寧波櫟社国際空港その1「寧波駅から空港へ」

2014年の春節2日目、上海から程遠くない場所にある空港の一つ、寧波空港を訪れてきた。
中国というのは、広い国土の割には、都市圏にはかなりの数の空港が密集しており、上海浦東空港と上海虹橋空港が近いのは致しかたないにしろ、長江デルタだけで浦東・虹橋・南通・無錫・常州・揚州泰州・南京・杭州・寧波と300キロ圏内に9つもの大きな空港が密集している。
さらに舟山や江蘇省の啓東にもコミューター航空規模の空港があり、軍用空港など私の確認していない空港も入れれば非常に多くの空港があるのである。
日本の東京圏であれば、土地が狭いということもあって、成田と羽田が2つあるだけで過剰と言われ、茨城空港が邪魔者扱いされるほど、空港の数が新設されるたびに目くじらを立てる人が多いのだが、中国では都市圏ごとに大きな空港が設置され、しかもかなりほとんどの空港が国際線が就航する国際空港となっている。

その寧波櫟社国際は寧波市の中心部から比較的近いところにある。
今回は昨年開通したばかり杭甬鉄路を使って上海から2時間半ほどで着いた。高鉄と呼ばれるの速い列車ならたった1時間半である。

上海から最速高鉄なら1時間半、動車組なら2時間半で寧波に着く

上海から最速高鉄なら1時間半、動車組は2時間半で寧波に着く

寧波駅も新しくなっており、従来の在来線と並ぶようにホームが設置され、無数のホームの数が並び、最近の高速鉄道のどの駅にもあるような巨大な駅舎が特徴的だ。

巨大な寧波駅の駅舎

巨大な寧波駅の駅舎

ここから寧波空港へはシャトルバスが運行されているが、駅と空港間専用ということではなく、空港と市区を結ぶラインの途中にある。

寧波駅のバス乗り場は南口の巨大なロータリーをぐるっと囲むようバス停が設置され、中心が待機バスの駐車場となっているが、空港行きバスは11番乗り場の先のちょっと離れた場所が発着場となっている。

この図では左下が空港行きバス乗り場

この図では左下が空港行きバス乗り場

まだ駅前広場が完成していないので、臨時の発着場という扱いなのか、屋根もベンチもなく、ただ看板が一枚設置しているだけで、料金授受の係りの人も屋外で椅子に座ってバスの到着を待つような状態だったのである。
(つづく)

表示はあるが、これではどこで待てばいいのか分からない。

確かに表示はあるが、どこで待てばいいのか分からない。

寧波櫟社国際空港トップ
寧波櫟社国際空港からリムジンバス
寧波櫟社国際空港からタクシー

→【寧波櫟社国際空港周辺のホテルを探す】
→【寧波市のホテルを探す】

各空港のページへ
上海浦東上海虹橋北京首都北京大興広州香港天津南京無錫揚州常州杭州寧波合肥
西安青島ハルビン台湾桃園台北松山
地域別空港一覧のページ
直轄市河北山西内蒙古遼寧吉林黒龍江江蘇浙江安徽福建江西山東河南湖北湖南広東広西海南四川貴州雲南チベット陝西甘粛青海寧夏新疆香港・マカオ台湾
日中線のある日本の空港記事リスト
にほんブログ村 旅行ブログ 駐車場・空港・ターミナルへ
にほんブログ村

ハルビン太平国際空港のリムジンバス2号線がハルビン西駅経由に:中国空港関連ニュース

黒龍江省ハルビン市のハルビン太平国際空港からのリムジンバスが、春節期間に哈大高速鉄道のハルビン西駅を経由して運行されることになったと東北網が伝えている。
 ハルビン空港によれば、会展中心までの運行を行なっているリムジンバス機場巴士2号線について、春節期間中は哈大高速鉄道のハルビン西駅に立ち寄り乗客の乗降を行なうことになったとのこと。
 これにより、航空機を下りた乗客は2号線バスに乗車することにより直接高速鉄道に乗り継げることになり、省内各地などへ向かう利用客にとって便利なルートができたとしている。

ハルビン太平国際空港トップ
ハルビン太平国際空港からリムジンバス

→【ハルビン太平国際空港周辺のホテルを探す】
→【ハルビン市内のホテルを探す】

杭州東駅から杭州蕭山国際空港へのリムジンバス開通:中国空港関連ニュース

 今年の元旦に供用開始された杭州東駅の西広場より、杭州蕭山国際空港へのリムジンバスが1月8日から運行されることになったと新浪網が伝えている。
 報道によるとこの杭州東駅へのリムジンバスは1日32便運航される予定で、杭州東駅発が5時45分~20時45分までの運航、空港発は6時45分~21時45分までの運航で運行間隔は1時間、所要時間は約30分、運賃は20元が予定されているとしている。
 昨年開通した高速鉄道の杭州東駅への連絡バスが運行され始めた事により、周辺住民は元より、杭州東駅を経由して紹興、寧波、或いは上海、南京へ移動するのにも非常に便利なルートができたとしている。

→【杭州のホテルを探す】
→【杭州蕭山国際空港周辺のホテルを探す】

杭州蕭山国際空港
杭州蕭山国際空港からリムジンバス

大連周水子国際空港と大連北駅の連絡バスが正式開通、当日券提示で運賃無料に:中国空港関連ニュース

 大連周水子国際空港と高速鉄道の大連北駅を結ぶ連絡バスが正式に開通したと看看牛網が伝えている。
 この連絡バスは空港1階の国内線到着ロビー前の3号門口外側から出発し、毎日9時、12時、15時半の3便が運行される。
 また大連北駅側は北広場西側地下1階の切符売り場前から出発し、やはり10時半、14時、17時の3便が運行される。
 空港によると、この連絡バスは利用者が当日の高速鉄道の切符或いは航空券を提示すと運賃が無料になるとしている。

