上海虹橋国際空港T2で朝食「永和大王」

 上海虹橋国際空港のT2(第2ターミナル)は上海万博直前にオープンした新しい
ターミナルで、LCCの春秋航空を除く全ての国内線が発着する。
 早朝6時過ぎから既に運行は始まり、各地へ向けて数多くの航空便が国内に向けて出発していく。
 こういった利用客のため、空港ビルに入居するレストランでは日中に提供されるメニューとは違う朝だけの朝食メニューが提供される。
 今回、そのうちT2到着階にある「永和大王」という朝5時からオープンしているお店で朝食を試してきた。

上海虹橋国際空港T2の永和大王

上海虹橋国際空港T2の永和大王

 注文したのは肉松飯団セット17元で、いわば中国版おにぎりセットとでも言うものであろうか?
 このほか豆乳が一緒についてきてホットとコールド、砂糖の有り無しが選べた。

永和大王の肉松おにぎりセット

永和大王の肉松おにぎりセット

 肉松(ロウソン)というのは甘辛く醤油と砂糖で煮込んだものを線維のように裂いて乾燥させたものをご飯にいれたもので、中国のローカルメニューにはよく登場する食材である。
 日本の桜でんぷんに食感としては非常に近いものである。

 この肉松で味付けでした具材が、ご飯の中に海苔巻きのように包まれているのが、今回の中国版おにぎりである。
 といっても中国のおにぎりは海苔を使っているものはほとんどなく、竹の皮や紙で直に包んであるものが多く、このお店でも大きなキャンディの如く紙で包まれていた。

肉松おにぎりの断面

肉松おにぎりの断面

 で、早速食してみるが、小さいように見えたこのおにぎりは、押し寿司のように結構圧縮されているのでボリュームは思いのほか多い。
 押し固められている分だけ日本のおにぎりよりは固めかもしれないが、気になって食べられないほどのものではない。

 肉松の甘みが食を進ませ、豆乳の力を借りてあっという間に完食。
 朝食としてはボリューム的にも十分な量だという気がする。

 中国でもファーストフードのお店に行けば、パンの朝食はそれなりに摂ることが出来るが、ご飯食のお店は非常に少なく、おかゆやワンタンばかりであり、その意味では貴重な存在といえる。

 ちなみにこのお店では、このほかに牛肉麺のメニューや肉まん、おかゆなどのメニューがあり、いずれも20元以下で比較的お気軽に食べられ重宝する。
 もちろん空港価格であることも否めず市内のお店とよりは高めで、それ故かこの日も利用者は少なかったが、飛行機を乗継ぐ利用客にとっては貴重な存在であることもまた確かで、是非覚えていただきたい存在の一つである。

上海虹橋国際空港の到着ロビーの一角のお店

上海虹橋国際空港の到着ロビーの一角のお店

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

 
上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

上海虹橋国際空港T2の餃子館で韮水餃子定食

 上海虹橋国際空港の第2ターミナル側は、意外とレストラン探しに苦労する場所となっている。
 もちろん、ほかの小さな地方空港に比べれば充実している方なのであるが、日本の成田や羽田に比べると、どうも飲食店の数が少なく、レストラン環境が充実しているとは言い難い。
 上海虹橋国際空港に隣接する高速鉄道の上海虹橋駅には、出発階のコンコースや到着階にそれなりの飲食店の数が存在するが、空港側には非常に少ないのである。
 KFCと永和大王がある程度で、後はスターバックス、マクドナルド、とサブウェイのような軽食となってしまい、お腹は満たせるが食事として考えるとちょっと寂しいお店しかない。
 まあ航空機の場合は搭乗すれば、機内食や軽食が提供されるケースも少なくなく、搭乗前に腹を満たす必要性は多くないのかもしれない。

 また、セキュリティチェック後の待合ロビーにも幾つかの飲食店が設置されているので、そちらの利益確保のために、セキュリティゲート前の飲食店は増やさない方針である可能性もある。
 いずれにしても、セキュリティゲート前のレストランの数は多くなく、食事の選択肢は多くない。

 そんな中で、餃子を専門にしたレストランをT2側に一軒発見したので試してきた。

上海虹橋国際空港T2の餃子館

上海虹橋国際空港T2の餃子館

 場所は上海虹橋国際空港の3階出発階レベルから、東交通中心(地下鉄駅)方面へ移動し、更にエスカレーターで4階レベルに上がった場所である。
 「餃子館」というその名の通りという餃子専門で、店内はシックな中華風の内装となっており、それほど広くはないが、そこそこの人数は収容できる規模となっている。

