塩城南洋国際空港から塩城市内への新バス路線開通:中国空港関連ニュース

 江蘇省塩城市の塩城南洋国際空港から塩城市内への新公共路線バス「機場巴士専線」が新たに開通したと新浪網が開通している。
 塩城南洋国際空港によるとこの市内へのバスは、塩城市行政中心を発着点とし、迎賓路東新路口、迎賓橋(五洲国際)、中国銀行、交通銀行、新四軍記念館を経て空港へ至る路線で運行され、運賃は2元/人が設定されている。
 市内側の発車時間は07:00~18:00となっており、30分間隔で運行され、空港側からは個の折り返しが運行される。

→【塩城南洋国際空港周辺のホテルを探す】
→【塩城市のホテルを探す】

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

塩城南洋国際空港の2つのシティエアターミナルがオープン:中国空港関連ニュース

 江蘇省塩城市の塩城南洋国際空港に2つのシティエアターミナル(城市候機楼)がオープンしたと民航資源網が伝えている。
 塩城南洋国際空港によると今回オープンしたのは市行政服務中心シティエアターミナルと、東台シティエアターミナルの2か所で、いずれも2月12日より運営を開始したとのこと。
 このうち市行政服務中心シティエアターミナルは市行政服務中心C座2階東側に設置され、市内3か所目の拠点となるとのこと。
こちらではエアチケットの販売、予約、チケット販売のほかに、無料連絡バスの運行などが行われるとしている。
 また東台シティエアターミナルは東台市客運総站(東台市客運総站站前路6号)内に設置され、同様にチケットの販売、予約、チケット販売が行われ、五星シティーエアターミナルへの連絡バスが15~20分間隔で運行され、塩城南洋国際空港への無料連絡バスに乗り換えることが出来るとしている。

→【塩城南洋国際空港周辺のホテルを探す】
→【塩城市のホテルを探す】
→【東台市のホテルを探す】

塩城南洋国際空港の滑走路が6月末から2800mへ延伸:中国空港関連ニュース

 江蘇省の塩城南洋国際空港の滑走路が6月末から2800mに延伸されて供用されることになったと民航資源網が伝えている。
 塩城南洋国際空港によると、従来2200mだった滑走路を東北方向に延伸する工事を昨年より始めており、本来2015年10月より供用開始する予定だったが、予定より順調に工事が進んだため、今月末から供用を開始することになったとのこと。
 今回の滑走路延長によりコードDの基準を満たすことにより、より大型の航空機の離着陸が可能になるため、周辺地域の観光や経済に大きな寄与をもたらすと期待されている。

→【塩城南洋国際空港周辺のホテルを探す】
→【塩城市のホテルを探す】

桂林両江国際空港から塩城南洋国際空港経由で静岡・大阪への航空便就航へ:中国空港関連ニュース

 広西チワン族自治区の桂林両江国際空港から江蘇省の塩城南洋国際空港を経由し日本の大阪(関空)と静岡への航空便が、それぞれ週2便ずつ北京首都航空(JD)によって5月末から運行されることになったと塩阜大衆網が伝えている。
 北京首都航空によると、静岡富士山空港への航空便はA319型機を使用し5月28日より木・日の週2便運航される。
 具体的には桂林発07:35塩城着09:35、塩城発12:35静岡着16:15の予定でダイヤが組まれ、戻りの便が静岡発17:15塩城着19:25、塩城発20:25桂林着22:25となっている。
また大阪関西国際空港への航空便はやはりA319型機を使用し6月2日より火・土の週2便運航される。
 具体的には桂林発07:35塩城着09:35、塩城発10:35大阪着13:55の予定でダイヤが組まれ、戻りの便が大阪発14:55塩城着16:45、塩城発20:25桂林着22:25となっている。
(時間は何れも現地時間、以下同様)
 今回、塩城南洋国際空港からは初の日本乗り入れ便となり、ここ数か月の間、中国の航空会社による日本乗り入れラッシュが続いている。

→【桂林両江国際空港近くのホテルを探す】
→【桂林市のホテルを探す】

→【塩城南洋国際空港近くのホテルを探す】
→【富士山静岡空港周辺のホテルを探す】
→【静岡市のホテルを探す】