海南航空が杭州-札幌、長沙-札幌線を就航:中国空港関連ニュース

 中国の海南航空(HU)が、浙江省杭州市の杭州蕭山国際空港及び湖南省長沙市の長沙黄花国際空港から日本の新千歳国際空港(札幌)を結ぶ航空便を就航させたと民航資源網が伝えている。
 海南航空によると、杭州-札幌線はB737型機を使用し、毎週月・水・金の週3便を1月23日から運航開始したとのこと。
 具体的にはHU429便が杭州発07:40札幌着12:00、HU430便が札幌発13:00杭州着16:00のダイヤで運航される。
 また長沙-札幌線はB737型機を使用し、毎週火・土の週2便を1月24日から運航開始するとのこと。
 具体的にはHU431便が長沙発07:15札幌着12:20、HU432便が札幌発13:20長沙着17:30のダイヤで運航されるとしている。

→【杭州のホテルを探す】
→【杭州蕭山国際空港周辺のホテルを探す】
→【長沙黄花国際空港周辺のホテルを探す】
→【長沙のホテルを探す】
→【新千歳国際空港周辺のホテルを探す】
→【札幌市内のホテルを探す】

杭州蕭山国際空港TOP
杭州蕭山国際空港からリムジンバス
杭州蕭山国際空港からタクシー
杭州蕭山国際空港から周辺都市へのバス

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

永州零陵空港への無料バス運行開始:中国空港関連ニュース

 湖南省永州市の永州零陵空港から永州市内への無料リムジンバスが9月29日より運行開始となると永州日報が伝えている。
 永州零陵空港によるとこの市内への直通無料バスは、湖南科技学院を発着点とし、航空便に合わせて毎日に2往復運行されるとのこと。
 具体的には月・水・金・日が市内発08:00(上海便)と14:00(昆明便)の2便、火・木土が市内発13:20(深圳便)と18:00(昆明便)となる。
 空港発は、到着客に合わせ運行するとのこと。
 運行ルートは湖南科技学院(朝陽岩公園)、柳子廟景区、市四病院、零陵楼(懐素公園)、百万庄(柳子大酒店)、粮食局(紅太陽大酒店)、零陵区政府、体育館、黄古山市場、汽車站(バスターミナル)、永州市一中、永州中級法院、香樟緑城、市附属医院(永州職院南院)、市交通局、永州職業技術学院(北院)、永州零陵空港の順となっている。

→【永州市のホテルを探す】

 

張家界荷花国際空港に初の免税店がオープン:中国空港関連ニュース

 湖南省張家界市の張家界荷花国際空港の国際線ターミナルに、初の免税店がオープンしたと民航資源網が伝えている。
 張家界荷花国際空港によると、この免税店は国際線出発階の搭乗待合室に置かれ湖南省で2つ目の免税店となるとのこと。
 この免税店では国際的ブランドの化粧品や香水、輸入食品、装飾品などを置き、出発する旅行客に対して販売を行っていくとしている。

→【張家界のホテルを探す】

張家界荷花国際空港の新旅客ターミナルが共用開始:中国空港関連ニュース

 湖南省の張家界荷花国際空港の新旅客ターミナルが9月30日から共用開始したと民航資源網が伝えている。
 張家界荷花国際空港の新ターミナルは総建築面積46529平方米、高さ39.9米の規模で、地上2階建ての建物となっていて、年間旅客容量500万人、貨物取扱1.9万トン、離着陸回数4.5万回まで容量が拡大したとしている。

→【張家界のホテルを探す】

長沙黄花国際空港から株洲へのリムジンバスの運行時間延長:中国空港関連ニュース

 湖南省の長沙黄花国際空港から株洲へのリムジンバスが増便され、運行時間が拡大することになったと長株潭報が報じている。
 長沙黄花国際空港によると、株洲へのバスが7月27日より従来の1日10往復から14往復に増便され、合わせて運行時間も従来より拡大され、株洲発の出発時間が08:00から07:00に1時間繰り上げ、最終バスも従来の18:00から19:30に繰り下げられた。
 また長沙黄花国際空港発も09:10から08:30に1時間繰り上げ、最終バスも従来の19:30から20:30に繰り下げられたとしている。

→【長沙黄花国際空港周辺のホテルを探す】
→【長沙のホテルを探す】

衡陽南岳空港から南岳景区への直通バス開通:中国空港関連ニュース

湖南省の衡陽南岳空港から南岳観光区(南岳景区)への直通バスが7月16日から運行開始となったと衡陽日報が報じている
 南岳空港によると観光区へのバスは1日4往復で、所要時間は1時間半、運賃は90元を予定しているとのこと。
これにより、これまで不便だった南岳観光が航空便を通じて北京などの大都市とダイレクトに結ばれることになったとしている。
 運行時間は次の通り
衡陽南岳空港
07:10、08:10、09:10、11;30
南岳景区
07:10、08:10、09:10、11;30

→【衡陽のホテルを探す】

中国雲南祥鵬航空が昆明―長沙―名古屋線を申請:中国空港関連ニュース

 中国雲南祥鵬航空(8L)が雲南省の昆明長水国際空港から長沙黄花国際空港を経て日本の中部国際空港(名古屋)を結ぶ航空路線の就航申請を行ったと中国民用航空局網が伝えている。
  中国雲南祥鵬航空によれば、昆明長水国際空港から長沙黄花国際空港を経て中部国際空港を結ぶ路線はB737-800型機或いはA320型機のいずれかを使用し、週2便の運航を計画しているとのこと。
 こちらの申請については告示期間を経て、当局の認可が下り次第6月にも就航する予定だとしている。

→【昆明長水国際空港周辺のホテルを探す】
→【昆明市のホテルを探す】

→【長沙黄花国際空港周辺のホテルを探す】
→【長沙のホテルを探す】
→【中部国際空港周辺のホテルを探す】
→【名古屋市のホテルを探す】

衡陽南岳空港のリムジンバスが運賃値下げ:中国空港関連ニュース

 昨年12月に開港した湖南省の衡陽南岳空港から衡陽市内を結ぶリムジンバスの運賃が値下げされたと衡陽晩報が報じている。
 衡陽南岳空港によれば、従来1人26元だったリムジンバスの運賃を20元に引き下げることにしたとのこと。
 関係者によれば、開港当初は近隣の長沙黄花国際空港のバス運賃価格を参考にして運賃を設定したが、利用状況を鑑みて運賃を引き下げることにしたという。
 なお、衡陽南岳空港では2015年の春節期間中にバスを増備して輸送力を強化するとしており、臨時便を運行する予定だとしている。

→【衡陽のホテルを探す】

1 2 3