北京首都国際空港で安全検査強化、2~3時間前までに手続きを:中国空港関連ニュース

北京市の北京首都国際空港で安全検査が強化され、搭乗まで時間がかかるようになっていると新京報が伝えている。
 北京首都国際空港によると、現在同空港では安全検査を強化しており、搭乗客は出発時間の2~3時間までには空港に到着し、チェックイン手続きを行い安全検査を受けるよう注意を呼び掛けている。
 また安全検査に罹る時間軽減のため、機内に持ち込む手荷物は最小限に抑え、なるべくチェックイン時に委託荷物として航空会社に預けて欲しいとしている。
 また自宅やホテルを出発する前に、予め委託荷物内に含むことが禁止されているリチウム電池などの運び方を確認し、現場でスムーズな預け入れや荷物検査が行えるよう準備してから空港においでいただきたいとしている。

→【北京首都国際空港周辺のホテルを探す】
→【北京のホテルを探す】

北京首都国際空港トップ
北京首都国際空港からエアポートエクスプレス
北京首都国際空港からリムジンバス
北京首都国際空港からタクシー
北京首都国際空港から周辺都市へのバス

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

上海浦東国際空港で9月から機内持ち込み荷物のチェック厳しく:中国空港関連ニュース

 直轄市上海市の上海浦東国際空港において、9月1日より同空港を出発する各航空会社の機内持ち込み荷物の大きさなどについて厳密にチェックされる事になったと上海空港集団公式サイトが伝えている。
 上海浦東国際空港によると、9月1日より同空港を出発する旅客便において機内持ち込みの手荷物を各航空会社の規定に基づき厳しくチェックし、大きさや重さが超過した手荷物を客室へ持ち込ませないことになったとのこと。
 超過した荷物は、委託荷物へ預け直しするなどの指導が行われ、航空会社の規定をオーバーした場合は追加料金などの措置が取られるという。
  中国の主要航空会社の持ち込み荷物規定は次の通り

◎中国東方航空(MU)
 A国内線 重量10キロ以下、サイズ高さ55cm、幅40cm、奥行き20cmをそれぞれ超えない大きさ。ファーストクラスは2個まで、それ以外は1個まで
 B国際線 重量10キロ以下、サイズ高さ56cm、幅45cm、奥行き25cmをそれぞれ超えない大きさ。ファーストクラスは2個まで、それ以外は1個まで

◎中国国際航空(CA)
   1個あたり、サイズ高さ55cm、幅40cm、奥行き20cmをそれぞれ超えない大きさ。
 A国内線 ファーストクラスは重量8キロ以下、2個まで。
      ビジネス・エコノミークラスは重量5キロ以下、1個まで。
 B国際線 ファーストクラスは重量8キロ以下、2個まで。
      ビジネス・エコノミークラスは重量5キロ以下、1個まで。

◎中国南方航空(CZ)
  1個あたり、3辺の長さの合計が115cm超えない大きさ。
 A国内線 重量5キロ以下、ファーストクラスは2個まで。
      重量5キロ以下、ビジネス・エコノミークラスは1個まで。
 B国際線 重量5キロ以下、ファーストクラスは、2個まで。
      重量5キロ以下、ビジネス・エコノミークラスは、1個まで。

◎海南航空(HU)
   1個あたり、サイズ高さ55cm、幅40cm、奥行き20cmをそれぞれ超えない大きさ。
 A国内線 重量5キロ以下、ファーストクラスは2個まで。
      重量5キロ以下、ビジネス・エコノミークラスは1個まで。
 B国際線 重量10キロ以下、ファーストクラスは、2個まで。
      重量10キロ以下、ビジネス・エコノミークラスは、1個まで。

◎吉祥航空(HO)
 A国内線 重量5キロ以下、サイズ高さ55cm、幅40cm、奥行き20cmをそれぞれ超えない大きさ。ファーストクラスは2個まで、それ以外は1個まで
 B国際線 重量5キロ以下、サイズ三辺の和が115cm以下。ファーストクラスは2個まで、それ以外は1個まで

◎春秋航空(9C)
 1個あたり、サイズ高さ40cm、幅30cm、奥行き20cmをそれぞれ超えない大きさ。
 A国内線 重量7キロ以下。クラスにより委託荷物との合計重量制限あり。
 B国際線 重量5キロ以下。クラスにより委託荷物との合計重量制限あり。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

上海浦東・虹橋の2大空港で安全検査レベルを引き上げ:中国空港関連ニュース

 上海市の上海浦東国際空港と上海虹橋国際空港の2大空港において、13日より安全検査レベルが引き上げられたと民航資源網が伝えてる。
 両空港を運営する上海機場集団によれば、5月13日より空港の旅客ターミナル内及び航空機搭乗の際の検査レベルをひきあげているとのこと。
 このため、航空便利用の際は従来より余計に時間がかかることになり、空港では利用客に対して余裕を持って空港に到着するよう注意を呼びかけている。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)

ハルビン太平国際空港に男女別の安全検査通路設置:中国空港関連ニュース

 黒龍江省ハルビン市のハルビン太平国際空港に男女別にわけた安全検査通路が設置されたと民航資源網が伝えている。
 ハルビン太平国際空港によると、近年安全検査体制が厳しくなり、手荷物の中身を出して確認をするケースが増えたことからプライヴァシーを気にする女性などに配慮して男女別安全検査通路の設置を決めたとのこと。
 女性専用の検査通路では、女性の検査員のみによるチェックが行われ、女性とその子供のみが安全検査を受けられるとのこと。
 またこれに依り、検査の処理スピードが20%ほどアップすることが期待されているとしている。

