上海虹橋国際空港T1のシャロンでモーニングカレー

上海虹橋国際空港T1

先日の朝、どうにもご飯モノが食べたくなり、考えた挙句に最寄り(笑)の上海虹橋国際空港に行ってみることにした。
中国の朝食は一般的に饅頭などの点心か小吃類、或いはお粥、ワンタンなどが主流でお米のご飯を食べる習慣はあまりなく、唯一「飯団」と呼ばれる海苔巻のようなものがご飯モノであるが、あまり多くはない。
それ故、昼以降になれば日本料理店の数多くある上海でも、朝食となるとその数は限られ、お米のご飯を食べるには、コンビニのお弁当か家で自分で炊飯するほかなくなくなる。
そんな中で貴重な存在の一つが、実は上海虹橋国際空港T1(ターミナル1)にあり、先日も紹介したシャロンという日系のレストランであり、ここなら朝からご飯食が食べられる。
このT1は、日本や韓国、香港などのへの国際線が早朝から出発するとあって、朝から各レストランは営業しており、各店舗でモーニングメニューなどが用意されている。
このシャロンにもやはりモーニングメニューは用意されていて、写真の通りパンを主とした洋食系とご飯を主にした和食系、さらに中華系が用意されていたが、どのセットも60元前後(1000円程度)の価格で、朝食としてはちょっと高い値段となっている。

上海虹橋国際空港T1シャロンのメニュー

どの朝食セットも60元ほど

さて、本来は鮭などがついた和食セットを頼もうとしたのだが、着いた時間が遅かったためか、その和食はもうないと言われ、ご飯ものは「カレーライスセット」しか残ってなかった。
「朝食メニューにカレー?」
その取り合わせにちょっと驚いたが、結局ご飯を食べたい欲求がまさり食べることにした。
で、出てきたのが写真のカレー。

上海虹橋国際空港T1シャロンのカレー

カレーとフルーツとジュースのセット

外観的にはオーソドックスな日本のカレーであり、これにジュースかコーヒー、そしてフルーツがついて60元であり、割高いなという印象はちょっと否めない。
しかし、実際に口にして食べてみると流石レストランのカレーというか、味はなかなかおいしかった。
ややフルーティーさを含んだカレーで、上海の日本料理店で作られるカレーに比べれば格段の上品さがある。
さらに心配された胃への影響だが、空腹で朝食として食べてもそんなに重いと思えるほどのカレーでは無かった。
それ故にすっきりと全部食べられたのである。
まあ、朝からのモーニングカレーというのは人に勧める程のものにはならないが、少なくともここのカレーならば、選択してもハズレとは感じないと思えるカレーであった。

→【上海市内のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市
上海虹橋国際空港(上海虹橋駅)から高速鉄道

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です