春秋航空日本の寧波―成田線が7月からデイリー運航へ:中国空港関連ニュース

 浙江省寧波市の寧波櫟社国際空港と日本の成田国際空港を結ぶ春秋航空日本(IJ)の路線が、7月から毎日運航のデイリー化されることになったと人民網が報じている。
 春秋航空日本によると、寧波―成田線は今年4月25日に就航し、週4便の運航体制となっていたが、は訪日観光客の増加に応え7月以降は毎日運航の週7便化されるとのこと。
 具体的な運行時刻はIJ101便が成田発08:20寧波着10:55、IJ102便が寧波発11:55成田着15:55で運航され、使用される機材はB737-800型機、乗客定員は189名となっている。
 今回のデイリー化は成田国際空港が実施した早朝便奨励制度を利用して行われるもので、朝6時から7時59分までに到着する国際線便については着陸料を割り引くというもので、今回この制度を利用した第一号の国際線となる。
 具体的には成田空港に新規に就航する路線の場合は向こう3年間は着陸料が無料になるほか、航空会社として新規に乗り入れ就航する場合は向こう3年間は着陸料が半額になるとしている。

→【寧波櫟社国際空港周辺のホテルを探す】
→【寧波市のホテルを探す】
→【成田国際空港周辺のホテルを探す】
→【東京都内のホテルを探す】

寧波櫟社国際空港トップ
寧波櫟社国際空港から地下鉄
寧波櫟社国際空港からリムジンバス
寧波櫟社国際空港からタクシー

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

寧波櫟社国際空港から東京成田国際空港へ春秋航空日本が直行便就航へ:中国空港関連ニュース

 浙江省寧波市の寧波櫟社国際空港から日本の東京・成田国際空港を結ぶ便を日本の春秋航空日本(IJ)が4月25日から運行すると浙江在線が伝えている。
 春秋航空日本によると、成田―寧波線は4月25日から、毎週火、木、金、日に運行が行われるとのこと。
 具体的には中国行きが成田発08:50寧波着10:50、日本行きが寧波発11;50成田着15:50の時刻で運行される。(時間は全て現地時間)
 今回の就航により、寧波櫟社国際空港では、大阪、名古屋、静岡、東京と日本の4都市と結ばれることになるとしている。

→【寧波櫟社国際空港周辺のホテルを探す】
→【寧波市のホテルを探す】
→【成田国際空港周辺のホテルを探す】
→【東京都内のホテルを探す】

寧波櫟社国際空港トップ
寧波櫟社国際空港から地下鉄
寧波櫟社国際空港からリムジンバス
寧波櫟社国際空港からタクシー

上海浦東国際空港はもう増便不可?民航局が新規就航申請の受理停止

 上海浦東国際空港における新規航空便の就航申請の受理がペナルティによって中止されていると報道されている。

 報道によれば、上海浦東国際空港の3月、4月の正常運行率が民航局の要求する基準を満たさなかったため、6月1日以降の新規の臨時便、チャーター便、定期便の申請受付停止を5月に引き続き停止するとしている。
 併せて、厦門、福州の空港についても同様に6月からの新規就航を停止すると発表されているようだ。

 資料によると今回のペナルティは2015年10月以降4度目のペナルティ発令となっており、10月のペナルティの理由としては同年8月に正常運行率が70%以下に低下したため10月の新規就航が制限されたとのこと。
 その後も2015年11月、2016年5月と繰り返しペナルティを受けており、6月も5月に引き続いての新規受付停止のペナルティとなっている。
 いずれも定時運航率の低下問題が原因であるようで、都度改善を行って定時運航を回復しているが、現状の施設・運用では飽和状態に達しつつあることが露呈する状況となっている。
 これにより、例えば現在増え続けている中国から日本への直行便の増加なども制限を受けることになり、中国側の空港の問題で日本への観光客増加にストップがかかるかもしれない状況になっている。

 上海浦東国際空港の関係者によれば、この定時運航の妨げになっている原因として、エプロン(駐機場)不足と、誘導路の複雑さが挙げられるという。
 このうちエプロンについては、現在135機分が設置されているが、うちボーディングブリッジ接続、つまりターミナルに到着する固定スポットは70機分しかなく、割合としてたった52%しかない。

上海浦東国際空港のオープンスポット

上海浦東国際空港のオープンスポット

 そして今後上海ディズニーランドの開園や上海自由貿易区の拡大を考えると、191機分のエプロンが必要と見込まれており、ますます容量不足が深刻化する状況が予測されている。
 また2013年から始まった固定エプロンの拡大工事が逆にオープンスポットに駐機する航空機を増やす結果となり、誘導路上の平面交差を増加させ遅れの原因となっているとのこと。

 上海浦東国際空港では、現在南側にサテライトターミナルを建設中で70機分の固定エプロンが増設される予定だが、2019年供用開始予定となっており、あと3年は現状のままのようだ。

 これらの要因に加え、従来から問題となっている上空の空域不足も抜本的な解決には至っていない模様。

 昨年春に第四滑走路が供用開始となり、滑走路の面ではキャパが大幅に拡大したように見える上海浦東国際空港だが、結局は地上設備などが追い付かず、しばらくは大幅な容量増加は見込めない状況のようである。
 上海では北京のような新空港の構想もまだ具体化していないことから、恐らく2019年のサテライト完成までは抜本的改善が見込めず、発着回数の増加も夜中など特殊な時間帯に限られ、しばらくは頭打ちが続くと予想される。

上海浦東国際空港に駐機する東方航空機

上海浦東国際空港に駐機する東方航空機

 このため、当面の国際航空便増加の、例えば日中線の航空便増加のターゲットは三大都市以外の地方空港に移っていくと予想される。
 上海周辺で言えば、寧波や常州、南通などが比較的キャパに余裕がある空港として注目を浴びそうで、暫くはこれらが上海浦東国際空港や上海虹橋国際空港を補完する空港として発展してく可能性が考えられる状況となっている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

春秋航空が寧波―名古屋線を就航:中国空港関連ニュース

 中国のLCC(ローコストキャリア)である春秋航空(9C)により、寧波櫟社国際空港―中部国際空港(名古屋)を結ぶ路線が12月21日から就航したと民航資源網が伝えている。
 春秋航空によれば、寧波―名古屋線はA320型機を使用し、毎週月・水・土の週3便運航される。
 具体的には9C8535便が寧波発10:40名古屋着1400、9C8536便が名古屋発05:15寧波着09:30で運行される。(時間は現地時間)
 春秋空港によれば、12月21日から2月3日まで片道9元の特価チケットを販売しキャンペーンを行うとしている。

→【寧波櫟社国際空港周辺のホテルを探す】
→【寧波市のホテルを探す】
→【中部国際空港周辺のホテルを探す】
→【名古屋市のホテルを探す】

寧波櫟社国際空港トップ
寧波櫟社国際空港から地下鉄
寧波櫟社国際空港からリムジンバス
寧波櫟社国際空港からタクシー

寧波市軌道交通2号線が開通、寧波櫟社国際空港と無料バスで連絡:中国空港関連ニュース

 浙江省寧波市の地下鉄2号線が開通し9月26日から寧波櫟社国際空港から接続駅まで無料連絡バスが運行を始めたと国際空港信息網が伝えている。
 寧波櫟社国際空港によれば、9月26日に寧波市の軌道交通2号線が開通し寧波櫟社国際空港駅が開業したのを受けてこの駅から第1旅客ターミナル(T1)までの無料連絡バスの運行を開始したとのこと。
 この連絡バスは35人乗りの中型バスを利用し、寧波櫟社国際空港発が早朝6時15分から21時43分、地下鉄駅発が7時25分から22時53分まで運行され、約6~8分間隔で1日135便が運行される。
 今回の開通により寧波櫟社国際空港発利用客は軌道交通線を経由し、高速鉄道の寧波鉄道駅まで連絡することになる。

→【寧波櫟社国際空港周辺のホテルを探す】
→【寧波市のホテルを探す】

寧波櫟社国際空港トップ
寧波櫟社国際空港から地下鉄
寧波櫟社国際空港からリムジンバス
寧波櫟社国際空港からタクシー

寧波市のタクシーの燃油費徴収が復活:中国空港関連ニュース

 浙江省の寧波市のタクシーの運賃に再び特別燃油加算運賃が追加されることになったと寧波日報が伝えている。
 寧波市物価局によると、ここ半月の原油市場の上昇を受けて3月15日零時から毎乗車機会ごとに1元の燃油費の徴収が行われることになったとのこと。
 寧波市では2月27日に93号ガソリンが1リットル当たり0.31元値上げされ、6.15元/lとなり、寧波市の規定により6.02元/lの状態が15日以上続いたことから規定により1元の燃油費の徴収復活となったとしている。

→【寧波櫟社国際空港周辺のホテルを探す】
→【寧波市のホテルを探す】

寧波櫟社国際空港トップ
寧波櫟社国際空港からリムジンバス
寧波櫟社国際空港からタクシー

寧波市のタクシーが燃油加算費を取消:中国空港関連ニュース

 浙江省寧波市のタクシーにおいて運賃に加算されていた燃油加算費(燃油サーチャージ)が1月28日0時から取消されることになったと東南商報が伝えている。
 寧波市物価局によれば、2012年より徴収を続けてきた特別燃油加算運賃について、1月28日零時乗車分より廃止することになったとのこと。
 これにより寧波市のタクシーの運賃は初乗りが3.5キロまで10元となるとしている。

→【寧波櫟社国際空港周辺のホテルを探す】
→【寧波市のホテルを探す】

寧波櫟社国際空港トップ
寧波櫟社国際空港からリムジンバス
寧波櫟社国際空港からタクシー

寧波櫟社国際空港が金華市にシティエアターミナルを開設:中国空港関連ニュース

 浙江省の寧波櫟社国際空港が省内の金華市にシティエアターミナル(城市候機楼)を10月18日から開設することになったと国家交通運輸部サイトが伝えている。
 寧波櫟社国際空港によると、このシティエアターミナルは菅家花園酒店に設置され、金華鉄道駅から徒歩5分程度の立地とのこと。
 金華シティエアターミナルでは、寧波櫟社国際空港からのエアチケットが購入できるほか、リアルタイムのフライト情報の提供やチェックイン手続きの受付などが行われるとのこと。
 今回の金華のシティエアターミナルは、寧波櫟社国際空港にとっては慈渓、余姚、舟山、寧波バスターミナルに次ぐ省内5ヵ所目の設置となるとしている。
 また今回の開設に合わせて毎日4便の無料バスが運行されることになり寧波櫟社国際空港まで航空便利用客を運ぶとしているが、くわしい運行ダイヤなどはまだ発表されていない。

→【寧波櫟社国際空港周辺のホテルを探す】
→【寧波市のホテルを探す】

 ☆寧波櫟社国際空港トップ
寧波櫟社国際空港からリムジンバス
寧波櫟社国際空港からタクシー


 

1 2