洛陽北郊空港から揚州経由で大阪へ春秋航空が3月27日から就航:中国空港関連ニュース

 河南省洛陽市の洛陽北郊空港から江蘇省揚州市の揚州泰州国際空港経由で日本の大阪(関西国際空港)への路線を春秋航空(9C)が就航することになったと民航資源網が伝えている。
 春秋航空によると、洛陽から大阪への航空便はA320型機を使用し毎週月曜日の週1便で、9C8551便が洛陽発16:45揚州着18:20、揚州発20:15大阪着23:45、9C8552便が大阪発09:50揚州着12:00、揚州発14:00洛陽着15:45で運航されるとしている。

→【揚州市のホテルを探す】
→【泰州市のホテルを探す】
→【洛陽市のホテルを探す】
→【洛陽北郊空港付近のホテルを探す】

→【関西国際空港周辺のホテルを探す】
→【大阪市内のホテルを探す】

揚州泰州国際空港トップ
揚州泰州国際空港からリムジンバス
揚州泰州国際空港からタクシー

 

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

鄭州新鄭国際空港から菏澤市への直通バスが1日5往復に:中国空港関連ニュース

 河南省鄭州市の鄭州新鄭国際空港から山東省菏澤市への直通バスが1日5往復に調整されることになったと大衆網が伝えている。
 鄭州新鄭国際空港によると、菏澤側の発着点は菏澤汽車西站で全区間の所要時間は3時間となっている。
具体的な運行時間は次の通り
鄭州新鄭国際空港発
10:40、12:50、15:10、17:50、20:20
菏澤汽車西站
06:40、08:40、11:20、13:00、15:30 

→【鄭州新鄭国際空港のホテルを探す】
→【鄭州市内のホテルを探す】
→【菏澤市内のホテルを探す】

鄭州新鄭国際空港へ地下鉄乗り入れは2017年1月の見込み:中国空港関連ニュース

 河南省鄭州市の鄭州新鄭国際空港への地下鉄(軌道交通)の乗り入れが2017年の春節前に始まる見込みだと大河網が伝えている。
 鄭州新鄭国際空港によると、乗り入れが予定されているのは鄭州城郊鉄路一期線(南四環―機場站)で、31.7キロの区間に14の駅が設置される予定なっているとのこと。
 南四環駅では軌道交通2号線に接続するため、乗り換えなしで市内へ移動が可能になる見込みだとしている。
 設置される駅は南四環、十八里河、沙窟李、後湖、小喬、華南城西、華南城、華南城東、孟庄、港区北、康平湖、恩平湖、綜保区、新鄭機場(空港)の14駅。
 関係者によると、今月10月5日から試運転を開始しており、約3か月間の試験運行が必要なため、開業時期は来年の2017年1月下旬の春節前(旧正月前)が見込まれているとしている。

→【鄭州新鄭国際空港のホテルを探す】
→【鄭州市内のホテルを探す】

鄭州新鄭国際空港のリムジンバス発着点一部変更:中国空港関連ニュース

 河南省鄭州市の鄭州新鄭国際空港から鄭州大酒店を結ぶリムジンバスの発着点が変更となると騰訊網が伝えている。
 鄭州新鄭国際空港によると、鄭州大酒店へのリムジンバスは6月20日12時より、鄭州市長途客運中心站(バスターミナル)に発着点が変更となるのこと。
 運賃と運行時間には変更がなく鄭州新鄭国際空港発が08:40~21:00、鄭州長途客運中心站発が06:30~20:30の間となっており、毎時1時間ごとに運行されるとしている。

→【鄭州新鄭国際空港のホテルを探す】
→【鄭州市内のホテルを探す】

鄭州新鄭国際空港にバスの自動券売機を設置:中国空港関連ニュース

 河南省鄭州市の鄭州新鄭国際空港において、市内や周辺都市へ向かうバスのチケットの自動券売機が設置されたと中原網が伝えている。
 鄭州新鄭国際空港によると同空港のT2の1階及び2階、総合交通乗換中心に計6台の自動券売機が設置され、市内及び郊外都市へのバスチケットが購入できるようになったとのこと。
 この6台の券売機では銀聯カードを使用して支払いが可能なほか、4台では支付宝、微信銭包などの方法でも支払いが可能だとしている。

→【鄭州新鄭国際空港のホテルを探す】
→【鄭州市内のホテルを探す】

 

鄭州新鄭国際空港のT1が休止、全社T2に移行:中国空港関連ニュース

 河南省の鄭州新鄭国際空港のT1が3月30日から休止し、当面は全ての航空会社がT2で運営を行うことになったと民航資源網が伝えている。 
 鄭州新鄭国際空港によるとこれまで昨年に供用開始したT2へ順次航空会社の移行を行ってきており、3月6日にも18社が既に引っ越しを終えているが、今回残りの13社も移行することになったのこと。
 これにより全ての鄭州新鄭国際空港では全33社の航空会社がT2で運営を行うことになり、T1は設備改修のために当面は運用を休止する閉鎖になるとしている。

 今回T2に移行した航空会社は次の通り。
 東方航空(MU)、上海航空(FM)、厦門航空(MF)、河北航空(NS)、春秋航空(9C)、祥鵬航空(8L)、華夏航空(G5)、華信航空(AE)、長栄航空(BR)、大韓航空(KE)、澳門航空(NX)、オアシス航空(O8)

→【鄭州新鄭国際空港のホテルを探す】
→【鄭州市内のホテルを探す】

 
 

鄭州新鄭国際空港でリチウムバッテリー持込み規制の強化:中国空港関連ニュース

 河南省鄭州市の鄭州新鄭国際空港で航空機へのリチウム電池の持ち込みが強化されたと東方今報が伝えている。
 鄭州新鄭国際空港によると、従来からスマートフォンなどの充電用バッテリーパックは必ず機内持ち込みとし、委託荷物への預け入れを禁止している。
 また100mh以下の容量のバッテリーの場合は航空会社の許可は必要無いが、100~160mhの容量のバッテリーの場合は航空会社の許可が必要で3つ以上の持ち込みは出来ない。
 さらに容量が160mhの電池や、自作の電池は持ち込みが出来ず、搭乗時の荷物検査で厳密なチェックが行われるとしている。

→【鄭州新鄭国際空港のホテルを探す】
→【鄭州市内のホテルを探す】

 

鄭州新鄭国際空港で3月6日から航空17社がT2へ移動:中国空港関連ニュース

 河南省の鄭州新鄭国際空港において従来T1(第1ターミナル)で業務を行っていた航空17社が、3月6日から昨年オープンしたT2(第2ターミナル)に移動することになったと民航資源網が伝えている。
 鄭州新鄭国際空港によると、3月6日午前零時より航空17社のチェックインカウンター及び航空便56路線の発着が従来のT1からT2に移されて運営されることになたとのこと。
 この移動によりT2では今後先に移動を完了していた山東航空(SD)と香港ドラゴン航空(KA)と合わせて19社が業務を行うことになるとしている。

  今回移動になる航空会社は深圳航空(ZH)、西部航空(PN)、中国国際航空(CA)、海南航空(HU)、天津航空(GS)、首都航空(JD)、四川航空(3U)、雲南祥鵬航空(8L)、幸福航空(JR)、成都航空(EU)、長龍航空(GJ)、吉祥航空(HO)、昆明航空(KY)、福州航空(FU)、北部湾航空(GX)、河北航空(NS)、烏魯木斉航空(UQ)の17社。

→【鄭州新鄭国際空港のホテルを探す】
→【鄭州市内のホテルを探す】

 

1 2 3