上海虹橋国際空港・上海虹橋駅のタクシープール

上海虹橋国際空港や上海虹橋駅へ飛行機や高速鉄道で上海に到着した場合、タクシーで市内などに向かう場合があるが、これらのタクシーはタクシー乗り場とは別に設置されたタクシープールで出番を待っている。

金網越しの上海虹橋国際空港のタクシープール

横に10列以上タクシーが並んでいる。

以前上海虹橋国際空港の第一ターミナル(T1)しかなかった際は、乗客待ちの長く伸びるタクシー渋滞が名物であったが、あまりにも長い列であり、待つ間も運転士としてはエンジンを吹かしたまま待機するので燃費などの効率が悪かった。
また排気ガスなどを大量に出して周辺地域へ迷惑をかける上に、順番待ちの車両の運転士が路上で立ちションを行なうなど、環境面にも良くない影響が有ったのである。

 これらを解消するために、上海虹橋国際空港T2とともにオープンした上海虹橋交通総合ターミナル(虹橋枢紐)では、ターミナルの南北に2か所のタクシーターミナルを設けてある。
南が空港客、北が鉄道客と言う風に割り振りが行われており、空港や駅で客を拾いたいタクシー運転士はまずこのタクシープール(出租車畜車場)に乗入れ、順番を待つことになる。

上海虹橋空港のタクシープールの入り口

上海虹橋空港のタクシープールの入り口

このタクシープールには750台のタクシーが収容可能でタクシー専用のトイレや詰所も用意されているために、周辺がゴミや小便で汚されることもないように配慮が行われている。
また一定台数ごとの縦列停車で横にレーンが広がっているため、レーンごとにタクシー乗り場への車両供給が行われるので、1台出ることに1台分進むと言ったようなことはなく、自分のレーンの順番が来るまでは運転手は車を降りて休憩することも可能となっており、運転手の負担を減らす配慮も行われている。

金網越しの上海虹橋国際空港のタクシープール

順番待ちをしているタクシーたち

 こういった体制でタクシーの運営が行われているため、上海虹橋国際空港では深夜になってもタクシーが途切れると言ったようなことはあまりなく、最大でも行列待ちが15分以内で済むようにタクシー供給がコントロールされている。

 ただし、これはT2に限ったことで、古くからあるT1ではタクシープールの設置が無く、このほど開始された改造工事でタクシープールの設置が予定されているものの、今のところは旧来のタクシー行列がまだ一部残る状態となっている。

→【上海市内のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港からの地下鉄
上海虹橋国際空港からリムジンバス
上海虹橋国際空港から周辺都市
上海虹橋国際空港から高速鉄道

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

上海虹橋国際空港にスマホ用電池の自動販売機を発見

 先日、上海虹橋国際空港を訪れた時、というか市内に外出して最寄駅である空港第2ターミナルからバスで帰宅する際に、スマホ用バッテリーの自動販売機を見つけた。
 上海浦東空港への機場1線などが発着する地上1階の東交通中心の中にあり、自販機自体はお菓子などを販売する中身の見える大きなガラス窓が前面についたタイプとなっていた。

なかなかカラフルなスマホ電池自動販売機

なかなかカラフル

 料金は電池容量によって違うが1個最低50元から200元までとなっている。
 まあ確かにスマホは電池容量が激しく、すぐにバッテリー切れを起してしまうので、空港間を移動するような旅行者にとっては、こういったバッテリーの販売は非常にありがたく、需要の隙間をついた旨い商売だという気がする。

 しかも物がバッテリーなだけに、賞味期限などは有ろうはずもなく、いつまでも売れるまで置いておけるし、売れ筋を見て商品をどんどん入れ替えたりすることも可能だ。
 また路上の自動販売機と違ってこの場所なら商品を盗まれる心配はまずないだろう。

 人の足元を見た商売と言えばそれまでだが、これはいい商売であるような気がする。

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)

上海虹橋国際空港に上海市政府飛行隊?

