北京大興国際空港は9月30日正式開港へ:中国空港関連ニュース

 北京市で建設が進められている新空港「北京大興国際空港」の開港日が2019年9月30日に正式に決まったと浙江新聞が伝えている、
 北京大興国際空港は北京市南部の大興地区に建設が進んでおり、旅客ターミナルは概ね整備が完了し、6月30日に竣工予定になっているとのこと。
 旅客ターミナルは地上5階地下2階の七層構造で、上空から見ると鳳凰の形をしており、全部で82か所のボーディングブリッジが設けられるが、いずれもターミナル中心部から徒歩8分以内で到着が可能な構造になっているという。
 関係者によると、2025年時点での年間旅客数見込みを7200万人、貨物取扱200万トン、発着回数62万回を見込んでいるとしている。

→【北京のホテルを探す】

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

北京首都国際空港から張家口へ直通バス開通:中国空港関連ニュース

 北京市の北京首都国際空港から河北省張家口市への直通連絡バスが4月15日に開通したと燕趙都市報が伝えている。
 北京首都国際空港によると、張家口への路線は同空港8番目の省市路線(省境を跨いで運行される路線で、張家口汽車客運南站を発着点とし1日2往復が設定されている。
総運行距離210キロ、全行程の所要時間は200分、運賃は片道100元/人となっている。

 運行時刻は下記の通り
北京首都国際空港発
12:00、18:00
張家口発
08:00、14:00

→【北京首都国際空港周辺のホテルを探す】
→【北京のホテルを探す】
→【張家口のホテルを探す】

北京首都国際空港トップ
北京首都国際空港からエアポートエクスプレス
北京首都国際空港からリムジンバス
北京首都国際空港からタクシー
北京首都国際空港から周辺都市へのバス

北京新空港で1号機が飛来、9月末開港へ準備続々:中国空港関連ニュース

 北京市南部に建設中の「北京大興国際空港」の滑走路に第一号機となる航空機が飛来し、飛行試験が開始されたと中国民航網が伝えている。
 関係者によると、今回試験が行われる滑走路は西一、西二滑走路(各3800mX60m 17-35)と、東一滑走路(各3400mX60m 19-01)、北一滑走路(各3800mX60m 11-29)の4本の滑走路と、6組の着陸計器システム、7組の灯光系統などとなっている。
 これらの飛行試験は1/22から3/15までの約2か月にわたってテストが続けられる。
 検査責任者によると、このように高レベル設備を備えた4本の滑走路を同時に検証することは世界でも希だという。
 北京大興国際空港は今後6月30日に竣工し、9月末に開港する見込みとなっている。

→【北京のホテルを探す】

北京南苑空港から北京駅の連絡バス運行休止:中国空港関連ニュース

 北京市の北京南苑空港から北京駅への連絡が運行休止となり、併せて西単と公主墳への路線についてはルート調整が行われたと民航資源網が伝えている。
 北京南苑空港によると9月26日をもって、同空港から北京駅の連絡バスは運行休止となったとのこと。
 また併せて、西単及び公主墳への連絡バスは、運行ルートの調整などが行われ、北京西駅の南広場発着に変更になった。
 この北京西駅のバスの運行時間帯は、北京西駅発が05:30~19:30に30分毎、北京南苑空港発が、朝07:30以降最終便到着まで乗客の動向を見ながら随時運行されるとしている。
 北京西駅行バスの運賃の設定は次の通り
・北京南苑空港発
 新宮(10元)→公益西橋(15元)→角門西(15元)→北京南駅(開陽橋南)(20元)→菜市口(20元)→前門(25元)→宣武門(25元)→長椿街(25元)→北京西駅南広場(30元)
・北京西駅南広場発
 北京西駅南広場(30元)→西単(25元)→北京南駅(開陽橋南)(20元)→角門西(15元)→公益西橋(15元)→新宮(10元)→北京南苑空港

→【北京市内のホテルを探す】
→【北京南苑空港周辺のホテルを探す】

北京南苑空港トップ
北京南苑空港からリムジンバス
北京南苑空港からタクシー

北京新空港名は「北京大興国際空港」に決定:中国空港関連ニュース

来年、2019年に開港を予定している北京市南部の新空港の名称が「北京大興国際空港」に決定したと人民交通網が伝えている。
 中国民用航空局によると、この「北京大興国際空港」は来年2019年6月30日までに竣工予定で、9月30日から運用を開始する予定とのこと。
 関係者によると土木工程は93%の真直度、道路面工程は62%の進捗度で、飛行区域は来年5月まで完成する予定だとしている。

→【北京のホテルを探す】

北京首都国際空港で安全検査強化、2~3時間前までに手続きを:中国空港関連ニュース

北京市の北京首都国際空港で安全検査が強化され、搭乗まで時間がかかるようになっていると新京報が伝えている。
 北京首都国際空港によると、現在同空港では安全検査を強化しており、搭乗客は出発時間の2~3時間までには空港に到着し、チェックイン手続きを行い安全検査を受けるよう注意を呼び掛けている。
 また安全検査に罹る時間軽減のため、機内に持ち込む手荷物は最小限に抑え、なるべくチェックイン時に委託荷物として航空会社に預けて欲しいとしている。
 また自宅やホテルを出発する前に、予め委託荷物内に含むことが禁止されているリチウム電池などの運び方を確認し、現場でスムーズな預け入れや荷物検査が行えるよう準備してから空港においでいただきたいとしている。

→【北京首都国際空港周辺のホテルを探す】
→【北京のホテルを探す】

北京首都国際空港トップ
北京首都国際空港からエアポートエクスプレス
北京首都国際空港からリムジンバス
北京首都国際空港からタクシー
北京首都国際空港から周辺都市へのバス

北京新空港の軌道交通空港線は2019年9月開通へ:中国空港関連ニュース

 北京市に建設中の北京新空港へのアクセス路線となる北京軌道交通新機場(空港)線が2019年9月に開通の見込みとなったと中国新聞網が伝えている。
 北京軌道交通関係者によると、機場線(空港線)一期は全長41.3㎞でこのうち23.65㎞が地下或いは掘割区間となっている。
 ルートは豊台区、大興区を経由し草橋駅、磁各庄駅、新機場北航站楼駅(いずれも仮称)の3駅が設置され、草橋駅で10号線と接続し将来19号線も乗り入れる予定となっている。
 機場線(空港線)は軌道交通線(都市内交通)としては国内最速の最高速度160㎞/hが設定され、全区間を19分間で運行される。
 車両は7両編成で定員448名が予定され、車内にはスーツケースなどが置ける荷物老い場などが設置されるとしている。

→【北京首都国際空港周辺のホテルを探す】
→【北京のホテルを探す】

北京首都国際空港のWiFi設備が強化、速度も5倍:中国空港関連ニュース

北京首都国際空港のwifi設備が強化、速度も5倍:中国空港関連ニュース

北京市の北京首都国際空港のターミナル内wifi設備が強化されたと新華網が伝えている。
北京首都国際空港よると、空港内のwifi設備の通信速度が従来の5倍にアップす、10Mbpsの速度での通sンが可能になったとのこと。
 また従来から利用者から不満の多かったデッドスペースが解消され、トイレはもとより、ショップエリアやレストランエリア、或いはタクシー乗り場などについてもwifi信号でカバーされ、より繋がりやすい環境になったとしている。

 さらに利用者認証速度もスピードアップし、従来20秒かかっていた認証が5秒まで短縮されたとしていて、一度認証処理を行えば向こう3か月は再認証が不要だとしている。
 現在北京首都空港におけるwifi接続では、微信(wechat)、ショートメール、認証機による番号発行機(パスポート登録など)3種類の認証方式が可能で、認証を行えば全て無料でスマートフォンやPCによるインターネット接続が可能になるとしている。
→【北京首都国際空港周辺のホテルを探す】
→【北京のホテルを探す】

北京首都国際空港トップ
北京首都国際空港からエアポートエクスプレス
北京首都国際空港からリムジンバス
北京首都国際空港からタクシー
北京首都国際空港から周辺都市へのバス

1 2 3 9