上海虹橋国際空港からの地下鉄10号線で終電延長、週末は2・10号線で更に延長:中国空港関連ニュース

 上海市の上海虹橋国際空港に乗り入れる上海地下鉄10号線で運行時間帯の拡大が行われ4月28日より終電時間が繰り下げられたと上海地下鉄公式サイトが伝えている。
 上海地下鉄によると、地下鉄10号線について終電時間を現在より25分遅く設定することになり、虹橋火車站駅発が従来の22時05分発から22時30分に繰り下げられた。

 この運転時間拡大と同時に週末(金・土・祝前日)については、2号線(徐涇東~広蘭路間)・10号線(虹橋火車站~新江湾城間)ともに70~80分の運行時間の拡大を行うことになったとのこと。
 このうち2号線については、平日より終電時間が70分繰り下げられ、虹橋火車站駅発の最終列車は従来の22:48発より23:58発に繰り下げられた。
 また10号線については平日より終電時間が80分繰り下げられ、虹橋火車站駅発の最終列車は平日の22:30発が週末(金・土・祝前日)については、23:50発に繰り下げられる。
 なおこの運行時間拡大に伴い2号線で平日に運行されている虹橋火車站駅発の市内方面行きの2本の特別列車は金・土・祝前日は運行されないとのこと。
 また上海浦東国際空港への2号線東延伸線(広蘭路~浦東国際機場間)では、週末の延長運行は適用されないとしている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

上海虹橋駅の構内案内図が刷新、立体的な俯瞰図に

 高速鉄道の上海虹橋駅の構内案内図が刷新されているのを発見した。

上海虹橋駅の新構内図

上海虹橋駅の新構内図

 以前から構内図は存在しており、こちらでも紹介したが、まるで設計用の平面図のようであり、確かに位置関係は正確に把握できるのだが、リアリティに欠け、現実の空間と結びつけることが難しいような印象だった。
 今回新たに登場した上海虹橋駅の構内図は、コンピュータグラフィックを駆使して斜めからの俯瞰で入場口が立体で表示され、位置関係がより分かりやすいものとなっている。
 またコンコース中央部の待合席フロアは逆に低く抑えられ、乗車口と待合席との対比で実際の雰囲気がつかみやすい印象。
 更に、配置図を設置している場所によって構内図の俯瞰の向きが異なる図が設置されているため、見る側が体をひねって上下を補正して図を見ると言った苦労もなく、構内図を見た場所から目的地までの位置関係が把握しやすいように工夫されている。

上海虹橋ターミナルの分布図

上海虹橋ターミナルの分布図

 さらに上海虹橋交通ターミナルの全体の中の分布図も併記され、他の飛行機やバスなどの交通機関に乗り換えの位置関係が分かりやすいようになっている。
 開業から約6年半が立つ上海虹橋駅だが、徐々に改善が行われ、より使いやすい駅に変化しているようである。

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)


 

上海虹橋国際空港T2の餃子館で韮水餃子定食

 上海虹橋国際空港の第2ターミナル側は、意外とレストラン探しに苦労する場所となっている。
 もちろん、ほかの小さな地方空港に比べれば充実している方なのであるが、日本の成田や羽田に比べると、どうも飲食店の数が少なく、レストラン環境が充実しているとは言い難い。
 上海虹橋国際空港に隣接する高速鉄道の上海虹橋駅には、出発階のコンコースや到着階にそれなりの飲食店の数が存在するが、空港側には非常に少ないのである。
 KFCと永和大王がある程度で、後はスターバックス、マクドナルド、とサブウェイのような軽食となってしまい、お腹は満たせるが食事として考えるとちょっと寂しいお店しかない。
 まあ航空機の場合は搭乗すれば、機内食や軽食が提供されるケースも少なくなく、搭乗前に腹を満たす必要性は多くないのかもしれない。

 また、セキュリティチェック後の待合ロビーにも幾つかの飲食店が設置されているので、そちらの利益確保のために、セキュリティゲート前の飲食店は増やさない方針である可能性もある。
 いずれにしても、セキュリティゲート前のレストランの数は多くなく、食事の選択肢は多くない。

