常州奔牛空港に初の外国籍航空会社乗入れ:中国空港関連ニュース

 江蘇省常州奔牛空港に初の外国籍航空会社となる、韓国のジンエアー(LJ)がソウルと常州の間で定期便の運航を始めたと民航資源網が伝えている。
 常州弄牛空港によると、11月21日より毎週月曜と金曜にソウルからのジンエアー便の乗り入れが始まり、同空港としては開港以来29年で初めて外国籍の航空機を受け入れることになったとのこと。
 具体的にはB737-800型機を使ってLJ855便がソウル発14:30常州着15:55、LJ856便が常州発16:55ソウル着20:05で運行される。(時間は何れも現地時間)
 ジンエアー(中国語名:真航空)は韓国大韓航空の子会社のLCC(ローコストキャリア)で韓国で最も定時運航率の高い航空会社とされている。
 現在、常州奔牛空港ではこのジンエアー便のほかに東方航空(MU)によって、ソウル便と香港便が週2便ずつ運行されているが外国籍航空会社積の乗入れは今回が開港以来初めてとなる。

→【常州市内のホテルを探す】

常州奔牛空港TOP
常州奔牛空港からリムジンバス
常州奔牛空港からタクシー

[huge_it_maps id=”213″]

各主要空港の交通アクセス情報
上海浦東上海虹橋北京首都北京大興広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥西安青島ハルビン大連台湾桃園台北松山高雄
中国の地方空港の交通アクセス
重慶石家庄太原瀋陽長春済南煙台南通温州義烏黄山福州厦門南昌鄭州武漢十堰長沙南寧桂林海口成都貴陽昆明蘭州銀川

地域別空港一覧のページ
直轄市河北山西内蒙古遼寧吉林黒龍江江蘇浙江安徽福建江西山東河南湖北湖南広東広西海南四川貴州雲南チベット陝西甘粛青海寧夏新疆香港・マカオ台湾
日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください