上海浦東国際空港のリニアモーターカー&地下鉄マルチパスを使ってみた。

上海のリニアモータカー「トランスピッド」

上海浦東国際空港と上海市内の龍陽路駅を結ぶリニアモータカー「トランスピッド」は、世界初の高速営業運転を行なうリニアモータカーとして知られているが、昨年2013年5月23日からこのリニアモーターカーのチケットと地下鉄乗り放題券を組み合わせたマルチパスが発売されている。

上海浦東国際空港のリニアモーターカー&地下鉄マルチパス

リニアモーターカー&地下鉄マルチパス(片道用)

このパスは中国語では「磁浮地鉄一票通」と表示され英語表記は「MAGLEV&METRO PASS」で上海リニアモータカー(マグレブ)と地下鉄のマルチパスそのままの名前となっている。
パスはリニアモータカーの乗車回数によって2種類あり、リニア片道+地下鉄乗り放題のパスが55元、リニア往復+地下鉄乗り放題のパスが85元となっている。
それぞれの個別の通常料金はリニアモータカーの片道料金が50元、地下鉄乗り放題1日券が18元であるから、片道券で13元、往復券で最大28元お得になるが、既にリニアモータカーの往復券は80元の設定があることを考えると、実質的なお得度額はやはり13元という計算になる。
また地下鉄部分も1回の平均乗車運賃が4元で計算すれば、元を取るには5回の乗車が必要になるため単純往復だけでは元は取れないが、毎回切符を買う手間が省け上海公共交通カードのように保証金も必要なく、さらにカード自体が記念品として手元に残ることを考えれば短期の滞在の旅行客にはとても便利なカードであることは間違いない。
上海地下鉄の地下鉄の人民広場駅や静安寺駅など主要駅で購入出来、リニアモータカーの上海浦東国際空港駅ではクレジットカードでも買えるようだ。(地下鉄駅ではクレジットカードは使えない模様)

上海浦東国際空港のリニアモーターカーチケット売り場

主要国際クレジットカードはほとんど使える。

上海リニアモータカーの上海浦東国際空港駅は空港のT1・T2の両ターミナルの中央に位置し、地下鉄の駅と対峙するように北側に改札口とコンコースがある。
入場にはまず大きな荷物検査機でセキュリティチェックを受ける必要があり、その後に自動改札を通過するが、通常の切符もカード式で今回のパス同様ににセンサーにタッチする方式になっていて、センサーが感知すると自動的にゲートが開く。

上海浦東国際空港のリニアモーターカー自動改札口

上部にチケットをかざすとゲートが開く

中のコンコースはだだっ広く、窓を大きく採光できるようになっているためか、夜はやや暗い印象で、売店等もないのでここに滞留する人も少ないのでゆったりとしていると言えば聞こえはいいが、やや寂しい印象だ。

上海浦東国際空港のリニアモーターカー駅コンコース

やや薄暗く静かなのでちょっと寂しい

エスカレーターでホームに降りると今回は既に車両が止まっていた。
ホームにホームフェンスはあるが、乗車口に自動扉はなくロープによるに制限がしてあるだけで、列車到着時に係り員が人の手でロープを外す。

上海浦東国際空港のリニアモーターカー駅のホーム乗車口

手動ホームドア?

これは合理性というより、おもてなしの高級感を演出する施設のような印象だ。
さて、内部には客席以外にもスーツケース置き場が設置されているが、この荷物置き場はやや小さいので混雑するとすぐにいっぱいになるのと、僅か10分足らずの乗車時間を考えると、この配置が妥当なのかを考えさせられる面もある。

上海のリニアモーターカー内の荷物置き場

乗車人数の割にはやや狭い

上海リニアモータカーの内部の客席3人掛けシートが2列のゆったりとしたつくりで、シートピッチは85センチくらい、座席は布張りシートの上に更に水色のカバーが掛けてあり、まあ見た目に高級感があるとは言えないが、座り心地はまずまずであり少なくとも不潔感はない。

上海のリニアモーターカー内の座席

シートピッチが広くゆったり

上海のリニアモーターカー内の座席

水色のカバーが掛けられている。

座席上部には読書灯も着いており、航空機を意識したつくりで、日中の日光を遮るカーテンもついている。

上海のリニアモーターカー内の読書灯り

飛行機同様に3席分の読書灯

列車は一瞬ふわっと浮いたような状態になったあと、静かにゆっくりと動き出す。
まるで離陸時の航空機のようなスピード感である。
一応最高時速437キロとされているが、近年周辺の騒音の問題もあって一部の時間帯を除いては時速300キロに制限されていて、所要時間も7分40秒から8分19秒となっている。

上海のリニアモーターカーの速度表示

時速301キロを示している

時速300キロの運行だと437キロの時に比べ、揺れも少ないので安全性や乗り心地はこちらの方が断然よいようだ。
それでも時速300キロはとても速く、あっという間に龍陽路駅に到着する。
龍陽路駅もホームも何の設備もないのではやや寂しく、降車客はそそくさとエスカレーターを降りていくのであっという間に人がいなくなる。

上海リニアモーターカーの龍陽路駅

龍陽路駅のつくりはモダンだが、やや吹きさらし気味

龍陽路駅はホームごと屋根が覆うモダンな造りの駅だが、その分だけ開口部も大きく、夏は暑く冬は寒い状況になる。
リニアモータカーの駅の改札口を出て、エスカレーターを降りると目の前に地下鉄2号線と地下鉄7号線の龍陽路駅があり、途端に中国のローカルチックな雑然とした雰囲気となり、駅前がやや暗いこともあってかリニアモータカーで来た外国人利用客は、いよいよ中国の街に飛び込むのだとここで実感するだろう。

上海地下鉄の龍陽路駅

乗換え口はやや暗く、雑然とした中国的雰囲気になる。

さて本来ならここで切符を買わなくてはいけないが、ここでマルチパスが威力を発揮し、切符を買わずにそのままパスで自動改札口に行ける。

上海地下鉄の龍陽路駅の切符売り場

地下鉄駅の自動切符販売機はややゴツイ

現在地下鉄乗車時には全駅でセキュリティチェックが有り、小さなバッグだけなら呼び止められることは少ないが、大きなスーツケースなどは必ず通さなければならないので、覚悟をしておこう。

上海地下鉄の龍陽路駅のセキュリティチェック

小さなバックはそのまま通ってもまず問題ない

このマルチパスは、この最初に自動改札口を通過した時から24時間が計時されるので、ここで入場した時間を覚えておく必要があり、翌日の同じ時間まで地下鉄を使う目論見で行動計画を立てたい。
ただ、この日はホテルや家に向かうだけ或いは24時間後までに地下鉄に乗る計画が無いような場合は、無理にここでマルチパスを使い始める必要はなく、地下鉄分は有効期限内なら使用開始はまた後日でも良く、予定に合わせてうまく使いたい。

→【その他上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】
→【上海のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港から地下鉄
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です