台湾(台北)桃園国際空港の2つのターミナル間を結ぶスカイトレイン(SKYTRAIN)

 台湾(台北)桃園国際空港は少々特殊な構造しており、2本の滑走路に挟まれた中央部分にそれぞれの滑走路に平行して搭乗ゲートが設置されている。

 そして旅客ターミナルはその南北の搭乗サテライトの中央部に橋渡しをするような位置で現在2つの旅客ターミナルが設置されている配置となっている。

台湾(台北)桃園国際空港の配置図(空港パンフレットより)

台湾(台北)桃園国際空港の配置図
(空港パンフレットより)

 つまり2つのH型のターミナルが縦に重なっているというような配置で、2つのターミナルの間隔は200~300mほどあるだろうか。
このように2つのターミナルがある場合、空港でトランスファー(乗継ぎ)をする時にターミナル間を移動しなければならないようなケースも出てくる、
 台湾(台北)桃園国際空港では、この2つのターミナルを結ぶ手段として、バスとスカイトレイン(SKYTRAIN)という新交通システムを設置している。

SKYTRAIN外観

スカイトレイン(SKYTRAIN)外観

 このスカイトレインは、2両編成のゴムタイヤトレインとなっていて、1両はフリーエリア、1両は空港ゲート内の旅客や係員の輸送となり、乗車口を前後で分離することによって両方の利用客が一度に移動できるようになっている。

利用は無料である。

桃園国際空港スカイトレイン乗り場入り口

スカイトレイン乗り場入り口

このスカイトレイン、ターミナルの端っこにあり、あんまり存在を知られていないのか、利用客はあまり多くないようである。

というか、台湾(台北)桃園国際空港は滑走路2本とキャパもそれほど大きく無いため、この空港においてトランスファーを行うケースは恐らく非常に少なく、ターミナル間を移動するケースはあまりないようである。
さらに、ターミナル間バスの存在もあり、このスカイトレインにかかる比重はそれほど高くない。

そのため一両あたりのキャパシティもせいぜい椅子なしのバス程度であり、それほど大きくない。

台湾桃園国際空港スカイトレイン車内

スカイトレイン車内

それでも日中は2~4分間隔、22時以降の深夜は4~8分間隔と小まめに運行され、24時~6時までもボタンで呼び出せば、電車が動く状況らしく、エレベータ並に便利に使えるようだ。

台湾桃園国際空港スカイトレインの前部

台湾桃園国際空港スカイトレインの前部

さて実際乗ってみると、自動運転ということもあって、発車ベルが比較的大きい印象でけたたましく鳴る。

動き出すと、タイヤ走行のため走行音は静かだが、思ったよりは振動は大きい印象であった。

台湾桃園国際空港スカイトレインの軌道

スカイトレインの軌道

 そして1分ほどであっという間に到着。

 果たしてこれだけの設備を準備する必要があるのかと思うくらい近い印象であるが、スーツケースを押して歩くことを考えれば非常に便利な移動手段とも言える。

さらに台湾(台北)桃園国際空港では第三ターミナルの設置も計画されており、その際には当然このスカイトレインも延長される見込みで、ますます重要度を得ていくであろうと思われる。

→【台湾桃園空港周辺のホテルを探す】
→【台北市のホテルを探す】

台湾桃園国際空港トップ
台湾桃園国際空港からリムジンバス
台湾桃園国際空港からタクシー
台湾桃園国際空港から新幹線(高速鉄道)

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

上海虹橋国際空港のターミナル間無料シャトルバスが減便:中国空港関連ニュース

 直轄市上海市の上海虹橋国際空港の2つのターミナルを結ぶ無料シャトルバスが減便され運転間隔が疎になると空港現地で表示されている。
 上海虹橋国際空港によると、T1とT2のターミナル間のシャトルバスについて、これまでの30分間隔から40分~2時間間隔に拡大され、これに伴い全体の運行本数も減便となる。
 これによりターミナル間の移動を急ぐ場合は地下鉄10号線などの他の有料交通手段を利用してほしいと空港では説明している。

◎月曜~金曜
上海虹橋国際空港T1発
06:00、07:00、09:00、10:00、11:00、12:00、13:00、14:00、15:00、16:00、18:00、19:00、20:00、21:50、22:30
上海虹橋国際空港T2発 06:30、07:30、09:30、10:30、11:30、12:30、13:30、14:30、15:30、16:30、18:30、19:30、20:30、21:30、22:10、23:00
◎土曜~日曜及び祝日
上海虹橋国際空港T1発
06:00、07:00、08:00、09:00、10:00、11:00、12:00、13:00、14:00、15:00、16:00、17:00、18:00、19:00、20:00、20:40、21:30、22:30
上海虹橋国際空港T2発 06:30、07:30、08:30、09:30、10:30、11:30、12:30、13:30、14:30、15:30、16:30、17:30、18:30、19:30、20:20、21:00、22:00、23:00

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)

北京首都国際空港のT2・T3間のトンネル開通、乗継ぎ大幅短縮:中国空港関連ニュース

 北京首都国際空港の第2ターミナル(T2)と第3ターミナル(T3)のEエリアを結ぶトンネルが開通したと民航資源網が伝えている、
 北京首都国際空港によれば、このトンネルは西側滑走路の下を通ってT2とT3Eを結ぶもので、上下4車線最高時速25キロの道路が設置され、供用開始当初は空港内の関係車両と、ターミナル間シャトルバス、乗務員バスのみが通行を許可されるとのこと。
 現在北京首都国際空港には3つの旅客ターミナルがあり、滑走路西側にあるT1とT2は隣接し徒歩移動が可能な距離にあるものの、T3は滑走路の南側中央にあり遠く離れていていて、連絡シャトルバスの移動距離は約10キロ、移動時間は20分以上かかっていた。
 しかし、今回トンネルが開通したことにより、移動時間はわずか3分ほどに短縮されたとしており乗り継ぎ時間の大幅な短縮に繋がったとしている。

→【北京首都国際空港周辺のホテルを探す】
→【北京のホテルを探す】

北京首都国際空港トップ
北京首都国際空港からエアポートエクスプレス
北京首都国際空港からリムジンバス
北京首都国際空港からタクシー
北京首都国際空港から周辺都市へのバス

北京首都国際空港T2で最低乗り継ぎ時間短縮:中国空港関連ニュース

 北京市の北京首都国際空港の第2ターミナル(T2)でのトランジットにおける最低乗り継ぎ時間が短縮されることになったと新華網が伝えている。
 北京首都国際空港によれば、T2における国際線同士の最低乗り継ぎ時間(MCT)はこれまで120分に設定されていたが、2015年より20分短縮し100分と設定されることになった。
 また国内線から国内線の乗継ぎについても従来の90分から30分短縮され60分と設定されることになったとしている。
 これにより北京首都国際空港T2では国際線で1日平均50便、国内線で20便ほどの乗継ぎ可能な便数が増えるとしている。

→【北京首都国際空港周辺のホテルを探す】
→【北京のホテルを探す】

北京首都国際空港トップ
北京首都国際空港からエアポートエクスプレス
北京首都国際空港からリムジンバス
北京首都国際空港からタクシー
北京首都国際空港から周辺都市へのバス

成都双流国際空港のT1・T2間に連絡シャトルバス運行開始:中国空港関連ニュース

 四川省の成都双流国際空港の第1第2旅客ターミナル(T1・T2)間に12月1日から無料の連絡シャトルバスが運行されることになったと民航資源網が伝えている。
 成都双流国際空港によれば、T1・T2間は約750米離れており、これまでには7人乗りの電動カートしか運行されず多客期にはトランジット客が増加し捌ききれない状況が続いていたとのこと。
 今後は今回の専用のシャトルバスを導入し朝7時から22時までの間、5分毎に運行が行われることになるとしている。
 ただし、当面はバス車両が1台しかないため、従来の電動カートも引き続き使われる予定で、近く2台目のバスを導入する予定だとしている。

→【成都双流国際空港周辺のホテルを探す】
→【成都のホテルを探す】

上海浦東国際空港の連絡通路案内図には5大州の名前がついている

上海浦東国際空港の連絡通路名を示すボード

五洲中路と美洲街の通路名を示す案内板

上海浦東国際空港は現在T1とT2の2つの旅客ターミナルがあり、中央に地下鉄とリニアモーターの駅が配置されている。
そしてこれらを2階レベルで繋いるのが格子状の連絡通路である。

 実は最近気づいたのだが、これらの格子状の通路には、それぞれ世界の地理学的分類の名前に由来する名前がついているのである。

 上海浦東国際空港が世界へ繋がる国際空港ということで、こういったネーミングが行われたようであるが、まあ一般の利用客、特に外国人にとっては知らなくても不便はないので浸透はしていないようだが、味気なく「北通路」などと名付けられるよりは親しみが涌く。

 まず、東西のターミナルを結ぶ3本の連絡通路は北から順に「五洲北路」「五洲中路」「五洲南路」と名付けられている。
「五洲」とはオリンピックの輪と同様に五つであるが、この地理分類は大陸ではなく「州」で分類される世界の地理分類の意味である。

上海浦東国際空港の連絡通路名を示すボード

連絡通路名と現在位置、設備の場所が分かる案内図

そして、ターミナルに平行する格子の横軸には各洲の名前が付けられ、T1ターミナルの西側にあるのが「美洲街(アメリカ州)」、リニアモーターカー駅の東側の五洲中路と五洲北路を結ぶのが「欧州街(ヨーロッパ州)」、またそれと対抗するように地下鉄駅の西側の五洲中路と五洲南路を結ぶのが「大洋州街(オセアニア洲)」、さらにその西側にあるのが「非州街(アフリカ州)」、最もT2に近い場所にあるのが「亜洲街(アジア州)」となっている。

 五大州分類の場合、大陸分類とは違って南北アメリカが同一に扱われるので、やや戸惑いそうだがこの通路上にそれほど重要なスポットがあるわけではなく、駐車場利用者が自分の駐車位置を把握する程度の需要しかない印象である。

 もし外国人も含めて、全体の利用客にとって把握しておくべき場所があるとすれば、欧洲街にあるエコノミーレストラン街ということになろうか?
この場所には高級なレストランはないが、KFCや東方既白などエコノミーチェーンが並び、財布に優しい飲食街がここに集中する。
 

上海浦東国際空港欧洲街の飲食店街

欧洲街には4軒ばかりのエコノミーレストランが並ぶ


それ以外の通路は、大した設備もないのでそれぞれ通る利用客は多くないが、これらの通路上に存在するトイレなどは非常に空いていて、大荷物を抱えて1人で旅する利用客が荷物を放置して用を足すのには利用しやすい環境とはなっている。
いずれにしても、通路個々の名前自体は予め知っておく必要はないが、名前があることを知っていれば、そのうち待ち合わせなどで役立つことがあるかもしれないこの通路ネーミングである。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリニア
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市

上海虹橋国際空港T2から各交通機関への乗換え案内図

上海虹橋国際空港T2の乗換え案内図

4層に分かれ色分けでルートが示されている。

上海虹橋国際空港T2(第2ターミナル)は、虹橋交通枢紐(交通ターミナル)の一部を形成しており、このターミナルには空港から市内への公共バス、長距離バス、自家用車の駐車場、地下鉄、高速鉄道、タクシーなどの各種交通機関が、屋根続きの建物の中に乗り入れている。

 将来的にはリニアモータカーが乗り入れる構想もあるようだが、少なくともまだ計画はスタートしておらず、リニアの駅用のスペースがこのターミナルの中間に広大に確保されているだけの状態になっている。
 リニアはまだだが、一カ所へ乗り入れる交通機関の数としては十分であり、これだけの交通機関が乗り入れていると、利用客にとっては乗換えが可能なことは分かっててもどこをどう進んでいいのか分からなくなる。

 そこでT2の到着ロビーに用意されているのが、写真の乗換案内表示である。
 平面を四層に重ねて、高速鉄道なら青色、駐車場なら紫色、バスは黄色、タクシーは赤、地下鉄は緑といったように、交通機関別に色分けされ、ルートが表示されている。
 基本として、上海虹橋国際空港T2でどの階(レベル)にまず移動すればよいのかが示されており、公共バス以外は上下移動は一回だけになっている。

 果たして建物の構造が頭に入っていない人がこの図でスムーズに移動できるかは疑問だが、交通機関が多く乗り入れてしまったがために、混乱しそうな旅客をなんとか裁こうとしているのがこの図となっている。

→【上海市内のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市
上海虹橋国際空港(上海虹橋駅)から高速鉄道

上海虹橋国際空港のターミナル間シャトルバスが走行ルート変更

 先週、上海虹橋国際空港のターミナルバスに乗ったら、走行ルートが変更になっていた。
従来は、空港内の周回道路を2本ある滑走路の南端を通過してT1とT2のターミナル間を移動していたのだが、これが変更になっており、北側の仙霞西路のトンネルを通過するルートとなっていて全区間が一般道となった。

上海虹橋国際空港のシャトルバス

一般道を走る上海虹橋国際空港のシャトルバス

 所要時間としてはほとんど変わらないと思われり、運賃無料という状況も変わってはいない。
 この件について中国の現地ニュースでの発表は見かけてないないし、敢えて利用客に知らせる必要もない内容なので特に発表していないのかもしれない。
 時期的タイミングから見て、恐らく4月1日あたりに変更されたものとみられる。
 具体的な変更理由はわからないが、使用する車体が大型化したこともあり、細い空港内の道路では走行に支障が有ったのかもしれない。

上海虹橋国際空港のシャトルバス

以前のバスは中型車だった。

 また上海ではないが最近国内で駅や空港の交通ターミナルを狙ったテロ事件などもあり、こういった一般人の乗った車両が空港内を走行するのは保安上の問題から好ましくないとの判断もあるかもしれない。
 理由はともかく今回ルート変更によって、全体的に滑走路から遠くなり航空機が飛び立つ真下を潜り抜けるようなスリルある車窓風景は無くなってしまったことになり、少々残念なこのルート変更となっている。

→【上海市内のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス

1 2