台北駅のインタウンチェックインカウンター、桃園国際空港へは身軽にMRTで

今年2017年3月に、待望の桃園捷運(MRT)が開通し、台北駅と台湾桃園国際空港がようやく鉄道で結ばれることになった。

桃園MRT(桃園国際空港エアポートシャトル)

この桃園捷運は主たる目的は当然のことながら空港と市内を結ぶエアポートシャトルトレインであり、基本として空港利用客を最優先にした運営が行われている。
その目玉の一つとして挙げられるのが、台北駅におけるインタウン・チェックインカウンターの設置である。
桃園MRTの台北駅は、台鉄の台北駅のすぐ西側に直結しているが、台鉄や台北MRTとは運営主体が違うため独立した駅となっており、その地下1階(ホームは地下3階)にインタウン・チェックインカウンターが設けられている。

桃園MRTの台北駅周辺図

桃園MRTの台北駅周辺図

空港のチェックインカウンターとほぼ同じ構造のカウンターが並び、搭乗券の発券や委託荷物の受付がここで可能になっている。

台北駅のインタウン・チェックインカウンター

ここで預けられた荷物はMRTによって空港へと運ばれ、そのまま飛行機に詰め込まれることになるため、乗客は手荷物のみを持って真下のホームに下り、MRTに乗ってラクラク空港へ移動し、そのまま安全検査場を経て搭乗が可能である。

もちろん荷物の輸送費は無料である。(乗客の乗車運賃は必要)

桃園MRTの台北駅の構造

桃園MRTの台北駅の構造

さらにこのインタウン・チェックインカウンターでは、同一レベルに外部からの車止めが設置されているため、台北市内のホテルから直接ここに乗り付け空港へ移動すれば、重いスーツケースを引きずって長い距離を歩く必要がない。

台北駅のインタウン・チェックインカウンターの車止め

タクシーで直接空港に乗り付けても空港内を長く歩かされることを考えれば、引きずる距離が短いだけ楽と言える。
MRTの渋滞知らずの確実性を加味して考えると非常に楽ちんなルートなのである。
受付時間は06:00~21:30であり、早朝の一部の便などを除けばほぼ終日対応と言ってよく、非常に便利なシステムとなっている。

但し残念ながら現時点ではこのサービスはチャイナエアライン(CL)、マンダリン航空(AE)、エバー航空(BR)、立栄航空(B7)の4社限定の対応となっており、日系航空会社やLCCなどの利用者は従来通り空港でチェックインや荷物預け入れを行う必要がある。

台北駅のセルフチェックインマシン

この便利なインタウン・チェックインカウンターだが、まだ利用告知が足りないのか、カウンターは利用者がまだまばらな状態であり、空港のようにチェックインのための行列に並ぶ心配はまずなく、時間の節約には十分役立つものと思われる。
利用航空会社に限定はあるが、覚えておいて損のないこの施設である。

→【台湾桃園空港周辺のホテルを探す】
→【台北市のホテルを探す】

台湾桃園国際空港トップ
台湾桃園国際空港からMRT
台湾桃園国際空港からリムジンバス
台湾桃園国際空港からタクシー
台湾桃園国際空港から新幹線(高速鉄道)

[ ready_google_map ID = ’40’ ]

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

台湾桃園国際空港から台北市内へのMRT(捷運)線が2月2日から試運行、3月開業へ:中国空港関連ニュース

 台湾島桃園県の台湾桃園国際空港と台北市内を結ぶMRT(捷運:新交通システム)が3月2日に正式開業することになったと新華網が伝えている。
 台湾交通主観部によると、この台湾桃園国際空港と台北市内を結ぶMRTは、台北市から新北市を経て台湾桃園国際空港を経由し桃園県へ至る新交通システムで、全長35キロの路線。
 開業後は、6時から23時まで快速タイプと各駅停車タイプの2パターンで運行され、台北駅(車站)から台湾桃園国際空港まで最速35分で結ぶ予定になっており、台北駅ではチェックインカウンターも設置される。
 このチェックインカウンターでは荷物の預け入れも可能だが、出発3時間前までに手続きの必要があるのと、当面はチャイナエアライン(CL)、マンダリン航空(AE)、エバー航空(BR)、立栄航空(B7)の4社限定の対応になるとしている。

 なお発表によると旅客を乗せてのテスト運行が2月2日から開始され2月15日までは団体予約客、2月16日から3月1日までは1日4万人限定で個人客によるテスト運行が行われ、何れも無料で実施されるとのこと。
 また3月2日の正式開業以降の運賃は最大160NT$が予定されているが、最初の一ヶ月間は半額で乗車可能できるとしている。

→【台湾桃園空港周辺のホテルを探す】
→【台北市のホテルを探す】

台湾桃園国際空港トップ
台湾桃園国際空港からMRT
台湾桃園国際空港からリムジンバス
台湾桃園国際空港からタクシー
台湾桃園国際空港から新幹線(高速鉄道)

台北松山国際空港の発着料が約2割値上げ、台湾南部空港は値下げ:中国空港関連ニュース

 台湾島台北市の台北松山国際空港の発着料が2017年より2割値上げされることになると民航資源網が伝えている。
 台湾交通部によると、台湾における航空市場を南部に誘導するため、台中、高雄などの空港を発着する国際航空便の発着料を2017年から従来より約20%値下げすることになったとのこと。
 併せて、北部の台北市にある台北松山国際空港の発着料を従来の標準コストの1.06倍としていたものから1.25倍に約2割値上げすることになったとしている。
 なお2012年から実施されている新規就航路線に対する優遇政策は今後も継続されるとのこと。
 これに依り、各航空会社の運賃設定にも影響が出ると予想され、今後の動向が注目される。

→【台北松山空港周辺のホテルを探す】
→【台北市のホテルを探す】

台北松山国際空港トップ
台北松山国際空港からMRT(捷運=新交通システム)
台北松山国際空港から公共バス
台北松山国際空港からタクシー
台北松山国際空港から周辺都市へのバス

台北(桃園)―新潟線にファーイースタン航空が11月から就航:中国空港関連ニュース

 台湾台北市の玄関口である台湾桃園国際空港から日本の新潟空港への直行便が11月からファーイースタン航空(遠東航空)(FE)によって就航することになったと民航資源網が伝えている。
 ファーイースタン航空によると、台北(桃園)―新潟便は、11月4日から毎週月・金の週2便、それぞれ異なるダイヤで運航されるとのこと。
 具体的には月曜便は、FE622便が台北発13:00新潟着17:10、FE621便が新潟発18:10台北着21:15のダイヤで運航される。
 また金曜便はFE622便が台北発0845新潟着13:00、FE621便が新潟発14:00台北着17:25のダイヤで運航されるとしている。

ファーイースタン航空

ファーイースタン航空機

→【台湾桃園空港周辺のホテルを探す】
→【台北市のホテルを探す】

→【新潟空港周辺のホテルを探す】
→【新潟市のホテルを探す】

台湾桃園国際空港トップ
台湾桃園国際空港からリムジンバス
台湾桃園国際空港からタクシー
台湾桃園国際空港から新幹線(高速鉄道)

Vエアが9月末で運航休止、トランスアジア航空に編入:中国空港関連ニュース

 台湾のLCCであるVエアが9月末を以って運航を休止し10月から親会社のトランスアジア航空(GE)に編入されることになったと民航資源網が伝えている。
 トランスアジア航空によると、同社の100%子会社としてVエアを設立し、LCC事業に進出したが、結局2年を待たず撤退することになったとのこと。
 Vエアの休止後は、台北(桃園)とタイのチェンマイや日本の福岡を結ぶ便はトランスアジア航空が引き継ぐことになるとしている。

→【台湾桃園空港周辺のホテルを探す】
→【台北市のホテルを探す】

台湾桃園国際空港トップ
台湾桃園国際空港からリムジンバス
台湾桃園国際空港からタクシー
台湾桃園国際空港から新幹線(高速鉄道)

Vエアが9月から台北-羽田・茨城線を休止:中国空港関連ニュース

 台湾のLCCであるVエア(ZV)が9月中旬を以って台北(桃園)-羽田線及び台北(桃園)-茨城線を休止すると民航資源網が伝えている。
 Vエアによると、今年3月に就航した台北(桃園)-羽田空港(東京国際空港)線と台北(桃園)―茨城空港線について、羽田線は9月17日、茨城線は9月18日の便を以って運航を休止するとのこと。
 関係者によるとこの休止措置によって影響を受ける乗客は約7500人で、既に予約済みの利用客に対しては無料でグループ会社のトランスアジア航空(GE)の台北-成田空港便に振り替えるほか、振替を望まない利用客に対しては全額払い戻しに応じるとしている。

