上海虹橋国際空港T2で東方航空が荷物委託のセルフ化:中国空港関連ニュース

 上海市の上海虹橋国際空港の第2ターミナル(T2)において、中国東方航空(MU)が委託荷物をセルフサービスで預けられるシステムを設置したと新浪網が伝えている。
 中国東方航空によると、このセルフ委託荷物システムは、T2の3階の出発階に設置され、、従来の自動チェックイン機に機能を追加した上で、打ち出されたボーディングパスを利用して、荷物委託専用の機械に預け入れができるというもの。
 これにより、チェックインカウンターの行列に悩まされることなく利用客は荷物を預けられるとしている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

台北駅のインタウンチェックインカウンター、桃園国際空港へは身軽にMRTで

今年2017年3月に、待望の桃園捷運(MRT)が開通し、台北駅と台湾桃園国際空港がようやく鉄道で結ばれることになった。

桃園MRT(桃園国際空港エアポートシャトル)

この桃園捷運は主たる目的は当然のことながら空港と市内を結ぶエアポートシャトルトレインであり、基本として空港利用客を最優先にした運営が行われている。
その目玉の一つとして挙げられるのが、台北駅におけるインタウン・チェックインカウンターの設置である。
桃園MRTの台北駅は、台鉄の台北駅のすぐ西側に直結しているが、台鉄や台北MRTとは運営主体が違うため独立した駅となっており、その地下1階(ホームは地下3階)にインタウン・チェックインカウンターが設けられている。

桃園MRTの台北駅周辺図

桃園MRTの台北駅周辺図

空港のチェックインカウンターとほぼ同じ構造のカウンターが並び、搭乗券の発券や委託荷物の受付がここで可能になっている。

台北駅のインタウン・チェックインカウンター

ここで預けられた荷物はMRTによって空港へと運ばれ、そのまま飛行機に詰め込まれることになるため、乗客は手荷物のみを持って真下のホームに下り、MRTに乗ってラクラク空港へ移動し、そのまま安全検査場を経て搭乗が可能である。

もちろん荷物の輸送費は無料である。(乗客の乗車運賃は必要)

桃園MRTの台北駅の構造

桃園MRTの台北駅の構造

さらにこのインタウン・チェックインカウンターでは、同一レベルに外部からの車止めが設置されているため、台北市内のホテルから直接ここに乗り付け空港へ移動すれば、重いスーツケースを引きずって長い距離を歩く必要がない。

台北駅のインタウン・チェックインカウンターの車止め

タクシーで直接空港に乗り付けても空港内を長く歩かされることを考えれば、引きずる距離が短いだけ楽と言える。
MRTの渋滞知らずの確実性を加味して考えると非常に楽ちんなルートなのである。
受付時間は06:00~21:30であり、早朝の一部の便などを除けばほぼ終日対応と言ってよく、非常に便利なシステムとなっている。

但し残念ながら現時点ではこのサービスはチャイナエアライン(CL)、マンダリン航空(AE)、エバー航空(BR)、立栄航空(B7)の4社限定の対応となっており、日系航空会社やLCCなどの利用者は従来通り空港でチェックインや荷物預け入れを行う必要がある。

台北駅のセルフチェックインマシン

この便利なインタウン・チェックインカウンターだが、まだ利用告知が足りないのか、カウンターは利用者がまだまばらな状態であり、空港のようにチェックインのための行列に並ぶ心配はまずなく、時間の節約には十分役立つものと思われる。
利用航空会社に限定はあるが、覚えておいて損のないこの施設である。

→【台湾桃園空港周辺のホテルを探す】
→【台北市のホテルを探す】

台湾桃園国際空港トップ
台湾桃園国際空港からMRT
台湾桃園国際空港からリムジンバス
台湾桃園国際空港からタクシー
台湾桃園国際空港から新幹線(高速鉄道)

[ ready_google_map ID = ’40’ ]

深圳地下鉄11号線の4駅に深圳宝安国際空港の自動チェクイン機設置:中国空港関連ニュース

 広東省深圳市の深圳宝安国際空港に6月28日から深圳地下鉄11号線が乗り入れを開始するが、これに伴い沿線4駅に自動チェックインン機が設置されることになったと民航資源網が伝えている。
 深圳地下鉄によると、新たに開通する11号線の駅のうち、福田駅、車公廟駅、後海駅、前海湾駅に新たに自動チェックイン機を計18台設置したとのこと。
 これにより、地下鉄に乗車する前に春秋航空を除く国内の主要航空会社のチェックインが可能になるとのこと。
 またこれに合わせ4駅には深圳宝安国際空港における出発到着状況を案内する情報パネルが設置されるとしている。

