上海浦東国際空港を発着する国外航空会社のチェックイン締め切り時間と無料受託荷物の範囲

 上海浦東国際空港より、同空港を出発する主要国外エアラインのチェクイン手続き締め切り時間と無料受託荷物の範囲が参考情報として発表されている。
 中国の国内航空会社は含まれておらず、全ての乗り入れ航空会社がカバーされているわけではないが、おおよその目安として利用されたし。
 詳しくは利用する各航空会社に確認のこと。

上海浦東国際空港の荷物運び風景

上海浦東国際空港の荷物運び風景

AA アメリカン航空
〇チェックイン締め切り 60分前
〇無料委託荷物
・エコノミー 1人2個 23㎏/個以下
・ビジネス  1人2個 32㎏/個以下
・ファースト 1人2個 32㎏/個以下

AC エアカナダ
〇チェックイン締め切り 60分前
〇無料委託荷物
・エコノミー 1人2個 23㎏/個以下
・ビジネス  1人2個 23㎏/個以下
・ファースト 1人2個 32㎏/個以下

CX キャセイパシフィック航空
KA キャセイドラゴン航空
〇チェックイン締め切り 40分前
〇無料委託荷物
・エコノミー 重量基準 30㎏以下
・Sエコノミー重量基準 35㎏以下
・ビジネス  重量基準 40㎏以下
・ファースト 重量基準 50㎏以下

DL デルタ航空
〇チェックイン締め切り 60分前
〇無料委託荷物
・エコノミー 1人2個 23㎏/個以下
・ビジネス  1人2個 32㎏/個以下
・ファースト 1人2個 32㎏/個以下

D7 エアアジア
〇チェックイン締め切り 60分前
〇無料委託荷物
・エコノミー (全て有料)
・ビジネス  (全て有料)
・ファースト (全て有料)

EK エミレーツ航空
〇チェックイン締め切り 60分前
〇無料委託荷物
・エコノミー 1人2個 23㎏/個以下 合計30㎏以下
・ファースト 1人2個 32㎏/個以下 合計40㎏以下

ET エチオピア航空
〇チェックイン締め切り 60分前
〇無料委託荷物
・エコノミー 46㎏/50kg以下(券種による)
・ファースト 1人2個 23㎏/個以下

GA ガルーダインドネシア航空
〇チェックイン締め切り 60分前
〇無料委託荷物
・エコノミー 重量基準 30㎏以下
・ファースト 重量基準 40㎏以下

JL 日本航空
〇チェックイン締め切り 45分前
〇無料委託荷物
・エコノミー 1人2個 23㎏/個以下
・ビジネス  1人3個 32㎏/個以下

LV メガモルジブ航空
〇チェックイン締め切り 60分前
〇無料委託荷物
・エコノミー 重量基準 20㎏以下
・ビジネス  重量基準 25㎏以下
・ファースト 重量基準 30㎏以下

MM ピーチ航空
〇チェックイン締め切り 50分前
〇無料委託荷物
・エコノミー 券種による

NH 全日空
〇チェックイン締め切り 45分前
〇無料委託荷物
・エコノミー 1人2個 23㎏/個以下
・ビジネス  1人2個 32㎏/個以下

NX マカオ航空
〇チェックイン締め切り 50分前
〇無料委託荷物
・エコノミー 重量基準 20㎏以下
・ビジネス  重量基準 30㎏以下

QR カタール航空
〇チェックイン締め切り 60分前
〇無料委託荷物
・エコノミー 重量基準 30㎏以下
・ビジネス  重量基準 40㎏以下

SU アエロフロートロシア航空
〇チェックイン締め切り 60分前
〇無料委託荷物
・エコノミー 1人2個 23㎏/個以下
・Sエコノミー1人2個 23㎏/個以下
・ビジネス  1人2個 32㎏/個以下

S7 シベリア航空
〇チェックイン締め切り 45分前
〇無料委託荷物
・エコノミー (全て有料)
・ビジネス  (全て有料)
・ファースト (全て有料)

UA ユナイテッド航空
〇チェックイン締め切り 60分前
〇無料委託荷物
・エコノミー 1人1個 23㎏/個以下
・ビジネス  1人2個 32㎏/個以下
・ファースト 1人3個 32㎏/個以下

