上海虹橋駅で台湾料理

上海虹橋国際空港に繋がる虹橋枢紐の上海虹橋駅階下に台湾料理を提供するお店が加わった。
場所は上海虹橋駅の降車口のスペース内の、北側のブロックのうち、やや東側の上海虹橋国際空港よりの位置である。
お店の名前は「台湾小吃・好縁」であり、小料理的な単品と定食的なセットを出すお店。

台湾小吃・好縁店舗外観

ビーフンや魯肉飯(ルーローファン)、牛肉麺などがスープや野菜とともにセットで提供され、単体注文の飲み物としては普通のソフトドリンクと一緒に豆乳も用意されている。

実はこの上海虹橋駅の出発階コンコースにあったお店が、地下にも出店したようである
お店は事前清算方式となっていて、入り口のレジで注文をして、食券代わりのレシートともに番号スタンドを渡されるので、自由に空いた席にその番号スタンドを置いて配膳を待つシステムとなっている。
そして今回は欲張って、魯肉飯のセット(38元)と牡蠣オムレツ(珂仔煎)(22元)の両方を注文した。

食事としては魯肉飯のセットだけで十分足りるが、どうしても牡蠣オムレツが食べたかったので追加をした。
現在はお店のオープン特価で22元となり、もとの価格は32元のようである。
台湾現地の夜市と比べても、まあまあ妥当な価格と言えるかもしれない。

台湾小吃・好縁店内

店内は、天井が高めで明るい雰囲気で、木製のテーブルと椅子が整然と並べられている。
台湾的な雰囲気を出すためのパネルや写真が貼られており、照明は台湾風景の象徴と言えるランタンを模したもので結構しゃれている。

さて運ばれてきた料理が、写真で上が魯肉飯のセットで下が牡蠣オムレツ。

魯肉飯のセット

魯肉飯のセットは魯肉飯のほかに、茹で野菜のほかに、冬瓜のスープが付いている。
魯肉飯は絶賛するレベルではないが醤油がしみて、そこそこ美味しい。
また冬瓜のスープは、味の濃い魯肉飯と対象的でさっぱりとしていてほぼ現地の味そのものと言ってよいのではと思われる。

牡蠣オムレツ(珂仔煎)

また牡蠣オムレツは9インチピザよりやや大きいくらいのもで、独特のタレがかかっており、粒の大きい牡蠣が十分な数入っている。
口にいれると、生地のトロトロした部分と、タレと牡蠣が絶妙にマッチングしてとても美味しい。
上海でこういったタイプの台湾料理を提供する店はあまり多くないので、空港や高速鉄道を利用せずとも、このお店を訪れたくなるこのお店である。

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

上海虹橋国際空港T1の味千ラーメンのセットメニュー

改造工事が続いていた上海虹橋国際空港T1ターミナルの、残り半分の建物がそろそろ出来上がりそうだと聞き、久々に訪れてきた。
現在までに開業しているのはT1のうち左側のA楼と呼ばれる部分で、ここに国内線も国際線も同居している状況である。

今後滑走路側のB楼が供用開始となるのだが、既に工事用の目隠し壁も取り払われれ、内部が見える状態になっていた。
2階の出発ロビーにあたる部分も概ね完成しており、あとは内部の調整のみといったところか?
この状況であれば、遅くとも来月中にはオープンになりそうである。

供用間近の上海虹橋国際空港T1

正式に発表にはなっていないが、オープン後はA楼は国際線、B楼が国内線用になるのではないかとみている。
B楼の方がタクシーや地下鉄への乗り換えが便利な配置となっており、国際線より旅路を急ぐ国内線を優先すると思われる。
(国内線のほかの航空会社はT2に配置されている)