 そんな中で、餃子を専門にしたレストランをT2側に一軒発見したので試してきた。

上海虹橋国際空港T2の餃子館

上海虹橋国際空港T2の餃子館

 場所は上海虹橋国際空港の3階出発階レベルから、東交通中心(地下鉄駅)方面へ移動し、更にエスカレーターで4階レベルに上がった場所である。
 「餃子館」というその名の通りという餃子専門で、店内はシックな中華風の内装となっており、それほど広くはないが、そこそこの人数は収容できる規模となっている。

上海虹橋国際空港T2の餃子館外観

上海虹橋国際空港T2の餃子館外観

 メニューを見ると、餃子を中心とした定食や麺類、後は一品料理などが並ぶが、いずれも上海市内の同一グレードのお店から比べれば1~2割くらい高い印象である。
 今回注文したのは韮の水餃子のセット定食で45元。

韮水餃子定食

韮水餃子定食

 韓国料理のコムタンのような淡白なスープと、プチトマト、骨付き牛肉、そして水餃子のセットとなる。
 こちらの人によるとどうやらこの構成は中国東北料理の構成らしく、比較的朝鮮半島系に近い雰囲気を持っているようだ。
 さて実際に食してみると全体の味の構成としては餃子も含めて比較的淡白でさっぱりで、牛の骨付き肉だけが醤油煮で相対的にやや重めの味付けではあるが、それでも全体としては重くなくさらっと食べられる。
 スープもクコの実入りでさっぱりしていて体が温まる印象で、やはり東北の料理なのかもしれないという印象である。
 ちょうどこの水餃子を食べたのは中国の正月である春節であり、中国の正月に水餃子を食べるという伝統に倣った形となったが、餃子メニュー自体は通年で提供されている。
 レストランが少ないターミナルの中で落ち着いた環境で食事が摂れる貴重な空間であり、ここで航空機搭乗前に中国の伝統食をゆったり食すというのは悪くない選択である。
 もちろん構高速鉄道の上海虹橋駅からも歩いてすぐの場所であり、大勢の乗客でがちゃつく上海虹橋駅を避けて食事をしたい方にもお勧めである。

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港からの地下鉄
上海虹橋国際空港からリムジンバス
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市
上海虹橋国際空港から高速鉄道

 

上海虹橋駅で朝食「水餃子」

先日たまたま早朝に高速鉄道にのって杭州に向かう予定があり、朝食を上海虹橋駅で調達することになった。
上海虹橋駅には、いくつもの外食チェーンが出店しており、到着客向けの地下の飲食店街と出発客向けの飲食コーナーがあり、マクドナルドなどのファーストフードを含めたそれぞれ似たようなチェーン店が並んでいる。
今回その中で比較的安価で食べられる「大娘水餃」というお店で、パック売りの水餃子を買ってみた。

上海虹橋駅の大娘水餃

お店の場所は上海虹橋駅の3階コンコース内から更にエスカレータで上がる4階のギャラリー的な場所にある。
上海虹橋駅ではこのエリアに飲食店が集中して配置され、マクドナルドなどのファーストフードをはじめとして、全部で10店舗程度があるだろうか?
どのお店も確実に客単価を稼ぐためと注文時間を短縮するためにセット商品が中心となっており、35元から50元近くの価格帯で販売されている。
どう考えても市内のお店より7~10元程度割高になっており、さらに円レート換算してしまうと、高速道路のサービスエリア並みに非常にリーズナブルな価格とは言えない状況になっている。
その中で見つけ出したのがこの水餃子。

上海虹橋駅の大娘水餃の水餃子

1パック25元で、市内のお店に比べるとやはり安いとは言えないのだが、とりあえずお腹を満たすことが出来る。

日本人にとって水餃子を含め餃子類はあまり主食に思えないものではあるが、中国では立派な主食であり、おにぎりの如く食事をこれだけで済ますことも珍しくない。
実は野菜と肉と炭水化物(皮)の組み合わせで栄養バランスもよく食事としてもすぐれものであり。
量的に男性だとちょっと物足りない面もあるかもしれないが、水分でお腹が膨れる分を勘案すると決して物足りない量ではない気がする。
さてさて、味のほうはというと作り置きなのでホクホク感に物足りなさはあるもの、冷めてもそれほど味が落ちるわけではなく、それなりの水準でいただける。
特別おいしいものだと勧めるほどでもないが、食事としては悪くはない。
日本人だとここでご飯が欲しくなるところではあるが、そこは郷に入っては郷に従えの言葉通りまずはこの餃子での食事という感覚を楽しんではいかがであろうか?

→【上海市内のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港からリニアモーターカー

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港からの地下鉄
上海虹橋国際空港からリムジンバス
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市
上海虹橋国際空港から高速鉄道

上海虹橋国際空港(上海虹橋駅)から九亭へのバス開通:中国空港関連ニュース

 上海市の上海虹橋国際空港(上海虹橋駅)から九亭地区への公共バス「虹橋枢紐10路(九亭区間)」バスが正式に開通したと上海市公式サイトが伝えている。
 上海松江公共交通有限公司によると虹橋枢紐10路(九亭区間)は上海虹橋駅西側の虹橋西交通中心を発着点とし、九亭の滬亭北路滬松公路まで運行し運賃は一律3元に設定されたとのこと。
 具体的な運行ルートは次の通り。
 空港行き(06:00~22:30)
 滬亭北路滬松公路-淶寅路-淶亭北路-滬松公路-嘉閔高架-建虹高架-虹橋西交通中心
 九亭行き(06:30~23:00)
 虹橋西交通中心-建虹高架-嘉閔高架-滬鬆公路-滬亭北路-滬亭北路滬松公路

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)

上海虹橋国際空港・駅から市内まで深夜に地下鉄の臨時列車増発:中国空港関連ニュース

 上海虹橋国際空港と上海虹橋駅での春節(旧正月)のUターンラッシュに対応するため、上海地下鉄2号線で深夜に虹橋火車站駅から龍陽路駅まで臨時列車を増発することになったと新聞晨報が伝えている。
 上海地下鉄の公式マイクロブログサイトによれば、従来より地下鉄2号線では虹橋火車站駅から2本の特別最終列車が運行されていたが、春節のUターンラッシュに対応する為、さらに同様の列車を2本増便することになったとのこと。
 この列車は虹橋火車站が始発で、淞虹路・中山公園・ 静安寺・人民広場・世紀大道にのみ停車し龍陽路駅まで運行され、これ以外の駅は停車しない。
 運行時刻は従来の列車が虹橋火車站発23時4分発、23時30分発の便に加えて0時発、0時30分発が増便となるとしている。 

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)

上海虹橋国際空港・上海虹橋駅のタクシープール

上海虹橋国際空港や上海虹橋駅へ飛行機や高速鉄道で上海に到着した場合、タクシーで市内などに向かう場合があるが、これらのタクシーはタクシー乗り場とは別に設置されたタクシープールで出番を待っている。

金網越しの上海虹橋国際空港のタクシープール

横に10列以上タクシーが並んでいる。

以前上海虹橋国際空港の第一ターミナル(T1)しかなかった際は、乗客待ちの長く伸びるタクシー渋滞が名物であったが、あまりにも長い列であり、待つ間も運転士としてはエンジンを吹かしたまま待機するので燃費などの効率が悪かった。
また排気ガスなどを大量に出して周辺地域へ迷惑をかける上に、順番待ちの車両の運転士が路上で立ちションを行なうなど、環境面にも良くない影響が有ったのである。

 これらを解消するために、上海虹橋国際空港T2とともにオープンした上海虹橋交通総合ターミナル(虹橋枢紐)では、ターミナルの南北に2か所のタクシーターミナルを設けてある。
南が空港客、北が鉄道客と言う風に割り振りが行われており、空港や駅で客を拾いたいタクシー運転士はまずこのタクシープール(出租車畜車場)に乗入れ、順番を待つことになる。

上海虹橋空港のタクシープールの入り口

上海虹橋空港のタクシープールの入り口

このタクシープールには750台のタクシーが収容可能でタクシー専用のトイレや詰所も用意されているために、周辺がゴミや小便で汚されることもないように配慮が行われている。
また一定台数ごとの縦列停車で横にレーンが広がっているため、レーンごとにタクシー乗り場への車両供給が行われるので、1台出ることに1台分進むと言ったようなことはなく、自分のレーンの順番が来るまでは運転手は車を降りて休憩することも可能となっており、運転手の負担を減らす配慮も行われている。

金網越しの上海虹橋国際空港のタクシープール

順番待ちをしているタクシーたち

 こういった体制でタクシーの運営が行われているため、上海虹橋国際空港では深夜になってもタクシーが途切れると言ったようなことはあまりなく、最大でも行列待ちが15分以内で済むようにタクシー供給がコントロールされている。

 ただし、これはT2に限ったことで、古くからあるT1ではタクシープールの設置が無く、このほど開始された改造工事でタクシープールの設置が予定されているものの、今のところは旧来のタクシー行列がまだ一部残る状態となっている。

→【上海市内のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港からの地下鉄
上海虹橋国際空港からリムジンバス
上海虹橋国際空港から周辺都市
上海虹橋国際空港から高速鉄道

上海虹橋駅へのリニアモーターカー乗入れ構想のその後

上海のリニアモーターカー

2005年8月に上海の浦東国際機場駅と龍陽路駅の間で世界初高速営業運転を始めた上海のリニアモータカーは、すでに今年で10年目を迎えようとしている。
当初、このリニアモータカー路線を全国へ展開する構想なども描かれていたが、今のところその案は何処でも実現していない。
また2010年の上海万博の際には突貫工事で万博会場に乗り入れるなどの構想も噂されたが、電磁波の影響を気にする沿線住民の反対運動なども影響し、とても間に合わないということで結局実現することはなかった。

上海浦東国際空港のリニアモータカー

今年で10年目の上海のリニアモータカー

 実はその2010年に上海虹橋国際空港T2と上海虹橋駅が開業した際、空港と駅の中間にリニアモータカーの駅を設置できる空間が確保されており、同時開業は間に合わなかったが、この上海虹橋交通ターミナル(虹橋交通枢紐)にはリニアモーターカー乗り入れ構想がしっかり組み込まれていたことになる。

 実際、現在上海交通ターミナルの東交通中心の3階に展示されているターミナルの建設の歩みを示す展示コーナーの上海市が描いた構想の図にはしっかりと写真入りで乗り入れ構想が示されている。

上海虹橋交通ターミナルの構想図

ターミナル構想図には真ん中にリニア乗入れ構想が

 これらの構想図の中に現在の終点の龍陽路駅から上海虹橋駅に至る具体的なルートも示されており、その図によると上海万博の予定地を経て上海南駅、上海虹橋駅に至るルートとなっており、やはり噂通り上海万博の会場に乗り入れる構想が有ったことが分かる。

上海リニアの虹橋駅乗入れ計画図

上海リニアの虹橋駅乗入れ計画図

 結局実際にはこの構想は実現せず、リニア開業10年目の現在に至ってもこの構想が実現するような気配は今のところ見えない。

 この点について昨年2013年に上海市が出した交通発展白書によると、上海浦東国際空港と上海虹橋国際空港・上海虹橋駅間の快速軌道交通整備の必要性を謳っており、今後何らかの新交通網の整備が進む可能性はあることを示している。
 
 ただし示されている言葉は「快速軌道交通」となっており、必ずしも「リニアモータカー」と限定されていないことから、リニアモータカーではなく新幹線タイプの高速列車などが採用される可能性もある。

時速200キロで走れば20分で到着する。

時速200キロで走れば20分で到着する。

 確かに両空港間は60キロ程度の距離しかないため、時速400キロで走行出来れば10分程度で到着できるが、時速200キロの列車でも20分程度であり、汎用性とコストを考えるとリニアがそれほど優位性が高いものではないと言える。

 この「快速軌道交通」計画について今のところ具体的な計画は発表されていないが、今年2014年10月に上海虹橋駅の西側に国家会展中心がオープンし、上海虹橋交通ターミナルが再びビジネスの中心として注目されているため、これをきっかけとして「リニア乗り入れ」或いは「快速軌道交通」がスタートする可能性がある状況は生まれている。

上海虹橋駅西側に2014年10月に国家会展中心がオープン

2014年10月に上海虹橋駅西側へ国家会展中心がオープン

 また先日の日本でのJR東海による東京―名古屋間のリニアモータカー建設着工も中国でも大きく報じられており、これが上海の関係者を刺激していることは想像に難くなく、これを機として上海リニアの虹橋乗入れも再び議題に上がる可能性があり、今後遠くない将来に何らかの動きがあるかも知れず注目すべき状況となっている。

→【上海市内のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港からリニアモーターカー

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港からの地下鉄
上海虹橋国際空港からリムジンバス
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市
上海虹橋国際空港から高速鉄道