→【台湾桃園空港周辺のホテルを探す】
→【台北市のホテルを探す】
→【成田国際空港周辺のホテルを探す】
→【東京都内のホテルを探す】

台湾桃園国際空港トップ
台湾桃園国際空港からリムジンバス
台湾桃園国際空港からタクシー
台湾桃園国際空港から新幹線(高速鉄道)

台北松山国際空港の展望デッキ:空港訪問日記

台湾・台北の表玄関と言えば、桃園国際空港がすっかり定着しているが、台北市内の程近い場所にある台北松山国際空港もまだ現役で、主に国内線や近距離国際線を中心に路線が就航している。

台北松山国際空港

台北松山国際空港

この台北松山国際空港には旅客ターミナルの屋上に空港展望デッキが設置されている。
1階レベルからエレベーターと階段でターミナルの屋上に直接行くことが出来、さながらデパートの屋上の遊園地のような存在である。

松山国際空港の展望デッキ入り口

松山国際空港の展望デッキ入り口

入場料とかは特に必要無く、荒天でなければ09:00~21:00の間いつでも見学が可能である。
ちなみに、屋外とは言え空間全体が禁煙となっており愛煙家の方は注意をする必要がある。

松山国際空港の展望デッキ注意書き

松山国際空港の展望デッキ注意書き

この展望デッキからは大きなガラス塀超しに、台北松山国際空港に駐機する台湾の航空会社の機体を見学することができる。
駐機エプロンの向う側には滑走路も見え、ひっきりなしに航空機が飛び立つ姿も見学が出来、JALやANAなどの日系の航空会社の機体も結構頻繁に見られる。

台北松山国際空港に着陸するANAのB787

台北松山国際空港に着陸するANAのB787

また展望デッキの広場の壁には、この台北松山国際空港を発着する各航空会社の紹介が行われており、色とりどりの塗装をまとったカラフルな機体の写真と共に展示されている。

台北松山国際空港に発着する航空機の紹介

台北松山国際空港に発着する航空機の紹介

日本の空港や台湾の桃園国際空港ではあまり姿を見られないような小さなプロペラ機などもこの空港から多数発着しているようで、そういった航空機を抱える小さな航空会社の情報も紹介されていて、これらの紹介を見ながら航空機見学も楽しい。

トランスアジア航空のプロペラ機

トランスアジア航空のプロペラ機

ただこの空間は風が抜けにくい構造のようで、あまり晴天過ぎる日は暑い空間となってしまい、長時間の見学は熱中症のリスクもあり十分気をつけたい。

週末などに子供連れで訪れたり、航空機ファンには楽しいこの台北松山国際空港の屋上展望デッキである。

→【台北松山空港周辺のホテルを探す】
→【台北市のホテルを探す】

台北松山国際空港トップ
台北松山国際空港からMRT(捷運=新交通システム)
台北松山国際空港から公共バス
台北松山国際空港からタクシー
台北松山国際空港から周辺都市へのバス

台湾―日本線は供給過剰?台湾の航空会社が相次いで輸送力調整:中国空港関連ニュース

 近年台湾や中国大陸からの日本への新航空路線就航が相次いているが、競争激化のあまりに過剰供給気味となり、円高などで訪日観光にブレーキがかかってきたこともって、台湾の航空各社ではこの夏に減便などを行って座席供給量を調整する状況が生まれていると民航資源網が伝えている。
 このうちトランスアジア航空(中国語名:復興航空)では、今年6月から10月までのダイヤでは台湾から北海道へ向かう便を毎日2便から1便へ減便を行った。
 また東京への便についてもワイドボディのA330型機からナローボディのA321あるいはA320に切り替え、運行も毎日2便から1便に減便を行っている。

 またチャイナエアライン(Cl)でも、7月28日から桃園(台北)-札幌便を毎日2便から1便に、10月1日から桃園(台北)-大阪便を1日5便から4便に、10月13日から桃園(台北)-東京便を1日4便から3便に、それぞれ減便する。

 またLCC(格安航空)のVエアも9月20日から桃園(台北)-名古屋便を毎週7便から4便に減便、桃園(台北)-羽田の週3便と、桃園(台北)-茨城の週4便についても、9月20日までに減便或いは休止を検討しているとしている。

チャイナエアライン機

チャイナエアライン機

→【台湾桃園空港周辺のホテルを探す】
→【台北市のホテルを探す】

台湾桃園国際空港トップ
台湾桃園国際空港からリムジンバス
台湾桃園国際空港からタクシー
台湾桃園国際空港から新幹線(高速鉄道)

1 2 3