先日、上海虹橋国際空港の東滑走路のさらに東側に、大きな倉庫のような建物を見つけた。
 よく見ると上海市政府飛行隊と書かれている。

どうやらヘリの格納庫のようだ

どうやらヘリの格納庫のようだ

「飛行隊?」
 その文字を見て真っ先にセスナ機でばんばん飛び立つ軍隊の様な組織を想像してしまったが、引き続き眺めていると、そこへ何とヘリコプターが下りてきて倉庫の向こうの滑走路側に着陸したようだった。
 どうやら倉庫のような建物の陰にヘリポートがあるようであり、大きな倉庫はヘリの格納庫のようである。
 家に帰ってGoogleマップの航空写真をチェックしてみると、見えた位置に東側の誘導路北端付近にヘリポートと思しきマークが3つと大きな倉庫が映っていたので、やはりヘリポートのようである。

上海市政府飛行隊のヘリ

上海市政府飛行隊のヘリ

 また上海市政府飛行隊について調べてみると、上海市公安局所属の警務航空隊とあり、内部にはヘリが3機配備されているとなっていた。
 上空から警備や災害救助などのために設けられている組織のようで、ヘリには拡声器、サーチライト、赤外線観測器、デジタル撮影カメラ、救難梯子などが装備されているとあり、万が一の時はこれらが活躍するようだ。
 虹橋空港は旅客機や貨物機のような飛行機ばかりが飛び立っている空港だと思っていたが、ヘリポートがあったなんて空港ウォッチングを始めて半年以上経って初めて知る事実だった。
 空港って意外と奥が深い。

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

☆上海虹橋国際空港トップ

先週の雷雨の時の写真

先週の雷雨は凄かった
先週の8月1日の雷雨の時には自宅にいた。
非常に暑かった日の夕方3時半過ぎからだったろうか?
風がビュービューと強くなり、強い雨がいきなり降りはじめた。

向かいの建物さえ水煙で見にくい状態に

向かいの建物さえ水煙で見にくい状態に

これまでも夏の夕立程度の雨は上海で何度も体験しているが、今回の雨は体験したことが無いような強い雨だった。
バケツをひっくり返したという表現がぴったりのような雨が降り、風がビュービューと水煙を巻き上げ、その水煙で私の家の道路を挟んだ向かい側の住宅が見えなくなるほどに真っ白い世界となったのである。
よく北国の雪景色の中ではこういったホワイトアウト的な風景を目にするが、雨の水煙で視界が見えなくなるような体験は初めてだったような気がする。
そしてベランダから見える眼下の道路にもどんどん水が溜まって行った。
ここへ引っ越してきて4か月近くになるが、本来そこは水が溜まるような場所ではなく、これまで降った雨で水溜りが出来たことは見たことが無く少々の雨でも道が塞がれるようなことは無かった。
しかし今回の雨では排水設備が間に合わないのかあっという間に道路をふさぐほどに大きな水たまりが出来、やってきた車が躊躇する程広く深い水たまりが出来ていたように思う。
こちらは上から見ていたので、詳しくは分からないがひざ下くらいまであっただろう。
その水たまりを大きな水しぶきを上げて走り抜ける自動車の様子もすごかったのである。

水溜りを走りぬける

水溜りを走りぬける

もう姿さえ分からない

もう姿さえ分からない

実は、この道の先には空港を潜るトンネルがあるのだが、確認はしなかったが恐らく冠水は免れなかったのではないかと言う気がしている。
そして虹橋空港自身も案の定、16時~17時半まで90分ほど滑走路が閉鎖されたというのが翌日のニュースに出ていた。
2時間以上の遅れた便が123便、4時間以上遅れた便が44便、52便が欠航となったとのこと。
まあ迷惑を被った乗客達には気の毒だが、あんな気候の中で離発着など出来ないのは当然で、安全を考えたら仕方ない状態だったと思える大雨だったのである。