→【ハルビン太平国際空港周辺のホテルを探す】
→【ハルビン市内のホテルを探す】

ハルビン太平国際空港トップ
ハルビン太平国際空港からリムジンバス
ハルビン太平国際空港からタクシー

広州白雲国際空港に女性専用の安全検査通路設置:中国空港関連ニュース

 広東省広州市の広州白雲国際空港に女性専用の安全検査(セキュリティチェック)通路が設置されたと民航資源網が伝えている。
 広州白雲国際空港によると、この女性専用安全検査通路は、国内線・国際線ともに設置され、検査スタッフ全員が女性で構成されており、他の通路とは壁で仕切られているとのこと。
これにより女性旅行客のプライヴェートを守りながらカバンの中などの荷物検査が実施できるようになったとのこと。
 関係者によるとこの女性専用通路を利用できるのは女性客及び同行の子供だけとのことで、女性客が人目に気にしてカバンを開ける動作などが減るため、従来より通過速度が20%ほど向上する効果が期待出来るとのこと。
 広州白雲国際空港では、この女性専用通路のほかにもファーストクラス専用通路や、高齢者や妊婦など社会的弱者の優先通路、手荷物なし搭乗者専用通路、遅れて来た方専用通路などを設置し、人に優しい空港サービスに努めているとしている

 設置された各専用通路の場所
・女性専用通路
A区国内線5号、国際線7号、B区14号
・ファーストクラス専用通路
A区国内線16号、国際線14号 15号、B区23号、24号
・遅れて来た方専用通路
A区国内線2号、国際線13号、B区1号、15号
・社会的弱者の専用通路
A区国内線1号 国際線16号、B区20号

→【広州白雲国際空港周辺のホテルを探す】
→【広州市内のホテルを探す】

広州白雲国際空港トップ
広州白雲国際空港からのリムジンバス
広州白雲国際空港からのタクシー
広州白雲国際空港から地下鉄
広州白雲国際空港から周辺都市への長距離バス

上海浦東・虹橋両空港で8月15日よりテロ防止の安全検査強化:中国空港関連ニュース

 上海市の上海浦東国際空港と上海虹橋国際空港の2大空港において、8月15日からテロ防止を目的とした安全検査の強化が行われると上海法治報が伝えている。
 上海市の両空港では2016年1月1日に施行された反テロ法により、空港や鉄道駅など人が集まる場所においての安全検査が強化されることが決まっており、今回の強化はこの法律施行を受けてのもの。
 既に上海の両空港では6月12日に上海浦東国際空港で起きた爆発事件を受けて、旅客ターミナルへ入場する利用客への安全チェックを強めており、8月15日以降はX線検査機や金属探知機などを使ったボディチェック及び鞄を開けての中身チェックなどが行われることになる。
 これに併せて上海虹橋駅でも二段階の安全検査が開始されており、従来の駅ターミナルへ入場する際の安全検査に加え、杭州へ向かう列車では改札口における二次チェックも実施されることになり、9月に杭州で実施されるG20に向けての安全確保が強化されている。

安全検査準備中の虹橋空港入り口

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)

南京禄口国際空港で7月21日から夏季期間ターミナル安全検査強化:中国空港関連ニュース

 江蘇省南京市の南京禄口国際空港で、旅アクターミナルの安全検査強化が7月21日零時から実施されると揚子晩網が伝えている。
 南京禄口国際空港によると旅客ターミナルの安全確保のため、7月21日零時より検査体制を強化し、例えばターミナル入場時に爆発物検査などを実施することになったとのこと。
 またターミナル建物外側との出入りに関しても制限を受けることになり、出発階の1号扉は閉鎖、3号扉は入場のみ許可、2・4号扉は出入りとも可とされる。
 同様に到着階についても1号扉は閉鎖、3号扉は入場のみ許可、2・4号扉及び地下鉄駅通路は出入りとも可とされる。
 この安全強化体制は現時点では9月10日24時まで実施予定となっており、この期間に南京禄口国際空港を利用する際は注意が必要となっている。

→【南京のホテルを探す】
→【南京禄口国際空港周辺のホテルを探す】

南京禄口国際空港TOP
南京禄口国際空港から地下鉄
南京禄口国際空港からリムジンバス
南京禄口国際空港からタクシー
南京禄口国際空港から周辺都市

呼和浩特白塔国際空港でターミナル入場時に身分証明書チェック実施:中国空港関連ニュース

 内蒙古自治区の呼和浩特(フフホト)白塔国際空港において、ターミナル入場者に対して身分証明書をチェックする実名制管理の実施が開始されたと民航資源網が伝えている。
 呼和浩特白塔国際空港によると、セキュリティ環境を強化するために身分証明書のチェックシステムを導入し、航空ターミナルの出入場する利用客情報を記録することになったとのこと。
 具体的には中国国籍者はIC身分証を使い、自動改札型ゲートでチェックを受けることになるとのこと。
また外国人はパスポートを係員のいるゲートで視認してもらうことになるとのこと。
このため、これまでより入場に時間がかかるため、呼和浩特白塔国際空港では利用客に対して早めに空港に到着するよう注意を呼び掛けている。

→【呼和浩特市内のホテルを探す】

1 2