上海浦東国際空港はもう増便不可?民航局が新規就航申請の受理停止

 上海浦東国際空港における新規航空便の就航申請の受理がペナルティによって中止されていると報道されている。

 報道によれば、上海浦東国際空港の3月、4月の正常運行率が民航局の要求する基準を満たさなかったため、6月1日以降の新規の臨時便、チャーター便、定期便の申請受付停止を5月に引き続き停止するとしている。
 併せて、厦門、福州の空港についても同様に6月からの新規就航を停止すると発表されているようだ。

 資料によると今回のペナルティは2015年10月以降4度目のペナルティ発令となっており、10月のペナルティの理由としては同年8月に正常運行率が70%以下に低下したため10月の新規就航が制限されたとのこと。
 その後も2015年11月、2016年5月と繰り返しペナルティを受けており、6月も5月に引き続いての新規受付停止のペナルティとなっている。
 いずれも定時運航率の低下問題が原因であるようで、都度改善を行って定時運航を回復しているが、現状の施設・運用では飽和状態に達しつつあることが露呈する状況となっている。
 これにより、例えば現在増え続けている中国から日本への直行便の増加なども制限を受けることになり、中国側の空港の問題で日本への観光客増加にストップがかかるかもしれない状況になっている。

 上海浦東国際空港の関係者によれば、この定時運航の妨げになっている原因として、エプロン(駐機場)不足と、誘導路の複雑さが挙げられるという。
 このうちエプロンについては、現在135機分が設置されているが、うちボーディングブリッジ接続、つまりターミナルに到着する固定スポットは70機分しかなく、割合としてたった52%しかない。

上海浦東国際空港のオープンスポット

上海浦東国際空港のオープンスポット

 そして今後上海ディズニーランドの開園や上海自由貿易区の拡大を考えると、191機分のエプロンが必要と見込まれており、ますます容量不足が深刻化する状況が予測されている。
 また2013年から始まった固定エプロンの拡大工事が逆にオープンスポットに駐機する航空機を増やす結果となり、誘導路上の平面交差を増加させ遅れの原因となっているとのこと。

 上海浦東国際空港では、現在南側にサテライトターミナルを建設中で70機分の固定エプロンが増設される予定だが、2019年供用開始予定となっており、あと3年は現状のままのようだ。

 これらの要因に加え、従来から問題となっている上空の空域不足も抜本的な解決には至っていない模様。

 昨年春に第四滑走路が供用開始となり、滑走路の面ではキャパが大幅に拡大したように見える上海浦東国際空港だが、結局は地上設備などが追い付かず、しばらくは大幅な容量増加は見込めない状況のようである。
 上海では北京のような新空港の構想もまだ具体化していないことから、恐らく2019年のサテライト完成までは抜本的改善が見込めず、発着回数の増加も夜中など特殊な時間帯に限られ、しばらくは頭打ちが続くと予想される。

上海浦東国際空港に駐機する東方航空機

上海浦東国際空港に駐機する東方航空機

 このため、当面の国際航空便増加の、例えば日中線の航空便増加のターゲットは三大都市以外の地方空港に移っていくと予想される。
 上海周辺で言えば、寧波や常州、南通などが比較的キャパに余裕がある空港として注目を浴びそうで、暫くはこれらが上海浦東国際空港や上海虹橋国際空港を補完する空港として発展してく可能性が考えられる状況となっている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

春秋航空が9月に銀川・常州・貴陽から名古屋(中部)へ新路線、上海便も増便:中国空港関連ニュース

 中国のLCC(ローコストキャリア)である春秋航空(9C) が9月末までに新たに大陸から名古屋(中部国際空港)への路線を開通することになったと民航資源網が伝えている。
 春秋航空によれば、今回新たに開通する日中路線は銀川河東国際空港(寧夏回族自治区)から常州奔牛空港(江蘇省)を経由して日本の中部国際空港(名古屋)に至る路線と、貴陽龍洞堡空港から中部国際空港へ至る路線の2路線。
 具体的には銀川河東国際空港からの路線は、A320の機材を使い9月27日から毎週火・木・金・日の週4便運航され、9C8732便が名古屋発09:30常州着11:25、常州発12:55銀川着15:40のダイヤ、9C8731便が銀川発16:40常州着19:05、常州発20:05名古屋着24:00のダイヤとなっている。
 また貴陽龍洞堡空港からの路線はA320の機材を使い9月26日から毎週月・水・土の週3便運航され、9C8756便が名古屋発14:50貴陽着18:35、9C8755便が貴陽発19:35名古屋着翌00:45のダイヤとなっている。
  さらにこのほか上海浦東国際空港と名古屋を結ぶ路線もA320の機材を使って9月27日から毎日1往復増加され週14便となり、具体的には9C8602便が名古屋発08:00上海着08:50、9C8601便が上海発10:30名古屋着13:50のダイヤとなっている。
(時間はいずれも現地時間)

春秋航空のA320

春秋航空のA320

→【銀川のホテルを探す】

→【常州市内のホテルを探す】
→【貴陽龍洞堡国際空港周辺のホテルを探す】
→【貴陽市内のホテルを探す】

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】
→【中部国際空港周辺のホテルを探す】
→【名古屋市のホテルを探す】

常州奔牛空港TOP
常州奔牛空港からリムジンバス
常州奔牛空港からタクシー

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

常州奔牛空港に初の外国籍航空会社乗入れ:中国空港関連ニュース

 江蘇省常州奔牛空港に初の外国籍航空会社となる、韓国のジンエアー(LJ)がソウルと常州の間で定期便の運航を始めたと民航資源網が伝えている。
 常州弄牛空港によると、11月21日より毎週月曜と金曜にソウルからのジンエアー便の乗り入れが始まり、同空港としては開港以来29年で初めて外国籍の航空機を受け入れることになったとのこと。
 具体的にはB737-800型機を使ってLJ855便がソウル発14:30常州着15:55、LJ856便が常州発16:55ソウル着20:05で運行される。(時間は何れも現地時間)
 ジンエアー(中国語名:真航空)は韓国大韓航空の子会社のLCC(ローコストキャリア)で韓国で最も定時運航率の高い航空会社とされている。
 現在、常州奔牛空港ではこのジンエアー便のほかに東方航空(MU)によって、ソウル便と香港便が週2便ずつ運行されているが外国籍航空会社積の乗入れは今回が開港以来初めてとなる。

→【常州市内のホテルを探す】

常州奔牛空港TOP
常州奔牛空港からリムジンバス
常州奔牛空港からタクシー

常州奔牛空港から初の国際線の香港線が9月25日から就航:中国空港関連ニュース

 江蘇省の常州奔牛空港から香港への国際便が9月25日から就航することになったと網易網が伝えている。
 関係者によると常州奔牛空港は7月末に国家機関による検収を既に終え、9月25日から香港に向けて週2便の国際線フライトが東方航空によって運行されることになったとのこと。
 具体的には毎週木曜と土曜にA320の機体を使って行われるとしている。
 関係者によれば、上海の自由貿易区の開放以降、上海での需要が増え続けているため、そこから溢れ出た需要をこの常州奔牛空港で担いたいとしており、年内にはこの香港線に引き続いて韓国への国際線就航も計画されているとしている。

→【常州市内のホテルを探す】

常州奔牛空港TOP
常州奔牛空港からリムジンバス
常州奔牛空港からタクシー

常州奔牛空港の常州シティエアターミナルが正式オープン:中国空港関連ニュース

 江蘇省の常州奔牛空港の常州市内におけるシティエアターミナル(城市候機楼)が8月26日から正式にオープンすることになったと民航資源網が伝えている。
 常州奔牛空港によると、空港アクセス全体のサービス水準を引き上げるため、常州市区内に専用のシティエアターミナルを設置することになり8月26日から正式に運用を開始するとのこと。
 新シティエアターミナルは常州市通江南路260号(常州工学院の正面)の常州民航服務中心の1階ロビーに設置され、フライト情報の提供、航空券販売、チェックイン、空港の待合ロビー同様のサービスが提供されるとのこと。 
 また今回のシティエアターミナルの開設に伴い、常州奔牛空港へのリムバス発着点も移設されることになり、従来の民航大厦前の発着点は廃止され、併せて龍城大道の麦徳龍の停留所も取消となり、運行時間も45分から30分に短縮される。
 運行本数も市内発常州奔牛空港行きが従来の9本から10本に、常州奔牛空港発市内から市内へ向かうバスについては、従来の不定期運行から時刻表を設定した提示運行に移行する。
 運賃は従来のまま15元のままとなる。
 具体的運行時刻は次の通り
 常州奔牛空港発市内行き
 05:50、08:30、09:30、11:30、13:00、14:00、16:00、17:00、18:00、19:00発
 市内発常州奔牛空港行き
 09:50、10:20、12:10、13:30、15:00、16:00、18:00、19:10、19:40、20:20、21:10、00:20、01:50発

→【常州市内のホテルを探す】

常州奔牛空港TOP
常州奔牛空港からリムジンバス
常州奔牛空港からタクシー

常州奔牛空港の丹陽シティエアターミナル供用開始:中国空港関連ニュース

 江蘇省丹陽市に常州奔牛空港のシティエアターミナル(城市候機楼)が開業し、2014年1月8日から供用されることになったと中国江蘇網が伝えている。
 常州奔牛空港によれば、丹陽シティエアターミナルは丹陽市華陽路72号の客運中心(バスターミナル)のチケット販売ビル内に設置され、この場所で予めチェックイン手続きが出来るほか、常州空港の運行状況など提供されるとしている。
 またこのシティエアターミナルと空港を結ぶバス路線も新たに開設され、1日3往復が所要30分で乗客を常州空港へと運ぶとしている。

→【常州市内のホテルを探す】
→【丹陽市内のホテルを探す】

常州奔牛空港TOP
常州奔牛空港からリムジンバス
常州奔牛空港からタクシー