極端に多いというケースは少ないようで、スーツケースと乗客がバランスよいレベルで車内に収まり運行される。
運賃は30NT$(日本円で約100円)でリーズナブルであり、台北悠遊カードも使える。

所要時間は25分ほどで、よほどのことが無い限り大幅に時間が狂うことはないが、一般道を走るのであまりタイトなスケジュールはやはり避けたい。
高鉄桃園駅には、駅の目の前に到着し、雨の日でもほとんど濡れずに駅へ入ることが出来る。

高鉄桃園駅前のバス車両

高鉄桃園駅前のバス車両

高鉄桃園駅も、ガラス張りの明るい小じんまりとした駅舎で、内部の見通しもよく、乗り継ぎ利用に際して迷うことは無いと思われる。

高鉄桃園駅改札口

高鉄桃園駅改札口

いずれMRTが開業した際は、この連絡バスは廃止されてしまうかもしれない.が、それまでの間は貴重な足として活躍するこの連絡バスである。

施設はほぼ完成しているMRTの駅舎

施設はほぼ完成しているMRTの駅舎

→【台湾桃園空港周辺のホテルを探す】
→【台北市のホテルを探す】

台湾桃園国際空港トップ
台湾桃園国際空港からリムジンバス
台湾桃園国際空港からタクシー
台湾桃園国際空港から新幹線(高速鉄道)

1 2 3