→【上海のホテルを探す】

☆上海虹橋国際空港トップ

夜、上海虹橋国際空港に集まるホタル

 雲のない夏の夜、夜空を眺めているとふわふわと点滅しながら近寄ってくる物体がある。
 しかも一つだけではない。
 ある光は南の空から、ある光は西の空から静かにじわじわと近寄ってくる。
 まるで、ホタルが集まって来ているかのごとく四方から光が集まってくる。
 晴れた夜だと特に星と重なってその光景が美しく印象的である。

ふわふわと近寄ってくる光の点

ふわふわと近寄ってくる光の点


 
もちろん、その光はホタルなどではなく、上海虹橋国際空港に向かう飛行機のライトなのである。
 虹橋空港では22時を回っても次から次へと飛行機が戻って来て、その光がまるでホタルの如く四方から集まってくるのである。
 まあ正体を明かせばあんなにでかい飛行機の機体なのに、すーっと空港に向かって飛んでくる様はどこか虫のようでもある。
 夜、虹橋空港にあつまる光たち、空港のそばならではのこの不思議な夜景は何処か風流である。
 空港のそばに住んで、こんな風景が見られるとは思わなかったので、どこか得した気分になっている。

→【上海のホテルを探す】

☆上海虹橋国際空港トップ

上海虹橋国際空港でクールシェア

 日本にクールシェアなる言葉があるのを最近初めて知った。
暑い日はみんなで公共施設や商業施設などに集まって冷房の利いた涼しい空間で過ごしましょうという呼びかけで、各家庭の電気代節約とともに電力消費全体を抑えるための企画だそうだ。
日本一暑いと言われる埼玉県の熊谷市などで実施されている企画だそうで、全国へ徐々に広がりを見せているらしい。
まあそんな中、こちら上海では日本以上に暑い日が続き連日最高気温が37℃などとアナウンスされており、室内の空調の電気代ももったいないなと思える日々が続いているが、クールシェアの言葉を知って私がやはり思いついた最適な場所は上海虹橋国際空港であった。
特に上海虹橋国際空港の第2旅客ターミナル(T2)は広大な空間がだだ広っく広がっており、その割には人の数はそれ程多くはない。
いや、人で混雑するエリアも結構あるのだが、それ以上に無駄に空間だけあって、人も余り近寄らず静かで涼しい場所が結構沢山あるのだ。

3階コンコースは結構余裕のある空間が広がる。

3階コンコースは結構余裕のある空間が広がる。

こんな広い空間に程好いレベルの涼しい空調が十分効いており、しかもベンチ付きで座って休むことが可能なのである。
お腹が空いたら、エリア内のマクドナルドやスターバックス、あるいはファミリーマートで食べ物や飲み物をかって来ることも可能だし、店内でWIFIに繋ぎながらスマホやノートパソコンで遊ぶことも可能だ。

おなじみのマクドナルドは無料WIFIが使える

おなじみのマクドナルドは無料WIFIが使える

WIFIも電源もあり、ここで延びりすごすのもあり

電源はないがWIFIがあり、ここでのんびり過ごすのもあり


例え多少の長時間居ても鞄でも抱えて飛行機を待つ旅行者のフリをすればそうそう怪し生まれることもない空間である。
もちろんトイレも沢山あり空港水準の清潔さで衛生上の心配は全くいらない。
まあ、こんなに理想的な条件の整ったクールシェア候補地は他に無いだろうというほどに条件は整っている。
上海に居て暑い中どこへも行きたくない、お金も使いたくないと意気消沈している方は、上海虹橋国際空港のT2でのんびり過ごすのがおススメである。

