上海浦東国際空港で地下鉄の荷物検査行列を回避する方法

上海では2010年の上海万博以降、地下鉄に乗る際に、荷物をX線検査機に通して検査を受けるのが慣例になっている。

市内の駅などでは大きな荷物だけ検査を受け、ハンドバッグなどの小さな荷物は検査を免除されるが、空港駅などでは全員が必須となっている。
このようなルールのため、上海浦東国際空港地下鉄駅などでは検査を受けるための行列で改札を抜けるまでに10分以上かかってしまうことがざらにある。
特に夕方など到着便が多い時間帯には検査行列がとても長くなり、先を急ぎたい利用客にとってイライラする原因となってしまう。

上海浦東国際駅地下鉄駅改札口

地下鉄駅の五洲中路側

しかしである。

実はこの行列を回避する裏ワザが存在する。

それはどんな裏ワザかと言えば裏を利用する裏ワザである。

煙に巻く回答で申し訳ないが、地下鉄の改札口で検査行列が発生するのは五洲中路と呼ばれる中央の通路側の改札口にほぼ限られる。
五洲中路は第1ターミナルと第2ターミナルを結ぶ中央通路になるため、人の往来が多く地下鉄の改札も常に混むのである。

 ところが地下鉄の上海浦東国際空港駅にはもう1箇所改札口があり、五洲南路と名づけられている南側通路にも設けられている。
 五洲中路側の改札口から見るとちょうど裏側の位置となりこちらからも駅に入場出来るようになっている。

実はこの改札口はほとんど混まないので、ほぼ行列に並ぶことなく安全検査を受けられ、さっさと駅構内に入ることが出来るのである。

つまり駅の裏側から入る裏ワザである。

上海浦東国際駅地下鉄駅改札口

同じ時間の地下鉄駅五洲南路側

 移動経路としては五洲中路の改札口を正面に見て、右側のマクドナルの看板の見える通路を抜けて行くのが近道となっている。

上海浦東国際空港ターミナル間通路

マクドナルドの看板のところを抜ける

 どうしてこの差が出るのかの理屈を書けば、空港の到着ロビーの北側に出てきた利用客からすれば、距離的に近い中央通路から地下鉄駅に入場しようとするのが通常の選択である。
 さらに単純推測で両ターミナルの南側の到着客の半分が地下鉄乗車のために五洲中路を利用すると考えると、北側の到着客と合わせて全体の4分の3が五洲中路の改札口を利用しているのである。

上海浦東国際空港の地下鉄リニア乗り換え路マップ

地下鉄リニア乗り換え路マップ

それ故に五洲中路側には常に検査行列が発生すると考えられる。
 逆に言うと五洲南路側の利用客はその3分の1しかいないことになる。

 よって、荷物検査で並ぶのが嫌な方は少々面倒でも五洲南路の改札口に回れば利用客が少ないのでスムーズに入場出来る。

五洲中路と五洲南路は歩いても数分しかかからない程度の距離なので、行列に並ぶよりは早く入場できるだろう。
もちろん裏側とて行列ゼロの保証はないが少なくとも空いているのは確かである。

ちなみに、同じように2つのターミナル間の北半分に配置されているリニアモーターカーの駅の場合は、そもそも改札口自体があまり混まないのであるが、やはり五洲中路に面した改札口より裏にあたる北側の五洲北路の改札口の方が空いているようである。

上海浦東国際空港リニア駅改札口

リニア駅改札口五洲北路側

よってリニアの場合は入場行列を避けたかったら北側の五洲北路から駅構内に入るのがベターチョイスとなる。

空港は常に行列の多い場所ではあるが、少しでも時間を節約したい方は参考にして頂ければ幸いである。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京大興広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市河北山西内蒙古遼寧吉林黒龍江江蘇浙江安徽福建江西山東河南湖北湖南広東広西海南四川貴州雲南チベット陝西甘粛青海寧夏新疆香港・マカオ台湾
日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

上海浦東国際空港で春節期間に市内方面の地下鉄など夜間増発:中国空港関連ニュース

 上海市の上海浦東国際空港において、春節のUターンラッシュのために地下鉄やリニア―モーターカー線などで夜間の運転時間が延長されることになったと新民網が伝えている。
 上海浦東国際空港によると、春節のUターンラッシュに合わせて2月2日と3日に上海地下鉄2号線に特別列車を準備し、浦東国際機場駅発22:20発、22:40発、23:00の3本を増発運行するとしている。
 これらは途中、川沙駅、広蘭路駅、世紀大道駅のみに停車し終点人民広場まで運行されるとのこと。
 また上海リニアモータカーについても常態化している増発列車である浦東機場発22:15発と22:40発の2便が引き続き運行されるとしている。
 またリムジンバス便については虹口足球場行きの機場4線が1月31日~2月8日の間に、最終バスを24時発まで延長し、深夜に到着する利用客の足を確保するとしている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

春節期間の上海浦東国際空港から市内への深夜の足は増便:中国空港関連ニュース

 上海市の上海浦東国際空港において、春節期間の混雑に合わせて上海地下鉄2号線やリニア、リムジンバスにおいて各々増便が行われることになったと央広網が伝えている。
 上海浦東国際空港によると、地下鉄2号線の増便が行われるのは2月13日(土)と14日(日)の2日間で、夜間22時以降に上海市内方面の列車が各日3本ずつ運行される。
 具体的には浦東国際機場駅発が、22:20、22:40、23:00の時刻で、途中は川沙、広蘭路、世紀大道、人民広場にのみ停車し、その他の駅には停車しない。
 またリニアモーターカーについては当面の間、浦東国際機場駅発22:15と22:40が龍陽路駅まで運行される。(空港方面への営業運行はなし)
 
 さらにリムジンバス機場4線(虹口足球場行き)は2月1日~2月22日まで、最終バスの出発時間を従来の23時発から24時発まで延長する。
 同様に機場7線(上海南駅行き)も2月13日~2月15日の3日間、最終バスの出発時間を従来の23時発から24時発まで延長する。
 同様に機場8線(南匯バスターミナル行き)も2月13日~2月15日の3日間、最終バスの出発時間を従来の19時30分発から20時30分発まで延長する。
 このほか守航夜宵線(上海虹橋国際空港T2行き)は上海浦東国際空港の最終便到着後45分後まで運行され、春節期間はバス車両40台を待機させ、利用者の足を確保するとしている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

上海虹橋駅へのリニアモーターカー乗入れ構想のその後

上海のリニアモーターカー

2005年8月に上海の浦東国際機場駅と龍陽路駅の間で世界初高速営業運転を始めた上海のリニアモータカーは、すでに今年で10年目を迎えようとしている。
当初、このリニアモータカー路線を全国へ展開する構想なども描かれていたが、今のところその案は何処でも実現していない。
また2010年の上海万博の際には突貫工事で万博会場に乗り入れるなどの構想も噂されたが、電磁波の影響を気にする沿線住民の反対運動なども影響し、とても間に合わないということで結局実現することはなかった。

上海浦東国際空港のリニアモータカー

今年で10年目の上海のリニアモータカー

 実はその2010年に上海虹橋国際空港T2と上海虹橋駅が開業した際、空港と駅の中間にリニアモータカーの駅を設置できる空間が確保されており、同時開業は間に合わなかったが、この上海虹橋交通ターミナル(虹橋交通枢紐)にはリニアモーターカー乗り入れ構想がしっかり組み込まれていたことになる。

 実際、現在上海交通ターミナルの東交通中心の3階に展示されているターミナルの建設の歩みを示す展示コーナーの上海市が描いた構想の図にはしっかりと写真入りで乗り入れ構想が示されている。

上海虹橋交通ターミナルの構想図

ターミナル構想図には真ん中にリニア乗入れ構想が

 これらの構想図の中に現在の終点の龍陽路駅から上海虹橋駅に至る具体的なルートも示されており、その図によると上海万博の予定地を経て上海南駅、上海虹橋駅に至るルートとなっており、やはり噂通り上海万博の会場に乗り入れる構想が有ったことが分かる。

上海リニアの虹橋駅乗入れ計画図

上海リニアの虹橋駅乗入れ計画図

 結局実際にはこの構想は実現せず、リニア開業10年目の現在に至ってもこの構想が実現するような気配は今のところ見えない。

 この点について昨年2013年に上海市が出した交通発展白書によると、上海浦東国際空港と上海虹橋国際空港・上海虹橋駅間の快速軌道交通整備の必要性を謳っており、今後何らかの新交通網の整備が進む可能性はあることを示している。
 
 ただし示されている言葉は「快速軌道交通」となっており、必ずしも「リニアモータカー」と限定されていないことから、リニアモータカーではなく新幹線タイプの高速列車などが採用される可能性もある。

時速200キロで走れば20分で到着する。

時速200キロで走れば20分で到着する。

 確かに両空港間は60キロ程度の距離しかないため、時速400キロで走行出来れば10分程度で到着できるが、時速200キロの列車でも20分程度であり、汎用性とコストを考えるとリニアがそれほど優位性が高いものではないと言える。

 この「快速軌道交通」計画について今のところ具体的な計画は発表されていないが、今年2014年10月に上海虹橋駅の西側に国家会展中心がオープンし、上海虹橋交通ターミナルが再びビジネスの中心として注目されているため、これをきっかけとして「リニア乗り入れ」或いは「快速軌道交通」がスタートする可能性がある状況は生まれている。

上海虹橋駅西側に2014年10月に国家会展中心がオープン

2014年10月に上海虹橋駅西側へ国家会展中心がオープン

 また先日の日本でのJR東海による東京―名古屋間のリニアモータカー建設着工も中国でも大きく報じられており、これが上海の関係者を刺激していることは想像に難くなく、これを機として上海リニアの虹橋乗入れも再び議題に上がる可能性があり、今後遠くない将来に何らかの動きがあるかも知れず注目すべき状況となっている。

→【上海市内のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港からリニアモーターカー

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港からの地下鉄
上海虹橋国際空港からリムジンバス
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市
上海虹橋国際空港から高速鉄道

上海浦東国際空港からのリニアモーターカーが夜間の運行時間を延長:中国空港関連ニュース

 上海浦東国際空港から上海市内へを結んでいるリニアモーターカー(磁浮線)について、9月29日より空港から上海市内へ向かう列車の最終時間が繰り下げになると労働報網が伝えている。
 上海リニアの運営会社によると、上海浦東国際空港の深夜の利用客増加に対応する為、9月29日から空港から市内へ向かう列車に限り、現在の21:42分の最終便の後にさらに2便増便することになったとのこと。
 具体的には浦東国際機場駅22:15発と22:40発の2本が追加運行されることになり、22:15発に乗れば龍陽路駅で地下鉄2号線と7号線の最終電車に間に合う事になるとしている。
 これにより、リニアモータカーの定員から計算すると800人が夜間に上海浦東国際空港に到着しても、タクシーに乗らずとも公共交通機関で市内まで到着することが可能になるとしている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

上海浦東国際空港のリニアモーターカー&地下鉄マルチパスを使ってみた。

上海のリニアモータカー「トランスピッド」

上海浦東国際空港と上海市内の龍陽路駅を結ぶリニアモータカー「トランスピッド」は、世界初の高速営業運転を行なうリニアモータカーとして知られているが、昨年2013年5月23日からこのリニアモーターカーのチケットと地下鉄乗り放題券を組み合わせたマルチパスが発売されている。

上海浦東国際空港のリニアモーターカー&地下鉄マルチパス

リニアモーターカー&地下鉄マルチパス(片道用)

このパスは中国語では「磁浮地鉄一票通」と表示され英語表記は「MAGLEV&METRO PASS」で上海リニアモータカー(マグレブ)と地下鉄のマルチパスそのままの名前となっている。
パスはリニアモータカーの乗車回数によって2種類あり、リニア片道+地下鉄乗り放題のパスが55元、リニア往復+地下鉄乗り放題のパスが85元となっている。
それぞれの個別の通常料金はリニアモータカーの片道料金が50元、地下鉄乗り放題1日券が18元であるから、片道券で13元、往復券で最大28元お得になるが、既にリニアモータカーの往復券は80元の設定があることを考えると、実質的なお得度額はやはり13元という計算になる。
また地下鉄部分も1回の平均乗車運賃が4元で計算すれば、元を取るには5回の乗車が必要になるため単純往復だけでは元は取れないが、毎回切符を買う手間が省け上海公共交通カードのように保証金も必要なく、さらにカード自体が記念品として手元に残ることを考えれば短期の滞在の旅行客にはとても便利なカードであることは間違いない。
上海地下鉄の地下鉄の人民広場駅や静安寺駅など主要駅で購入出来、リニアモータカーの上海浦東国際空港駅ではクレジットカードでも買えるようだ。(地下鉄駅ではクレジットカードは使えない模様)

上海浦東国際空港のリニアモーターカーチケット売り場

主要国際クレジットカードはほとんど使える。

上海リニアモータカーの上海浦東国際空港駅は空港のT1・T2の両ターミナルの中央に位置し、地下鉄の駅と対峙するように北側に改札口とコンコースがある。
入場にはまず大きな荷物検査機でセキュリティチェックを受ける必要があり、その後に自動改札を通過するが、通常の切符もカード式で今回のパス同様ににセンサーにタッチする方式になっていて、センサーが感知すると自動的にゲートが開く。

上海浦東国際空港のリニアモーターカー自動改札口

上部にチケットをかざすとゲートが開く

中のコンコースはだだっ広く、窓を大きく採光できるようになっているためか、夜はやや暗い印象で、売店等もないのでここに滞留する人も少ないのでゆったりとしていると言えば聞こえはいいが、やや寂しい印象だ。

上海浦東国際空港のリニアモーターカー駅コンコース

やや薄暗く静かなのでちょっと寂しい

エスカレーターでホームに降りると今回は既に車両が止まっていた。
ホームにホームフェンスはあるが、乗車口に自動扉はなくロープによるに制限がしてあるだけで、列車到着時に係り員が人の手でロープを外す。

上海浦東国際空港のリニアモーターカー駅のホーム乗車口

手動ホームドア?

これは合理性というより、おもてなしの高級感を演出する施設のような印象だ。
さて、内部には客席以外にもスーツケース置き場が設置されているが、この荷物置き場はやや小さいので混雑するとすぐにいっぱいになるのと、僅か10分足らずの乗車時間を考えると、この配置が妥当なのかを考えさせられる面もある。

上海のリニアモーターカー内の荷物置き場

乗車人数の割にはやや狭い

上海リニアモータカーの内部の客席3人掛けシートが2列のゆったりとしたつくりで、シートピッチは85センチくらい、座席は布張りシートの上に更に水色のカバーが掛けてあり、まあ見た目に高級感があるとは言えないが、座り心地はまずまずであり少なくとも不潔感はない。

上海のリニアモーターカー内の座席

シートピッチが広くゆったり

上海のリニアモーターカー内の座席

水色のカバーが掛けられている。

座席上部には読書灯も着いており、航空機を意識したつくりで、日中の日光を遮るカーテンもついている。

上海のリニアモーターカー内の読書灯り

飛行機同様に3席分の読書灯

列車は一瞬ふわっと浮いたような状態になったあと、静かにゆっくりと動き出す。
まるで離陸時の航空機のようなスピード感である。
一応最高時速437キロとされているが、近年周辺の騒音の問題もあって一部の時間帯を除いては時速300キロに制限されていて、所要時間も7分40秒から8分19秒となっている。

上海のリニアモーターカーの速度表示

時速301キロを示している

時速300キロの運行だと437キロの時に比べ、揺れも少ないので安全性や乗り心地はこちらの方が断然よいようだ。
それでも時速300キロはとても速く、あっという間に龍陽路駅に到着する。
龍陽路駅もホームも何の設備もないのではやや寂しく、降車客はそそくさとエスカレーターを降りていくのであっという間に人がいなくなる。

上海リニアモーターカーの龍陽路駅

龍陽路駅のつくりはモダンだが、やや吹きさらし気味

龍陽路駅はホームごと屋根が覆うモダンな造りの駅だが、その分だけ開口部も大きく、夏は暑く冬は寒い状況になる。
リニアモータカーの駅の改札口を出て、エスカレーターを降りると目の前に地下鉄2号線と地下鉄7号線の龍陽路駅があり、途端に中国のローカルチックな雑然とした雰囲気となり、駅前がやや暗いこともあってかリニアモータカーで来た外国人利用客は、いよいよ中国の街に飛び込むのだとここで実感するだろう。

上海地下鉄の龍陽路駅

乗換え口はやや暗く、雑然とした中国的雰囲気になる。

さて本来ならここで切符を買わなくてはいけないが、ここでマルチパスが威力を発揮し、切符を買わずにそのままパスで自動改札口に行ける。

上海地下鉄の龍陽路駅の切符売り場

地下鉄駅の自動切符販売機はややゴツイ

現在地下鉄乗車時には全駅でセキュリティチェックが有り、小さなバッグだけなら呼び止められることは少ないが、大きなスーツケースなどは必ず通さなければならないので、覚悟をしておこう。

上海地下鉄の龍陽路駅のセキュリティチェック

小さなバックはそのまま通ってもまず問題ない

このマルチパスは、この最初に自動改札口を通過した時から24時間が計時されるので、ここで入場した時間を覚えておく必要があり、翌日の同じ時間まで地下鉄を使う目論見で行動計画を立てたい。
ただ、この日はホテルや家に向かうだけ或いは24時間後までに地下鉄に乗る計画が無いような場合は、無理にここでマルチパスを使い始める必要はなく、地下鉄分は有効期限内なら使用開始はまた後日でも良く、予定に合わせてうまく使いたい。

→【その他上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】
→【上海のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港から地下鉄
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市

長沙黄花国際空港アクセスに中低速リニア鉄道建設へ:中国空港関連ニュース

 湖南省の長沙黄花国際空港と長沙市内を結ぶ中低速リニアモータカーが今年5月にも建設が始まることになったと紅網が伝えている。
 計画によると、この中国国内初となる中低速リニア鉄道は高速鉄道の長沙南駅南広場と長沙黄花国際空港を結ぶもので、全長18.7キロの区間を3両編成の車両で最高速度時速120キロで運行され、2015年12月の開通を目指すとのこと。
 また途中には長沙県朗梨鎮にも駅が建設され車両基地も一カ所建設される予定だとしている。
 現在長沙市内から長沙黄花国際空港まではバスで1時間から1時間半、タクシーでも30分以上を要しているが、このアクセスリニア鉄道が開通すると、約20分ほどで市内から空港まで到着できるとのこと。
 また磁気浮上式のリニアを採用する為、騒音や振動が少ないことから建設ルートに悩むことなく低コストで建設が可能で、さらにメンテナンスコストも安上がりで済むとしている。

→【長沙のホテルを探す】