→【深圳宝安国際空港周辺のホテルを探す】
→【深圳のホテルを探す】

台湾桃園国際空港に中国南方航空のセルフチェックイン端末設置:中国空港関連ニュース

 台湾の桃園国際空港に中国南方航空(CZ)のセルフチェックインシステムがが世地されたと中国民用航空網が伝えている。
 桃園国際空港によれば、このセルフチックインシステムが設置されたのは第2旅客ターミナル(T2)の出発ロビーで、搭乗客はパスポートなどの身分証明書を端末に読み取らせるだけで、簡単に座席の選択などのチェックイン手続きが可能になるとしている。
 現在南方航空では台湾と大陸の航空路線17路線を就航させており、そのうち台北桃園国際空港にも週80便の航空便が発着するため、今回利用客の利便性を図るためにセルチェックインシステムの設置を行なう事になったとしている。

→【台湾桃園空港周辺のホテルを探す】
→【台北市のホテルを探す】

台湾桃園国際空港トップ
台湾桃園国際空港からリムジンバス
台湾桃園国際空港からタクシー
台湾桃園国際空港から新幹線(高速鉄道)

長沙黄花国際空港にセルフチェックインシステム設置:中国空港関連ニュース

 湖南省の長沙黄花国際空港に係りの手を煩わせなくても自分でチェックインと荷物の預け入れが出来るオールセルフチェックインシステムが設置されたと湖南日報が伝えている。
 長沙黄花国際空港によると、搭乗客は座席の指定から荷物の預け入れまでを全て自分で行うことが出来、全手続きを3分ほどで完了させることが出来るとのこと。
 今後、長沙黄花国際空港では搭乗口のチェックシステムも自動化を計画しており、チケット購入から離陸まで、全て自動化することを目指しているとしている。

→【長沙黄花国際空港周辺のホテルを探す】
→【長沙のホテルを探す】

上海浦東国際空港T1で完全セルフチェックインシステムをテスト稼働:中国空港関連ニュース

 上海浦東国際空港T1でセルフチェックインシステム(自動荷物委託装置)のテスト稼働が始まったと新聞晨報が伝えている。
 上海浦東国際空港によると、今回この自動委託システムが設置されたのは第1旅客ターミナル(T1)のB区チェックインカウンターで、東方航空(MU)と上海航空(FM)の国内線搭乗客は、このシステムを使って委託荷物の預け入れから座席の選択、搭乗券の印刷まで全て自分で行うことが可能になるとしている。
 ただし、このシステムで預け入れることが出来る荷物は、航空会社の運行規約に適用する荷物だけで、重量オーバーの荷物などについては従来通り有人窓口での対応となるとしている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

中国東方航空が上海浦東国際空港に自動チェックイン機16台増設:中国空港関連ニュース

 中国東方航空が上海浦東国際空港に自動チェックイン機を16台増設したと和訊網が伝えている。
 今回自動チェックイン機が増設されたのは、上海浦東国際空港T1の乗継ぎスペースと国内線のハイクラスのチェックインエリア、国際線チェックインエリア、T1とT2を結ぶ連絡通路などに配置され、今回の増設で上海浦東国際空港における自動チェックインは合計46台になったとのこと。
 統計によると、上海浦東国際空港に於いて自動チェックイン機を利用している東方航空の搭乗者は1日5500人ほどだとしている。
 今年1月以降に上海浦東国際空港と上海虹橋国際空港ではセルフ荷物委託業務やモバイルチェックインなど、様々な方法で利用者サービスを実施してきており今回の自動チェックイン機の増設により、搭乗手続きなど利用者サービスを充実させていきたいとしている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

上海虹橋国際空港トップ

広州白雲国際空港に自動チェックイン+荷物委託一体機登場:中国空港関連ニュース

 広東省の広州白雲国際空港に、自分で操作できる自動チェックイン機と自動荷物委託機が一体となったマシンが登場したと新華網が伝えている。
 関係者によるとこの一体機が設置されたのは、広州白雲国際空港内のNカウンターで利用客は自分で席を選んで、搭乗券とバッゲージタグを打ち出した後に委託荷物へタグを取りつければ作業は完了し、およそ1分程度で手続きが終えられるとしている。
 このチェックイン委託一体機を利用できるのは南方航空、厦門航空、河北航空、春秋航空を除く国内線各社ののエコノミー席客で、事前にネットやチェックインカウンターで手続きをしてない場合は、この一体機を利用できるとしている。
 ただ、このマシンで委託できるものは、各航空会社の規定する無料規定重量を超過しない物に限り、規定重量を越えたり形が複雑なものはオペレーターカウンターで従来通り手続きする必要があるとしている。
 
→【広州白雲国際空港周辺のホテルを探す】
→【広州市内のホテルを探す】

広州白雲国際空港トップ
広州白雲国際空港から周辺都市への長距離バス
広州白雲国際空港からのタクシー
広州白雲国際空港から地下鉄
広州白雲国際空港からのリムジンバス

1 2