ZE イースター航空
〇チェックイン締め切り 50分前
〇無料委託荷物
・エコノミー 重量基準 15㎏以下

(こちらは参考情報であり、記載ミス等によるかかる損害には当サイトは一切の責任を負いません)

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

上海市が屋内全面禁煙へ、空港内の喫煙所も廃止の方向:中国空港関連ニュース

 上海市の公共空間における喫煙規制条例が見直されることになり、空港を含めた屋内空間における喫煙が全面的に禁止されることになると民航資源網が伝えている。
 上海市第14回人民大会常任委員会第31回聴取会において発表された「上海市公共場所における喫煙規制条例」修正案の草案によると、上海市内の旅館ホテル、レストラン、娯楽施設、職場、空港や鉄道などのターミナルなどにおいて、室内エリアにおける全面禁煙が示され、併せてこれらに違反した場合即罰則を受けることが示されたという。
 具体的には、空港や駅などの公共空間について現在の規定では特定の喫煙所を除いて全面禁煙となっていたものが、修正案では屋内全ての場所で全面禁煙とするものなっている。
 このため、この条例草案がそのまま可決すれば現在設置されている喫煙所についても廃止されるとしている。

上海虹橋国際空港T2

上海虹橋国際空港T2

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)

上海浦東国際空港はもう増便不可?民航局が新規就航申請の受理停止

 上海浦東国際空港における新規航空便の就航申請の受理がペナルティによって中止されていると報道されている。

 報道によれば、上海浦東国際空港の3月、4月の正常運行率が民航局の要求する基準を満たさなかったため、6月1日以降の新規の臨時便、チャーター便、定期便の申請受付停止を5月に引き続き停止するとしている。
 併せて、厦門、福州の空港についても同様に6月からの新規就航を停止すると発表されているようだ。

 資料によると今回のペナルティは2015年10月以降4度目のペナルティ発令となっており、10月のペナルティの理由としては同年8月に正常運行率が70%以下に低下したため10月の新規就航が制限されたとのこと。
 その後も2015年11月、2016年5月と繰り返しペナルティを受けており、6月も5月に引き続いての新規受付停止のペナルティとなっている。
 いずれも定時運航率の低下問題が原因であるようで、都度改善を行って定時運航を回復しているが、現状の施設・運用では飽和状態に達しつつあることが露呈する状況となっている。
 これにより、例えば現在増え続けている中国から日本への直行便の増加なども制限を受けることになり、中国側の空港の問題で日本への観光客増加にストップがかかるかもしれない状況になっている。

 上海浦東国際空港の関係者によれば、この定時運航の妨げになっている原因として、エプロン(駐機場)不足と、誘導路の複雑さが挙げられるという。
 このうちエプロンについては、現在135機分が設置されているが、うちボーディングブリッジ接続、つまりターミナルに到着する固定スポットは70機分しかなく、割合としてたった52%しかない。

上海浦東国際空港のオープンスポット

上海浦東国際空港のオープンスポット

 そして今後上海ディズニーランドの開園や上海自由貿易区の拡大を考えると、191機分のエプロンが必要と見込まれており、ますます容量不足が深刻化する状況が予測されている。
 また2013年から始まった固定エプロンの拡大工事が逆にオープンスポットに駐機する航空機を増やす結果となり、誘導路上の平面交差を増加させ遅れの原因となっているとのこと。

 上海浦東国際空港では、現在南側にサテライトターミナルを建設中で70機分の固定エプロンが増設される予定だが、2019年供用開始予定となっており、あと3年は現状のままのようだ。

 これらの要因に加え、従来から問題となっている上空の空域不足も抜本的な解決には至っていない模様。

 昨年春に第四滑走路が供用開始となり、滑走路の面ではキャパが大幅に拡大したように見える上海浦東国際空港だが、結局は地上設備などが追い付かず、しばらくは大幅な容量増加は見込めない状況のようである。
 上海では北京のような新空港の構想もまだ具体化していないことから、恐らく2019年のサテライト完成までは抜本的改善が見込めず、発着回数の増加も夜中など特殊な時間帯に限られ、しばらくは頭打ちが続くと予想される。

