台湾桃園国際空港と高鉄桃園駅(新幹線)を結ぶバス


台湾桃園国際空港は、台北市内から離れた桃園県に設置されているため台北までバスなどで移動する必要がある。
そのアクセス手段の一つとして台湾の新幹線(高鉄)の利用も可能なのだが、最寄り駅の高鉄桃園駅は台湾桃園国際空港から少々距離が離れており、計画されてるMRTも開業時期が伸びているため、現在は連絡バスが運行されている。

台湾桃園国際空港と高鉄桃園駅を結ぶバス

台湾桃園国際空港と高鉄桃園駅を結ぶバス

なおこの区間の連絡バスは705路という路線になるが、これ以外にも5087路、5089路というバスが桃園県の市街地へ台湾桃園国際空港を経由して運行されている。
ただこれら2つは沿線客のための路線なので、途中の停留所が多く、空港と駅の間を移動するだけなら使い勝手が良いとは言えないのでやはり高頻度に運行されている705路の利用をお勧めする。

705路ならば、5~10分の頻度で運行されている。

さて、この連絡バスの車両は、暫定的な連絡手段となっているためか、通常の公共バスのような車両が使われており、トランクは特に設置されていない。

連絡バスの内部

連絡バスの内部

その代わり内部の座席数が削られ、車いすやスーツケースを載せられるスペースが確保されており、空港利用客のための荷物置き場となっている。
このため利用客の多いときはスペースが埋まり、前後の通り抜けが出来なくなるほどにスーツケースが並ぶ。

スーツケースで埋まる車内

スーツケースで埋まる車内

ただし、このシャトルバスは便数が多いので、乗客だけが極端に多いというケースは少ないようで、スーツケースと乗客がバランスよいレベルで車内に収まり運行される。
運賃は30NT$(日本円で約100円)でリーズナブルであり、台北悠遊カードも使える。

所要時間は25分ほどで、よほどのことが無い限り大幅に時間が狂うことはないが、一般道を走るのであまりタイトなスケジュールはやはり避けたい。
高鉄桃園駅には、駅の目の前に到着し、雨の日でもほとんど濡れずに駅へ入ることが出来る。

高鉄桃園駅前のバス車両

高鉄桃園駅前のバス車両

高鉄桃園駅も、ガラス張りの明るい小じんまりとした駅舎で、内部の見通しもよく、乗り継ぎ利用に際して迷うことは無いと思われる。

高鉄桃園駅改札口

高鉄桃園駅改札口

いずれMRTが開業した際は、この連絡バスは廃止されてしまうかもしれない.が、それまでの間は貴重な足として活躍するこの連絡バスである。

施設はほぼ完成しているMRTの駅舎

施設はほぼ完成しているMRTの駅舎

→【台湾桃園空港周辺のホテルを探す】
→【台北市のホテルを探す】

台湾桃園国際空港トップ
台湾桃園国際空港からリムジンバス
台湾桃園国際空港からタクシー
台湾桃園国際空港から新幹線(高速鉄道)

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です