三亜鳳凰国際空港の第2ターミナルがオープン:中国空港関連ニュース

 海南省の三亜鳳凰国際空港のT2(第2旅客ターミナル)が2016年1月1日からオープンしたと中国新聞網が伝えている。
 三亜鳳凰国際空港によると新T2の従来のT1の東側に設置され、上下2層構造で総建築面積は2万平方米でT1とは連絡通路で繋がっているとのこと。
 また一足早く12月30日に開業した西環高鉄の鳳凰駅とも接続され徒歩5分で乗り継ぎが可能になったとしている。
 このほか三亜鳳凰国際空港では2016年8月には12機分の駐機エプロン拡大を予定しており、輸送力の強化が予定され、年間旅客輸送キャパは2000~2500万人に達するとしている。

→【三亜鳳凰国際空港周辺のホテルを探す】
→【三亜市内のホテルを探す】


 

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京南苑広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市北京市上海市)・江蘇省日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

三亜鳳凰国際空港のリムジンバスが運転間隔を短縮し車両も増備:中国空港関連ニュース

 海南省の三亜鳳凰国際空港のリムジンバスについて車両が増備され、運転間隔も短縮されることになったと三亜市公式サイトが伝えている。
 三亜鳳凰国際空港によれば、同空港のリムジンバスは現在18台体制で運行されているが、近日中に30台体制まで増強されるとのこと。
 これに合わせて、運営開始時間も繰り上げられることになり、従来大東海及び亜龍湾発のバスは何れも8時30分からとなっていたが、改定後は大東海発の1号線が7時30分~、亜龍湾発の3号線が7時~となる。
 また空港発は朝8時30分から最終便到着まで運行され、リムジンバス1号線は従来通り最大15分間隔※だが、3号線はこれまでの最大30分間隔から20分間隔まで運転間隔を短縮するとしている。
※1人目の乗客が乗車してからバスが出発するまでの時間。
なお運賃は1号線が15元/人、3号線が25元/人でこれまでと変更なしとなっている。

→【三亜鳳凰国際空港周辺のホテルを探す】
→【三亜市内のホテルを探す】

三亜鳳凰国際空港でモバイルチェックイン開始:中国空港関連ニュース

 海南省の三亜鳳凰国際空港でスマートフォンなどによるモバイルチェックインサービスが開始されたと民航資源網が伝えている。
 三亜鳳凰国際空港によれば、搭乗客は公式ホームページから公式アプリをダウンロードすると、すぐにモバイルチェックインサービスが受けられるようになるとのこと。
 またチケットが偽物ではないかどうかや、きちんと予約されているものかどうかもこのアプリを通して確認が出来るとしている。
 このほか航空便の発着状況などもこのアプリを通じて提供され、空港を利用を頻繁に利用する利用客にとっては便利なアプリとなっているとしている。

→【三亜鳳凰国際空港周辺のホテルを探す】
→【三亜市内のホテルを探す】

三亜空港からホテル地区へ直行ヘリ開通:中国空港関連ニュース

 海南省三亜鳳凰国際空港から、高級ホテルの立ち並ぶ亜龍湾地区などまでの直行のヘリが運行されることになったと南国都市網が伝えている。
 ヘリを運行する三亜亜龍通用航空公司によれば、昨日24日から輸送をサービスを始めたとし、三亜鳳凰国際空港から空港を出ることなく直接ヘリに搭乗することが可能で、三亜の美しい海の風景を眺めながら三亜湾、亜龍湾、海棠湾、清水湾、石梅湾などの高級ホテル地区へ直行し、ホテルそばの草地や空き地に着陸するとのこと。
 所要時間は三亜湾まででなら約5分ほどで料金は一人1500元、最大3人まで搭乗可能だとしている。
 またその他の観光スポットまでの空中散歩も可能になっており、三亜湾から西島までが一人1800元、天涯海角までが3500元、大小洞天までが6000元などとなっている。

→【三亜鳳凰国際空港周辺のホテルを探す】
→【三亜市内のホテルを探す】