太原武宿国際空港の陽泉シティエアターミナルが供用開始:中国空港関連ニュース

 山西省太原市の太原武宿国際空港の陽泉シティエアターミナルが10月27日に供用開始したと山西経済日報が伝えている。
 太原武宿国際空港によると陽泉シティエアターミナルは陽泉市城区泉中路68号の同至人国際購物広場の1階に設置され、航空券の購入、チェックイン手続き、フライト情報の提供など、搭乗前のあらゆる手続きが可能となっているとのこと。
 また太原武宿国際空港へは1日6往復の連絡バスが運行され、所要時間は片道約90分、運賃は50元/人が設定されている。
 なお空港行きは途中停車なしのノンストップで運行されるが、空港発は途中、賽魚、四砿口、陽泉図書館を経由する。
 連絡バスの発車時刻は次の通り。
太原武宿国際空港発
10:30、11:30、12:30、13:30、18:30、19:30
陽泉発
06:00、08:00、14:00、15:00、16:00、17:00,

→【太原武宿国際空港周辺のホテルを探す】
→【太原市内のホテルを探す】

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

太原武宿国際空港が7月1日から落地ビザ業務開始:中国空港関連ニュース

 山西省太原市の太原武宿国際空港が7月1日から落地ビザ(口岸査証)業務を開始すると中国新聞網が伝えている。
 太原武宿国際空港によると、落地業務開始後は、乗務、商務、訪問、団体ツアー、親類訪問、人材、私人(家族帯同など)の7種類のビザ取り扱いが可能になり、緊急に中国国内に入国する場合に取り扱いが可能なるとしている。

→【太原武宿国際空港周辺のホテルを探す】
→【太原市内のホテルを探す】

太原武宿国際空港で7月1日から航空会社のターミナル間調整:中国空港関連ニュース

 山西省の太原武宿国際空港で7月1日からターミナル間で航空会社の配置の見直しが行われると太原市公式サイトが伝えている、
 太原武宿国際空港によれば、従来第1ターミナル(T1))で業務を行っていた四川航空(3U)、幸福航空(JR)、河北航空(NS)、端麗航空(DR)は7月1日より第2ターミナル(T2)へ移動する。
 逆に従来T2で業務を行っていた海南航空(HU)、天津航空(GS)、首都航空(JD)はT1へ移動する。
 また国際線に関しては全てT1で受付を行うことになるとしている。
 なお太原武宿国際空港のT1・T2間には連絡通路があり、往来はさほど不便ではないため、もしターミナルを間違えても慌てる必要はないものとなっている。

→【太原武宿国際空港周辺のホテルを探す】
→【太原市内のホテルを探す】

太原武宿国際空港がサービス費用の標準額を制定:中国空港関連ニュース

  山西省の太原武宿国際空港における車両送迎費用などサービス費の標準額が制定されたと太原日報が伝えている。
 山西省物価局によれば、今回定められた太原武宿国際空港におけるサービス費用の標準額は、大型バスによる太原武宿国際空港から太原市内の東方航空営業所、太原鉄道駅、広場までの徴収費用標準額は5元、10~19人乗りの中型マイクロバスと豪華大型バスなどは16元、トヨタ製コーストや豪華マイクロバスなどは30元/人、5人乗りの小型車による太原武宿国際空港から20キロ圏内の大型ホテルへの送迎は各車両ごとに60元と定めている。
 また荷物の包装などのサービス標準額についても定められ、貨物、スーツケースなどのパッキングは1個あたり10元、小型荷物、貨物の預かり手数料は荷物1個につき24時間以内は5元、24時間を超える場合は10元となっている。
 さらにVIPルームの使用料にもついても標準額が制定され、フライト情報などが提供される部屋の使用料は最高1人100元、優先搭乗、優先セキュリティチェックなどのサービス提供費は1人200元、専属スタッフ付きの専用個室のの利用料は400元/人となったとしている。

→【太原武宿国際空港周辺のホテルを探す】
→【太原市内のホテルを探す】

太原武宿国際空港T1改修完了、年明けから供用開始:中国空港関連ニュース

 山西省の太原武宿国際空港の第1ターミナル(T1)の改修工事が完了し、2014年の年明けから供用開始となると生活晨報が伝えている。
 関係者によると太原武宿国際空港のT1は1992年に建設が始まり1995年に竣工した25800平方米の2階建ての建物だったが、2008年6月にT2の完成後の2009年3月から改造工事に入り2011年に管制、今年4月の検収を受けようやく供用再開となった。
  改造工事完成後は延床面積が26493平方米となり、空港全体でT2のみの運用時から1.5倍に面積が増加、1階が到着フロア、2階が出発フロアとなり、22カ所のチェックインカウンター、3基のターンテーブル、6カ所のボーディングブリッジが設置される。
今後T1では国内線を中心に運用が行われるとしている。

→【太原武宿国際空港周辺のホテルを探す】
→【太原市内のホテルを探す】

太原武宿国際空港が朝の連絡バスを増便:中国空港関連ニュース

 夏を迎えて山西省の太原武宿国際空港のリムジンバスが増便されたと山西日報が伝えている。
 山西民航機場集団によれば、夏季は太原空港の旅客量が増加するため7月9日より朝の空港へのリムジンバスの増便が決定されたとのこと。
 従来は06:00発と08:00発の2便のみであったが9日より4便となり、
06:00、07:00、08:00、09:00発で運行される。
 乗車場所は太原市内の五一広場三晋国際飯店で運賃は15元となっている。

→【太原武宿国際空港周辺のホテルを探す】
→【太原市内のホテルを探す】