上海虹橋国際空港T2の餃子館外観

上海虹橋国際空港T2の餃子館外観

 メニューを見ると、餃子を中心とした定食や麺類、後は一品料理などが並ぶが、いずれも上海市内の同一グレードのお店から比べれば1~2割くらい高い印象である。
 今回注文したのは韮の水餃子のセット定食で45元。

韮水餃子定食

韮水餃子定食

 韓国料理のコムタンのような淡白なスープと、プチトマト、骨付き牛肉、そして水餃子のセットとなる。
 こちらの人によるとどうやらこの構成は中国東北料理の構成らしく、比較的朝鮮半島系に近い雰囲気を持っているようだ。
 さて実際に食してみると全体の味の構成としては餃子も含めて比較的淡白でさっぱりで、牛の骨付き肉だけが醤油煮で相対的にやや重めの味付けではあるが、それでも全体としては重くなくさらっと食べられる。
 スープもクコの実入りでさっぱりしていて体が温まる印象で、やはり東北の料理なのかもしれないという印象である。
 ちょうどこの水餃子を食べたのは中国の正月である春節であり、中国の正月に水餃子を食べるという伝統に倣った形となったが、餃子メニュー自体は通年で提供されている。
 レストランが少ないターミナルの中で落ち着いた環境で食事が摂れる貴重な空間であり、ここで航空機搭乗前に中国の伝統食をゆったり食すというのは悪くない選択である。
 もちろん構高速鉄道の上海虹橋駅からも歩いてすぐの場所であり、大勢の乗客でがちゃつく上海虹橋駅を避けて食事をしたい方にもお勧めである。

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港からの地下鉄
上海虹橋国際空港からリムジンバス
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市
上海虹橋国際空港から高速鉄道

 

上海虹橋駅で朝食「水餃子」

先日たまたま早朝に高速鉄道にのって杭州に向かう予定があり、朝食を上海虹橋駅で調達することになった。
上海虹橋駅には、いくつもの外食チェーンが出店しており、到着客向けの地下の飲食店街と出発客向けの飲食コーナーがあり、マクドナルドなどのファーストフードを含めたそれぞれ似たようなチェーン店が並んでいる。
今回その中で比較的安価で食べられる「大娘水餃」というお店で、パック売りの水餃子を買ってみた。

上海虹橋駅の大娘水餃

お店の場所は上海虹橋駅の3階コンコース内から更にエスカレータで上がる4階のギャラリー的な場所にある。
上海虹橋駅ではこのエリアに飲食店が集中して配置され、マクドナルドなどのファーストフードをはじめとして、全部で10店舗程度があるだろうか?
どのお店も確実に客単価を稼ぐためと注文時間を短縮するためにセット商品が中心となっており、35元から50元近くの価格帯で販売されている。
どう考えても市内のお店より7~10元程度割高になっており、さらに円レート換算してしまうと、高速道路のサービスエリア並みに非常にリーズナブルな価格とは言えない状況になっている。
その中で見つけ出したのがこの水餃子。

上海虹橋駅の大娘水餃の水餃子

1パック25元で、市内のお店に比べるとやはり安いとは言えないのだが、とりあえずお腹を満たすことが出来る。

日本人にとって水餃子を含め餃子類はあまり主食に思えないものではあるが、中国では立派な主食であり、おにぎりの如く食事をこれだけで済ますことも珍しくない。
実は野菜と肉と炭水化物(皮)の組み合わせで栄養バランスもよく食事としてもすぐれものであり。
量的に男性だとちょっと物足りない面もあるかもしれないが、水分でお腹が膨れる分を勘案すると決して物足りない量ではない気がする。
さてさて、味のほうはというと作り置きなのでホクホク感に物足りなさはあるもの、冷めてもそれほど味が落ちるわけではなく、それなりの水準でいただける。
特別おいしいものだと勧めるほどでもないが、食事としては悪くはない。
日本人だとここでご飯が欲しくなるところではあるが、そこは郷に入っては郷に従えの言葉通りまずはこの餃子での食事という感覚を楽しんではいかがであろうか?

