上海虹橋国際空港名物のタクシー行列

上海虹橋国際空港のT2が出来る前の現T1のターミナル前から数キロに渡ってタクシーの車両の烈が並ぶタクシー行列はこの空港の名物だった。
それはT2が出来て国内線がT2に移ってからも健在である。

T2程ではないが、国際線が到着するためタクシー需要は多い。

T1も国際線が到着するためタクシー需要は多い。

 確かにT2オープン前のT1は市内までの足がバスしかなく、地下鉄が開通していない状態だったため、タクシーの量が多くなるのは必然なのだが、現在のT2には地下鉄が2路線も乗り入れているのに、タクシー行列は無くなっていない。
 まあ航空便に乗ってくる人の多くはスーツケースのような大きな荷物を持っており、長旅で疲れていることもあって、ちんたら地下鉄やバスで移動視したくないという気持ちは分からなくもない。

空港利用客のにもつは多い

空港利用客の荷物は多い

 特に航空機内は一人一席の空間が与えられ、ゆったりしたサービスを受けてきたのから混雑している地下鉄車内や乗換駅の煩雑した空間に放り込まれたくない気持ちは理解得出来るし、それゆえタクシー需要は高くなっていると思える。

 この現象は航空機利用客に特有の傾向に思え、直ぐ隣の上海虹橋駅に高速列車で降り立って乗り継ぐ人はタクシーに流れるより地下鉄に流れる人が圧倒的多く見えるのと対照的だ。
 また同じ上海の空港でも上海浦東国際空港の場合はここまでタクシー行列になることは少ないような気がしており、市内までの料金の高さやリムジンバス路線の充実がタクシー需要を分散させているといった気がする。
つまり市内に近い上海虹橋国際空港の場合はタクシー運賃のハードルが高くなく、バス路線もそれほど充実しているとは言えないため、タクシーを利用しやすい条件が整っていると言えるかもしれない。

 とはいえ上海虹橋国際空港の日中時間帯のタクシー行列は、それほど長い列にはなって無く、多くの車両が長い行列を作るのは主に夜になってからである。
特に地下鉄の終電が終わる23時過ぎは、タクシーの運賃も深夜料金に切り替わるので稼ぎ時となり途端にタクシー行列の長さが伸びる。

遠くまでタクシーのヘッドライトが並んでいる。

遠くまでタクシーのヘッドライトが並んでいる。

 しかも上海虹橋国際空港は23時以降も零時過ぎまでバンバン到着便がやってくるし、中国の航空ダイヤは常に遅れがちなので23時を過ぎても人の波は中々途切れず、それを狙っているタクシーは沢山あるのである。
 かつて現地メディアが伝えていた話によると、23時までは需要が落ち稼ぎもやや少ないため、近くで23時になるのを待ってから乗り入れるタクシーの少なくなく、利用客もそれを知って23時まで待つ人も大勢いるらしいのだ。
まあお互いが確信犯で起きているこのタクシー行列、上海虹橋国際空港が無くならない限りこの行列も無くなることはないだろう。

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

なぎ倒されたバス停

根元からぽっきり折れている。

根元からぽっきり折れている。

数日前、近所を歩いていたときに見つけたなぎ倒されたバス停。
根元からボキッと折れて無様な姿をさらしている。
恐らく乗用車かバスがここでUターンをしようとして回りきれず、ぶつけてしまった、そんな状況が想像できるこのバス停の状況である。
この国は乗用車は無論の事、バスも体格の大きさなど忘れたの如くとんでもない運転をするので、しばしこんなことが起きる。

→【上海のホテルを探す】

☆上海虹橋国際空港の情報はこちら

上海虹橋国際空港の駐機ポットに機種別の停止位置表示を発見!

先日、上海虹橋国際空港に帰って来た時に、沖合の駐機ポットに到着となったのだが、その際に駐機エプロンの地面に奇妙な表記が書かれているのを見つけた。
機体が停止するラインから垂直に数mほどの直線が、不規則な間隔で縦のラインに対してクロスして描かれており、何やら記号が書いてあるのだ。
その記号を見ると、「MD80 MD82」と書かれている。

逆さまだがMD80 MD82と書いてある。

MD80 MD82と書いてある。

MD80と言えば、かつての航空機製造メーカー、マグドネルグラス社の機体の型式番号である。
そして別のラインを見るとB737などと書かれている。
「ああ、そういうことか。」
つまり、これは旅客機が駐機する際に目安となる機体別の停止位置の表示だったのである。
飛行機の機体は機種によって機首から前脚車輪までの距離が違うため、前輪の位置を基準にして機体の停止位置を分かりやすく表示する物だったのである。
そして今乗ってきた機体の方に目をやると、確かに乗ってきたA321の機体が、A321と書かれている線で前輪が止まっており、推測は正しかったようだ。
このような表記が他の空港にもあるのかどうか知らないが、少なくともボーディングブリッジに接続できるエプロンには無かったような気がする。
毎回何気なく利用している空港であるが、注意深く観察すると今回のような面白い発見が沢山ある。

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

☆上海虹橋国際空港トップ

上海虹橋国際空港と上海虹橋駅を結ぶ電動カート

先日、上海虹橋交通ターミナルへ食事に行ったら(笑)、T2の内部に電動カートが走っているのを発見した。

(家の近所よりはレストランが充実しているため時々行くのである。)

外見は結構小さい

外見は結構小さい

ゴルフカートを大きくしたような、郊外公園などで見かける6人程度が乗れるオープンタイプのカートで、なんと鉄道の上海虹橋駅と上海虹橋空港の間を結んでいるのだという。
具体的には地下鉄の虹橋第2ターミナル付近からバスターミナルの有る西交通中心までをぐるっと回ってくるコースになっており、一周すると20分の距離で料金は一回1人10元で、70歳以上の老人と障害者、妊婦は無料とのこと。
運行時間はあさ9時から夜9時までとなっている。

ぐるっと南北の通路を一周してくる形になっている。

ぐるっと南北の通路を一周してくる形になっている。

以前から私はこの虹橋ターミナルは空港と鉄道駅の距離が遠く、移動に不便で同居のメリットがないなぁと感じていたのであるが、さすが施設の管理側も要望があったのか、その辺に気づいたようで今回の電動カーバスの運行開始になったらしい。

1人10元で9時~21時と書いてある。

1人10元で9時~21時と書いてある。

しかし1回10元とはちょっと高い気がする。

この区間、例えば地下鉄で移動すれば3元で済むし、端から端まで歩いても1000m程度の距離なので15分くらいで移動できる。
そういう比較をすれば10元と言う料金はちょっと高すぎるし、費用感覚が街中の三輪タクシーなどとあまり違わない気がする。
まあ荷物が多い時や疲れている時などは重宝する可能性もあり、VIP用サービスと思えばありなのかもしれないが、今のところ利用者は多くない様子だった。
地下鉄料金と比較して、これが5元だったらもう少し利用客が増えそうな気がするのが、まあどんなサービスであれ利用客の不便さを感じ取って、いろいろ創意工夫をしようとする姿勢はアリかなと感じる。

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

☆上海虹橋国際空港トップ

朝の上海虹橋国際空港は春秋航空機の出発ラッシュ

朝、部屋のベランダで洗濯物を干したりなどしていると上海虹橋国際空港から次々と春秋航空の機体が離陸して行く姿を見ることが出来る。

この日は雲って見えにくかったが、、、

この日は雲って見えにくかったが、、、

しかも春秋航空は保有機体が全てA320-200なので、同じ形の同じ塗装の航空機が次々に飛び立つ光景は圧巻でもある。
果たして朝の時間帯に何機の春秋航空機が虹橋空港から飛び立って行くのだろうかと思い、気になって春秋航空のサイトの運行状況から出発便の数を探ってみた。
すると出てきた結果が下記である。
06:55 三亜(海南省)行き
07:00 厦門(福建省)行き
07:05 長沙(湖南省)行き
07:10 掲陽(広東省)行き
07:15 重慶行き、広州(広東省)行き、珠海(広東省)行き、
07:20 深セン(広東省)行き、西安(陝西省)行き、
07:25 昆明(雲南省)行き、石家庄(湖北省)行き
07:35 晋江(福建省)行き
07:45 蘭州(甘粛省)行き

上海虹橋国際空港から飛び立とうとしている

虹橋空港から飛び立とうとしている

実に13機が連続して離陸していく。

何故、こんなに連続して出発していくのかを色々考えてみたが、この早朝の時間帯は到着便が無いからではないかと考えてみた。

つまり、到着便の無い時間帯と言うことは上海虹橋国際空港の2本ある滑走路を両方とも離陸用として使えるため、虹橋空港のT1に国内便として唯一本拠を置く春秋航空としては東側の第一滑走路をほぼ独占的に使える時間帯だからなのではないかと言う気がする。
 これが8時以降になるとT1からもソウルや台北などへの便が動き出し、他社との兼ね合いもあって、出発が管制の許可待ちになることだって発生するが、7時台は他社便が無いので、自社便の都合だけで運行できスムーズに離陸できる。

 9時台に入れば到着便なども発生するから離陸に使える滑走路は原則1本だけとなるため、さらに制約を受けて遅れが発生しやすい状況となる。
 1つの機体を1日中なるべく長い時間使いまわすLCC(格安航空会社)にとっては朝からもし遅れることになるとその日の全ての便に響いてしまうので、朝のスムーズな滑り出しが何より大事なはずであり、そのためのこの早朝の滑走路独占なのではないかと考えられる。
 またツアー客輸送が主力の春秋航空では、市内各所からツアーバスが運行されると聞き、出発便を同一時間帯に集中させることにより、効率的な輸送が可能になるのだというような理由もありそうな気がする。

 チェックインカウンターなども、他社便がない時間帯なら利用客は分かりやすくスムーズに捌けるであろう。

 こんなような理由からおよそこの朝の離陸ラッシュとなっているのだと思われるが、まあ13機もの同じ機体が毎朝飛んでゆく姿はやはり何度見てもちょっと不思議な光景である。

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海虹橋国際空港トップ

上海虹橋国際空港から夕焼けに飛ぶ飛行機

先週の夕方に夕焼けが綺麗だったので、急いでカメラを持って滑走路の近くまで行ってみた。
夕焼けをバックに飛び立つを航空機を撮影しようとしたが、どうも近すぎたようで角度が合わない。(笑)
これだったら自分の部屋から撮った方がよかったかもしれないなと思いつつ、一応その時に偶然飛び立った東方航空の機体と思しき機体を撮影した。
空港に近すぎるのも、何でもベストポジションということではないようだ。
ここに住んでいるうちに是非とも夕焼け用ベストスポットを探したいと思っている。

上海虹橋国際空港を飛び立つMU機

ちょっと飛行機の高度が高過ぎた。

 

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

☆上海虹橋国際空港トップ

空港が見える部屋

今年4月に引っ越ししてきた部屋は、何と部屋のベランダから上海虹橋国際空港が見える。
毎日のように飛行機が離発着する姿を眺めるのは爽快である。
飛行機好き・空港好きになったのは最近の事であるのだが、こんな場所に自分が住むことになるとは夢にも思わなかった。
今年4月に不動産屋にここを紹介され、運命的なものを感じた。
ここから空港のフェンスまでは僅か200~300mであり、その気になればいくらでも写真が撮れるのである。
当初心配していた飛行機の騒音もほとんど気にならず、寧ろ飛行機を感じられる心地よいレベルで、窓の下で芝刈りをするマシンの音やすぐ目の前の道路を走り抜けるダンプカーの音が煩すぎて飛行機の音を聞くのに邪魔になるくらいだ。
どうしても気になる時は、寝る時に窓を閉めれば気になるレベルではないのだが、寧ろこのシチュエーションンにいるのに勿体ないという気がしている。
とにかく住む場所が空港に近く、毎日飛行機が見られるというだけで、結構幸せな日々を送っている。

南方航空機

南方航空機

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋空港周辺のホテルを探す】

☆上海虹橋国際空港トップ

1 2