江西航空が運航開始、南昌―西安―烏魯木斉線へ就航:中国空港関連ユース

 江西省初の航空会社である江西航空(RY)が1月29日から営業運航を開始したと民航資源網が伝えている。
 江西航空によれば、同社の初就航はB737-800型機を使用して南昌昌北国際空港から西安威陽国際空港を経てウルムチ地窩堡国際空港への区間で運行されたとのこと。
 江西航空は江西省人民政府の強い要望の下、江西省と厦門航空(MF)の間で2014年に正式調印され会社がスタートし、2015年3月17日に中国民航局に正式な批准を受けた。
 南昌昌北国際空港を拠点とし、現時点でB737-800型機を2機保有しており、今年3月には3機目、年末までに5機、その後は毎年2~3機の購入で2020年までには20機体制を目指すとしている。
 今後は南昌昌北国際空港を拠点に国内主要都市への路線就航を目指すとともに、中長期的には日韓線や東南アジア、さらには欧米路線への進出も展望に入っているとしている。

→【南昌昌北国際空港周辺のホテルを探す】
→【南昌市内のホテルを探す】

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

南昌昌北国際空港から九江市へのバスが増便:中国空港関連ニュース

 江西省の南昌昌北国際空港から九江市へのバスが増便されることになったと九江晨報が伝えている。
 南昌昌北国際空港によると九江市シティエアターミナル(城市候機楼)へのバスは従来1日15往復体制で運行されていたが、25日から3往復増加され18往復体制となったとのこと。
 これにより運行時間も拡大され、九江市長途汽車站(バスターミナル)の始発は従来の06:10から05:50に、最終バスは18:50から19:30に延長となった。
 同時に南昌昌北国際空港発も始発が09:40から09:00、最終が21:30から22:30へそれぞれ変更されたとしている。

→【南昌昌北国際空港周辺のホテルを探す】
→【南昌市内のホテルを探す】

北京首都航空が海口―南昌―大阪線に就航:中国空港関連ニュース

 海南省の海口美蘭国際空港から江西省の南昌昌北国際空港を経て日本の大阪の関西国際空港を結ぶ便を10月8日から北京首都航空(JD)が就航させたと海南新聞が伝えている。
 北京首都航空によるとこの海口美蘭国際空港から関西国際空港への便はA320型機を使用し、毎週木・日の週2便運航されるとのこと。
 具体的にはJD399便が海口発06:55南昌着08:35、南昌発11:55大阪着16:05、戻りのJD400便が大阪発17:05南昌発19:45、南昌発23:00海口着翌01:05で運行されるとしている。

→【海口美蘭国際空港周辺のホテルを探す】
→【海口のホテルを探す】

→【南昌昌北国際空港周辺のホテルを探す】
→【南昌市内のホテルを探す】
→【関西国際空港周辺のホテルを探す】
→【大阪市のホテルを探す】

南昌昌北国際空港から紅谷灘新区へのリムジンバス開通:中国空港関連ニュース

 江西省の南昌昌北国際空港から南昌市内への4本目のリムジンバスが6月1日から運行を開通したと捜狐網が伝えている。
 南昌昌北国際空港によると、今回開通したリムジンバスは空港と紅谷灘新区を結ぶ機場公交4線で、紅谷灘新区の泰耐克大酒店(南昌市政府の隣)を結ぶ。
 運行時間は紅谷灘新区発が08:00-19:00、南昌昌北国際空港発が09:00-20:00となっており、1時間に1本の間隔で運航される。
 また運賃は1~4線共通で15元/人のままだとしている。

 今回の公交4線の開通により、各路線の概要は次のとおりとなる。
機場公交1線(15~20分毎)
 南昌昌北国際空港(08:00~最終便)―南昌鉄道駅(05:50~21:00)
(経由:老福山、永叔路口、八一広場北、青山路口、省人民委員、昌北、城建学院)
機場公交2線(30分毎)
 南昌昌北国際空港(08:00~19:30)―江電(06:00~21:00)
(経由:十字街、省武警総隊、豊和立交)
機場公交3線(30~45分毎)
 南昌昌北国際空港(09:00~21:00)―南昌西鉄道駅(07:15~20:00)
(経由:南昌大学前湖校区、江西科技師範大学)
機場公交4線(60分毎)
 南昌昌北国際空港(09:00~20:00)―紅谷灘新区(08:00~19:00)
(経由:格蘭雲天国際酒店)

→【南昌昌北国際空港周辺のホテルを探す】
→【南昌市内のホテルを探す】

南昌昌北国際空港から大阪への直行便が6月から就航:中国空港関連ニュース

 江西省の南昌昌北国際空港から日本の大阪関西空港へ6月10日から直行便が就航することになったと鳳凰網が伝えている。
 南昌昌北国際空港によれば、6月10日より北京首都航空(JD)により日本の大阪関西国際空港への直行便が木曜と日曜の週2便運航されることになったとのこと。
 今回の就航により南昌昌北国際空港から日本への初の定期便となり3時間で日本へ到着できることになるとしている。

→【南昌昌北国際空港周辺のホテルを探す】
→【南昌市内のホテルを探す】

南昌昌北国際空港から上饒市への連絡バス増便:中国空港関連ニュース

 江西省の南昌昌北国際空港から上饒市への直通高速バスが8月4日から増便され1日5便となると新華網が伝えている。
 南昌昌北国際空港によると、これまで1日3往復だった上饒市(長途客運中心:バスターミナル)への直通バスを夏季の需要に合わせて1日5便に増便することになったとこと。
 運賃は変わらず110元/人、所要時間は3時間20分となっている。
 増便後の具体的な運行時刻は下記の通り。
南昌昌北国際空港発
10:00、12:30、15:30、19:00、21:30発
上饒市長途客運中心(帯湖路27号)
05:40、08:00、10:00、14:00、17:00発

→【南昌昌北国際空港周辺のホテルを探す】
→【南昌市内のホテルを探す】

江西省九江シティターミナル開業、南昌昌北国際空港へ1日30便:中国空港関連ニュース

 江西省九江市に九江シティターミナルが開業し、南昌昌北国際空港へ1日30便の直通バスが運行されることになったと今視網が伝えている。
 江西省商務庁によると、南昌昌北国際空港の市外地拠点となる九江シティターミナル(九江城市航站楼)が正式運営を開始し、南昌昌北国際空港空港へ1日15往復の連絡バスを運行することになったとのこと。
 これにより九江市から南昌昌北国際空港や廬山空港を利用する場合にははシティターミナルを利用した方が圧倒的に便利になり、航空券の購入はもとより保険の加入、チェックイン、航空郵便の引き受けなど空港と一体となった総合サービスが提供されることになるとのこと。
 このほか中国国際航空や東方航空の協力により、航空チケットとバスの利用が一体となった「空巴通産品」という通しチケットの販売が可能になり、乗換時のチケット購入が不要になってスムーズな移動が可能になるとしている。

→【南昌昌北国際空港周辺のホテルを探す】
→【南昌市内のホテルを探す】

南昌昌北国際空港から上饒市への連絡バス開通:中国空港関連ニュース

 江西省の南昌昌北国際空港から上饒市への直通高速バスが3月15日から開通すると中国江西網が伝えている。
 上饒市の汽車客運中心(バスターミナル)によれば、運行本数は1日3往復で運賃は110元/人、所要時間は3時間20分を予定しているとのこと。
 具体的な運行時刻は下記の通り。
南昌昌北国際空港発
13:50、18:20、23:50発
上饒市長途客運中心(帯湖路27号)
05:40、08:00、11:00発

→【南昌昌北国際空港周辺のホテルを探す】
→【南昌市内のホテルを探す】

1 2