→【上海市内のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港からリニアモーターカー

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港からの地下鉄
上海虹橋国際空港からリムジンバス
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市
上海虹橋国際空港から高速鉄道

上海虹橋国際空港T2にパン屋(BreadTalk)を発見

 上海虹橋国際空港のT2にBreadTalK(西包新語)というパン屋がオープンしているのを発見した。
 場所はT2(2号ターミナル)の3階出発階から上海虹橋駅方面への中央から北側2番目の通路で、地下鉄駅から3階北側の動く歩道を進むと左側に位置する場所である。
 恐らく飛行機に搭乗する前に買ってもらおうという意図の立地であろう。

上海虹橋国際空港T2のBreadTalk

上海虹橋国際空港T2のBreadTalk

 このBreadTalKはシンガポール資本のパンチェーンで、上海ではカルフール(家楽福)の古北店など市内各所にあり、比較的外国人の多く集まる拠点に出店していて既におなじみとなっている。
 つまり比較的レベルが高くないとされる中国のパン事情だが、このお店の味は外国人たちにも受け入れられるレベルとなっているということができる。
 菓子パン的な調理パンが中心だが、どれも味のレベルは低くなく、美味しく食べられる。
 そんなお店が上海虹橋国際空港T2にも開店した。
 市内と比べて値段がやや高めな面もあるが、1個あたり10元を切る価格設定は空港内の食事としてはリーズナブルであり、飛行機に乗る前のちょっとした腹ごしらえ、或いは機内で食べるのにはちょうど良い存在である。
 店内にはテーブルもあり、出発前にここでコーヒーを飲みながら時間を過ごすことも可能となっている。

→【上海市内のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス

上海虹橋駅の地下に牛丼のすき家がオープン

 今日、上海虹橋駅の地下街を歩いていたところ、日本の牛丼チェーン「すき家」がオープンしているのを発見した。

すき家上海虹橋駅店

上海虹橋駅の地下の到着口の中央通路上にある。

 先日ここを歩いた時に間もなくオープンとなっていたので、気にはしていたのだが、最近ようやくオープンとなったようだ。
 前回の訪問から間が空いたので、正確に何月何日にオープンしたのかは把握できなかったが、まだ一か月程度の出来立てホヤホヤのはずである。
 (公式サイトも調べてみたが、情報が6月から止まっていたので確認できなかった)

 上海市内にも既に沢山のすき家が開店しているので、すき家そのものは上海市民にとっては特に珍しい存在ではなくなったが、この上海虹橋の交通総合ターミナルには初めての進出のはずである。

 料金は市内同様(だと思う)に牛丼の並盛(中椀)が16元となっている。
 その他、チーズ牛丼やカレーなど日本でもお馴染みのメニューも並んでおり、すき家そのものお店がこの上海虹橋駅にも展開されることになった。
 この位置に出店という事は地方から高速鉄道でやってきた人たちの目に入ることになり、初めて牛丼というものに触れる人もいそうで、そういった営業戦略的も含めてこの場所への出店と言う意味もありそうだ。

 ただ市内のお店と違うのは、料理の器について使い捨ての1次性の容器を使っていること。
 理由は詳しくは分からないが、駅と言う場所柄のためテイクアウトが多いと考えられることと、容器の洗浄要員や排水設備、或いは容器の盗難という事を意識して、最初から使い捨て容器にしたのではないかと推測される。

 いずれにしても、牛丼とは言え、日本人に比較的馴染みやすいメニューのお店が上海虹橋駅にもできたのは一つの朗報かもしれない。

オープン前のすき家上海虹橋駅店

オープン前の状態(8月8日)

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋空港周辺のホテルを探す】

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から高速鉄道

上海虹橋国際空港T2の永和大王でランチ

上海の空港というのは、上海という大都会の玄関口の割には、日本の空港などに比べてレストランなど食事の施設がかなり貧弱という印象がある。
寿司店、そば店など一流ホテルにも出店するような高級なお店が軒を並べる日本の空港とは事情が大幅に違い、ファーストフードやカフェの有名チェーンが軒並み出店しているものの、高級な美味しいものが食べられるような状況にはなっていない。

 4年前に出来たこの上海虹橋国際空港T2(第2ターミナル)もその例にもれず、まあ食べるところが全くないという訳ではないが、落ち着いて食事するを拠点にはなっておらず、カフェのついでに最低限の腹ごなしをする程度の空間しか置かれていないという印象だ。
中国では空港が搭乗前に滞留する場所ではなく、単なる通過点であるという考え方のようだ。

上海虹橋国際空港T2のショップ・レストラン案内板

ほとんどがカフェかファーストフードの店しかない

そんな上海虹橋国際空港T2の中で、貴重な食事場所の一つとなっているのがこの永和大王という台湾系列のレストランチェーンである。

永和大王の上海虹橋国際空港T2店

到着ロビーの北側の一角が永和大王になっている。

永和大王という店は日本で言えば牛丼の吉野家のような存在で、台湾名物のそぼろご飯や牛肉麺などが主力メニューとなっている。

大陸の中華料理に比べると全体的比較的薄味で、日本人にも受け入れやすい味付けになっているのではないかと思う。
今回頂いたのは「大王香茄鹵肉飯特餐」、つまり椎茸と挽肉のそぼろ炒めのせご飯の特別セットというような内容で、35元であった。

永和大王の大王香茄鹵肉飯特餐

皿の配置がぐちゃぐちゃ

さて出てきたのが写真のような状態であり、空港のレストランではあるが、さすが中国クオリティというか皿と箸類の配置がぐちゃぐちゃのまま出てきた。
安い料理なので仕方ないと言えばそれまでだが、空港の店なのにほんのちょっとのところの気遣い不足が残念である。
脇のグラスは烏梅湯という梅のジュースで夏の中国の風物詩のような飲み物であり、良く確認しないで頼んでしまった自分が悪いと言えばそれまでだが、食事にはちょっと甘い飲み物だ。
さて食べてみた感想は、ご飯そのものは美味しくいただけ、味付けには不満はなかった。
ただやはりボリューム的にはちょっと寂しい印象であり、これで食事としてはちょっと物足りない。
どうもやはり中国の空港での食事というのは、通過点のなかの一時しのぎという扱いらしい。

上海虹橋国際空港T1

上海虹橋国際空港T1の外観

ところで話はずれるが、この上海虹橋国際空港は世界の空港評価ランクの中で、最近上位の表彰を受けたとのことを聞くが、個人的にはこの評価期間の評価は韓国や中国の空港に偏っていると感じる。
噂によれば中国人や韓国人が組織票的に投票したり、評価点になるところだけ無理矢理かさ上げしているとの話もある。
つまり評価と実際の印象がかなり乖離していると感じるので、これらの評価をあまり信用しないことにしているし、このサイトでも原則取り上げない事にしている。
実際、上海虹橋国際空港をいろいろウォッチする限りにおいて、評価点のなかでどう扱われているかは知らないが、今回のレストランにような居心地の良さを日本の成田や羽田と比較する限りにおいて、とてもこの上海虹橋国際空港が上回っているようには思えないのである。
待ち時間が長い空港ならではの美味しい料理のレストランを期待したいものである。

上海虹橋国際空港T1のシャロンでモーニングカレー

上海虹橋国際空港T1

先日の朝、どうにもご飯モノが食べたくなり、考えた挙句に最寄り(笑)の上海虹橋国際空港に行ってみることにした。
中国の朝食は一般的に饅頭などの点心か小吃類、或いはお粥、ワンタンなどが主流でお米のご飯を食べる習慣はあまりなく、唯一「飯団」と呼ばれる海苔巻のようなものがご飯モノであるが、あまり多くはない。
それ故、昼以降になれば日本料理店の数多くある上海でも、朝食となるとその数は限られ、お米のご飯を食べるには、コンビニのお弁当か家で自分で炊飯するほかなくなくなる。
そんな中で貴重な存在の一つが、実は上海虹橋国際空港T1(ターミナル1)にあり、先日も紹介したシャロンという日系のレストランであり、ここなら朝からご飯食が食べられる。
このT1は、日本や韓国、香港などのへの国際線が早朝から出発するとあって、朝から各レストランは営業しており、各店舗でモーニングメニューなどが用意されている。
このシャロンにもやはりモーニングメニューは用意されていて、写真の通りパンを主とした洋食系とご飯を主にした和食系、さらに中華系が用意されていたが、どのセットも60元前後(1000円程度)の価格で、朝食としてはちょっと高い値段となっている。

上海虹橋国際空港T1シャロンのメニュー

どの朝食セットも60元ほど

さて、本来は鮭などがついた和食セットを頼もうとしたのだが、着いた時間が遅かったためか、その和食はもうないと言われ、ご飯ものは「カレーライスセット」しか残ってなかった。
「朝食メニューにカレー?」
その取り合わせにちょっと驚いたが、結局ご飯を食べたい欲求がまさり食べることにした。
で、出てきたのが写真のカレー。

上海虹橋国際空港T1シャロンのカレー

カレーとフルーツとジュースのセット

外観的にはオーソドックスな日本のカレーであり、これにジュースかコーヒー、そしてフルーツがついて60元であり、割高いなという印象はちょっと否めない。
しかし、実際に口にして食べてみると流石レストランのカレーというか、味はなかなかおいしかった。
ややフルーティーさを含んだカレーで、上海の日本料理店で作られるカレーに比べれば格段の上品さがある。
さらに心配された胃への影響だが、空腹で朝食として食べてもそんなに重いと思えるほどのカレーでは無かった。
それ故にすっきりと全部食べられたのである。
まあ、朝からのモーニングカレーというのは人に勧める程のものにはならないが、少なくともここのカレーならば、選択してもハズレとは感じないと思えるカレーであった。

→【上海市内のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市
上海虹橋国際空港(上海虹橋駅)から高速鉄道

上海虹橋国際空港T1で食べる朝食

上海虹橋国際空港のT1(第1ターミナル)からは日本の東京へ向かう便も発着し、特に中国の航空会社の運行する便を利用する場合やは、9時前後の比較的早朝の便を利用することになる。
また格安航空の春秋航空は上海虹橋国際空港T1の7時台の早朝に多くの便が出発する。

上海虹橋国際空港T1外観

上海虹橋国際空港T1外観

そんな時は空港で朝食を摂るほうが都合が良い場合も多く、上海虹橋国際空港のレストランの利用となるが、今回その中の一軒で朝食を食べてみた。
今回利用したのは上海虹橋国際空港T1の2階出発階にある「捷恵麺坊」というお店。中国ローカル系の麺のお店で、ご飯ものも提供している。
店内はかなり清潔でカフェテリア的な内装となっており、店員が丁寧に端から端まで掃除をしている姿がとても印象的だった。

上海虹橋国際空港T1の捷恵麺坊の内装

捷恵麺坊の内装は清潔、奥は出発ロビー

日中はご飯とおかずとスープがセットになったビジネスランチ的なメニューを提供しているが、朝食時間は中国的な朝食セットが4種類用意されていた。
中国らしくお粥と点心的なものを組み合わせたものが多かったのだが、私はお粥よりワンタンのほうが好きなので、ワンタンと餃子と豆乳を組み合わせたセットをチョイスした。
値段は47元(約780円)と朝食だからといって決して安くない。
というか日中に麺のメニューも同様40~50元の価格帯なので朝も昼も同じ値段ということになる。
まあ空港料金なので、料理の内容の割には高い朝食だというのは仕方なく、そうは思ってみても体温が上がりきっていない朝に温かい料理を頂くのは大事なことなのでありがたくいただく。

上海虹橋国際空港T1の捷恵麺坊の朝食

捷恵麺坊のワンタンと餃子と豆乳のセット

で出てきた料理が上記の写真で、食べてみた感想だが、ワンタンはスープがちょっと濃いのが気になった。
味としては、旨いと推薦するほどではないものの、食べられるまずまずであったのが、残念ながらちょっと塩分が強く味付けが濃かった。
日中や夜ならいいかもしれないが、目覚めの体にはインパクトが強すぎる印象である。
焼き餃子(煎餃)もやや小さくボリュームが少ない。
食べ終えて、ワンタンのスープが濃かったこともあり、飲み干せずお腹には微妙に物足りない朝食となった。
お粥のセットならもう少し満たせるのかも知れなかったが、次回機会があれば試してみたい。
ところで、この店はさすが空港内飲食店らしく、店内にパソコンやスマホ充電楊の電源のためのコンセントが各席にあるようだった。

上海虹橋国際空港T1の捷恵麺坊の朝食

椅子席はテーブルの下に電源

シート席にはシートの下、椅子席はテーブルの影にコンセントがあった。
またWIFIも電波が飛んでいるようで、この日は繋がなかったが無料WIFIが出来そうである。
パスワードは店員に聞けばきっと教えてくれるだろう。
まあこういったWIFIや電源設備を含めた上での朝食場所と考えれば「捷恵麺坊」というお店は決してそんなに高くなく値段相応という気もするので、必要な方は利用してはいかがだろうか。

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

☆上海虹橋国際空港トップ

1 2