さて、しばらく訪れていなかったため、内部に飲食店がいくつか増えていた。

上海虹橋国際空港T1の味千ラーメン

その一つが味千ラーメンで、日本の熊本を拠点とするラーメンチェーンで、現地にいる日本人にはあまり人気は無いが、上海を含め中国各地に多数の店舗展開している。

今回こちらでセットメニューを注文した。

餃子と、指定のラーメン、指定のドリンクのセットで57元。

今回は豚骨チャーシュー面とレモンジュースをチョイスした。

レジで支払い後、呼び出し機を渡され、呼び出し機が鳴ったら自分で取りに行く方式である。

フードコートの呼び出し機

またお茶もセルフサービスであり、自分で注ぎに行かなくてはならない。

セルフのお茶タンク

ただ、ここの空間は複数の飲食店共有のフードコート形式のため、ある程度の持ち込みは自由で、コンビニで買ったペットボトルのお茶などを飲んでても問題なさそうである。

さて出てきたのが、下記の写真の通りである。

味千ラーメンのセットメニュー

まあ日本の並み居るラーメン店の味に比べればはるかに及ばず、若干塩気もコクも薄いのではあるが、期待値を下げて食べれば普通のラーメンであり、インスタントラーメンに比べればマシかといったレベルである。

さらに餃子もそれなりであり、上海市内に行けばもっと美味しい店はあるのだが、空港という特殊な立地事情で考えれば、これでヨシとするしかないレベルである。
ただ、外が暑かったため、このレモンジュースはとても美味しく感じた。
少々濃いめではあったが、中国の清涼飲料水独特のくどい甘さはなく、比較的さわやかな飲み心地であった。
全体として、やや量はボリューム感に欠けるかなという面はあるこのセットだが、57元で空腹を満たすにはまぁまぁなのではないか。
こんなラーメンセットであった。

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)

広州白雲国際空港のターミナル内の各飲食店で全品20%オフ:中国空港関連ニュース

 広東省広州市の広州白雲国際空港のターミナル内の飲食店(ファーストフードチェーンなどを除く)が料理・飲み物を9月15日までの期間限定で全品20%オフにすると民航資源網が伝えている。
 広州白雲国際空港によると、大手チェーン店を除く旅客ターミナル内の各店舗で、中秋節のグルメキャンペーンを実施し各店舗で各メニューを20%オフで提供するほか、15元の麺など特別メニューなども提供されるとしている。
 広州白雲国際空港の旅客ターミナル内では2.8万平米の敷地内に約300店舗のテナントレストランなどが軒を並べ営業を行っている。

→【広州白雲国際空港周辺のホテルを探す】
→【広州市内のホテルを探す】

広州白雲国際空港トップ
広州白雲国際空港からのリムジンバス
広州白雲国際空港からのタクシー
広州白雲国際空港から地下鉄
広州白雲国際空港から周辺都市への長距離バス

上海虹橋国際空港T2で朝食「永和大王」

 上海虹橋国際空港のT2(第2ターミナル)は上海万博直前にオープンした新しい
ターミナルで、LCCの春秋航空を除く全ての国内線が発着する。
 早朝6時過ぎから既に運行は始まり、各地へ向けて数多くの航空便が国内に向けて出発していく。
 こういった利用客のため、空港ビルに入居するレストランでは日中に提供されるメニューとは違う朝だけの朝食メニューが提供される。
 今回、そのうちT2到着階にある「永和大王」という朝5時からオープンしているお店で朝食を試してきた。

上海虹橋国際空港T2の永和大王

上海虹橋国際空港T2の永和大王

 注文したのは肉松飯団セット17元で、いわば中国版おにぎりセットとでも言うものであろうか?
 このほか豆乳が一緒についてきてホットとコールド、砂糖の有り無しが選べた。

永和大王の肉松おにぎりセット

永和大王の肉松おにぎりセット

 肉松(ロウソン)というのは甘辛く醤油と砂糖で煮込んだものを線維のように裂いて乾燥させたものをご飯にいれたもので、中国のローカルメニューにはよく登場する食材である。
 日本の桜でんぷんに食感としては非常に近いものである。

 この肉松で味付けでした具材が、ご飯の中に海苔巻きのように包まれているのが、今回の中国版おにぎりである。
 といっても中国のおにぎりは海苔を使っているものはほとんどなく、竹の皮や紙で直に包んであるものが多く、このお店でも大きなキャンディの如く紙で包まれていた。

肉松おにぎりの断面

肉松おにぎりの断面

 で、早速食してみるが、小さいように見えたこのおにぎりは、押し寿司のように結構圧縮されているのでボリュームは思いのほか多い。
 押し固められている分だけ日本のおにぎりよりは固めかもしれないが、気になって食べられないほどのものではない。

