北京首都航空が5月に瀋陽桃仙国際空港から沖縄・静岡・大阪への路線を就航:中国空港関連ニュース

 中国の航空会社の北京首都航空(JD)が遼寧省の瀋陽桃仙国際空港から日本の那覇国際空港(沖縄)・富士山静岡空港・関西国際空港への直行便を5月から運行することになったと民航資源網が伝えている。
 北京首都航空によると、沖縄那覇国際空港への便はA320型機を使用し、5月15日から毎週木・日の週2便運航されるとのこと。
 具体的にはJD437便が瀋陽発10:50那覇着14:50、JD438便が那覇発15:50瀋陽着17:55のダイヤで運航される。

 また、富士山静岡空港への便もA320型機を使用し、5月16日から毎週月・金の週2便運航されるとのこと。
 具体的にはJD439便が瀋陽発13:15静岡着17:30、JD440便が静岡発18:30瀋陽着20:55のダイヤで運航される.

 さらに、関西国際空港(大阪)への便もA320型機を使用し、5月18日から毎週水・土の週2便運航されるとのこと。
 具体的には水曜日はJD415便が瀋陽発12:35静岡着16:45、JD416便が大阪発18:45瀋陽着21:45のダイヤで運航され、金曜日はJD415便が瀋陽発14:45静岡着18:45、JD416便が大阪発19:40瀋陽着21:45のダイヤで運航される。

→【瀋陽のホテルを探す】
→【瀋陽桃仙空港周辺のホテルを探す】
→【富士山静岡空港周辺のホテルを探す】
→【静岡市のホテルを探す】
→【関西国際空港周辺のホテルを探す】
→【大阪市のホテルを探す】
→【那覇市のホテルを探す】
→【那覇国際空港周辺のホテルを探す】

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京大興広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市河北山西内蒙古遼寧吉林黒龍江江蘇浙江安徽福建江西山東河南湖北湖南広東広西海南四川貴州雲南チベット陝西甘粛青海寧夏新疆香港・マカオ台湾
日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

北京首都航空が済南遥墻国際空港から大阪と静岡への直行便を就航:中国空港関連ニュース

 山東省の済南市の済南遥墻国際空港から日本の大阪・関西国際空港と富士山静岡空港への直行便を北京首都航空(JD)が相次いで就航させると国際空港信息網が伝えている。
 北京首都航空によると、済南遥墻国際空港から大阪・静岡への直行便はいずれもA320型機を使用し、このうち静岡便は3月30日から毎週水・日の週2便が運行される。
 具体的にはJD429便が済南発09:50静岡着13:55、JD430便が静岡発14:45済南着18:05のダイヤとなる。
 また大阪便は4月1日から毎週金曜日の週1便の運行で、既に済南―大阪間に就航している山東航空(SD)と合わせ週3便体制となる。
  具体的にはJD435便が済南発09:50大阪着13:50、JD436便が大阪発14:50済南着18:05のダイヤとなる。
(時間はいずれも現地時間)

→【富士山静岡空港周辺のホテルを探す】
→【静岡市のホテルを探す】
→【関西国際空港周辺のホテルを探す】
→【大阪市のホテルを探す】

北京首都航空が瀋陽桃仙国際空港から大阪・静岡への路線を申請:中国空港関連ニュース

 中国の北京首都航空(JD)が2016年3月から瀋陽桃仙国際空港と大阪・静岡への航空路線への就航を申請したと中国民用航空局網が伝えている。
 北京首都航空が今回申請したのは瀋陽桃仙国際空港と大阪(関西国際空港)を結ぶ路線と、瀋陽桃仙国際空港と富士山静岡空港を結ぶ路線の計2路線で、いずれもA320型機を使用し、3月から毎週2便の運航を予定してるとのこと。
 当局では、1月15日まで一般からの意見を募集した上で、認可の可否の判断をするとしている。

→【瀋陽のホテルを探す】
→【瀋陽桃仙空港周辺のホテルを探す】
→【富士山静岡空港周辺のホテルを探す】
→【静岡市のホテルを探す】
→【関西国際空港周辺のホテルを探す】
→【大阪市のホテルを探す】

合肥新橋国際空港から静岡へ9月23日から東方航空が就航:中国空港関連ニュース

 安徽省の合肥新橋国際空港から日本の富士山静岡空港への直行便が9月23日から東方航空(MU)によって就航すると合肥房産網が伝えている。
 合肥新橋国際空港空港によると富士山静岡空港への直行便はA320型機を使用し、毎週水・日の週2便運航するとのこと。
 具体的にはMU5099便が合肥発06:40静岡着10:30、戻りのMU5100便が静岡発11:30合肥着13;40で運航されるよていだとしている。
 東方航空安徽分公司によれば、今回の就航を記念して特価チケットを発売するとしており、2人以上のペアで9月23日から27日までは往復1000元/人(諸税別)、10月5日から31日は往復1300元/人(諸税別)をそれぞれ販売する予定だとしている。