→【上海のホテルを探す】

☆上海虹橋国際空港トップ

アシアナ機事故後から航空機の着陸速度が速くなった気がする。

7月7日(現地7月6日)にサンフランシスコで起きたアシアナ航空機の着陸失敗事故は、空港のそばに住んでいるものとしては、結構ショックを受けている。
 まあ私の住んでいる場所は、滑走路に比較的近いとはいえ位置関係的には滑走路の進入方向に対して5~600m横にずれた位置であり、飛行機がよほどコントロール不能にならなければ突っ込まれるような事はないとは思う。
 まあ時々着陸待ちの航空機が上空を旋回するようなことはあるので普通の場所よりはやや事故に遭うリスクが高いかもしれないが、今のところ直接被害に巻き込まれるような心配はしていない。 
 しかし、空港のそばということは重大な事故を目撃するようなリスクを秘めていることは、今回改めて感じることとなった。

虹橋空港に着陸する上海航空B737-800機(かな?)

虹橋空港に着陸する上海航空機

 実は今回の事故が起きる直前に、航空機の着陸速度は思ったより遅く感じるということをテーマにしてブログを書こうとしていたのだが、今回の事故により書きづらくなってしまったのである。
 今回の事故の報道によれば航空機の着陸進入速度とは時速250キロくらいが規定らしく、それが190キロまで落ちたのが着陸失敗の主要原因らしい。
 しかし実際空港のそばで着陸する航空機を眺めていると、そんな新幹線に匹敵するような速さは感じず、滑空するように随分ゆっくりと舞い降り印象である。
 ところが今回のアシアナ機事故後から虹橋空港に着陸する航空機の進入速度がどうも速くなったような気がしてならないのである。
 ここ数日の着陸速度は以前に比べ、かなり速い速度で上空から降りてくる印象だ。
 実際速度計などで測っている訳ではないので心象での感想しかないのだが、カメラを構えた時に機体を追いかけるのがちょっと大変になったという気がするのである。
 もしかすると単なる思い込みなのかもしれないし、気候条件によって適正な進入速度が変わるかもしれないので、そのあたりは調べてみない分からないのだが、印象としては数日前よりスピードが速くなっている気がする。
 まあもし速くなっているとするなら、事故前までは接地時の衝撃を抑えるために可能な限りゆっくり降りるということがトレンドだったかもしれず、事故によって引き締められたということがあるのかもしれない。
 まあこれはあくまで心象なので、間違っていても責任は持てないということでお願いしたい感想である。

→【上海のホテルを探す】

☆上海虹橋国際空港トップ

スカイチーム塗装の南方航空機を目撃

先日、偶然空港方面を眺めていたら、スカイチームの塗装が施された機体が着陸するところを目撃、すぐさまカメラで写真に収めた。
実は先日からチラチラと空港内にいるのを遠目には目撃していたものの、カメラでとらえられるアングルや明るさが整わなかったのでうまく撮影できずにいた。
スカイチームの塗装というということはスカイチームのオフィシャル機があるのかなとも思ったが、じゃあ何で上海虹橋国際空港に到着するのかなと、不思議に感じていた。
で、カメラに捉えてみて疑問が解決した。

さすがに格好いい!

さすがに格好いい!

実はこの機体はスカイチームに加盟する南方航空の機体だった。
ネットで古いニュースを確認すると、この機体はB777で南方航空の天合連盟(スカイチーム)号名付けられている機体で2009年6月16日からこの塗装で運行されているようだ。
編成番号はB-2056である。
南方航空の伝統的な塗装は従来よりあまり格好良い色づかいではないなと感じていたが、この塗装は世界のスカイチーム統一塗装とのことで、流石シンプルだしセンスが違うなと感じるデザインであり、これなら乗ってみたいという気がする。
航空機の外観デザインは、航空会社のイメージを左右する大事なものであり、従来の南方航空の塗装も酷いと言うほどでもないが、コンサバティブで物足りなさを感じる面がある。

中国南方航空の伝統的塗装はちょっと保守的

中国南方航空の伝統的塗装はちょっと保守的

是非素敵なデザインへの変革を期待したいものである。

→【上海のホテルを探す】

☆上海虹橋国際空港トップ

1 2