 肉松の甘みが食を進ませ、豆乳の力を借りてあっという間に完食。
 朝食としてはボリューム的にも十分な量だという気がする。

 中国でもファーストフードのお店に行けば、パンの朝食はそれなりに摂ることが出来るが、ご飯食のお店は非常に少なく、おかゆやワンタンばかりであり、その意味では貴重な存在といえる。

 ちなみにこのお店では、このほかに牛肉麺のメニューや肉まん、おかゆなどのメニューがあり、いずれも20元以下で比較的お気軽に食べられ重宝する。
 もちろん空港価格であることも否めず市内のお店とよりは高めで、それ故かこの日も利用者は少なかったが、飛行機を乗継ぐ利用客にとっては貴重な存在であることもまた確かで、是非覚えていただきたい存在の一つである。

上海虹橋国際空港の到着ロビーの一角のお店

上海虹橋国際空港の到着ロビーの一角のお店

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

 
上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)

マカオ国際空港でのトランジットで海老ワンタン麺

マカオ国際空港にトランジットのために立ち寄った。

このマカオ(澳門)は1999年にポルトガルから中華人民共和国に既に返還されており、このマカオ国際空港も同時に中国の空港となっている。
ただ、返還後もマカオは香港同様に一国二制度(大陸・香港・マカオで三制度といえるが)が保たれ、大陸側とも香港とも行政的には切り離され独立した法制度で統治されている。

その玄関口となるのがマカオ国際空港で、1995年に開港し観光とギャンブルの街への入り口となっているが、近年では混雑する香港や広州を避けて中国大陸や東南アジア格安航空会社のトランジットの拠点としても利用され始めている。

マカオ国際空港に到着するアモイ航空機

マカオ国際空港に到着するアモイ航空機

今回トランジットのためにマカオ国際空港に立ち寄り、一時を過ごすことにした。

空港自体は非常にコンパクトで、滑走路こそ3360mX45mと日本の大型空港に匹敵するほどの長さだが、ターミナルはそれほどの規模はなく曲線状の形状のために実際は見渡せないが、直線なら端から端が見渡せる程度の大きさとなっている。

マカオ国際空港の搭乗ロビー

マカオ国際空港の搭乗ロビー

さて、この日は夕方の2時間半程度の乗継ぎ時間であったが、小腹が空いたためレストランで食事をとることにした。

搭乗ロビーにあるレストランは2軒だけで、「Macau International Airport Restaurant(マカオ国際空港レストラン)」と「Food Paradise」があり、今回は入り口の看板の海老(蝦)ワンタン麺がおいしそうだったというか、お腹の空き具合とちょうどマッチングしたので前者を選択した。

マカオ国際空港のレストラン

マカオ国際空港のレストラン

マカオ国際空港のFood Paradise

マカオ国際空港のFood Paradise

海老ワンタン麺と言えば、日本のラーメン同様に香港の日常食のような存在で、つまり広東料理の代表の一つであり、広東の一部といえるここマカオでも同じような扱いと思われる。
価格は1食75MOP(パタカ≒約1000円)で、やや割高で空港価格といえばそれまでだが、何とか許容範囲内というところ。

マカオ国際空港のレストランの看板

マカオ国際空港のレストランの看板

ちなみにこのレストランではこんな少額だったがクレジットカードが使え、トランジットで寄っても現地通貨を持たずに食事が出来るため非常にあり難い。

で、出てきたのが写真の海老ワンタン麺。

マカオ国際空港の海老ワンタン麺

マカオ国際空港の海老ワンタン麺(蝦雲吞麺)

日本のラーメンに比べると非常に小ぶりの器に盛られており、参考のためにチケットと並べてみたが日本でいう小鉢より少し大きいくらいの程度の器。

三食の食事としては物足りない量だが、今回はおやつ代わりなので、程よい量だった。

 早速食してみると、ワンタンの海老がぷりぷりで美味しいし、スープも程よい塩加減で満足できるレベルのものだった。
 麺も通例に違わず細麺で、ツルツルと美味しい。

 まあ香港市内の本格店と比べてしまうと見劣りする可能性はあるものの、ここでの食事としては十分合格点である。

 今回の食事ではコーヒーか紅茶も選択でき、時間の許す限りお茶も楽しむことが出来る。

 ちなみにこのレストランでは、もっと食事をガッツリ摂りたい方のために、様々な一品料理が用意されており、利用客の要望に応じた幅広い料理が楽しめる。

 マカオ国際空港は香港ほどには規模が大きくないために、免税店の規模などもそれほど大きくはないが、短時間のトランジットなら十分リラックスできる空間であり、チャンスがあれば皆さまもぜひご利用していただきたい。

→【マカオ国際空港周辺のホテルを探す】 
→【マカオのホテルを探す】 

上海虹橋国際空港T2の餃子館で韮水餃子定食

 上海虹橋国際空港の第2ターミナル側は、意外とレストラン探しに苦労する場所となっている。
 もちろん、ほかの小さな地方空港に比べれば充実している方なのであるが、日本の成田や羽田に比べると、どうも飲食店の数が少なく、レストラン環境が充実しているとは言い難い。
 上海虹橋国際空港に隣接する高速鉄道の上海虹橋駅には、出発階のコンコースや到着階にそれなりの飲食店の数が存在するが、空港側には非常に少ないのである。
 KFCと永和大王がある程度で、後はスターバックス、マクドナルド、とサブウェイのような軽食となってしまい、お腹は満たせるが食事として考えるとちょっと寂しいお店しかない。
 まあ航空機の場合は搭乗すれば、機内食や軽食が提供されるケースも少なくなく、搭乗前に腹を満たす必要性は多くないのかもしれない。

 また、セキュリティチェック後の待合ロビーにも幾つかの飲食店が設置されているので、そちらの利益確保のために、セキュリティゲート前の飲食店は増やさない方針である可能性もある。
 いずれにしても、セキュリティゲート前のレストランの数は多くなく、食事の選択肢は多くない。

 そんな中で、餃子を専門にしたレストランをT2側に一軒発見したので試してきた。

上海虹橋国際空港T2の餃子館

上海虹橋国際空港T2の餃子館

 場所は上海虹橋国際空港の3階出発階レベルから、東交通中心(地下鉄駅)方面へ移動し、更にエスカレーターで4階レベルに上がった場所である。
 「餃子館」というその名の通りという餃子専門で、店内はシックな中華風の内装となっており、それほど広くはないが、そこそこの人数は収容できる規模となっている。

上海虹橋国際空港T2の餃子館外観

上海虹橋国際空港T2の餃子館外観

 メニューを見ると、餃子を中心とした定食や麺類、後は一品料理などが並ぶが、いずれも上海市内の同一グレードのお店から比べれば1~2割くらい高い印象である。
 今回注文したのは韮の水餃子のセット定食で45元。

韮水餃子定食

韮水餃子定食

 韓国料理のコムタンのような淡白なスープと、プチトマト、骨付き牛肉、そして水餃子のセットとなる。
 こちらの人によるとどうやらこの構成は中国東北料理の構成らしく、比較的朝鮮半島系に近い雰囲気を持っているようだ。
 さて実際に食してみると全体の味の構成としては餃子も含めて比較的淡白でさっぱりで、牛の骨付き肉だけが醤油煮で相対的にやや重めの味付けではあるが、それでも全体としては重くなくさらっと食べられる。
 スープもクコの実入りでさっぱりしていて体が温まる印象で、やはり東北の料理なのかもしれないという印象である。
 ちょうどこの水餃子を食べたのは中国の正月である春節であり、中国の正月に水餃子を食べるという伝統に倣った形となったが、餃子メニュー自体は通年で提供されている。
 レストランが少ないターミナルの中で落ち着いた環境で食事が摂れる貴重な空間であり、ここで航空機搭乗前に中国の伝統食をゆったり食すというのは悪くない選択である。
 もちろん構高速鉄道の上海虹橋駅からも歩いてすぐの場所であり、大勢の乗客でがちゃつく上海虹橋駅を避けて食事をしたい方にもお勧めである。

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港からの地下鉄
上海虹橋国際空港からリムジンバス
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市
上海虹橋国際空港から高速鉄道

 

北京首都国際空港の公式アプリが機能更新:中国空港関連ニュース

 北京市の北京首都国際空港の公式アプリが全面バージョンアップしたと中国民用航空網が伝えている。
 北京首都国際空港によるとこの公式アプリはver.2.0となり、従来の機能に加えて、フライト情報、ターミナル内の飲食店・ショップ情報、さらに一部のリムジンバスのリアルタイム運行情報も得られるようになったとのこと。
 また会員登録すると、利用者に合わせた状況も提供されるようになるとのこと。
なお、現時点では中国語(簡体字)版のみのリリースで、英語版や日本語版などはリリースされていない。

北京首都国際空港APPサムネイル

北京首都国際空港APP画面

→【北京首都国際空港周辺のホテルを探す】
→【北京のホテルを探す】

北京首都国際空港トップ
北京首都国際空港からエアポートエクスプレス
北京首都国際空港からリムジンバス
北京首都国際空港からタクシー
北京首都国際空港から周辺都市へのバス

上海浦東国際空港の谷田稲香レストランで台湾煮込み豚肉ご飯セット

上海浦東国際空港には何か所か飲食店が集中して設置されているが、地下鉄駅のあるエリアにも数軒のレストランが存在する。
今回機会を見つけそのうちの一軒に行ってきた。
尋ねたお店は地下鉄の浦東機場駅の南側の改札口の正面にある「谷田稲香」というお店。

谷田稲香の入り口

谷田稲香の入り口

「谷田稲香」は土鍋で炊いたご飯とおかずの組み合わせの定食中心のメニューで、中国国内に全国展開している食堂チェーンで、比較的リーズナブな価格で気軽なお店になっており、恐らく日本人にも抵抗なく食べられるメニュー構成になっている。
もちろんこの空港店もほかのチェーン店同様にメニュー価格には市中の店舗よりやや割高にはなっているが、それでも非常に割安感があるお店で、旅の合間に気軽に立ち寄れる。
店内は民家風の内装になっており、壁には店名にあるように米へのこだわりを示したような写真が並んでいる。

谷田稲香の壁には福建の景色が

谷田稲香の壁には福建の景色が

今回試したのは、台湾魯肉飯(タイワンルーロウファン)、つまり台湾風の煮込み豚肉かけご飯のセットで価格は36元。
料理の注文は、店の入り口でレジで先払いとなり、番号札を渡される。
この番号札は伝票代わりであることはもちろんだが、この店独自の仕組みが仕込んである札となっている。

谷田稲香のテーブルの番号札

谷田稲香のテーブルの番号札

客がテーブルを選んでテーブルにあるホルダーに差し込むと、ウェイターが客の座った場所が分かる仕組みとなっており、迷うことなく料理が運ばれてくる。
これは日本を含めて初めて見た仕組みであり、良く考えられ工夫されている。7

料理のセットの内容は、土鍋で炊いた状態になっているライスと、茶わん蒸し、煮込み豚肉、キャベツの漬物、筍と豆の煮物、さらには烏梅湯という梅ジュースという構成になっている

DSC00727

この土鍋のごはんが一つのメインとなっているようだが、見る限り実際にこの状態で炊いたようなものではないようで、恐らく電子レンジか何か解凍したものではないかという印象となっている。
で、炊き上がり状態が柔らかくホクホクかというと、そんなことはなく結構固くポロしている状態である。
しかし実はこれは失敗なのではなく、煮込んだ豚を載せるとちょうどよい状態に調整しているようで、実際に豚肉をご飯の上に乗せると程よくほぐれる。
これが普通のごはんの炊き方だと恐らくべちゃべちゃになってしまうはずで、おいしくなるように工夫してあるようなのである。
さて、実際に食べてみると、程よい甘さの醤油で煮込んだ肉がおいしくご飯が進む。
またこのセットには汁物はついていないが、中華茶碗蒸しが汁代わりになっているのと、烏梅湯で潤すことができる。
野菜は多いとは言えないが、蒸したキャベツに醤油がかけてあり、これもおいしく食べられる。
ボリュームとしては、大食漢の方にはやや物足りない可能性もあるが、普通の大人なら十分足りると思われる。
ほかのメニューもメインの料理だけ違うだけで、同じ構成であり価格は35~45元であり、落ち着いた雰囲気で気軽に食事がとれる貴重な空間となっている。

谷田稲香のテーブルのコンセント

なお店内にはテーブルの下に、コンセントがあり食事時間を利用して携帯電話などの充電は可能そうだが、残念ながらWIFI電波は発見できず、ネット通信は空港共通の環境を利用するしかないようだ。

谷田稲香の店内

谷田稲香の店内

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

1 2