上海浦東国際空港に駐機する東方航空機

上海浦東国際空港に駐機する東方航空機

 このため、当面の国際航空便増加の、例えば日中線の航空便増加のターゲットは三大都市以外の地方空港に移っていくと予想される。
 上海周辺で言えば、寧波や常州、南通などが比較的キャパに余裕がある空港として注目を浴びそうで、暫くはこれらが上海浦東国際空港や上海虹橋国際空港を補完する空港として発展してく可能性が考えられる状況となっている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

上海浦東国際空港T1の改造工事完了:中国空港関連ニュース

 直轄市の上海浦東国際空港T1の改造工事が完了したと中国網が伝えている。
 上海浦東国際空港によると今回の改造工事では、トランジット待合室、搭乗ゲート、チェックインカウンター、トランジット安全検査場、VIP休憩室などの設備一新が行われたとのこと。
 中でも、このT1を拠点とする東方航空(MU)は最大の受益者となり、東方航空ではこの改造が行われたエリア内に同社最大となるVIP室を設置し、ハイエンドユーザーに対してサービスが行われることになるという。
 関係者によると、新トランジットホールは1月中旬から供用予定で、上海浦東国際空港をハブとした東方航空のネットワーク間の乗り継ぎなどがよりスムーズになるとしている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

上海浦東国際空港の格安エアポートホテルに泊まる その1

東アジアのハブ空港として24時間化されている上海浦東国際空港では早朝深夜便の離発着も少なくない
しかし空港が24時間化されていると言っても、受け入れ側の地上交通、もっと言えば都市全体が必ずしも24時間に対応しているわけではないので、早朝深夜の航空便利用の際には昼間と同じ環境で空港にアクセスできるわけではない。
従って、航空機の時間帯によっては、一般の公共交通機関だけの利用ではこれらの早朝深夜便の利用の際には足がない時があるのである。
もちろんどんな都市でもタクシーだけはほぼ24時間だが、このタクシーの利用とて早朝の場合は深夜料金が適用されるため割高であり、さらに移動時間を考えると、相当な早起きを要求され、日常の生活リズムを崩すことになり、身体に相当な負担がかかる。

上海浦東国際空港タクシー乗り場

上海浦東国際空港タクシー乗り場

実は、そんな時に便利なのがエアポートホテル(空港ホテル)の利用なのである。
このエアポートホテルが市内の一般ホテルと決定的に違うところは、チェックイン時間やチェックアウト時間がフレキシブルに運用され、極端な話で言えば24時間いつでも利用できるところである。
もちろん一応宿泊という概念があって運用されるため、一般的には正午頃を基準として日付の切り替えが行われるが、ホテルによっては日中も2時間、6時間といった時間限定使用など、乗継ぎ客のための休憩利用なども行われている。
つまり、エアポートホテルは部屋が空いている限り文字通りフル稼働する航空便利用客のためのホテルなのである。
上海浦東国際空港周辺にもやはりこのようなエアポートホテルが数軒存在するが、上海の利用客は比較的エグゼグティブ層が多いためか、宿泊料は軒並み高めの高級ホテルが多い。
そんな中、かなり安い費用で泊まれる中国のローカルチェーンのエアポートホテルを見つけたので利用してきた。
今回泊まったのは吉泰連鎖酒店(上海浦東機場店)というホテルである。
このホテル、空港の北側3キロほどの場所に位置し、すぐ上空を航空機がバンバンと行き交う場所に立地する。
客室としては一応スタンダードからキングサイズ(ダブル)まで、各タイプの部屋があるが、私が選んだのはキングサイズのベッドで無線WIFI付きの部屋でなんと1泊168元だった。
朝食のサービスは無く一応隣接のレストランがあるようだが、空港を早朝深夜に利用することが前提のホテルなので、必要であれば空港で食事を摂れるのであり、食事の設備は実は必須ではなくこれで事足りるのである。

上海浦東国際空港にある谷田稲香レストラン

上海浦東国際空港にある谷田稲香レストラン

さて宿泊当日、空港に着いた後、ホテル指定の電話番号にかけると、すぐに迎え来てくれるとの返事。
今回T1(第1ターミナル)で呼んだので、3階の出発階の15番出口の前で待てとのことで15分ほど待つと車体にホテル名を記したマイクロバスがやって来る。
運転して来たのは少々訛りの強めのお兄ちゃんで、携帯番号の下4桁でこちらが宿泊者だと確認すると、バスに乗って待って待っててくれとの指示。

夜間の上海浦東国際空港

夜間の上海浦東国際空港

一応国際空港のエアポートホテルなので英語で話しかけてもそれなりに通じるかもしれないが、そのお兄さんの雰囲気から言えば基本的には中国語が出来ないと意志の疎通は難しいだろう。
バス車両はマイクロバスなので居心地が良いとは言えないが、それほど苦痛なわけでもなく、大きな荷物がなければ問題ない。
但し大きなスーツケースなどがあると保管が面倒でもあり、このマイクロバスの空間では狭苦しい。
さて、私一人を載せたマイクロバスはそのまま出発し、そのままホテル直行と思われたが、途中の軌道交通2号線の海天三路駅前で大量の中国人団体客を拾ったため、車内は中国人たちの賑やかな空間となった。
ローカルホテルの宿泊客っぽいっと言えばそのままなのだが、こういう環境もひょっとすると日本人にとっては一つの壁になる面もあるかもしれない。
さて、ついたのは畑に囲まれた場末のラブホテルような立地の場所である。(続く

ホテルの送迎バス

ホテルの送迎バス

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

上海浦東国際空港の米デルタ航空は4/13からT1へ移動:中国空港関連ニュース

 上海浦東国際空港におけるデルタ航空(DL)(中国語:達美航空)のチェックインカウンターが、4月13日から従来の第2ターミナル(T2)から第1ターミナル(T1)へ移動することになったと上海空港公式サイトが伝えている。

 上海浦東国際空港によれば、これまでT2で運用されていたデルタ航空の航空便について、今後は同じ航空アライアンスグループであるスカイチームに所属する中国東方航空(MU)や上海航空(FM)と同じT1を使用することになるとのこと。
 またVIP休憩室についても、今年中に東方航空の最新の休憩室の片隅にスカイチーム専用の休憩室が設けられ、デルタ航空の利用者はこの部屋を利用できることになるとしている。
 このほか上海航空の運営する11路線の国内線についてデルタ航空によるコードシェアが設定されることになり、中国各地への乗継ぎの利便性が図られるとしている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

上海の空港アプリがバージョンアップ:中国空港関連ニュース

  上海市の2大空港の公式アプリがバージョンアップされたと中国民航報が報じている。
 上海の浦東・虹橋の2大空港を運営する上海機場集団によれば、上海空港の公式アプリの新バージョンをリリースするとし、フライト情報、ターミナル地図、搭乗手順、地上アクセス、遺失物問い合わせなどの機能を備えたものになっているとしている。
 具体的には書くチェックインカウンターの位置情報や搭乗口、商店やレストランの場所などが提供される。
 また上海市内の道路の状況なども合わせて提供され、空港利用者にとってより便利な機能となったとしている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】
→【上海虹橋空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)

上海浦東国際空港の第四滑走路が供用開始:中国空港関連ニュース

 上海市の上海浦東国際空港の第四滑走路が供用開始されたと新民晩報が伝えている。
 上海浦東国際空港によれば、第四滑走路は現在の東側の第二滑走路のさらに東の海側に設置され、長さ3800m幅60mのA380も離発着可能なコード4F規格で設計され、12か所の出口と並行2本垂直2本の誘導路が設けられた。
 今回の供用開始により上海浦東国際空港では、2本2組のクロースパラレル方式の滑走路を持つことになり、2組の同時離陸や着陸など効率運用が可能になり、さらには地上移動時間の短縮などによって1日1400回以上の離着陸枠を持つことになるとしている。
 上海浦東国際空港では2014年のピーク時には1時間当たり74機1日1300回の離着陸が行なわれ、年間利用客が年間5000万人を超え貨物取扱量も318万トンに達している。
 上海浦東国際空港では今後さらに第五滑走路の建設も進んでおり、第五滑走路は第四滑走路のさらに東側1750mの場所に設置され、長さ3400m幅45mのコード4Eの規格で設置される予定になっている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

1 2 3 4