→【大連のホテルを探す】

上海虹橋駅は21時30分で営業終了

 以前より気になっていたのだが、上海虹橋国際空港T2の隣の上海虹橋駅は何時から何時まで利用できるのかを知りたいと思っていた。
 隣接する上海虹橋国際空港のT2は発着便こそ深夜にはないが、空間は24時間開放されている。
 しかし、隣接する上海虹橋駅は、深夜どころか22時以降に出発列車はなく、翌朝6時過ぎまで8時間以上出発列車はないのである。
 こういった場合、ずっとあの広いコンコースはずっと開放されているのかどうか知りたかったが、あっさりとその開放時間を示す表示を見つけた。

出発階は05:00~21:30開放と書いてある

出発階は05:00~21:30開放と書いてある

 それによると、上海虹橋駅の出発待合室の開放時間は朝5時~21時30分となっている。
 朝はともかく、夜が21時半に閉まってしまうとは何とも早い店じまいという気がする。
 もっともこれは「出発待合室」に限った話で、地下1階の到着階側の通路は24時間開放されているようで虹橋空港のT2へも繋がっている。

上海虹橋駅の地下通路は飲食店が多い

上海虹橋駅の地下通路は飲食店が多い

 上海虹橋駅への高速鉄道の到着便は23時過ぎまであるので、そういった乗客の対応のために出発待合室のように21時30分に閉めてしまうにはいかないようである。
 また西交通中心の中2階から市内へ向かう深夜バスの320路は23時から5時まで運行されており、実際上も虹橋ターミナルは深夜に活動が止まらない状態になっている。
 こういった深夜の利用客のために、飲食店はほとんど閉まってしまうが、24時間営業のファミリマート(中国名:全家)などもこの通路上に存在する。

このファミリーマートは24時間営業

このファミリーマートは24時間営業

 今後上海虹橋国際空港が24時間稼働に変わることはちょっと考えづらいが、鉄道に関してはいずれ深夜運行が始まることも考えられ、今後この待合室の開放時間も変わるかもしれないという気がする。

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋空港周辺のホテルを探す】

上海虹橋国際空港トップ
上海虹橋国際空港から高速鉄道

8月に大連周水子国際空港と鉄道駅間に無料リムジンバス運行:中国空港関連ニュース

今年8月大連周水子国際空港と哈大高速鉄道の大連駅との間に、無料のリムジンバスが運行されると捜狐網が伝えている。
大連市旅遊部門によれば、大連周水子空港は渤海エリア最大の空港であり、北東アジアのハブ空港として155もの国内国際路線が就航しているため、大連空港を玄関口として哈大高速鉄道の沿線都市を訪れてもらうため8月に空港と高速鉄道の大連駅との間に無料のシャトルバスを運行する計画だとしている。
これと同時に、高速鉄道の各駅でも航空機の搭乗手続きが出来るようにして、高速鉄道と航空便の連携を高め、一枚のチケットで旅行客が行動できるよう旅行手続きの簡便化簡便化を図るとのこと。

→【大連のホテルを探す】

上海虹橋国際空港と上海虹橋駅を結ぶ電動カート

先日、上海虹橋交通ターミナルへ食事に行ったら(笑)、T2の内部に電動カートが走っているのを発見した。

(家の近所よりはレストランが充実しているため時々行くのである。)

外見は結構小さい

外見は結構小さい

ゴルフカートを大きくしたような、郊外公園などで見かける6人程度が乗れるオープンタイプのカートで、なんと鉄道の上海虹橋駅と上海虹橋空港の間を結んでいるのだという。
具体的には地下鉄の虹橋第2ターミナル付近からバスターミナルの有る西交通中心までをぐるっと回ってくるコースになっており、一周すると20分の距離で料金は一回1人10元で、70歳以上の老人と障害者、妊婦は無料とのこと。
運行時間はあさ9時から夜9時までとなっている。

ぐるっと南北の通路を一周してくる形になっている。

ぐるっと南北の通路を一周してくる形になっている。

以前から私はこの虹橋ターミナルは空港と鉄道駅の距離が遠く、移動に不便で同居のメリットがないなぁと感じていたのであるが、さすが施設の管理側も要望があったのか、その辺に気づいたようで今回の電動カーバスの運行開始になったらしい。

1人10元で9時~21時と書いてある。

1人10元で9時~21時と書いてある。

しかし1回10元とはちょっと高い気がする。

この区間、例えば地下鉄で移動すれば3元で済むし、端から端まで歩いても1000m程度の距離なので15分くらいで移動できる。
そういう比較をすれば10元と言う料金はちょっと高すぎるし、費用感覚が街中の三輪タクシーなどとあまり違わない気がする。
まあ荷物が多い時や疲れている時などは重宝する可能性もあり、VIP用サービスと思えばありなのかもしれないが、今のところ利用者は多くない様子だった。
地下鉄料金と比較して、これが5元だったらもう少し利用客が増えそうな気がするのが、まあどんなサービスであれ利用客の不便さを感じ取って、いろいろ創意工夫をしようとする姿勢はアリかなと感じる。

→【上海のホテルを探す】
→【上海虹橋国際空港周辺のホテルを探す】

☆上海虹橋国際空港トップ

1 5 6 7