東方航空のA320型機

→【合肥のホテルを探す】
→【富士山静岡空港周辺のホテルを探す】
→【静岡市のホテルを探す】

合肥新橋国際空港トップ
合肥新橋国際空港からリムジンバス
合肥新橋国際空港からタクシー

石家庄正定国際空港から静岡へ5月27日から北京首都航空が就航:中国空港関連ニュース

 河北省の石家庄正定国際空港から日本の富士山静岡空港への直行便が、5月27日から北京首都航空(JD)によって就航することになったと民航資源網が伝えている。
 北京首都航空によると、この富士山静岡空港への直行便はA319型機或いはA320型機を使用し毎週水・土の週2便運航される。
 具体的にはJD329便が石家庄発09:45静岡着13:40、JD330便が静岡発14:40石家庄着17:20で運行されるとのこと。
 今回の富士山静岡空港への直行便は石家庄正定空港にとっての初の日本線の就航となり、今後さらに6月15日から大阪線への就航も予定されているとしている。

→【石家庄正定国際空港周辺のホテルを探す】
→【石家庄市内のホテルを探す】
→【富士山静岡空港周辺のホテルを探す】
→【静岡市のホテルを探す】

武漢天河国際空港から静岡・名古屋(中部)への直通便開通:中国空港関連ニュース

 湖北省の武漢天河国際空港から日本の中部国際空港(名古屋)と富士山静岡空港への直通航空便が中国南方航空(CZ)によって就航したと民航資源網が伝えている。
 武漢天河国際空港によれば、中部国際空港への直行便はB737-800型機を使用し毎週月・水・木・日の週4便が5月17日から運航され、このうち月・木・日はCZ8307便が武漢発07:55中部着12:30、戻りのZ8308便が中部発13:30武漢着16:15で運行される。なお水曜は武漢発08:15中部着12:30で運行される。
 また富士山静岡空港への直行便は、B737-800型機を使用し5月15日から毎週火・金・土の週3便が運航され、このうち火・金はCZ8310便が武漢発07:45静岡着11:40、戻りのCZ8319便が静岡発12:40武漢着15:40、水曜は武漢発12:10静岡着16:15、戻りが静岡発17:15武漢着20:15で運行される。
 (時間はいずれも現地時間)

→【武漢天河国際空港周辺のホテルを探す】
→【武漢のホテルを探す】
→【中部国際空港周辺のホテルを探す】
→【名古屋市のホテルを探す】

中国東方航空が無錫―大阪線と杭州―静岡線を申請:中国空港関連ニュース

 中国東方航空(MU)が江蘇省の蘇南碩放国際空港(無錫空港)と関西国際空港を結ぶ路線と、浙江省の杭州蕭山国際空港と富士山静岡空港を結ぶ航空路線2路線の申請を行ったと中国民用航空局網が伝えている。
 中国東方航空によれば、蘇南碩放国際空港(無錫空港)と関西国際空港を結ぶ路線はA320型機を使用し、週2便を計画しているとのこと。
 また杭州蕭山国際空港と富士山静岡空港については、やはりA320型機を使用し、こちらも週2便を計画しているとのこと。
 いずれも告示期間を経て、当局の認可が下り次第就航する見込みだとしている。

→【蘇南碩放国際空港(無錫空港)のホテルを探す】
→【無錫市内のホテルを探す】
→【蘇州市内のホテルを探す】

→【杭州のホテルを探す】
→【杭州蕭山国際空港周辺のホテルを探す】
→【富士山静岡空港周辺のホテルを探す】
→【静岡市のホテルを探す】

蘇南碩放国際空港(無錫空港)トップ
蘇南碩放国際空港(無錫空港)からリムジンバス
蘇南碩放国際空港(無錫空港)からタクシー

杭州蕭山国際空港TOP
杭州蕭山国際空港からリムジンバス
杭州蕭山国際空港からタクシー
杭州蕭山国際空港から周辺都市へのバス

桂林両江国際空港から塩城南洋国際空港経由で静岡・大阪への航空便就航へ:中国空港関連ニュース

 広西チワン族自治区の桂林両江国際空港から江蘇省の塩城南洋国際空港を経由し日本の大阪(関空)と静岡への航空便が、それぞれ週2便ずつ北京首都航空(JD)によって5月末から運行されることになったと塩阜大衆網が伝えている。
 北京首都航空によると、静岡富士山空港への航空便はA319型機を使用し5月28日より木・日の週2便運航される。
 具体的には桂林発07:35塩城着09:35、塩城発12:35静岡着16:15の予定でダイヤが組まれ、戻りの便が静岡発17:15塩城着19:25、塩城発20:25桂林着22:25となっている。
また大阪関西国際空港への航空便はやはりA319型機を使用し6月2日より火・土の週2便運航される。
 具体的には桂林発07:35塩城着09:35、塩城発10:35大阪着13:55の予定でダイヤが組まれ、戻りの便が大阪発14:55塩城着16:45、塩城発20:25桂林着22:25となっている。
(時間は何れも現地時間、以下同様)
 今回、塩城南洋国際空港からは初の日本乗り入れ便となり、ここ数か月の間、中国の航空会社による日本乗り入れラッシュが続いている。

→【桂林両江国際空港近くのホテルを探す】
→【桂林市のホテルを探す】

→【塩城南洋国際空港近くのホテルを探す】
→【富士山静岡空港周辺のホテルを探す】
→【静岡市のホテルを探す】

1 2 3