南寧呉墟国際空港からの都市間バス、実名制で身分証明書の提示必須に:中国空港関連ニュース

 広西チワン族自治区の南寧呉墟国際空港からの都市間バスにおいて8月3日から実名制が実行され、乗車券購入の際に身分証明書(外国人はパスポート)の提示が必須となったと南寧日報が伝えている。
 南寧呉墟国際空港によると、2017年3月1日より交通運輸部の旅客運輸規定が施行されており、8月3日より南寧呉墟国際空港からの都市間バスにおいても適用が開始されたとのこと。
 これにより北部湾の主要都市へ向かうバスの乗車の際には、必ず身分証明書の携帯必要になり、不携帯の際には乗車券が購入できないことになったとしている。

→【南寧呉墟国際空港周辺のホテルを探す】
→【南寧市内のホテルを探す】

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

西安咸陽国際空港から周辺都市へのバスは実名制に、身分証提示必須:中国空港関連ニュース

 陝西省西安市の西安咸陽国際空港から周辺都市への都市間バスについて、3月1日から実名制が実施されると澎拜新聞網が伝えている。
 西安咸陽国際空港によると、西安市から周辺都市への都市間バスについて3月1日から実名制が施行されることになり、空港を発着する都市間バスについても適用されることになったとこと。
 これに伴い都市間バスを利用される際は、乗車券を購入時に身分証明書(外国人はパスポート)の提示が必要になるとしている。
 またバスの乗車時や、途中停留所の経由時に身分証明書の提示が必要とされ、利用客は常に身分証明書の携帯が必要だとしている。

→【西安咸陽国際空港周辺のホテルを探す】
→【西安ホテルを探す】

西安咸陽国際空港トップ
西安咸陽国際空港からリムジンバス
西安咸陽国際空港からタクシー
西安咸陽国際空港から周辺都市への長距離バス

杭州蕭山国際空港のバスで実名制実施、外国人はパスポート提示:中国空港関連ニュース

 浙江省杭州市の杭州蕭山国際空港のバス利用者に対して、実名制が実行されることになったと新浪網が伝えている。
 杭州蕭山国際空港によると、同空港からバスを利用する際に乗車券販売窓口において、中国人の場合は身分証明書、外国人などはパスポートなどの身分証の提示が必要になったとのこと。
 また、実際の乗車の際にも乗車券購入時に使用した身分証のチェックが行われ、一致しない場合は乗車が出来ないとしている。

→【杭州のホテルを探す】
→【杭州蕭山国際空港周辺のホテルを探す】

杭州蕭山国際空港TOP
杭州蕭山国際空港からリムジンバス
杭州蕭山国際空港からタクシー
杭州蕭山国際空港から周辺都市へのバス

呼和浩特白塔国際空港でターミナル入場時に身分証明書チェック実施:中国空港関連ニュース

 内蒙古自治区の呼和浩特(フフホト)白塔国際空港において、ターミナル入場者に対して身分証明書をチェックする実名制管理の実施が開始されたと民航資源網が伝えている。
 呼和浩特白塔国際空港によると、セキュリティ環境を強化するために身分証明書のチェックシステムを導入し、航空ターミナルの出入場する利用客情報を記録することになったとのこと。
 具体的には中国国籍者はIC身分証を使い、自動改札型ゲートでチェックを受けることになるとのこと。
また外国人はパスポートを係員のいるゲートで視認してもらうことになるとのこと。
このため、これまでより入場に時間がかかるため、呼和浩特白塔国際空港では利用客に対して早めに空港に到着するよう注意を呼び掛けている。

→【呼和浩特市内のホテルを探す】

南京禄口国際空港で72時間のノービザ乗継ぎ滞在実施:中国空港関連ニュース

 江蘇省の南京禄口国際空港で2015年9月1日から72時間のノービザトランジット滞在が正式に開始された江蘇網が伝えている。
 南京禄口国際空港によれば、対象となる指定51国家のパスポートを所持者する者に対して、南京禄口国際空港でトランジット(乗り継ぎ)を行う際に、第3国への予約済み航空券を所持している場合に限り、新たに入国ビザの申請をすることなく、ノービザ状態で72時間以内の南京市内への入境と滞在が認められるとしている。
 これにより外国人は72時間以内の範囲内で、南京市でのショッピングやレジャーなどを楽しむことが可能になるが原則江蘇省の行政区域から出ることは出来ないととしている。
 なお日本人パスポート所持者も今回の適用対象国家に含まれているが、従来から15日以内のノービザ滞在が認められており、この政策変更関して大きな影響はないものとなっている。

→【南京のホテルを探す】
→【南京禄口国際空港周辺のホテルを探す】

南京禄口国際空港TOP
南京禄口国際空港から地下鉄
南京禄口国際空港からリムジンバス
南京禄口国際空港からタクシー
南京禄口国際空港から周辺都市

天津濱海国際空港で6月8日から72時間のノービザ乗継ぎ滞在実施へ:中国空港関連ニュース

 直轄市の天津濱海国際空港で2015年6月8日から72時間のノービザトランジット滞在が正式に認められることになると民航資源網が伝えている。
 天津濱海国際空港によれば、対象となる指定51国家のパスポートを所持者する者に対して、天津濱海国際空港でトランジット(乗り継ぎ)を行う際に、第3国への予約済み航空券を所持している場合に限り、新たに入国ビザの申請をすることなく、ノービザ状態で72時間以内の天津市内への入境と滞在が認められるとしている。
 これにより外国人は72時間以内の範囲内で、天津市でのショッピングやレジャーなどを楽しむことが可能になるが原則天津市の行政区域から出ることは出来ないととしている。
 なお日本人パスポート所持者も今回の適用対象国家に含まれているが、従来から15日以内のノービザ滞在が認められており、この政策変更関して大きな影響はないものとなっている。

→【天津濱海空港周辺のホテルを探す】
→【天津市内のホテルを探す】

天津濱海国際空港トップ
天津濱海国際空港から地下鉄
天津濱海国際空港からリムジンバス
天津濱海国際空港からタクシー

武漢天河国際空港で5月1日から72時間のノービザ乗継ぎ滞在実施へ:中国空港関連ニュース

 湖北省の武漢天河国際空港で2015年5月1日から72時間のノービザトランジット滞在が正式に認められることになると中国会議産業網が伝えている。
 武漢天河国際空港によれば、対象となる51の指定国家のパスポートを所持者する者に対して、武漢天河国際空港でトランジット(乗り継ぎ)を行う際に、第3国への予約済み航空券を所持している場合に限り、新たに入国ビザの申請をすることなく、72時間以内の武漢市内への入境と滞在が認められるとしている。
 これにより外国人は72時間以内の範囲内で、武漢市でのショッピングやレジャーなどを楽しむことが可能になるとしている。
 なお日本人も対象国家に含まれているが、従来から15日以内のノービザ滞在が認められており、この政策変更関して大きな影響はないものとなっている。

→【武漢天河国際空港周辺のホテルを探す】
→【武漢のホテルを探す】

北京首都国際空港で24時間以内の国際線乗継ぎは入国審査免除に:中国空港関連ニュース

 北京首都国際空港において国際線便から国際線便に24時間以内に乗り継ぐ際には、入国審査が免除されそのまま出発できることになったと中国広播網が伝えている。
 北京首都国際空港では、これまで国際線から国際線へのトランジットの際にも中国への入国手続きが必須となっていたが、4月15日0時より乗り継ぎ時間が24時間を超えない範囲において、入国手続きなしに第三国への出発が可能になったとのこと。
 この措置は国籍問わず適用されるとしており、これまでビザがなければ入国できなかった外国人に対しても均しく適用されるとしている。
 ただし、空港の地上職員による搭乗者情報の確認は行われるとしており、専用端末によるパスポートの情報収集などは行われるとしている。

→【北京首都国際空港周辺のホテルを探す】
→【北京のホテルを探す】

北京首都国際空港トップ
北京首都国際空港からエアポートエクスプレス
北京首都国際空港からリムジンバス
北京首都国際空港からタクシー
北京首都国際空港から周辺都市へのバス

1 2 3