鄭州新鄭国際空港でリチウムバッテリー持込み規制の強化:中国空港関連ニュース


 河南省鄭州市の鄭州新鄭国際空港で航空機へのリチウム電池の持ち込みが強化されたと東方今報が伝えている。
 鄭州新鄭国際空港によると、従来からスマートフォンなどの充電用バッテリーパックは必ず機内持ち込みとし、委託荷物への預け入れを禁止している。
 また100mh以下の容量のバッテリーの場合は航空会社の許可は必要無いが、100~160mhの容量のバッテリーの場合は航空会社の許可が必要で3つ以上の持ち込みは出来ない。
 さらに容量が160mhの電池や、自作の電池は持ち込みが出来ず、搭乗時の荷物検査で厳密なチェックが行われるとしている。

→【鄭州新鄭国際空港のホテルを探す】
→【鄭州市内のホテルを探す】

 

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京大興広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください