北京大興国際空港が開港:中国空港関連ニュース


 中国史北京市南部に北京大興国際空港か正式に開港したと中国経済網が報じている。
 北京大興国際空港は、北京市の天安門からまっすぐ南へ46キロの場所に位置し、ターミナルのデザインはイギリスの建築家ザハ・ハディド氏が担当した。
 敷地面積約27.3平方キロメートル、(うち北京市が6割、河北省4割)、4本の滑走路と、143万平方米の建物で構成され、年間発着回数62万回、年間旅客キャパ7200万人の想定で設計された。
 また地上交通は、五縦二横の体制で整備され高速鉄道、都市間鉄道、地下鉄、高速道路が計画に整備されている。
 具体的には、五縦は空港シャトルとして北京市軌道交通大興機場線、都市間鉄道として京雄城際鉄路、高速道路は京開高速、京台高速、覇州高速の三本の高速道路が空港輸送を担う。
 また二横は、大興機場北線高速と、廊涿城際鉄路が担うとしている。

→【北京のホテルを探す】
→【北京大興国際空港周辺のホテルを探す】

北京大興国際空港トップ
北京大興国際空港から都市間高速鉄道
北京大興国際空港から軌道交通線
北京大興国際空港から市内へのリムジンバス
北京大興国際空港からタクシー
北京大興国際空港から周辺都市への長距離バス

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京大興広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください