上海浦東国際空港で9月から機内持ち込み荷物のチェック厳しく:中国空港関連ニュース

 直轄市上海市の上海浦東国際空港において、9月1日より同空港を出発する各航空会社の機内持ち込み荷物の大きさなどについて厳密にチェックされる事になったと上海空港集団公式サイトが伝えている。
 上海浦東国際空港によると、9月1日より同空港を出発する旅客便において機内持ち込みの手荷物を各航空会社の規定に基づき厳しくチェックし、大きさや重さが超過した手荷物を客室へ持ち込ませないことになったとのこと。
 超過した荷物は、委託荷物へ預け直しするなどの指導が行われ、航空会社の規定をオーバーした場合は追加料金などの措置が取られるという。
  中国の主要航空会社の持ち込み荷物規定は次の通り

◎中国東方航空(MU)
 A国内線 重量10キロ以下、サイズ高さ55cm、幅40cm、奥行き20cmをそれぞれ超えない大きさ。ファーストクラスは2個まで、それ以外は1個まで
 B国際線 重量10キロ以下、サイズ高さ56cm、幅45cm、奥行き25cmをそれぞれ超えない大きさ。ファーストクラスは2個まで、それ以外は1個まで

◎中国国際航空(CA)
   1個あたり、サイズ高さ55cm、幅40cm、奥行き20cmをそれぞれ超えない大きさ。
 A国内線 ファーストクラスは重量8キロ以下、2個まで。
      ビジネス・エコノミークラスは重量5キロ以下、1個まで。
 B国際線 ファーストクラスは重量8キロ以下、2個まで。
      ビジネス・エコノミークラスは重量5キロ以下、1個まで。

◎中国南方航空(CZ)
  1個あたり、3辺の長さの合計が115cm超えない大きさ。
 A国内線 重量5キロ以下、ファーストクラスは2個まで。
      重量5キロ以下、ビジネス・エコノミークラスは1個まで。
 B国際線 重量5キロ以下、ファーストクラスは、2個まで。
      重量5キロ以下、ビジネス・エコノミークラスは、1個まで。

◎海南航空(HU)
   1個あたり、サイズ高さ55cm、幅40cm、奥行き20cmをそれぞれ超えない大きさ。
 A国内線 重量5キロ以下、ファーストクラスは2個まで。
      重量5キロ以下、ビジネス・エコノミークラスは1個まで。
 B国際線 重量10キロ以下、ファーストクラスは、2個まで。
      重量10キロ以下、ビジネス・エコノミークラスは、1個まで。

◎吉祥航空(HO)
 A国内線 重量5キロ以下、サイズ高さ55cm、幅40cm、奥行き20cmをそれぞれ超えない大きさ。ファーストクラスは2個まで、それ以外は1個まで
 B国際線 重量5キロ以下、サイズ三辺の和が115cm以下。ファーストクラスは2個まで、それ以外は1個まで

◎春秋航空(9C)
 1個あたり、サイズ高さ40cm、幅30cm、奥行き20cmをそれぞれ超えない大きさ。
 A国内線 重量7キロ以下。クラスにより委託荷物との合計重量制限あり。
 B国際線 重量5キロ以下。クラスにより委託荷物との合計重量制限あり。

→【上海のホテルを探す】
→【上海浦東国際空港周辺のホテルを探す】

上海浦東国際空港トップ
上海浦東国際空港からリムジンバス
上海浦東国際空港からリニアモーターカー
上海浦東国際空港からの地下鉄
上海浦東国際空港からタクシー
上海浦東国際空港から周辺都市への長距離バス

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

蘭州中川国際空港T1ターミナルは9月2日から再供用開始:中国空港関連ニュース

 甘粛省蘭州市の蘭州中川国際空港のT1(第1旅客ターミナル)の改造工事が終わり、9月2日の午前零時より運営を再開すると民航資源網が伝えている。
 蘭州中川国際空港によると、T1ターミナルの運行再開に伴い、海南航空(HU)、天津航空(gs)、華夏航空(g5)、鵬祥航空(8l)、西部航空(PN)、春秋航空(9C)、首都航空(jd)、東海航空(dZ)、吉祥航空(HO)、烏航航空(UQ)、奥凱航空(bk)、長龍航空(GJ)、北部湾航空(GK)、紅土航空(A6)、福州航空(FU)の15の航空会社のチェックインカウンターも引越しをして、業務を行うとしている
 なお現在のT2と今回のT1の間は通路で結ばれ、両ターミナル間は自由に移動ができるとしている。

→【蘭州のホテルを探す】

 

西安咸陽国際空港のT1がリニューアルオープン、LCC2社が移動:中国空港関連ニュース

陝西省西安市の西安咸陽国際空港の第一ターミナル(T1)がリニューアルされ運用を開始したと中国民用航空網が伝えている。
 西安咸陽国際空港によると、改造中だったT1はこの度工事が完了し、6月5日よりLCC(ローコストキャリア)向けターミナルとして供用を再開した。
 具体的には春秋航空(9C)、九元航空(AQ)の国内線がT1へ移動し、業務を開始したとしている。
 また同時にこれまでT2で業務を行っていた厦門航空(MF)、江西航空(RY)の国内線業務はT3に移動することになり、これによって3つのターミナルによる新たな運用体制が始まったとしている。
 第一ターミナル(T1)は2.12万平方米、チェックインカウンター8か所、ボーデイングブリッジ3基、ターンテーブル3台、年間旅客扱いキャパ300万人の規模となっている。
 なお、市内へ向かうリムジンバスなどはT1の前からは発車しないため、当面は隣接するT2(徒歩5分)や、T3(徒歩15分ほど)に移動する必要があるとしている。

→【西安咸陽国際空港周辺のホテルを探す】
→【西安市のホテルを探す】
→【咸陽市のホテルを探す】

西安咸陽国際空港トップ
西安咸陽国際空港からリムジンバス
西安咸陽国際空港からタクシー
西安咸陽国際空港から周辺都市への長距離バス

洛陽北郊空港から揚州経由で大阪へ春秋航空が3月27日から就航:中国空港関連ニュース

 河南省洛陽市の洛陽北郊空港から江蘇省揚州市の揚州泰州国際空港経由で日本の大阪(関西国際空港)への路線を春秋航空(9C)が就航することになったと民航資源網が伝えている。
 春秋航空によると、洛陽から大阪への航空便はA320型機を使用し毎週月曜日の週1便で、9C8551便が洛陽発16:45揚州着18:20、揚州発20:15大阪着23:45、9C8552便が大阪発09:50揚州着12:00、揚州発14:00洛陽着15:45で運航されるとしている。

→【揚州市のホテルを探す】
→【泰州市のホテルを探す】
→【洛陽市のホテルを探す】
→【洛陽北郊空港付近のホテルを探す】

→【関西国際空港周辺のホテルを探す】
→【大阪市内のホテルを探す】

揚州泰州国際空港トップ
揚州泰州国際空港からリムジンバス
揚州泰州国際空港からタクシー

 

上海虹橋国際空港T1改造工事第一期完了、3月26日からA棟供用開始:中国空港関連ニュース

 上海市の上海虹橋国際空港第1ターミナル(T1)で行われている第一期改造工事が完了し、3月26日からA棟が供用開始となると民航資源網が伝えている。
 上海虹橋国際空港によると、T1のA棟は3月26日から運用を開始し、国際線は今後全てB棟から新しいA棟に移動し、春秋航空が運営する国内線も一時的にA棟へ移動するとのこと。
 またA棟の供用開始とともに、空港前の交通ターミナルもオープンし、市内への路線バス、T2への連絡シャトルバス、タクシーなどの乗り場が一か所に集約される。
 関係者によると、A棟の国際線エリアでは免税店が従来の5倍になり、レストランも中華、洋食、日本料理と多様な選択肢の店舗が設置されるとしている。
 さらに、従来の無料WIFIサービスに加え、高速回線を増強しより快適な接続環境が準備されるとのこと。
 なお、A棟の供用開始後は現在のB棟は閉鎖され、1年余りをかけて改造工事を実施し、完成後は国内線用ターミナルとして生まれ変わるとしている。

上海虹橋国際空港T1新A棟

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)

上海虹橋国際空港T1の春秋航空カウンターが3月26日から移動:中国空港関連ニュース

 上海市の上海虹橋国際空港第1ターミナル(T1)の改造工事完了に伴い、春秋航空(9C)のチェックインカウンターが3月26日から移動すると上海市公式マイクロブログサイトが伝えている。
 春秋航空によると、上海虹橋国際空港T1の改造完了工事に伴い、3月26日から同空港のチェックインカウンターをBエリアからAエリアに移動し受付業務を行うことになったとのこと。
 春秋航空では出発時刻の120分前には空港へ到着するよう呼びかけており、45分前にはチェックインを締め切るとしている。

改造工事中の上海虹橋国際空港T1

改造工事中の上海虹橋国際空港T1

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から市内へのバス
上海虹橋国際空港から地下鉄
上海虹橋国際空港からタクシー
上海虹橋国際空港から周辺都市への長距離バス
上海虹橋国際空港から高速鉄道(上海虹橋駅)

杭州蕭山国際空港で元旦より国内線チェックインカウンターの配置転換:中国空港関連ニュース

 浙江省杭州市の杭州蕭山国際空港において、2017年の元日より旅客ターミナル内のチェックインカウンターについて大幅に配置転換を行うことになったと民航資源網が伝えている。
 杭州蕭山国際空港によると、今回の配置転換措置はEカウンターの運用開始に伴う移動で、春秋航空(9C)の国内線など16の航空会社が元日よりEカウンターにてチェックインを受け付けることになるとのこと。
 今回Eカウンターにて受付を行うことになったのは次の航空会社。

〇Eカウンター(1番~10番)
深圳航空(ZH)、山東航空(SC)、吉祥航空(HO)、成都航空(EU)、河北航空(NS)、奥凱航空(BK)、昆明航空(KY)、西蔵航空(TV)、華夏航空(G5)、青島航空(QW)、幸福航空(JR)、東海航空(DZ)、大連航空(CA)、貴陽航空(GY)
〇Eカウンター(13番~18番)
四川航空(3U)
〇Eカウンター(19番~22番)
春秋航空(9C)

→【杭州のホテルを探す】
→【杭州蕭山国際空港周辺のホテルを探す】

杭州蕭山国際空港TOP
杭州蕭山国際空港からリムジンバス
杭州蕭山国際空港からタクシー
杭州蕭山国際空港から周辺都市へのバス

春秋航空が掲陽潮汕国際空港―関西国際空港線に11月24日から就航:中国空港関連ニュース

 中国のLCC(ローコストキャリア)である春秋航空(9C)が11月24日から広東省掲陽市の掲陽潮汕国際空港から大阪の関西国際空港への直行便を就航させると民航資源網が伝えている。
 春秋航空によると、掲陽―大阪線はA320型機を使用し毎週木曜日の週1便が運航されるとのこと。
 具体的には9C8698便が大阪発08:00掲陽着11:00、9C8697便が掲陽発12:10大阪着16:15のダイヤで運航されるとしている。

→【汕頭市内のホテルを探す】
→【梅州市内のホテルを探す】
→【関西国際空港周辺のホテルを探す】
→【大阪市内のホテルを探す】

1 2 3 6