上海浦東国際空港で春節期間に市内方面の地下鉄など夜間増発:中国空港関連ニュース

 上海市の上海浦東国際空港において、春節のUターンラッシュのために地下鉄やリニア―モーターカー線などで夜間の運転時間が延長されることになったと新民網が伝えている。
 上海浦東国際空港によると、春節のUターンラッシュに合わせて2月2日と3日に上海地下鉄2号線に特別列車を準備し、浦東国際機場駅発22:20発、22:40発、23:00の3本を増発運行するとしている。
 これらは途中、川沙駅、広蘭路駅、世紀大道駅のみに停車し終点人民広場まで運行されるとのこと。
 また上海リニアモータカーについても常態化している増発列車である浦東機場発22:15発と22:40発の2便が引き続き運行されるとしている。
 またリムジンバス便については虹口足球場行きの機場4線が1月31日~2月8日の間に、最終バスを24時発まで延長し、深夜に到着する利用客の足を確保するとしている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京大興広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

鄭州新鄭国際空港へ地下鉄乗り入れは2017年1月の見込み:中国空港関連ニュース

 河南省鄭州市の鄭州新鄭国際空港への地下鉄(軌道交通)の乗り入れが2017年の春節前に始まる見込みだと大河網が伝えている。
 鄭州新鄭国際空港によると、乗り入れが予定されているのは鄭州城郊鉄路一期線(南四環―機場站)で、31.7キロの区間に14の駅が設置される予定なっているとのこと。
 南四環駅では軌道交通2号線に接続するため、乗り換えなしで市内へ移動が可能になる見込みだとしている。
 設置される駅は南四環、十八里河、沙窟李、後湖、小喬、華南城西、華南城、華南城東、孟庄、港区北、康平湖、恩平湖、綜保区、新鄭機場(空港)の14駅。
 関係者によると、今月10月5日から試運転を開始しており、約3か月間の試験運行が必要なため、開業時期は来年の2017年1月下旬の春節前(旧正月前)が見込まれているとしている。

→【鄭州新鄭国際空港のホテルを探す】
→【鄭州市内のホテルを探す】

春節期間の上海浦東国際空港から市内への深夜の足は増便:中国空港関連ニュース

 上海市の上海浦東国際空港において、春節期間の混雑に合わせて上海地下鉄2号線やリニア、リムジンバスにおいて各々増便が行われることになったと央広網が伝えている。
 上海浦東国際空港によると、地下鉄2号線の増便が行われるのは2月13日(土)と14日(日)の2日間で、夜間22時以降に上海市内方面の列車が各日3本ずつ運行される。
 具体的には浦東国際機場駅発が、22:20、22:40、23:00の時刻で、途中は川沙、広蘭路、世紀大道、人民広場にのみ停車し、その他の駅には停車しない。
 またリニアモーターカーについては当面の間、浦東国際機場駅発22:15と22:40が龍陽路駅まで運行される。(空港方面への営業運行はなし)
 
 さらにリムジンバス機場4線(虹口足球場行き)は2月1日~2月22日まで、最終バスの出発時間を従来の23時発から24時発まで延長する。
 同様に機場7線(上海南駅行き)も2月13日~2月15日の3日間、最終バスの出発時間を従来の23時発から24時発まで延長する。
 同様に機場8線(南匯バスターミナル行き)も2月13日~2月15日の3日間、最終バスの出発時間を従来の19時30分発から20時30分発まで延長する。
 このほか守航夜宵線(上海虹橋国際空港T2行き)は上海浦東国際空港の最終便到着後45分後まで運行され、春節期間はバス車両40台を待機させ、利用者の足を確保するとしている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

上海虹橋国際空港・駅から市内まで深夜に地下鉄の臨時列車増発:中国空港関連ニュース

 上海虹橋国際空港と上海虹橋駅での春節(旧正月)のUターンラッシュに対応するため、上海地下鉄2号線で深夜に虹橋火車站駅から龍陽路駅まで臨時列車を増発することになったと新聞晨報が伝えている。
 上海地下鉄の公式マイクロブログサイトによれば、従来より地下鉄2号線では虹橋火車站駅から2本の特別最終列車が運行されていたが、春節のUターンラッシュに対応する為、さらに同様の列車を2本増便することになったとのこと。
 この列車は虹橋火車站が始発で、淞虹路・中山公園・ 静安寺・人民広場・世紀大道にのみ停車し龍陽路駅まで運行され、これ以外の駅は停車しない。
 運行時刻は従来の列車が虹橋火車站発23時4分発、23時30分発の便に加えて0時発、0時30分発が増便となるとしている。 

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)

上海浦東国際空港のリムジンバス機場4線が春節期間に時間延長:中国空港関連ニュース

 上海浦東国際空港から虹口サッカー場を結ぶリムジンバス機場4線が、春節期間の3月2日まで最終バスの時間を1時間延長することになったと解放日報が伝えている。
 上海浦東国際空港によると機場4線は空港と虹口サッカー場の龍之夢ショッピングセンターを結び、途中上海北西部の繁華街の五角場などを経由する路線。
 関係者によれば、通常は空港発は23時が最終分となるが春節期間は故郷へ帰る人や海外に出かける人々の往来が非常に多くなるために、運行時間の延長を決めたとのこと。
 すでに2月12日より運行時間の延長が始まっており、春節後の3月2日まで延長運行が続けられるとしている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

上海浦東・上海虹橋国際空港で春節期間に深夜バス増便:中国空港関連ニュース

 上海浦東国際空港と上海虹橋国際空港で、春節輸送期間中の輸送力確保のため深夜のバス(守航線)の運行を増やすことになったと時代報が伝えている。
 上海の両空港のリムジンバスを運営する上海空港巴士公司によると、上海浦東・虹橋の両国際空港から深夜に運行されるバスの待機車両を55台まで増備して、利用客の増加に備えるとのこと。
 具体的には通常は、発車時刻を設定した運営が行われているが、この期間は満席になった時点で随時出発する体制に切り替えるとしている。
 現在上海浦東国際空港では22時30分以降、最終便到着後45分後まで上海市内への深夜バス(守航線)が運行され、上海虹橋国際空港T1まで運行されている。
 また上海虹橋国際空港でも、T2からやはり22時30分以降に浦東新区陸家嘴地区までの深夜バスの運行が行われている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】
→【上海虹橋空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)